« ヨコハマ経済新聞 | トップページ | 走る看板@ヨコハマ »

生き残りにかける

製造業が生き残っていくためには、と考えて生まれてきたのが2.5次産業だ

異業種連携で作り、売れたら分配すると言うやり方は今後増えるだろう。

GUTSさんのサイトで 中小製造業の生きる道 と 製品開発の切り札!? に書いてあるのはデザイナーと生産者の連携だ、売り上げに応じてロイヤリティーを払う代わりに、最初はタダ。

小出塾に参加されている金型屋の社長さんも、最初金型を作るときは材料代のみで、売れたらロイヤリティーを頂く方法でやっていきたいと考えている。

NIPPON STYLE この組織もすばらしい。 とても魅力ある商品を作り出している。
特に「バーチャルキーボード」や「ヘッドマウントディスプレイ」など、予算があれば欲しい。

ミナロも特許関連の窓口に行ったときに、主婦がアイデアを製品に出来ない話を聞いた、製作を頼むところを知らないし、初期投資が出来ない訳だ。


一見すばらしいシステムの様だがリスクもある、売れなかった場合お互いが泣くわけだが、持ち出しの比率が問題となる。売れた場合の分配比率も同様だ。分配や責任範囲は前もって契約することになるだろうが、それぞれリスクは背負いたくない立場での交渉ごとはむずかしい。

そこでもっとも重要なのが人間関係と新アイデアの魅力だ、どちらがかけてもうまくいかない。

ミナロの考える2.5次産業は、まず人の繋がりを持つことから始まると考える
その輪のなかで、新アイデアに共感できる人と組んで作り上げていく、
失敗も成功も共有できる人達とだ。

そして最終的には基幹産業になりえるところまでいきたいと思っている。


  ←ブログランキングに協力お願いします。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40436/1332003

この記事へのトラックバック一覧です: 生き残りにかける:

» 大企業と・・・ [21000円で億万長者! 誰でも週末発明起業家から]
大企業の発明と個人(中小企業)の発明 大企業は、基本的には現在ある商品を中心に物事を考えます。そのためビジネスや新規商品(発明)の広がりがあまりありません。言... 続きを読む

受信: Sep 4, 2004 8:49:25 AM

» ITは浮草??? [敗者復活戦 『失敗は成功のもと!』 から]
今日ある製造業の社長と話していたが、その時に出た言葉は「所詮ITは浮草」。ヤフーの株価どうのこうの言っても、トヨタには敵わない。忘れられているようで、とても重要... 続きを読む

受信: Sep 4, 2004 10:28:13 AM

コメント

歌や文章に認められる著作権に比べて、工業意匠権や実用新案などは権利が守られにくい(早い話が売れていると判るとパクリやまがい物が直に現れる)と言うより権利そのもが権利と認識されていない感がある。そうなるとリスクがあるばかりでリターンが得にくいのは事実。法的手段を執るといっても金と時間ばかりがかかり得るものが少ない事も。その前に売れるかどうかも保証はないし売れてるものをまねる方が手っ取り早いわけだし。ヤリ逃げが罷り通っている世の中。ある部分日本の工業製品も物まねでここまで来た事実があるので大きなことは言えないかもしれないけれど。資源の乏しい日本にとって知的所有権はハッキリいって唯一の資源といえる。アニメやマンガばかりが日本のソフト産業ではない。知的所有権をもっと主張しなければ。Power of DESIGN!

▲コメント投稿者: triomoon (Sep 1, 2004 6:24:20 PM)

More power of DESIGN!
今後、意匠等のソフトがクローズアップされることは間違いないと思いますが、日本では意匠に対する認識は非常に低いと言わざるをえません。社内デザイナーにしても重箱の隅をつつくような拘りは持っていますがそれらの認識はあまり持っていないようです。デザイナー不在のデザインがあまりに多すぎますよね。
 うちのようなものが生き残る道はひとつしかありません。
詳細はいずれ・・・
では

▲コメント投稿者: D.-Labo (Sep 1, 2004 8:21:30 PM)

兄弟そろっての力説に感謝。

知的所有権やデザインが真似されるのはしかたないところ、
どこまでが真似で、どこからかオリジナルか線引きが出来ないのでしょう。

その最たる例に「ビジネスモデル特許」がありますが、夕刊フジBLOGに寄れば「ビジネスモデル特許」-条件満たせず、もはや“死語の世界”だそうです。
http://www.yukan-fuji.com/archives/2004/08/post_287.html

果たして、アイデアを出した特許所有者の利益を確保するための仕組みが今のままで良いのか?と考えると疑問が残ります。

▲コメント投稿者: みどりかわ@ミナロ (Sep 1, 2004 11:38:57 PM)

>その輪のなかで、新アイデアに共感できる人と組んで作り上げていく、失敗も成功も共有できる人達とだ。

中小企業の生き残りは、最後は人ですね。
失敗も成功も共有できる人達とスクラムを組んで、飛躍したいものですね!。


▲コメント投稿者: 鍛冶屋の息子 (Sep 4, 2004 10:36:25 AM)

鍛冶屋の息子さま

場所は遠いですが、いずれ協業させてください。

▲コメント投稿者: みどりかわ@ミナロ (Sep 4, 2004 10:51:59 AM)