« ■第二、第三の声をもつこと。 | トップページ | 携帯電話とワイン »

そりゃ普通じゃない工場

CADCAMを6台を使う試作屋さんへ会社見学へ行ってきた。

厚木にある試作屋さんは総勢3名でマシニング2台とCADCAMがなんと6台(正確には1台のPCに6種類のソフトが入っている)もあった。

6台のCADCAMをすべて使いこなし、どれひとつHDDの肥やしになることなく状況に応じて使い分けている。
社長自らがすべてのソフトを操り、CADベンダーへオペレーションの改善注文を出す。

1つのCADは支給データの修復のために使い、IGESという中間フォーマットの精度を上げる、そのCADから出されるIGESはどのCADへ渡されてもほぼ100%元形状のまま再現出来るという。

別のCADは紙図面からデータを製作するのに使い、他数台のCAMの部分も2次元用3次元用と使い分けている。

なぜこの様なオペレーション方法も違うCADCAMを6台も使い、わざわざ複雑な事をするのかと聞いてみると、「すべてはスピードの為」だという。
「お客さんから要望される納期に間に合わせるために、気がついたらこうなった」と言っていた。

しかしそれぞれのソフトだって安くはない、その点については、「一般的なCADでも時間をかければ大抵の事が出来るが、専門特化したCADだと、1日掛かっていた仕事が1時間で出来る、そう考えると設備投資しない手はない」と。

注文のメールが届いて1時間以内には、加工の要望を書いた図面をお客さんに返すそうだ、その後承認をもらいOKが出れば、その日の晩には加工を始めている。

大抵のモノは1日あれば形になっている。
あるメーカーは量産が始まり、成形が間に合わないときは、ここで作った試作品を組み込んで販売しているという。

社長は「初期製品は買わない方が良いですよ」と言っていたが、量産品より精度は良いし、手作りに近い高級パーツが組み込まれているのだから、それを買った人はラッキーだ、中の部品代だけでその商品の本体価格より高いかもしれない。

3名の会社ではあるが月商1000万円を超える事があると言う。
製造業の平均的な売り上げは一人当たり70万円程だ、それが部品加工だけで月に1000万円稼ぐ事がどんなに大変かは想像を絶する。
この6台のCADCAMがあって始めて出来る芸当だろう。

また近いうちに時間を取って話をしに行きたいと思った。


1日1回のクリックにご協力を。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40436/1797973

この記事へのトラックバック一覧です: そりゃ普通じゃない工場:

コメント

コメントを書く




*スパム、無責任、言い逃げ、騙りコメントを防止するためメールアドレスは必須としています。
架空アドレスの場合削除する事があります。
お手数ですがご協力下さい。
なお、URLがある場合、そちらが優先で表示されます、サイトをお持ちの方は是非入力してください、お礼に伺います。