« 生き残りにかける | トップページ | タイムマシンが売っていた? »

走る看板@ヨコハマ

ホイールカバー広告本格実施へ

横浜市では、公用車の有効活用及び財源確保のため、自治体で初めて、公用車に民間事業者等の広告付ホイールカバーを装着する事業を本格的に導入します。
●ホイールカバー広告とは● タイヤが回転してもまわらない(常に静止時と同じ面を保持する)カバーに広告のフィルムを貼り、車のホイール部分に装着したものです。 株式会社オオツカブラザースカンパニーが販売権を持つ、PAS BOARD(パスボード)という特許取得済み製品を使用します。

このホイールはすでに愛知万博のPRで使われているようです。
そして、販売権を持つオオツカブラザースカンパニーという会社の本社は東京で、本業はカーディーラーの様子。

最近頻繁にミナロへ看板屋さんが寄ってくれるのだが、その話の中で、物づくりと看板の融合が出来ないモノかと考えています、「動く看板」はどうか?と提案しているのだが、具体的なアイデアが浮かばない、この PAS BOARD の原理も昔からあったモノだ。

ちょっとくやしいから真剣に考えてみる。

横浜市が採用するのが横浜発の商品だったらもっと良いでしょ。
地元は地元で稼ぐ「三位一体」の手伝いにもなるでしょ(笑)

詳しくはハマケイにも載っています。


  ←ブログランキングに協力お願いします。


|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40436/1337472

この記事へのトラックバック一覧です: 走る看板@ヨコハマ:

コメント

今朝、関内の駅近くで黒いタクシーに黄色いホイールカバー広告がついているのを目撃しました。リゲインの広告でしたが、カバーが微妙にスイングするので注目度も良い感じでした。 

新しい看板考えるのいいですね。 期待してます。   

▲コメント投稿者: 編集長 (Sep 2, 2004 9:54:17 AM)

横浜市でホイールカバー広告という話は以前に何かで読んだ記憶はあります。が、忘れてました。
看板屋としてお恥ずかしい、ははは。
エスカレーターの手すり広告とか、割り箸袋広告とか、聞いてみたら「なるほど」とか「なあんだ」と思うものを最初に考えてなおかつ作ってみるというのは面白くて難しいことですね。
おそらく特許の出願だけなら面白い(ばかげた)広告方法がやまほどあると思います。

▲コメント投稿者: 通りすがりの看板屋 (Sep 2, 2004 1:21:33 PM)

黒いタクシーに黄色いホイールカバーこれだけでも目立ちますね、微妙にスイングするなんて目を引くこと間違いなしです。

看板屋さん、チャットばかりしてないで、なにか作りましょ。

▲コメント投稿者: みどりかわ@ミナロ (Sep 2, 2004 8:59:21 PM)

どうも。

今日のハマケイupdate聞きました。

>チャットばかりしてないで

よく言うよ。(笑)

▲コメント投稿者: 通りすがりの看板屋 (Sep 3, 2004 8:25:06 AM)

コメントを書く




*スパム、無責任、言い逃げ、騙りコメントを防止するためメールアドレスは必須としています。
架空アドレスの場合削除する事があります。
お手数ですがご協力下さい。
なお、URLがある場合、そちらが優先で表示されます、サイトをお持ちの方は是非入力してください、お礼に伺います。