« ●作る、造る、創る | トップページ | ドリームバトン »

経営戦略とは

今日は改めて考えさせられる事があった。

経営戦略という言葉があるが、これが我々のような零細製造業にも使えるのか?と言うコトだ。

将来の目標を掲げ、そこにたどり着くためになにをすればいいかを紙に書く。
こんな所から経営戦略の儀式は始まる。

しかし基本的に受注生産である零細製造業が、来年の受注量と種類を決められるだろうか?
来週の仕事量も読めないところが大多数だろう。

仮にフォームに書き込んだ経営戦略が出来上がったとしても、自分本位以外の何者でもない。

戦略とは長期的・全体的展望に立った闘争の準備・計画・運用の方法。

言いかえれば、割のいい仕事だけ選んでいくという考えから経営戦略という言葉を使うようになったと思うのだが、大切な相手の事は考えていない。

大衆を相手にするメーカーであれば戦略も成り立つだろう。
ターゲットにしたい相手以外は省略できる。

しかし我々のような外注先の場合、ターゲット以外を省略することなんて出来るのだろうか?
仕事の割が良いのか悪いのか、その判断は狭い範囲の中からなにを基準にするのだろうか?
代金の割が悪いからと言って、断れる人付き合いだったのか?

戦略を考える前に、相手にしてもらえる所へ出ないと話にならない。
中小零細製造業のすべてが経営戦略なんて言い出したら、なにも作れなくなる。


ミナロがもし起業時に戦略を考えていたら今の様にはなっていなかっただろう。
長期的・全体的展望なんて景気の良し悪しでも今月の売上によってもあっという間に変わる。
当時の状況で戦略を考えていたとしたら、「3年目で黒字になればいいや、それから人も増やそう」とか言っていたのではなかろうか。

ところが戦略を持たないことで、初年度から黒字、毎年増収増益、人員も倍になった。
状況に応じた無形の経営だったからこそ、風を捉えられた。

営業の仕方、経営の仕方と言った短期的な戦術は実践をやりながら覚えた。
中小零細製造業には、お金の繋がりより人の繋がりを重視する営業経営戦術のほうが、よっぽど重要だと感じている。


戦略が必要なのはガンダムが出来てからかな?

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40436/6971080

この記事へのトラックバック一覧です: 経営戦略とは:

» わが街を超えたつながり [ものづくりへのこだわり(加工道場)から]
本日、取引先の方から こんなお誘いを受けた。 おい、おい!! こんな話は、もっと早くしてよって感じ 続きを読む

受信: Nov 11, 2005 12:11:42 AM

» どこの何? [小さな会社の経営革新 Daily SmallBiz Coachingから]
機械部品の加工業を営むS氏は、父親が創業者で現在2代目としてがんばっている若き経 続きを読む

受信: Nov 12, 2005 5:30:51 AM

コメント

みどりかわミナログさま
・・中小零細製造業には、お金の繋がりより人の繋がりを重視する営業経営戦術のほうが、よっぽど重要だと感じている。・・
グランパはこの考え方で今日までやってこれました。ビジネスといえども人と人のふれあいです。
この関係が一番だと、ガンコに信じています。

▲コメント投稿者: グランパ (Nov 9, 2005 5:37:37 AM)

さすがです!今回の記事も、「作る、造る、創る」の記事も大変勉強になりました。良き先輩や仲間がこうやってネットを通じて出来ていくと言うのが、非常にありがたかです。
忘年会やオフ会が各地方で開催されてきてますが、いつの日か、このネット&LINKで繋がっている素晴らしい製造業魂の皆様とオフ会ばしたかですねっ!
団長の一声があれば!!!と、振ってみる・・・

▲コメント投稿者: 空き地 (Nov 9, 2005 8:35:30 AM)

人の繋がりが一番だと思います。
仕事も自分の人間関係の一部。
いい人間関係を作り、それを広げることが、いい仕事が広がることだと思います。
あえて経営戦略と言えば、“いい人間関係をどうやって広げるか”でしょうか。

▲コメント投稿者: なるせ@コスモテック (Nov 9, 2005 8:49:36 AM)

入社1ヶ月と9日で生意気だと思いましたがコメントを・・・。

経営戦略。大事なことだと思います。が・・・。
書式があり、そこに文字・数字を埋めていくわけですが、
書式にに拘らず、その会社の規模や業種に合ったものでいいと思うのです。
そして、出来ればその書式の中に愛がこもっていれば最高の経営戦略になるのでしょうね。
数字ばかりに気を取られていると、人として一番大事なものを無くしそうで・・・。
(過去に苦い経験あり!)笑

ミナロの経営戦略。書式はありません。スタッフ全員の頭の中にあります。
それは、『お客様の立場にたってのもの創り』です!
ねっ!ボス!

▲コメント投稿者: すぎもと@ミナロ (Nov 9, 2005 12:26:10 PM)

ミナロ団長。
今回も頷きながら眺めさせて頂いたとです。
さすがです。

ちょいとここで書いときます。
あるスリッパ息子の会社。
そこには「戦略ノート」と呼ばれるノートがありました。
それを開いてみるといつも白紙です。
他には「戦術ノート」と呼ばれるものもありました。
それには人と出会った際のその相手の方の笑顔ばかり、笑顔の似顔絵ばかりが書いてあります。

そして毎月一回背広姿でネクタイをし、きちんとしたみなりである方が現れます。
そしてノートを渡されます。
その表題には「以降3ケ月間の受注見込み」と書かれてあります。そのノートの裏には●●銀行と書いてあります。
必死でその息子は数字を書き込み渡します。
そしてその方が帰られた後は。

「戦略ノート」は白紙のまま。
そして「戦術ノート」は又人と出会った際の笑顔ばかりが日々書き込まれます。
そして又あの「以降3ケ月間の受注見込み」ノートを持った方が現れます。
そして必死に書き込みます。
そのスリッパ息子の会社ではそれが毎月毎月繰り返されます。
それでもそのスリッパ息子の会社は生き残っています。
訳の分からないコメントすんません。

▲コメント投稿者: スーパー息子 (Nov 9, 2005 9:21:48 PM)

戦略に縛られ、柔軟に身動きが取れないのであれば何の意味もありませんね。
時代の変化に応じた経営をするには、ニュートラルな姿勢でいる必要があると思います。
そして、「人」に勝る経営資源は無い。
機械を動かすのも「人」であれば、生きた情報をもたらすのも「人」、全ては「人」ですね。
当社には、良くも悪くも「営業経営戦術」以外に無い。
最近考えている事と重複していて共感出来る書き込みでした。

▲コメント投稿者: ito@msp (Nov 10, 2005 1:15:12 AM)

グランパさんもそう思いますか。
そうですよね、人生の先輩であるグランパさんが言うのだから、間違いないです。


空き地さん、そろそろオフ会開きますか。
ミナロの社員旅行で湯布院にでも行こうかと話しています。
実現しそうならその時にでも。


なるせ@コスモテックさんなら良い人間関係を作るのは得意でしょうね。
任せて安心。(笑


スーパー息子さん、そのノートを持った方もやはり神様なんでしょうか?
どんな理由であれ神様は怒らせない方がイイですもんね。


ito@mspさんのニュートラルさはよく分かります。
常に公平、利益も損も一緒にかぶれるつき合いが社内社外問わず持てるのが理想ですね。

▲コメント投稿者: みどりかわ@ミナロ (Nov 11, 2005 7:02:09 PM)

こんにちは。トラックバックさせていただきました。
戦略は「戦うための方策」と言えます。つまり”相手”がいるわけなんですよね。前提が競争しているということなんです。競争していない(明確に競争相手を特定していない)場合は戦略という言葉はピンと来ないのかもしれません。
私は、戦略というより「戦略的」に考えて行動することは重要だと思います。つまり、何をするか(何をしないか)を選択して、優先順位を決めて取り組むということです。
中小零細企業は経営資源が限られていますので何でもできるわけではありません。ですから選択する必要があると思います。選択するから相手からも選ばれるわけで・・・。選択(絞込み)の切り口は取引先というより、どんな分野か、どんな加工かという技術的なこと、それにどんな教育方針か、どんな工場か、その他どんな取り組み(3S、5Sなど)を行っているのかといったことも選択の範囲だと思います。要は「何で覚えられたいのか」ということだと思っています。
そう考えると、ミナロさんのブログでの取り組みそのものが戦略的に行動されている証拠かなと。
エラそうなことを並べ立てて申し訳ありませんでした。トラックバックのご連絡のつもりが長くなってしまいました。失礼しました。

▲コメント投稿者: いいやま (Nov 12, 2005 6:02:20 AM)

緑川さん。「サザエさん」を観てください!
いつもとかわらないんです!世の中は…


▲コメント投稿者: たそがれの旋盤師 (Nov 13, 2005 6:50:36 PM)

たそがれの旋盤師さん、サザエさんだって、現実はカツオもワカメもノリスケさんも声が変わってるぞ~

笑点の司会役だって毎週変わるだからっ。

ってなんの話だっけ?

▲コメント投稿者: みどりかわ@ミナロ (Nov 14, 2005 6:18:40 PM)

コメントを書く




*スパム、無責任、言い逃げ、騙りコメントを防止するためメールアドレスは必須としています。
架空アドレスの場合削除する事があります。
お手数ですがご協力下さい。
なお、URLがある場合、そちらが優先で表示されます、サイトをお持ちの方は是非入力してください、お礼に伺います。