« きっかけはガンダム | トップページ | MRIを受けてみた »

民間宇宙企業

ゴールデンウィークだと言うのに、連日更新です。
休み明けまとめて読む方には申し訳ないが、書かせて頂きます。

数年前から民間による宇宙開発が動き出している。
昨年、ライブドアも応援する非営利団体「X PRIZE」では、再利用型民間宇宙船の実用化コンテンストに約11億円の懸賞を掛け、米スケールドコンポジット社の開発したスペースシップワンが勝ち取った。

実際の所、11億円程度では資金として全然足り無いとも聞くが、その後のビジネスを考えれば、有利な立場になったのは間違いない。

インテリジェンスの業界レポートの記事にはこんな下りがある。

こうした宇宙ビジネスの親会社はほとんどがIT系ベンチャー企業だ。社長はいずれも30~50代、子供の頃にアポロ打ち上げを見た世代である。宇宙を開拓する未来を信じていた彼らだったが、現実には軍事や経済の前にいつの間にか宇宙は遠くなっていた。今、彼らは小さな国の国家予算を超える莫大な資金力を使って、かつてのロマンを買い戻そうとしている。その行為こそが実に未来的なのだ。

IT系ベンチャー企業の国家予算を超える莫大な資金力、製造業者として不本意ながら今はこの人達の資金に頼るしかない。

しかし、日本にも東大阪宇宙開発協同組合 SOHLAがある。まいど1号だ。
青木さんの退任は残念だったが、製造業、町工場、零細企業の夢として、是非成功させて頂きたい。

そして我々も、お金はないけど、腕と機械がある。
目先の売り上げを少し忘れて、未来に繋がるものづくりを、ちょっとずつで良いから始めてみてはどうだろうか。


IT系ベンチャーの羽振り良さがいつまで続くかわかりませんし

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40436/3959297

この記事へのトラックバック一覧です: 民間宇宙企業:

» エックスプライズ(x [スターソリューションズから]
ホリエモン。次はいよいよ宇宙を目指す! ? 「livedoorは、民間宇宙船打ち上げイベント「X PRIZE コンペティション」を応援します。」 球団買収、メディア買収の次が宇宙とは・・・ 100兆円規模の市場???またまた怪しくも楽しい話題を提供してくれそうな気配(笑) 日本ロケット協会 (チープなホームページ何とかしてやってよ。) x prize財団 (ホームページは立派!意味はわからないけどw) そう言えば、以前ペプシコ(サントリー)がやっていた「ペプシで... 続きを読む

受信: May 9, 2005 1:35:07 AM

コメント

SOHLAのプロジェクトは大学時代の恩師が一枚かんでいるそうなので、個人的に楽しみにしています。今年は、ロボカップも開催されますし、大阪のものづくりは今が旬(?)ですね!

▲コメント投稿者: phoenix_pilot (May 5, 2005 10:15:32 PM)

イヤ、ホント西日本のものづくりは元気がある。
SOHLAのプロジェクト、期待してます。

東日本、特に関東はITばっかりって感じ?

▲コメント投稿者: みどりかわ@ミナロ (May 6, 2005 10:14:58 AM)

コメントを書く




*スパム、無責任、言い逃げ、騙りコメントを防止するためメールアドレスは必須としています。
架空アドレスの場合削除する事があります。
お手数ですがご協力下さい。
なお、URLがある場合、そちらが優先で表示されます、サイトをお持ちの方は是非入力してください、お礼に伺います。