« 千客万来 その2 | トップページ | ■愛する者に、指揮と士気(志気)あり。 »

熱発電の商品化

昨日は新材料応用研究会の第五回目があった。

今回のテーマは「熱電変換材料」について、熱発電素子の商品化への課題という内容だった。

熱発電とは、温度差を利用し電気エネルギーを得る方法だ。

1821年にドイツの物理学者トーマス・ゼーベックによって発見され、ゼーベック効果と呼ばれている現象で、異なる材料の2本の金属線を接続して1つの回路をつくり、ふたつの接点に温度差を与えると、回路に電圧が発生する。

似たようなモノに光発電があるが、こちらはソーラー発電として有名だ。

いまいち普及しない熱発電に対し光(ソーラー)発電が有名になったのは、国の介入が要因らしい、光(ソーラー)発電はエネルギー問題を解消する手段と期待され、全国的に普及させるための補助金が付いた。


残念な立場になっている熱発電だが、温度差をとれるところは普段の生活の中に多く存在する。
人体熱を利用した腕時計や ろうそくラジオ

ろうそくラジオにいたっては、元々生産量も少なく昨今の災害続きですべて売れしまい在庫が無く、作る会社もすでに無いそうだ。

ゴミ焼却炉、車の排気ガス、室内外の温度差、地熱、体温等、捨ててしまっている熱、時には邪魔になる廃熱がエネルギーに変わったら様々な場面で有効に使えると思う。

次回以降の研究会では、この熱発電をテーマに商品化に向けた用途開発を引き続き行っていく。


1日1回のクリックにご協力を。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40436/2003621

この記事へのトラックバック一覧です: 熱発電の商品化:

» 熱をデザインする [トランクなかにしの発想箱から]
【ミナログ】製造業社長の逆襲ブログ :熱発電の商品化にトラックバック 温度を利用して電気を起こす技術で、原理自体は1821年に発見されているというから、かなり古いみたいです。 続きを読む

受信: Nov 21, 2004 1:04:15 AM

コメント

ペルチェ素子って名前は聞いた事があるけれど。
なんか「明るい未来」が感じられる技術ですね。今の化石燃料に依存している社会の延長から導き出される近未来って「暗い未来」のイメージ(環境が最悪な中での便利な暮らし。ブレードランナーみたいな。)なんだけど。そうじゃない未来を。
宇宙空間なんか、日なたと日かげの温度差がすごいから効率がすごく良さそうだし。
夢を見ることが出来る技術って素晴らしい。

▲コメント投稿者: triomoon (Nov 19, 2004 7:08:49 PM)

ご無沙汰です。
ペルチェ、ゼーベック素子って、面白いですよね。性能に見合った応用の決定打がないのがいまいち普及しない理由かと・・・。効率UPは大学の先生にまかせて、よい応用を考えたいですね。
ペルチェの応用だと、ジュースを冷やすグッヅ。例えば車のドリンクホルダーに適用し缶ジュースなどを冷やす。あるいは、USBから電源を取るようにして、オフィスでPCの傍らにドリンクホルダを置いておく。どうでしょうか?
あと、医療への応用がありそうですが・・・。

ゼーベック(発電)の方は、効率が悪いだけによい応用が思いつきません。確か、ボイジャーなどの宇宙船には搭載されていたと思います。
よい応用が思いつけば、特許にしましょう!

▲コメント投稿者: みかん太郎 (Nov 21, 2004 12:42:43 AM)

発電の効率は20%まで期待できるそうです、光発電が15%ですから実現されればかなり期待がもてます。
宇宙の日陰と日向の温度差は200℃程あると聞いたことがあります。
すごいこともできそうですが、まずは手に取れるモノを試作したいですね。

▲コメント投稿者: みどりかわ@ミナロ (Nov 22, 2004 2:50:56 PM)

毎度です。
調べてみると確かに20%近くまで期待できるという記載もありますね!(この例は17%)http://www.ista.jaxa.jp/info/press/old/a40c8006.html
ここまでくれば、かなりの応用が考えられますね。
手に取れるもの考えて見ます。

▲コメント投稿者: みかん太郎 (Nov 22, 2004 11:44:08 PM)

コメントを書く




*スパム、無責任、言い逃げ、騙りコメントを防止するためメールアドレスは必須としています。
架空アドレスの場合削除する事があります。
お手数ですがご協力下さい。
なお、URLがある場合、そちらが優先で表示されます、サイトをお持ちの方は是非入力してください、お礼に伺います。