« ソフトバンクの逆襲 | トップページ | ■好きこそ、者の丈夫なれ。 »

売ることの楽しさ

金型屋の社長との話しの中で「従業員にも作るだけではなく売ることの楽しさをわかってほしい」と言っていた。

大多数の中小零細の製造業は、注文をもらってから物作りをする。

いつも自分の好きなモノを作るわけではない、物作りが好きで仕事にした人も、そうでない人も、永年経つといずれ惰性になってくる。


小さく元気な町工場は経営者自ら、お客さんとダイレクトに話をする。
すると「うまくできたね~」「よくやっていただけました」「どうもありがとう」とお礼を言われることがある。

ある規模の会社になると、このお客さんの言葉が現場の従業員に届いていない。


つまりやっていてもつまらないのだ、外部はどうでアレ手を動かして当たり前、仕事して当たり前という毎日の繰り返しだ。

ミナロが考えている2.5次産業は「作って売る」、この売る部分の楽しさを従業員にもわかってもらいたい。

注文が来て作り、うまく出来て当たり前、しくじった時のみ文句を言われる環境から、「売って欲しい」、「あなたに作ってもらいたい」「とても満足しています」等のお客さんの声が直に届けばやる気は全然変わってくるだろう。


製造業はモノを作って喜べた時はもう過ぎた、次は売る喜びを求めても良いのではないだろうか、関わるスタッフ全員で。


  ←よかったらクリックしていって下さい、励みになります。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40436/1382647

この記事へのトラックバック一覧です: 売ることの楽しさ:

コメント

コメントを書く




*スパム、無責任、言い逃げ、騙りコメントを防止するためメールアドレスは必須としています。
架空アドレスの場合削除する事があります。
お手数ですがご協力下さい。
なお、URLがある場合、そちらが優先で表示されます、サイトをお持ちの方は是非入力してください、お礼に伺います。