« December 2005 | トップページ | February 2006 »

【ブログ討論会】
サービスロボット市場は、なぜ一向に立ち上がらない?

日刊工業新聞社からのブログ討論会の依頼です。

前回のブログ討論会「その設計じゃ高くつくよ」では、製造業の中から現場加工者や設計者の方々より沢山のご意見を頂きました。
ブログと出版物を結びつけるとても良い事例が出来たと思っています。ありがとうございました。

そこで今回のテーマは『サービスロボット市場は、なぜ一向に立ち上がらない?』についてです。


依頼者である機械設計編集部 今堀氏のメールを紹介します。


●討論会題目
『サービスロボット市場は、なぜ一向に立ち上がらない?』
同じ技術者として、ロボット開発に思うこと。あれこれ。

日本ロボット工業会の予測によると、「公共分野」「医療・福祉」「生活分野」など非産業分野におけるロボット市場は2010年に2兆円、2025年には6兆円の規模が見込まれています。
しかし、2010年まであと4年に迫っているにもかかわらず、これらの分野でロボット市場が立ち上がる気配がありません...。
その原因は、一体どこにあるのか?(ここでは、工業会の丼勘定はひとまず脇に置いて下さい)

まず、1つの考えを投げかけさせていただきます。
わが国でロボット開発に従事する人の99%はロボット好きと言われています。
「アトムが好き」「ガンダムが好き」・・・といった具合に。ヒューマノイドを作っている人はみんなアトムが好きですし、トヨタの搭乗型ロボット「iFoot」は、いわゆるガンダム世代と言われる人がどうしても作りたいと言い出し、開発しちゃったようです。

確かに、研究に従事する者にとって、好きであることは非常に良いことです。
いずれのロボットも艱難辛苦の末のもので、好きだからこそ開発できたと言えます。ところが、その好きの度合いが強いために、研究成果を現実の社会に還元していくという意識が低く、自分のフィールドで心地よく開発しているように感じられます。

また、将来ユーザーになる方も、新しいロボットを目にすると、すぐに映画やアニメなどの世界と関連づけて捉え、心地よい夢に浸っているように思われます。

その結果、どのようにして自分たちの社会、生活に迎え入れていくのかを考えない状態になっています。
「鉄腕アトムはいつできますか?」という質問がよくなされるのは、その典型でしょう。

したがって、生活分野でロボット市場を立ち上げるには、まず、上記のような心地よさから脱することではないと思います。そして、ロボット技術を暮らしに適用するための方策を、技術者・ユーザーともども考えていくべきでしょう。

本来、どの技術や製品でも、こうしたことを意識して開発されているはずで、これまでのロボット研究は、あるべき開発の姿から逸脱していただけなのかもしれない、と思ってしまいます。

同じ技術や開発に関わる者として、期待は大きいが、一向に市場にならないロボット産業に対して、思うところを述べて下さい。こんなロボットは使えないやろう!と、つい思ってしまったことでも構いません。


神奈川県ではレスキューロボをはじめ、ロボットに対して積極的な取り組んでいらっしゃいます。
今年の秋には、ロボットをテーマにしたイベントを開催されるそうです。
すでに、昨年には以下のようなイベントを開催されています。
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/keihin/roboldk/
家庭用ロボットの市場は、神奈川県のほか、九州、大阪など地方から立ち上がり、適用できる分野、用途などがある程度コンクリートされた後に、大手企業が進出すると思われます。
地元住民を巻き込んだニーズの掘り起こしは、やはり自治体と一体でないとできないので、各地域から、いろいろな提案がなされることを期待しています。


今回寄せていただいたご意見は「機械設計」誌の別冊号として「ロボット」をテーマにした媒体に掲載の予定をしております(発行日は3月31日予定)



とのことです、そこで皆さんにはロボットに対しての期待、または現実は・・・、などを聞かせていただければと思います。


ニーズとシーズ(技術の種)、よく言われることですが、ニーズの無い商品は売れない と。
しかしシーズが無ければモノは出来上がらない、またはよりよく改良されていきません。

製造現場にたずさわる人の殆どが、ニーズを意識したモノづくりは出来ていません。
注文があるから作る、または暇な時間を利用して趣味での工作や道具の手入れなど。

現場はすべてがシーズ中心で動いています。
ロボット製作現場も多分同様かと。

シーズとニーズを結びつけるプロデューサーが居れば話は早いかも知れません。
しかし、ロボット技術を知り、流行も読め、商売として成り立たせる人材はそう多くは無いでしょう。
昨今の製造業軽視の世の中では、優秀な頭脳も集まりません。

このまま誰の力でもなく自然発生的に、シーズがニーズを引きつけることが出来るか?

産業用ロボット以外のロボット達は、まだまだホビーやアミューズメントに寄った使われかたです。
シーズ+ホビー+αが見つかればサービスロボットが本来期待される使われかたになるのではないでしょうか。

+αが何か?

例えば、ダイナマイザーがペットを救出!とか、ランドウォーカーが人命救助! と言ったマグレ的な要素もその一つだと考えます。

また、理論はあるものの現在では発見されていない素粒子、又は人類が使いこなせない力が+αの部分に入るとすれば、足場に影響を受けない災害救助ロボや、エネルギー補給を必要としないホームヘルパーロボが登場するでしょう。

いずれにしろ+αの部分をいち早く見つけられたところが、サービスロボット市場のイニシアチブを取れるのでは無いでしょうか。


今回は製造業に限らず、ニーズを探す意味を含めて広く意見を頂きたいと思います。
●こんな技術的な問題があるぞ!
●ロボットにしてもらいたいサービスは?
●これさえ解消すればこんなロボットができる!
等々。

皆さんからのコメント、トラックバックをお願いいたします。


やっぱ作りたいのはガンダムだよね

| | コメント (23) | トラックバック (20)

週間検索ワード

先週:検索ワードランキング( 3件以上のみ)
対象日: 2006年01月23日(月)~ 2006年01月29日(日)
合計数:754

順位 検索ワード 件数
1 スケバン恐子 149
2 製造業 19
3 恐子 13
4 スケバン 12
5 男たちの大和 12
6 再放送 11
7 スターウォーズ 10
8 ミナログ 10
9 北村浩子 10
10 ブログ 10
11 青春アミーゴ 10
12 動画 8
13 からくり 8
14 TVチャンピオン 7
15 ガンダムバー 7
16 TVチャンピオン 7
17 桜塚やっくん 7
18 スターウォーズな少年 5
19 ミナロ 5
20 俺達はいつでも 5
21 ナッちゃん 5
22 神奈川新聞 4
23 アストロリサーチ 4
24 SI 4
25 テレビチャンピオン 4
26 ミ・アミーゴ 4
27 零細企業 4
28 ガンダムショットバー 4
29 一般交差 3
30 ゼーベック素子 3
31 ケミカルウッド 3
32 アミーゴ 3
33 大槻教授 3
34 ライブドア 3
35 ミレニアムファルコン 3
36 横浜 3
37 設計 3
38 ブライダルプレート 3
39 価格 3
40 桜塚 3
41 木型 3
42 アルミ鋳物 3
43 コロコロからくり 3
44 日本株の逆襲 3
45 ライトセイバー 3
46 替え歌 3


今回も「スケバン恐子」がダントツ一位。
「TVチャンピオン」も複数ランクイン。

やっぱりメディアの影響は凄いです。

44位「日本株の逆襲」ってなにを知りたくて検索したのだろう?


ミナログは製造業の逆襲です。よろしく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

コロコロパーティー

P1010373
地域の人たちがコロコロ選手のためにパーティーを開いてくれた。

ミナロでもお世話になっている診療所の婦長さん(一番左)が、近所のレストラン・メルヘンの社長さんへ「TV良かったじゃない、折角なんだからなにかやってあげなさいよ」との一言でパーティーが企画された。


この婦長さんはよく立ち話をする。
先日もMRIとCT検査でお世話になった。

信金ガンダムについても、今回のコロコロについても、「あんた達、もっと儲かることを考えなさい」といつも言われる。

でもそう言いながら、こういうパーティーを催してくれる心意気がうれしい。


P1010379
こちらの面々は銀行と信金の支店長たち。

信金ではコロコロビデオ上映会をひらいて、支店長(一番右)自ら解説をしていたそうだ。

技者チームの装置は、特に女性職員達にウケが良かったと言われていた。
きっとリップサービスだが。

総勢20名はいただろうか、こういう人たちが近くにいるというのは、ものすごく恵まれたことだと思う。


技者チームリーダーも言っていた「これはゴールじゃなくて、スタート」だと。

この言葉を理解できる人たちがこれからの産業団地を変えていくのだろう。


気にかけてくれる人たちが居ることは非常にうれしい。
こちらからは期待を上回る恩返しをしていきたい。



| | コメント (5) | トラックバック (1)

ライブドア事件

この件はすでに過食気味の人も多いだろうから、ほんの少しだけ触れておく。

今回の堀江社長逮捕で業務提携していたはずのフジテレビでさえ、賠償請求をすると言いだした。

あのとき交わした業務提携ってこんなもんだったのか~、と残念な気持ちだ。
結局表面だけ取り繕った手打ちだった、シャンシャンとね。

他の提携先もこれを機に解消するといっている。

犯罪者に手をさしのべる事はしないというのはごもっとも。

しかし身内がしでかしたミスによる混乱は、本人に変わってでも原状回復しなくてはならないという気にはならないのか。

少なくとも我々中小零細企業の繋がりでは、仲間が困っていたら助ける。
直接助けられる状況ではなくても、なんらかの頼りを渡す。

表面上だけの提携なんて何の役に立つというんだ。


つづく・・・

ここらかは少しうがったみかたをしてみる。
興味のあるかただけ読んでください。

ライブドアの株価がここまで落ちると、今までとは逆に、買収の標的となる。
M&Aを繰り返し、今風の乗っ取り屋とまで言われたライブドアが買収したグループ会社の中には、業績の良い企業もある。

その銘柄が格安で手にはいるのだ、投資会社がほっとくわけない。

そろそろ売買成立しても良さそうな株式市場では、明日はライブドア株のみ特別に後場だけの取引にするそうだ。
もしライブドア株の売買が再開したら、取引数がハンパじゃなくなる。
それを考慮しての措置である。

ということは市場の見方は、明日からライブドア株の売買が成立する。
明日のストップ安は126円、きっと間近で寄りつき、ストップ高まで一気に昇るだろう。

そこで再びフジテレビの出番だ。
もしフジテレビが寄りつきで3億株を買うことが出来れば、ライブドアの40%以上の株を手に出来、実質ライブドアとその子会社を支配できる。

126円の3億株は378億円だ。 フジテレビに買えない金額では無いだろう。

フジテレビの嫌いな堀江元社長ら役員を抜きにして、まるっと手にはいるのだ。


しかしフジテレビはやらないだろうな。
「業務提携先の不祥事はうちが全部面倒見る!」といってくれればカッコイイのにね。


いったいどこが買っていくのか

| | コメント (4) | トラックバック (1)

週間検索ワード

先週:検索ワードランキング( 3件以上のみ)
対象日: 2006年01月16日(月)~ 2006年01月22日(日)
合計数:946

順位 検索ワード 件数
1 スケバン恐子 242
2 スターウォーズ 28
3 製造業 18
4 少年 17
5 恐子 16
6 男たちの大和 16
7 ギラン君 13
8 青春アミーゴ 11
9 ミナロ 10
10 アストロリサーチ 9
11 ミナログ 9
12 ナッちゃん 7
13 スケバン 6
14 ガンダム 6
15 ライトセイバー 6
16 動画 5
17 ケミカルウッド 5
18 啓愛社 5
19 鉄工所 4
20 ライブドア 4
21 ガンダムバー 4
22 からくり装置 4
23 埼玉板金 4
24 CAD 4
25 京浜急行 3
26 甲田英司 3
27 神奈川 3
28 電子入札 3
29 カールシン 3
30 ロイズ 3
31 アンドリュー 3
32 埼玉板金チーム 3
33 北村浩子 3
34 なっちゃん 3
35 作る 3
36 浜崎あゆみ 3
37 TVチャンピオン 3
38 視聴覚室 3
39 からくり 3
40 作り方 3
41 ホイールカバー広告 3
42 修二と彰 3
43 株価 3
44 スープサーバー 3
45 コロコロからくり装置 3
46 コロコロ装置 3
47 TVチャンピオン 3
48 モデリング 3


1位は「スケバン恐子 」もう桁違いです。
ますます製造業ブログとはかけ離れていきます。(汗

でも桜塚やっくんは製造業一家の次男坊ですから、まったく関係ないわけではないのだが・・・

「男たちの大和」や「青春アミーゴ」はいかがなんでしょ。
自分で書いた記事ですけれど。(笑


毎日寒いっす

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大雪の新年会

_088
土曜日は8年ぶりの大雪だった。
ヨコハマでは11cmの積雪を記録、そんななか予定通り新年会が行われた。

明け方から降り続く雪で、新年会に集まれるかが心配だったが、総勢20名急遽病欠の方を除いて全員来ていただけた。

今回は特別ゲストとして、リクエストの多かったコロコロからくりの技者チームリーダー、坪倉社長にも参加してもらうこととなる。

一次会は居酒屋で、リーダーの握手会?

かがやきパソコンスクールの益田さんのまわりが大いに盛り上がっていた。
益田さん人を持ち上げるのウマイから(笑)

リーダーも酒が入るとイケイケだ、最後シメでは隣の若者集団まで巻き込んで、一発締め(関東一本締め)を仕切ってた。

とにかく外では雪の夜るとは思えないほど熱い集団だ。


2次会はもうすでに恒例となりつつある、リトルダーリンへ。

今回は雪という事もあり、終電があるうちにお開きとしたが、3次会まで行った人もいるのかな?


みなさんどうもお疲れ様でした&ありがとうございます。


*デジカメを持って居なかったため、後で皆さんのブログへ写真をもらいに行きます。


またやりましょうね

| | コメント (9) | トラックバック (0)

好景気のなか大暴落

今日の日経平均は、-462円の大暴落。
理由はライブドアショック?

ライブドアに強制捜査が入った翌日、昼の時間に日経平均を見てみた、すると意外にも安くなっていない。
マイナス数十円程。

「まぁこんなもんか」と、思っていたところ、大引けの株価は前日比、-462円の大暴落、下げ幅は昨年来最大だった。


ただ、実はライブドアショックの影響は少ないと見ている。

もちろんライブドアグループは朝からストップ安のオンパレードだったが、日経平均の暴落が始まったのは後場からだったからだ。


では他の理由が?

あるサイトで答えを見つけた。

耐震強度偽装事件でヒューザー小嶋進社長の証人喚問が始まったからだ。
午後1時45分から、与野党がそれぞれ約1時間の質問をした。

その中で小嶋社長が関係を持つ政治家の名前が何人も出てきた。
また「安倍晋三官房長官の飯塚(洋)政策秘書に議員会館で相談した」と証言をした。

この事により後場、大引け(午後3時)までに売り抜こうと大量の売りが出たのが理由ではないかと。

その後明らかになった事で、安倍官房長官との面識は一切無く、飛び込みで秘書に泣きついてきたと言うのが事実らしい。

よってライブドアショックの影響は少なく、政治家との疑惑も無いとなれば本来の好景気市場に戻るのは早いだろう。

しかしマスコミが「ライブドアショックによる暴落!」と連呼するとマインドコントロール的に、皆がそう思ってしまう。
実態は違っても、皆が勘違いをする。

大勢が動けばそれが本流となってしまう。


正しいことがなんであるかより、皆がやっているから、またはやらないから。
そう言う理由付けの方が楽で自分はどこも痛まない。

しかし個々は痛んでないようでも、実ももっと大切なところで大きなネジレを発生させている様な気がしてならない。

折角景気回復基調なんだから、余計な事は言うな!


まだだまされ続けるき?

| | コメント (7) | トラックバック (1)

TV放送終わって

コロコロからくり装置3は大好評でした!と言っても良いだろう。
ミナログにこれだけコメント付くのは珍しいことだし。

そこで図に乗って、放送まで明かせなかったネタバレ話。
放送ではカットされていた名場面。
2chのテレビ東京実況板をモニター。

なんかを書いてしまおう、一回じゃ書ききれないので数回にわたって。


今回非常にポイント高かったのは、装置のできあがりよりなにより、技者チームのリーダー「坪倉伸明53歳」だ。

放送で使われたコメントのキレの良さ。

2チャンネラーからは「緒方拳に似てる」とか「役者にいるよね?」なんて言われていた、技者王国の紹介シーンでは「坪倉大臣」とうコメントも出た。
(この場合大臣ではなく国王というのがホントだろうが・・・)

極めつけは、最後にどうみてもさめたラーメンの汁を飲んで「あちっ」の一言で視聴者の心をつかんだ。

つかんだどころか、実の奥さんまでが「惚れ直したわぁ」とその思いが抑えきれず、リーダーに手紙を寄せたという。

さすがである。

カットされて使われなかったが、つまらないことも沢山言っていたのは伏せておこう。
番組制作側の編集もさすがである。


今回の技者チームは坪倉リーダーのキャラが光っていた。
2ヶ月におよぶ収録の途中からは「もうカメラ慣れしたな」と余裕の顔持ちだった。
羨ましい度胸とバイタリティーだ。


参加選手で行った反省会では「次も出るぞ!勝つまでやるぞ!」と声を大にしていた。

もうすっかりテレビ出演に喜びを感じちゃってます・・・


コロコロからくり3の視聴率が気になるところではあるが、果たしてコロコロ4もやることになってしまうのだろうか・・・


会社、傾くって・・・

| | コメント (7) | トラックバック (0)

週間検索ワード

先週:検索ワードランキング( 3件以上のみ)
対象日: 2006年01月09日(月)~ 2006年01月15日(日)
合計数:983

順位 検索ワード 件数
1 スケバン恐子 161
2 ギラン君 28
3 製造業 24
4 ナッちゃん 18
5 コロコロからくり装置 15
6 動画 14
7 恐子 14
8 からくり 14
9 コロコロ 14
10 ミナロ 13
11 ミナログ 12
12 スターウォーズ 11
13 スケバン 11
14 ガンダム 11
15 ゴミは金なり 11
16 北村浩子 10
17 井上さくら 9
18 ナノテクとは 8
19 ガンダムショットバー 8
20 ショットバー 8
21 横浜 7
22 イナーシャ 7
23 コロコロからくり 7
24 カラクリ 6
25 技者王国チーム 6
26 社長の年収 6
27 約束手形 6
28 TVチャンピオン 6
29 スターウォーズな少年 5
30 からくり装置 5
31 社長 5
32 ガイアの夜明け 5
33 ピタゴラスイッチ 5
34 ケミカルウッド 4
35 坪倉 4
36 ブログ 4
37 tvチャンピオン 4
38 仙台 4
39 コロコロからくり装置王 4
40 装置 4
41 啓愛社 4
42 桜塚やっくん 4
43 連邦軍 4
44 京浜急行 3
45 ギラン 3
46 連邦 3
47 少年 3
48 アストロリサーチ 3
49 横浜金沢シンシア 3
50 スーパージャンプ 3
51 伊集院 3
52 朔太郎 3
53 ガンダムバー 3
54 Jonas 3
55 浜崎あゆみ 3
56 24大ロス 3
57 再放送 3
58 設計 3
59 ゼーベック 3
60 トラックバック 3
61 テレビシリーズ 3
62 公差 3


1位は「スケバン恐子」。
コロコロからくり装置もバラバラながらランクイン。

個人的な事ですが、先週末は風邪でダウン。
ミナロ始めて以来の病欠でした、なさけない。

今週は月曜から大量の仕事を頂いている。
なんとしても片づけて、きっちり良いモノを収めたい。

コロコロからくり放送前には書けなかったネタバレ話も書こうと思う。

こちらもよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TVチャンピオン1月12日放送

karakuri_03
TVチャンピオン コロコロからくり装置王Ⅲ いよいよ放送。

約2月間におよぶ製作期間。
130-3033_IMG

一回戦目の会場は民家だって??

場所はどこだ?間取りはどうなんだ??

方針が決まらずチーム内での内紛勃発。

それでもまさかの一回戦突破。


P1010149

ここまで来たら通常の仕事を断り、ヤル気度120%で挑んだ決勝。131-3160_IMG

コロコロ史上初ともいわれた巨大装置。

モノづくり魂爆発だ!

試運転は完璧、しかしコロコロには魔物が居ると・・・

ろうそくおやじ殿は泣いていた。


karakuri_02
審査員の採点に一喜一憂。

かなりの高得点が連発、はたしてその結果は・・・


TVチャンピオン コロコロからくり装置王Ⅲ いよいよ放送です、是非ご覧下さい。

2006年1月12日(木) 19:30~20:54 TV東京(12ch)


感想、コメントも是非!

| | コメント (32) | トラックバック (4)

零細企業対策

[木村剛のコラム] 零細企業対策に注力せよ!を読んで。

日本企業の99.7%は中小企業。
働いている人の70.2%が中小企業に勤めている。

景気が回復基調の中、中小企業への公的資金注入額が5年ぶりに増えた。
が、実際は金融機関の見方が変わっているのかどうか?

木村剛氏は

「雨の日に傘を貸さずに、晴れの日に傘を貸します」
と例え、報道されている内容とはかけ離れている点を指摘している。


中小企業という枠で考えると、資本金3億円以下または常時雇用する従業員300人以下の会社と定義されている。

この枠はものすごく広い。
例えば実質取締役兼従業員で一人の有限会社でも、従業員300人の有限会社でも商法的には同じ有限会社として扱われる。

この事について木村剛氏は

中堅企業を含んだ「中小企業」と中小企業と呼ぶには小さい「零細企業」に分けて論じるべきだろう。
と言われている。

報道されるのは一部の中小企業(中堅企業)だけの出来事であり、中小企業の殆どの割合を占める零細企業の実体は反映されていないからだ。

まったくもってその通りだと感じる。
すでに数年前から、史上最高の利益、ボーナス満額支給と景気のいいニュースはあった。
その頃はごく一部の大手だけだ、これが徐々にではあるが末端の製造業にも降りて来つつある。

しかしその格差はもの凄い。
いまだに倒産、廃業に追い込まれる企業はある。

これは公的資金注入以前の問題ではあると思うが、木村剛氏の言う、

 零細企業の経営者は営業マンか技術者であり、財務に疎いか、もしくは興味がない。全国紙は読まないし、金融情報も行き届いていない。

別の見方をすれば、これも仕事が取れない理由のひとつだろう。

各銀行がアンケート対象に出来ていない零細企業には、やはり仕事も来ていないのだ。

経済の毛細血管である我々が、死滅寸前でマヒしている状態から早期に回復するためには、より心臓に近づくか「血をくれ~」と叫び続けるしかない。


最後に木村剛氏は、

 そこで提案がある。現職への復帰オプションを付けた上で、官僚の方々にゼロから起業してもらったらどうだろう。机上で政策を検討するより、零細企業に何を為すべきかがきっとみえてくるはずだ。
としめているが、訓練的捉え方で本気度が無く、業績が上がらずとも途中で放り投げ、また税金の無駄遣いが増えるだけの様な気がするのだが・・・

やれるモンならやって見ろという皮肉かな?


それはさておき、無理に現場と官僚の距離を近づけなくてもイイだろう。


文句が言えるところを残すのも必要かと


[木村剛のコラム] 零細企業対策に注力せよ!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

♪製造アミーゴ

オリジナル:青春アミーゴ
作詞:zopp / 作曲:Jonas Engstrand, Ola Larsson, Fredrik Hult, Shusui)
唄:修二と彰 あなたとわたし

鳴り響いた スカイプ電話
嫌な予感が 胸をよぎる
冷静になれよ
ミ・アミーゴ

情けないぜ 助けてくれ
例の図面に 追われているんだ
もうダメかもしれない
ミ・アミーゴ 

2人を裂くように 電話が切れた

SI 俺達はいつでも 土日も無休だった 仕事じゃ負け知らず そうだろ
SI 俺達は昔から モノづくり憧れて 信じて生きてきた
なぜだろう 思い出した納期は 明日の朝いち 8時半 あきらめて


辿り着いた 暗い工場
しゃがみこんだ あいつがいた
「間に合わなかった ごめんな」

折られちまった あの日もらった 例の2枚刃
「削れないけど 一応お前には 返すよ」

震える材料を 強く握った

SI 俺達はあわてて 辿り着いた客先 全てがお釈迦だと 気がした
SI プライド捨て去り でかい穴を指さし 笑ってごまかした
「ダメっすかね?」 変わることない図面が 2人で怒られればと 夢見てた


SI 俺達はいつでも 土日も無休だった 仕事じゃ負け知らず そうだろ
SI 俺達は昔から モノづくり憧れて 信じて生きてきた
なぜだろう 思い出した納期は 今日の朝いち 8時半 あきらめて



MDIはこちら(音量注意)

我こそは製造業の修二と彰という諸君、新年会にみんなで歌おう!


ニタニタ会でも歌ってね


オリジナルの歌詞はこちら

| | コメント (5) | トラックバック (1)

週間検索ワード

先週:検索ワードランキング( 3件以上のみ)
対象日: 2006年01月02日(月)~ 2006年01月08日(日)
合計数:758

順位 検索ワード 件数
1 スケバン恐子 144
2 ギラン君 33
3 スターウォーズ 23
4 製造業 19
5 少年 16
6 ミナログ 10
7 恐子 9
8 ガンダム 9
9 ブログ 9
10 桜塚やっくん 9
11 ガンダムバー 8
12 ナッちゃん 7
13 アストロリサーチ 6
14 仙台 6
15 社長 6
16 動画 5
17 コロコロからくり装置 5
18 ピタゴラスイッチ 5
19 約束手形 5
20 ぬいぐるみ 4
21 人体図 4
22 パイロット人形 4
23 スケバン 4
24 北村浩子 4
25 スケバン恐子 4
26 年収 4
27 ダック 4
28 アフラック 4
29 フィギュア 4
30 からくり 4
31 バー 4
32 製作 4
33 ジンギスカン 3
34 バイク 3
35 ダウンロード 3
36 ガンダムショットバー 3
37 タイムマシン 3
38 フラッシュ 3
39 やっくん 3
40 大企業 3
41 仙北谷 3
42 株式会社コスモテック 3
43 男たちの大和 3
44 社長平均年収 3
45 ファンレター 3
46 ZION 3


今回も一位は「スケバン恐子 」。
圧倒的ポイント数だ、はやりTVの影響は凄い。

コロコロからくりも今週放送ですが、どこまでアクセスが増えるでしょう。
新聞雑誌って意外なほどアクセス数には影響無いんです。

TV出演でどうなるか見届けておきましょう。


こっちはパッとしないなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナッちゃん17巻

製造業コミック「ナッちゃん17巻」が発売だ。

今回も内容はナッちゃんらしさが満載。

しかし段々ナッちゃんの肌の露出度が大きくなっているのは気のせい?

製造業の男子諸君にはオススメです。是非!


ナッちゃんマンセー

| | コメント (12) | トラックバック (1)

大槻教授ってば

jikai

間近に迫ってきた、TVチャンピオン コロコロからくり装置王Ⅲの放送日。

TVチャンピオンのサイトでは次回予告に、我々技者王国の作った装置が使われている。


「コロコロからくり」で検索をすると色々なページが見つかる。
思いの外、楽しみにしている人がいるもんだ。

その中で、大槻教授のブログを見つけてしまった・・・


大槻教授はコロコロからくり装置の審査員として出演されている。

今回、技者王国の装置も審査してもらったわけなのだが、その批評はつらかった。orz

5人の審査員のうち、ひとりだけ全然違うコトを言っている。
点数の付け方も、ひとりだけ違う。

独特の見方があるのだろうし、歯に衣着せずズバズバ物を言うのが売りなのは知っているが、そこまで言わなくてもイイだろうに・・・

ブログでも

今回は2ヶ月も前から撮影が始まった。予選、予選、さらに決勝と3回も収録に出向き、しかもそれぞれの収録時間は長く、大変だった。それというのも『からくり装置』を持ち込む人たちのカラクリはすごいもので、満足に一回で成功するシロモノではない。
なかには、なんと9回やっても成功しない、などというものまであるのだから、付き合うのは大変だ。

と言われている。

もしかしたら選手側へ自分の時間をムダにしてくれるなと言いたいのか?

我々は仕事としてコロコロからくりを作っているわけではない。
ノーギャラだ。
売上を考えればとてもムダな時間だ。

審査員の方々がノーギャラかどうかは聞いていないが、作り手の苦労をねぎらうことぐらいはしてもバチはあたらんだろう。

話を聞いても文章を読んでも相手を思いやる気持ちが感じられない・・・

まぁ、それが売りだといえばそれまでですが。


そんな裏事情を含めて、まさかの展開!感動のエンディング!
コロコロからくり装置王Ⅲは来週放送です。


告知 本戦出場決定!
TVチャンピオン コロコロからくり装置王Ⅲ
放送日 平成18年1月12日(木)


あまり人のこと言えないか(w

大槻教授のブログはこちら

| | コメント (4) | トラックバック (1)

仕事始め

2006_minaro

ミナロは今日から仕事再開。

まずは2006年の年明けを6人全員で迎えられたことを感謝する。

今年は去年にもまして色々なことがあるだろう。

目先のことでは、ミナロ2台目となる新しいマシニングセンターが導入される。
取引先の移転も2社ほど決まっている。


景気は上向きだという見方が増えてきた。
TVでもラジオでも銀行でもそう言っている。

今後、仕事量はたぶん増えるだろう。

しかしミナロは景気に左右される体質にならないよう、3年間やってきた。

お客さんに満足してもらってその対価を頂く。
この基本的な考えは変えてはいけない。

仕事が忙しいからと言って、アグラをかいたモノづくりをしてはいけない。


好景気がどこまで続くか誰にも判らない。

少し儲かったからと言って有頂天になってはダメだ。

常に固定費の低減に頭を使わねば。


人生まだ30年近くは仕事をする中で景気の山谷も必ずまた来る。

どん底から這い上がってきた会社だ、極寒の時期は経験した。
世間ではこれから春を迎えようとしている。

きっとすばらしい経験が出来るだろう。


我慢とガムシャラの3年で基盤は固まりつつある。

これから始まる暖かい時期に、ミナロらしさを思う存分出していきたい。


↑は朝礼の後に撮った写真です

| | コメント (14) | トラックバック (2)

週間検索ワード

先週:検索ワードランキング( 3件以上のみ)
対象日: 2005年12月26日(月)~ 2006年01月01日(日)
合計数:523

順位 検索ワード 件数
1 スケバン恐子 79
2 ギラン君 27
3 ミナログ 18
4 スターウォーズ 16
5 製造業 14
6 少年 11
7 北村浩子 11
8 約束手形 9
9 社長 8
10 ガンダム 7
11 年収 7
12 スターウォーズな少年 6
13 ブログ 6
14 ナッちゃん 6
15 ガンダムショットバー 5
16 ガンダムバー 5
17 エロいページ 4
18 エンドミル 4
19 恐子 4
20 動画 3
21 ガラスエポキシ 3
22 連邦軍 3
23 スケバン 3
24 査定方法 3
25 めざせモスクワ 3
26 製造業の便利屋さん 3
27 CAD 3


去年最後の検索ワードは「スケバン恐子」が一位でした。
桜塚やっくんの実兄Hiroyasuさんのブログにはかないませんが。(w


7位の北村浩子さんはFMヨコハマのアナウンサー。
ミナログでもリンクしているコラムが本になった。
北村 浩子: ヒロ・コラム―素顔のようなもの
早速注文してみました。


「ミナログ」のワードでも探してくれているのね、感謝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年も言うぞ

去年の正月、ミナログでは「製造業はITを見直す必要有り」と言っていた。

一年経って製造業のIT活用はかなり増えたようにも思えるが、まだまだITを使えない製造業は多い。

このまま景気回復したら、きっと当分使わずに済んでしまう。

使わなければそれでいい、と言う考えもあるが、ミナロは反対だ。


ITの活用は仕事の山谷を埋めてくれる。

下請体質からの脱却、子会社からの独り立ちを助けてくれる。


起業間もないミナロが3年間で取引先数70社まで増やせたのはITを使えたからだ。

今年もまた言う、特に小さい規模であればあるほど「製造業はITを見直す必要有り」だ。


当然ミナロでも今よりもっとITを活用した事業展開をしていく。

いい加減なんにも作らず、人金物を動かすだけのIT系企業がデカイ顔できる経済をひっくり返したいと思わないか?


遅れましたが、あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いいたします。


年明け早々鼻息荒くてすまん

| | コメント (17) | トラックバック (1)