« 会社という船 | トップページ | 週間検索ワード »

給料を考える

あなたの年収はいくらにしたいですか?

一般的な会社には、残業代という手当がある。
定時間外に仕事をした場合、支払う給料だ。

しかしこの残業代が会社の財務を圧迫する場合が多い。

例えば、作業で何度も何度も失敗し、夜中や休日まで手直しして、挙げ句の果てには納品出来ませんでした!という状況になったらどうだろう。

タイムカードには残業時間として記載されている、会社とては手当を余計に払わなければならないが、納品出来ずに利益どころか売上ゼロ。

ここまで極端な事はないとしても、近い状況に陥る事はある。
ただでさえ薄利の仕事が、一気に大赤字だ。


従業員としてはどうだろう。

手当が増える事はうれしいが、本当は残業に付けてはマズイだろうな~と思っている。
もらう側は間違いなく負い目を感じている。
感じていないとしたら、相当な理由がある。

だが残業代は支払われてしまう。その理由は。
1.必要な残業なのか、ムダな残業なのか線引き出来ないため。
2.従業員から「もらわなくてもいいです」と進言がないため。
3.昔からの習慣だから。
4.労働基準に沿っている。

この4つの理由で会社の台所事情が苦しくなる。

これらを見直す方法の1つに、年俸制の採用がある。
ここで述べる年俸制とは、厳密に言えば法律上の年俸制とは違うのだが、年間に払う最低金額を前もって提示すると言う事で、年俸制と言っている。

給料は利益の分配という基本的な事を前提に、毎月会社から支払える給与額を決める。
年間の最低売上月の額から、経費と固定費を引いた残りを頭割りにした額となる。

これにより会社は赤字がなくなり、他の11ヶ月は利益が残る

そして11ヶ月で貯まった利益を、ボーナス一時金として分配する。

言い換えれば、年間の残業代を一気に支払うといった感じに近い。
こうする事で、必要な残業と不要な残業で支払う割合が平均化される、従業員が感じる負い目も薄れる。
払う側も貰う側も気分よくなれる。

しかし、昔からの習慣をリセットできない体質、労働基準局の労働者を守つもりが企業を潰す政策等で、改革できない場合も多い。

中小零細の会社は誰のためにあるのか。
株式公開した会社なら労働基準局の監視もきついだろうが、中小零細の我々が生き残るためには、現場を知らない机上論者が決めたルールに従う余裕はない。

あたかも正しい事と信じられてきた、経済成長期に作られた習慣、官の政策、これらは給料は利益の分配という基本的なところさえも台無しにしている。

経営者も労働者も会社で働く事には変わりはない。
お互いが成長し維持していくためには、もっと頭を使い、行動に起こし、時にはぶち壊す事もしなければダメだ。

年収を増やすのは一人の力じゃ無い

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40436/5333123

この記事へのトラックバック一覧です: 給料を考える:

コメント

「年俸制」面白いかもしれませんね。

当社でも残業問題は深刻です。
少ない人と、多い人では10倍以上違います。下手をすると基本給より、残業手当の方が多い人もいます。かくいう私も残業が多いので、肩身の狭い思いをしています。

今まで残業問題の解決策は「仕事量の均等化」にあると思っていましたが、これは個人力量や家庭事情、意識の問題などでイマイチ上手くいきませんでした。

いろいろな対策の一つとして「年俸制」もいいかもしれません。ただ現在、査定制度は導入されていますが、あまり上手くいっていない実情もあるんですけどね・・・(=_=;ムズカシイな~

▲コメント投稿者: きかん坊 (Aug 8, 2005 7:43:32 AM)

もっとシンプルに、もっと基本に戻って、そういう仕組みが一番故障しません。

査定制度も考えてみましょう。

▲コメント投稿者: みどりかわ@ミナロ (Aug 8, 2005 8:49:18 AM)

サラリーマンの方々が、もう一度会社から給料をどうやってもらっているか?って言うことを真剣に考えなければならない時期に来ているのかもしれませんね。
時代の流れに沿ったシステムが、会社を活性化させると思っているのですが、変化を好まないこの国では、激的な変化を起すと軋轢だけが残ってしまうので、本当に難しい問題だと思います。

▲コメント投稿者: ito@msp (Aug 8, 2005 7:24:38 PM)

ito@mspさんのブログも熱く政局批判していますね、応援してます。
政治も社会も、突き詰めれば「子供の教育から」という話になってしまいます。

しかしその前に親が、教師が、民間が公務員が「給料の分、貢献しているのだろうか?」って自問自答して欲しいです。

少ないなら、どうすれば多くできるのか。
仕事をしている以上、自分さえ良くなるという事はありえませんし、周りの人、地域の人、もっといえば国民に利益をもたらすモノはなんなのか。

言うまでもなく、ミナロではものづくりだと思っていますが。(w

▲コメント投稿者: みどりかわ@ミナロ (Aug 8, 2005 11:28:31 PM)

コメントを書く




*スパム、無責任、言い逃げ、騙りコメントを防止するためメールアドレスは必須としています。
架空アドレスの場合削除する事があります。
お手数ですがご協力下さい。
なお、URLがある場合、そちらが優先で表示されます、サイトをお持ちの方は是非入力してください、お礼に伺います。