« おすすめ製造業ブログ | トップページ | 経産省でも役人らしからず »

見積書に期待するもの

見積もりの依頼主に「予算はどのくらいですか?」と聞くと、決まっていないので見積が欲しいと言われる。
しかし見積書を提出した時点で「高いな、予算越えちゃうよ」と言われる事は無いだろうか?

どういうワケだか、発注担当者は予算を言いたがらない。
予算が決まっているのは分かっていても、「とりあえず見積出して」と言ってくる場合がある。

何に期待しているのだろうか。
予算より安く出てきた場合には余分を何に使おうか考えているとは思わないが、ほとんどの場合予算を超えた見積が出てくる事になる。

売り手と買い手の相反する相場感のなかで、買い手が希望する金額より安く売りたがる人は間違っても居ない。
(すこし前に間違って0の数を減らして見積もりした業者が入札禁止になったという話がありましたが・・・)
昔々、見積自体にもお金を払っていた時代ならいざ知らず、今の経済はそう言う状況なのは言うまでもなく分かっているだろうに、それでも何かを期待して見積を出してと言ってくる。

発注者側がまったく知らない、経験無い世界に注文をするなら仕方のない話だが、毎度毎度同じようなモノの見積を出し「高いね~、安くしてよ」と言われるのにはうんざりする。


見積というのはあくまでもこちらの希望であって、ネゴ出来ないモノでもない。
しかしだ、下請に向かって「安くしろ~」と言うのと同じに、元請けに向かっても「この値段が適正です」と言って欲しい。
と言うより、金の流れで言えば上流に向かって提出するのが見積書、せっかく作った見積書をさらなる逆流で洗い流すような振る舞いはして欲しくないし、本来の見積書の使い方では無い。

ミナロでも見積を取る事があるが、ほとんどの場合予算を先に伝え、出来るか出来ないかの判断をして貰う。
満面の笑みで「出来ます」と言われても、もっとマケてなんて事は言わない。
「出来ない」と言われたら、幾らなら出来るかを聞き、上流と交渉しその金額をもらえるまでは仕事にしない。
昔風に言えば「男に二言はない」という事だろうか。

製造業のほとんどが下請なのはどうする事も出来ない現実。
その中で少しでもイヤな思いをする事、させる事は減らしたい、気分が良い方が出来上がる製品も良品ですから。


製造業のブログは少ないですね。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40436/2556456

この記事へのトラックバック一覧です: 見積書に期待するもの:

» 見積もりって何よ [製造業のためのネット営業から]
見積もりの話である。 図面が出て、「見積もってください。」ということになる。 特に、ネットで見積もり先が簡単に見つかるようになってから、見積もりの件数は... 続きを読む

受信: Jan 18, 2005 12:15:10 AM

» 「見積書へ期待するもの」へのレス [資材・調達担当者へ贈る言霊から]
私がよく読んでいるブログにこんな記事があった。 「見積書へ期待するもの」 常日頃 続きを読む

受信: Jan 22, 2005 10:39:07 PM

コメント

>下請に向かって「安くしろ~」と言うのと同じに、元請けに向かっても「この値段が適正です」と言って欲しい。

もう、二月くらい前かな。 こんな事が有った。
うちとしても、ボッタリ価格でなく、常識範囲内で詳細を付けて見積書を作った。
見積りを提出した段階で、いきなり何%まで値引きできるかだって。
いきなり言われたもんだから、こっちもカッチン!
「見積り段階で、いきなり値引きですか? この仕事
お宅様の方で受注になっているのですか?」
「いや、まだです」の回答。 それなら受注につながる様に頑張ってください。
それで、予算が決まれば、私は全てに於いて協力します。 それで、納得してくれたみたいだが。
その後の回答が、全く無し。 受注になったのか否かの連絡ぐらい有ってもいいのでは?
あーーっ また愚痴ってしまった。


▲コメント投稿者: KTD (Jan 14, 2005 5:58:50 PM)

発注担当者から一言。(みどりかわさん、御無沙汰です!)

見積くれ!との言葉の裏には、発注側の不安も大いに隠されていると思います。自分の金額の読みに自信がない裏返しですね。同様な製品を過去に購買経験があれば、金額的にはある程度わかるものだと思いますが。私は見積依頼のやり方によって、提示される金額はどのようにも変化すると思っており、ある程度金額的な目星と、見積条件を細かく提示するようにして、双方不明点=リスクをなるべく少なくするように引合を行っているつもりですが・・・。

ただ社内的にもこのようなやり方への賛同者は少なく・・・特に古きよき時代のバイヤーを経験した皆様には、理解が得られません。ただ、発注側も従来の手法には限界を感じています。最近購買方針で「パートナー」なんて言葉を見ませんか?従来の親会社と下請けなんて主従の関係が崩れ始めていると思うのです。

▲コメント投稿者: りょうま (Jan 21, 2005 11:04:03 PM)

すごい共感してしまいました・・・。

少々話しが違うのですが、納期でも無茶言うなという時がよくありますよね。これ以上は愚痴になりそうなのでやめときます。

▲コメント投稿者: sedasou (Jan 26, 2005 6:57:54 PM)