« 幕末の獅子たち | トップページ | 断れない人たちへ »

ビジネスチャンス

中小企業総合展2004に行って来た。

物づくりの声づくり応援し隊【隊長 】と、途中からは天使の微笑みさんが応援に駆けつけてくれた。大変感謝しています。

○人気ブログランキング。

東京ビックサイトの広い会場に無数の中小企業がブースを構えている、いくつかのブースに立ち寄り話を聞かせて頂いた。

その中に人材派遣を主体とし、最終製品までを作る会社があった。
主にCADオペレーターを自社で雇い教育し、スキルが付いた人材だけを派遣している。
起業7年目になるそうで、当初から一般的に使われている「人材派遣」と言う言葉のイメージを嫌い「アウトソーシング」と言う言葉を使ってクライアントと接しているそうだ。

このCADソフトは自動車業界では標準となっているCATIA V5と呼ばれるCADソフトだ。

最近の自動車業界の好景気ぶりにつられ、各メーカーこぞって新型の開発に着手している事により、このCATIA V5を操作できるオペレーターが不足している。

そこに目をつけた多くの人材派遣業者がCATIA V5のオペレーターを育ててクライアントに派遣している。
そのとき派遣会社が請求する時間あたりのチャージは、7~8千円が相場だ。

8時間勤務では ¥56,000~ になる。週休2日でひと月作業すれば ¥1,120,000- にもなる。
半分を給料にしたとしても会社には十分利益が残る、今時こんな美味しい話があるだろか?

ちなみに昨日改造内閣に入閣した山拓氏の日当は ¥38,000-(これでも多いと思うが)


ただ、この時間あたりのチャージがいつまで続くかは疑問だ。
多くの会社が目をつけている以上、供給が需要を上回るのは必至、今後利幅がどれだけ下がるかの予測と撤退ラインを決めておくのが良い。


だが世の中には例外もある、ジャンルとしては同じCADソフトたが少しだけ特殊なロジックを使う、ここ7,8年時間チャージが全く下がっていないCADソフトもある。
先日伺った大手自動車メーカーでは慢性的なオペレーター不足で、今後少なくとも3年は需要に追いつかないと言われている。

みどりかわがリストラされる前には、そのソフトのオペレーターをしていた。
今でも指は動く、「やっていただけるならすぐにでも仕事は出せる」と言ってくれた。
果たしてこれはビジネスチャンス到来なのか?
スポンサーになってくれるところを募集してみるか?


↓クリックして下さい励みになります。


|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40436/1551609

この記事へのトラックバック一覧です: ビジネスチャンス:

コメント

やるとしたらオペレーターの派遣ではなくて自社の設備を使ってデータだけやりとりするんですよね?
それとも社長自ら派遣されちゃったりして。
うちも同業者の依頼で昨日おとといと職人を派遣したのですが、いくら請求するかで思案中です。
(事前にこのくらいですよとは言っておいたのですけど。)
先方はうちを下請けとは考えておらず、困っているので協力して下さいと丁重に言ってきただけに難しい。
最終的にはご相談ってことになるのかな。

▲コメント投稿者: 通りすがりの看板屋 (Sep 30, 2004 11:42:35 AM)

物凄く違和感がある。何の話か?
物作りの手法(ツールかな?)に関する話だ。
自分の職場も物作りの現場では有るが完璧!なアナログ世界。
ワイヤーフレイムの、しかも物凄く単純な形状(平板を二次元に曲げただけ)の図面のコピーがFAXされて来た。見積もりの依頼だ。それを見たウチの社長の第一声「なんじゃこりゃ?」
何の事か自分は他の事をしていたのであまり気にしていなかったのだが、ワイヤーフレイムを知らなかったのだ。顧客との電話の後で自分に教えてくれた。「きゃど(CAD)で書いた図面なんだってよ。」ウチのお得意さんの殆どは手書きの図面を寄こす。フリーハンドもざらだ。紙に印刷された図面があれば十分仕事が出来る。と云うよりデータで渡されたって見ることが出来ない!付き合いのある仕事仲間も皆同じ様なものだ。多分この状態でもウチくらいの会社なら今後も数年間はやっていけるだろう。PCなんて無くても出来る仕事はいくらでもある。
同じ「物作り」と言う言葉で括られる現場のこの温度差。自分もどちらかと言えばかなりアナログ側の人間なのだが、この事実をどう受け止めれば良いのか?ギャップと称して良いものなのか?次元が違うのではないか?
やっぱりCADの基本ぐらいは押さえておかないと駄目なのだろうと思うけど。今から覚えられるかな?

▲コメント投稿者: triomoon (Sep 30, 2004 11:35:08 PM)

看板屋さん
前もって希望価格を伝えてあるのなら、そのまま出すのが一番かと。

兄さん
手で作る現場は大事ですよ、片やパソコンが止まったらなにも出来なくなってしまいますし。
しかし、比較すると益が良いのも事実。
工具の代わりにマウスを持って、流しのオペレーターなんて兄には似合いそうです。(笑

▲コメント投稿者: みどりかわ@ミナロ (Oct 1, 2004 9:39:58 AM)

んー、今はデータってモノを売り物にしています。が、本当は手作りの物、ノミ・カンナでの生活を夢見て製造業に入ったわけですが、時代の流れでそうも行かないみたいですね。
データってなに?みたいな職人に育てられていながら、毎日椅子に座って画面とにらめっこです。
でも客先との関係の中で、その職人に育てられた経験が自分の売り物にもなっていたりしますが、合理化と利潤に造る楽しみを拭い取られている様に感じますね。
だんだん名前が短くなりますが気にしないで下さい。
このネタは書ききれないので又、一杯やりましょう。

▲コメント投稿者: 某齋藤兄 (Oct 2, 2004 12:11:32 AM)

中小企業展にはいけませんでしたが、裏のイノベーションジャパンに行ってきました。

内容は大学のシーズの展示会で、中には面白そうなネタもありました。
大学の研究は物づくりを意識しているところとホントに基礎研究に走っているところの2極化しているような感じでした。

いろんな大学の研究者リストを手に入れました。
(使えるかもしれません)

では、また。

▲コメント投稿者: みかん太郎 (Oct 2, 2004 11:26:05 PM)

齋藤兄さん
小さくても良いからデジタルとアナログの現場が両方あるのが理想です。
一杯、いいですね。

みかん太郎さん
レポートありがとうございます。
こちらは「材料・ナノテク・機械分野」の大学等研究者データを手に入れました。集まる機会を作りましょう。

▲コメント投稿者: みどりかわ@ミナロ (Oct 4, 2004 10:57:41 AM)

みどりかわ様

予定をまたご連絡します。
何か面白そうなことができそうな気がしています。

▲コメント投稿者: みかん太郎 (Oct 5, 2004 11:37:09 PM)

コメントを書く




*スパム、無責任、言い逃げ、騙りコメントを防止するためメールアドレスは必須としています。
架空アドレスの場合削除する事があります。
お手数ですがご協力下さい。
なお、URLがある場合、そちらが優先で表示されます、サイトをお持ちの方は是非入力してください、お礼に伺います。