« 家賃の前払い | トップページ | いまになって約束手形? »

なぜ仕事を受けるのか

仕事の依頼が来たとき、するかしないかの判断は皆さんどうつけているだろうか?

まずは見積金額が折り合うかどうか、それと納期に間に合うかどうか。
この線引きで決めていることが多いと思う。

一般的にはこれで良い。
しかし今の製造業はほとんどが特急仕事。
いっぱいいっぱいの時に上得意の客先から依頼が来た場合はどうだろうか。

この判断に頭を痛めることも多いと思う。

まずミナロでは上得意の仕事はいかなる時も絶対に断らない事を決めている。納期も希望どうりで完成させる。
年間売り上げの3割近くをしめ、値段もほとんど言い値で買ってくれるのだから、これを断ってはダメだ。

次に仲間内からの仕事または紹介。
これも基本的には断れない。
ただし、見積段階だったり交渉の余地がある場合は、こちらの要望、条件を伝え、折り合いがつけばやらせてもらう。
金額より義理を優先する場合が多いかも。

一番悩むのは、始めての取引、またはそれに近い程間隔が開いている依頼の場合だ。
平常時なら「よろこんで!」と受けるところだが、繁忙期には他の仕事を止めでもやるべきかどうかの明確な線引きは出来ない。
もっと言えば、その時の気分や依頼者の魅力が判断に大きく関わってくる。

決して仕事を断りたいわけでは無いのは言うまでもないが、物理的にぎりぎりの状態で回っている器にさらに詰め込むのだから、何らかははみ出てしまう。

折角ホームページやブログから依頼を頂いても、最終的には断ることになってしまうは非常に心苦しい。
かといって設備や人員をすぐにそろえられるわけでもない。

経営から見れば結果として良い業績は出ているが、お客さんの要望には応えられていない。

今日もひとつ「ごめんなさい、出来ません・・・」のFAXをしてしまった・・・
申し訳ない気持ちでいっぱいだ。


キムタケさんの銀行で出資してくれないかな。


ゴーログへTBしています

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40436/3883578

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ仕事を受けるのか:

コメント

NCCCも複数の会社から仕事の依頼が重なる
事がしばしばです。基本的に断った仕事は
殆どありません。正直に今の状況を説明し、
待って頂ける所は待って頂き、待てない
所は 部分外注や、たま~の徹夜で対応して
おります。(マンパワーが無いので”丸投げ”
のお仕事は始めからお断りしてますが・・)

今も5社 仕事が重なっております。
1社づつこなすのではなく、各社1工程毎に
データ出力中です。・・・MC5台分のデータ
を同時に作っている状態ですね。正直キツイで
すが、やりがいもあります。 
ファイト!1発。 いや5発!

▲コメント投稿者: NCCC (Apr 28, 2005 2:36:40 AM)

私も、重なる事が多いです・・・と言うか何時もです。仕掛品ばかりで、できる範囲で平行して進めていっていると思います。
自分とこのキャパは把握していて、それ以上を求められると、どうしても泣く泣く断らざる得ません。それか、納期を延ばして頂き、待って頂くか、それでも無理な時は、すいません。間に合わす事ができないので、今回は無理です。。。とやっぱり断っています。
中々、難しいですよねっ。

ただ、一つ思っている事は、無理と思い断る時は、早期に判断をして、早期に断りをいれています。先方は、私共が製作出来なかったら、ふる所・ふり方も知っているので、先方にも時間をついやさせないし、私も製作する時間が無い仕事のを事を色々と考えたくはありませんし、その分、今頂いている仕事を終わらせ、またその時は臨機応変に対応しよう。と常々思っています。
たまに、自分のキャパオーバーで判断が鈍る事もありますが、そんなときは、スパッと忘れてリフレッシュします。と言っても、早く家に帰ってゆっくり酒飲みながら考えるのですがね。アハハ
お互い、頑張っていきましょうねっ!

▲コメント投稿者: 空き地 (Apr 28, 2005 7:57:49 AM)

はじめまして。
個人でデザインの仕事をしているものです。
不況といわれるこのご時世にも、こんな優雅な会社があるんだと今さらながら驚いています。

僕は仕事は「断れる」ものだなんて考えたこともありません。“仕事”という言葉に“断る”という言葉が結びつくとも考えられないくらいです。来る仕事はすべてありがたく頂戴しています。
もし仕事がなくなったら・・・なんて不安になることはないのでしょうか? そうだとしたらうらやましい限りです。

▲コメント投稿者: Shin (Apr 28, 2005 3:48:32 PM)

仕事が無くなる事は無いと思っています。
その理由は、人と人とが絶えず交流しているからです。

人と人とが話をすれば仕事が生まれる、仕事をすればお金が入る。
こんな感じでしょうか。
人と人>仕事>お金

仕事の山、谷は必ずありますが、その時に助けてくれるのも、人なのです。

これに気づくのに数年かかってしまいました。
気がついただけマシですが。

いま思うのは、山高ければ、谷深しという事です。
高低差をなるべく少なくしたいんです。

▲コメント投稿者: みどりかわ@ミナロ (Apr 29, 2005 11:39:43 AM)

みどりかわさん、いつもながらのするどい語り口
ですね。ひとつひとつ納得できます。

どのお客様の仕事を請けるかという優先順位も大
切ですが、当社で今問題になっているのは、ほん
とうに受けられない仕事かどうかです。

自社の設備に合わない、今の受注状況ではとても
余裕がないなど理由は様々ですが、ほんとうにそ
うなのかが問われています。
今までは社長ひとりで決断する場合が多かったの
ですが、今後はできるだけ現場サイドの人々と相
談し、どうしたら受けられるのかをその都度考え
るように変更しました。

少しずつ社員がやる気になってます。これからが
楽しみです。

▲コメント投稿者: 伊藤@蒲郡製作所 (Apr 30, 2005 3:10:46 PM)

>ほんとうに受けられない仕事かどうかです。
どうしても作業にたずさわる側から見ると、長めの工期と、必要以上の心配をしてしまいます。

やはり小さな製造業ではトップダウン。
社長の一声で士気を挙げれば、どんな事でも可能だと思います。
一番難しいんですけどね・・・

▲コメント投稿者: みどりかわ@ミナロ (May 2, 2005 11:18:18 AM)

コメントを書く




*スパム、無責任、言い逃げ、騙りコメントを防止するためメールアドレスは必須としています。
架空アドレスの場合削除する事があります。
お手数ですがご協力下さい。
なお、URLがある場合、そちらが優先で表示されます、サイトをお持ちの方は是非入力してください、お礼に伺います。