« 京都がいいらしい | トップページ | みんなブレイク »

禁談合には覚悟がいる

最近談合による受注が厳しく見られるようになっている。

談合と一口に言っても、それぞれの業界によって様々だろう。

例えばミナロでも条件によって、受注できなかった仕事の見積価格を公表する事がある。
その条件とは相手が大手の場合で、受注したところがミナロと同程度の規模の場合だ。

相見積で勝った相手に、こちらの値段を教えるのはなぜか?

それは、次回以降の仕事の単価を下げないためである。
ミナロの場合、相見積の競合を敵だとは思っていない、むしろ仲間意識のほうが強い。

中小零細の下請は、大手からなるべく利益率の良い仕事をもらう事が重要となる。
相見積の場合、値段が落ち始めると際限なく落ちる。

利益率の良い仕事のままで、値段の下落を防止するには、受注した業者に対抗の見積金額を見せるのが良い。
2番目の安値より10円でも安ければ受注出来るのだから、無理に利益を削ぐ事はもったいない。

ただし、相手が大手だと言う事が重要だ。
仲間内の仕事でこれをやったら、会社はでかくなるだろうが、敵も増える。
絶対にやってはダメだ

この考えは、談合の序の口かもしれない。
見積段階で相談して価格を決めているわけではないので、談合とは呼ばないだろうが、業界を守るという意識が談合に繋がる。

談合の中でもっとも悪とされるのが官製談合だ。
行政側からの落札金額が前もって流れる、その金額にもっとも近い業者が受注する。
受注業者より行政側にリベートが入る。
行政主体の出来レースと言っても良い。

ヨコハマ金沢産業団地では、この様な事もあった。
この件について官製談合かどうかの白黒は出ていないようだが、かなり臭う。

そしてこの様な、白か黒かは分からないけれども臭うやりとりは世間から排除されようとしている。

どれだけ業界を守るためだとか、行政側のやった事だとか言っても、談合は違反である以上、関わらないのが身のためだ。

談合から足を洗うのは禁煙するよりもっと覚悟がいるだろう。
だが会社の命が掛かった状況で判断するなら、自ずと答えは出ている。


守られている経営より、攻めの経営のほうが何倍も面白いしね

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40436/4372829

この記事へのトラックバック一覧です: 禁談合には覚悟がいる:

コメント

談合ですか。
批判をするのはたやすいはずです。

この談合の内容も多分色々あるはず。
これは聞いた話としてください。
ある役所の物品販売の競争入札。
役所はメーカー指定をする。
それは役所の現場担当者がメーカーを指定するから。
そのメーカーを指定する理由は現場担当者にしか分らない。
そして競争入札。
当然メーカーは指定で1社だけだから、高く売りたい。
高い値段ながら、販売させたい販売店へは仕切り価格を安く出す。
他販売店へは仕切価格高めに設定。
当然注文受ける会社は入札前からどの会社が取るか分っている。
これも談合と言えるだろうか。

他にない製品を作っていればメーカー1社指定になるのは当たり前。

メーカー1社指定。
わが社はそのメーカーを目指しているのだが。

はてさて、これも談合なんでしょうか。

▲コメント投稿者: 町工場のスーパー息子 (Jun 2, 2005 12:28:48 PM)

ご無沙汰してます。
ズ~ットあるんですが、材料買うだけで、赤字になる。
他所、引っ手繰って、出来ないから投げたヤツ。
予算の数字だけ残って、発注先も身動きできない。

そんな話をするだけで、談合なんだろうか・・・
官の仕事には多いんですが、1回我慢すれば、後は・・・
いやな話です。ウチは、削った分だけ。

▲コメント投稿者: ア~ル (Jun 2, 2005 7:31:44 PM)

町工場のスーパー息子さん
オンリーワンなら談合しようがありません。
よって白かと。

発注者側の行政に何らかのバックがある場合の談合は真っ黒です。
だってそのお金は元々税金ですもん。


ア~ルさん
ご無沙汰しております。
その仕事みんなで万歳したら、後はどうなっちゃうんでしょうか?
仕切直しと言う事にはならないんですかね~

▲コメント投稿者: みどりかわ@ミナロ (Jun 2, 2005 10:51:33 PM)

TrackBackありがとうございます。
談合この事、すごく勉強になります。
以前、経営学の授業を受けた時に先生と談合の話をしました。
「談合はいけない」という事だけは授業で伝わるのですが、其の仕組み、役割、何故、と言う部分はやはり当事者である方の話しが一番リアルに、そしてすんなりと頭に入ってきますね。
私ももっともっと勉強していきます。

▲コメント投稿者: てぃーぼ (Jun 3, 2005 1:24:04 AM)

ミナロさん、ありがとうございます。

投げちゃうと、数年後に復活します。
予備費を付けて・・・その時は、時代遅れですね。
何考えてんだろう?7次防にかかわった時、3年後に予算落ち
後4年。2年やったら、後は、保守・・・
元受は、良いでしょうが、削るだけは、無理。
当時、50台・・・今は、2~3台・・・無理です。

▲コメント投稿者: ア~ル (Jun 3, 2005 1:59:22 PM)

てぃーぼさん
色々なことを学んでください。
そして国内製造業の将来を考えてください。
あなたには経営者としての血が流れています。


ア~ルさんは、顔はこわいけど心は優しいから、ほっておけないのでしょうね(笑
うちだったら「ふざけんな!」で終わりかも。

▲コメント投稿者: みどりかわ@ミナロ (Jun 4, 2005 9:05:01 AM)

まいどです、ミナロさん

うちも無益な相見積とダンピングには困り果てています。
競争相手にこちらの価格を知らせるというのは、思いつかないアイデアでした。
これっていうのは、お得意さん経由で知らせるのでしょうか?それとも、自ら電話などでアポをとるのでしょうか?

引き合いがネット関連から多数ありますが、どこにでもできるような普通の加工は、ほとんどがコストダウンの目的のようで、見積もりが時間の無駄で終わってしまいます。
なにか良いアイデアがあればいいのですが……

▲コメント投稿者: 若旦那 (Jun 8, 2005 12:54:22 PM)

若旦那さんへ
知らせ方は、自ら電話などでです。

確かに相見積目的の問い合わせが増えていますね。
これを解消するアイデア・・・

昔のように有料見積とするか、
一見さんお断りにするか、

どちらもネット受注の位置づけとしてイマイチですね、もう少し考えてみます。

▲コメント投稿者: みどりかわ@ミナロ (Jun 9, 2005 8:18:06 AM)

コメントを書く




*スパム、無責任、言い逃げ、騙りコメントを防止するためメールアドレスは必須としています。
架空アドレスの場合削除する事があります。
お手数ですがご協力下さい。
なお、URLがある場合、そちらが優先で表示されます、サイトをお持ちの方は是非入力してください、お礼に伺います。