« 読ませるブログ、メルマガとは | トップページ | 376で統一してみました »

誰の為の命だ

ミナロは明日でちょうど2年になる。

今まで三人でやってきて、大きな問題もなく順風満帆でやって来た。
この夏のボーナスも1人100万円を払えた。

だがこれは運というかツキでしかない。
これを実力と思いこみ勘違いすると、先々とんでもないことになる。
このままのペース仕事がくる保障は何もないし、システムとしてできあがっている訳では無いのだから。

しかし、時間と共に年をとるのは避けられない、あと30年程は仕事をしなければならない、
と考えるとある程度は冒険も必要だろう。

3期目はスタッフを増員することを考えようと思う。


そんなとき目にとまったブログ購買担当者の独り言にこんな事が書いてあった。

相応に規模が拡大した場合 は自分ひとりでは回らなくなり、優秀な番頭、右腕が必要になってくる・・・ そして何より、強烈なイニシアチブとは裏腹な繊細な感受性・・・とでも 言おうか、単純に周りへの聞く耳を持つことが、真っ当な状況判断のは なにより「必要になってくるのだが・・・


肝に銘ずる言葉だ。
人を雇うと言うことはそれだけ責任も増えると言うこと、良い面ばかりで判断してはならない。


【清水次郎長の名言】

「おまえさんのために命を投げ出す子分は何人いるんだ?」と聞かれ、
「そんな奴1人も居ない、しかし俺は、子分のためならいつでも命を投げ出す覚悟はある」
と答えたそうな。

当時はまさに真剣勝負、負け=死。
命がけで何かをやり遂げようとしていた、幸か不幸か現代に命がけで何かをやり遂げることは無い。


今、本気で世の中を変えたいと思ったら、命の代わりにかけるモノは何でしょうか。


ランキングに御協力してください。→人気ブログランキング

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40436/1226836

この記事へのトラックバック一覧です: 誰の為の命だ:

コメント

いつになく重いテーマですね。
聞く耳を持つことは看板屋も死ぬまで肝に銘じておきたいと思います。
決断出来ないことをカモフラージュするために聞く耳を持ってるふりをする人もたくさんいますけどね。(看板屋もその一人?)

▲コメント投稿者: 通りすがりの看板屋 (Aug 19, 2004 3:42:45 PM)

ボーナス一人百万円は凄いじゃないですか。
運とかツキではなく実力ですよ!。
謙遜は必要ありません。


「人気ブログランキング」をポチッと押しましたよ(笑)。
私も協力させてもらいます。
ところで、どこを押したらいいか直ぐ分からなかったですね。
もっと、目立つようにしてください!。

▲コメント投稿者: 鍛冶屋の息子 (Aug 19, 2004 9:33:51 PM)

2歳のお誕生日おめでとうございます。
継続する事の難しさは私もほんの少しだけ理解しているつもりですので、やっぱり”すごい!”です。
 世の中を変えるためには”次世代をになう今の子供達(近所の子達ですけどね)を真剣に見つめること”くらいが今の私にはいっぱい いっぱいです。情けない。
 

▲コメント投稿者: D.-Labo (Aug 20, 2004 11:44:33 AM)

TB有難うございます。

日本のものづくりがんばろう・・・ってテーマは非常に好感が持てます。中国に負けない、創造性を発揮したいと思っています。今後ともお互い、がんばりましょう。

▲コメント投稿者: りょうま (Aug 20, 2004 7:32:40 PM)

コメントを書く




*スパム、無責任、言い逃げ、騙りコメントを防止するためメールアドレスは必須としています。
架空アドレスの場合削除する事があります。
お手数ですがご協力下さい。
なお、URLがある場合、そちらが優先で表示されます、サイトをお持ちの方は是非入力してください、お礼に伺います。