« 【取材】日刊工業新聞社 | トップページ | おびげさんTV出演 »

倒産した会社(3)

弁護士と倒産・自己破産の話を進めていた友人の会社には、とてもお世話になった人が居る。

この会社に勤めていた一人の社員さんにミナロ起業の際、お金を貰ったことがある。
「保険が満期になったからこのお金あげるよ」と。

え、そんな簡単に大金もらって良いのか?と内心思う。

とうぜん起業にあたってお金が必要な時、ものすごくありがたかった。
「ありがとうございます、しかし必ず利子を付けて返します」と言って借用書を受け取ってもらった。

すこし時間は掛かったが1年半後には約束通り利子を付けて返せた。

この事は今でも感謝している。


その社員さんが居た会社が倒産と聞いてすぐに電話をした。

すると、思ったよりすっきりした様子だった。
経営が行き詰まっていたことは肌で感じていたのだろう、いつかこうなると覚悟は出来ていた。

「これからはやりたいことをやってみたいんだ、けど飯が食えるかはわからないから、その時はどこか紹介して」と。

もちろんミナロで出来ることは全力でやる。
ミナロの設備の一部を貸しても良いと思っている。

早くやりたいことが仕事に繋がるように願うばかりだ。


つづく・・・



出世払いといい、お金もらったりと、あのころミナロは恵まれていました。

今はこちらから恩返しの番、出来る限りのコトはやってみるつもりです。


情けは人のためならず

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40436/8716962

この記事へのトラックバック一覧です: 倒産した会社(3) :

コメント

こんにちは!

>保険が満期になったからこのお金あげるよ

真面目に、凄いことですね。
確かに出世払いも凄いのですが、ミナロさんの天運というかなんというか、超越した運の強さを感じますね。

いずれにせよ、ありがたいことです。
みどりかわさんたちの誠実な心と真摯な取り組みが、そうした運を呼び寄せるのだと私は勝手に想像しております。

>恩返しのつもりで出来る限りのコトはやってみるつもりです

そういうところも、私が惚れてしまうところです。(^O^)

▲コメント投稿者: 益田@聞こえないけど、それなりに・・・ (Feb 23, 2006 6:04:06 PM)

ミナロメルマガに書かれていた、あの人がいた会社だったのですね。
ミナロさんの起業の頃、感動的なお話しが多く、本当に人の縁は大切だと思ったものです。
またこうして、つながりを大切にしていて、とてもすばらしいと思います。

▲コメント投稿者: なるせ@コスモテック (Feb 23, 2006 6:05:17 PM)

すみません。
手がピクピクして、2度押ししてしまいました。

スパム野郎などとは思わずに、やさしく消しておいてくださいませ。
失礼いたしました。<(_ _)>

▲コメント投稿者: 益田@聞こえないけど、それなりに・・・ (Feb 23, 2006 6:05:48 PM)

この展開は予測していませんでした。
また一つ、ミナログの深さを体感した次第です。
 
経営者に年輪というものがあるとするならば、
こういう実経験によって、一つ一つ、
深く刻み込まれていくのでしょうね。
 
>早くやりたいことが仕事に繋がる…
ほんと、そうなることをお祈りいたします。
 

 

▲コメント投稿者: Mr.T. (Feb 24, 2006 12:06:16 AM)

短く。
やっぱり、人との出会いというものは運命的なところが大きいですね。出会いも。そしてやむなき別れも。

▲コメント投稿者: デハボ1000 (Feb 24, 2006 3:06:37 AM)

益田さん、ミナロは運が良かったです。
感謝しています。
恩はもらったら返すモノですよね。
1つやさしく消しました。(w


なるせさんもメルマガ読んでくれたんですね。
ありがとうございます。


Mr.Tさん、あっという間の3年半でした。
これからも走る様に過ぎ去っていくのでしょう。
それが身になれば言うこと無しですね。


デハボ1000さん、流れされるままであれば運命に従うだけですが、運命は自らの行動で変えられると思っています。

▲コメント投稿者: みどりかわ@ミナロ (Feb 24, 2006 4:11:23 PM)

コメントを書く




*スパム、無責任、言い逃げ、騙りコメントを防止するためメールアドレスは必須としています。
架空アドレスの場合削除する事があります。
お手数ですがご協力下さい。
なお、URLがある場合、そちらが優先で表示されます、サイトをお持ちの方は是非入力してください、お礼に伺います。