« ツールエンジニア12月号 | トップページ | 技術連携コンソーシアム »

BtoBかBtoCか

BtoBとは企業間の取り引きのこと、それに対しBtoCとは企業と一般消費者の取り引きである。
改めて書くまでもないが、区分けをするとなると非常にややこしい。

先日のコンソーシアムでも話が出た、BtoBとBtoCの違いによるホームページ活用法についてだが、なかなか皆が納得する解答が見つからない。

製品や商品を対企業へ売る事と、対個人へ売る事は色々な面で違う。
だが、自分の会社を知らない企業や一般消費者に、自社のサービスを知ってもらう営業ツールとしてホームページを使うのであれば、書く内容は同じで良いだろう。

製造業のほとんどがBtoBだが、巷で手に入る参考書やノウハウにはBtoC向けが多いように感じる。
また、モノづくり会社のホームページで成功しているところは、BtoBやBtoCと言った垣根を取っ払っている様に見える。

この場でその解を出す事はむずかしいだろうが、みなさんが現状感じている事を教えて下さい。
次回2.5次産業部会で議題にあげてみるつもりです。
少しでも製造業者自らが売れる環境にしていきたいのです。


1日1回のクリックにご協力を。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40436/2067952

この記事へのトラックバック一覧です: BtoBかBtoCか:

コメント

コメントを書く




*スパム、無責任、言い逃げ、騙りコメントを防止するためメールアドレスは必須としています。
架空アドレスの場合削除する事があります。
お手数ですがご協力下さい。
なお、URLがある場合、そちらが優先で表示されます、サイトをお持ちの方は是非入力してください、お礼に伺います。