« January 2006 | トップページ | March 2006 »

倒産した会社(4)

弁護士と倒産・自己破産の話をすすめている友人達。

まわりになんの相談もなく、家族だけで決めてしまった倒産・自己破産。

その土地を抵当に持っている銀行支店長と話したときがある。

倒産は会社の張り紙をみて初めて知ったという。

なんで前もって相談してくれなかったのだろう、毎月の返済も今まで一度も滞ったこともなく、借入金額だってもっと凄いところはいくらでもあるのに・・・

近隣の所属する組合でも、
助けられることはいくらでもあるのに何で相談してくれないのかな・・・

と、非常に残念がっていた。

この会社が木工製品を作るために資材を買っていた材料屋だってきっと同じ事を思うだろう。
今まで親子三代、何十年と取引してきたつき合いなのに、なんの相談もなく、これからはすべて弁護士を通してくださいとなってしまったら、残念としか言いようがない。

迷惑を掛けたくないという気持ちが、まるっきり裏目に出ている。


思うに、普段からつき合っている人たちとの交流の浅さが問題なのだろう。

用事があって銀行に行ったとしても、事を済ませばすぐ帰ってきてしまう。
組合事務所へ行ったとしても同じ。
まわりの要人達とは本当の信頼関係が築けなかったのだ。

つづく・・・



仕事以外の時間を共有すること。
これは一見ムダな時間ですが、ここぞと言うときに頼りになります。

お金ばかりを追いかけると、人付き合いも狭くなる。
金の切れ目が縁の切れ目では今の時代に会社はやっていけないでしょう。

忙しいからと言って仕事だけしていて、まわりが見えなくなる状態は絶対に避けたい。


渡る世間に鬼はない

| | コメント (7) | トラックバック (0)

週間検索ワード

先週:検索ワードランキング( 3件以上のみ)
対象日: 2006年02月20日(月)~ 2006年02月26日(日)
合計数:939

順位 検索ワード 件数
1 スケバン恐子 75
2 スターウォーズ 33
3 ギラン君 31
4 少年 20
5 動画 18
6 製造業 18
7 ミナロ 15
8 ミナログ 11
9 ロボット 10
10 ナッちゃん 10
11 桜塚やっくん 9
12 ブログ 8
13 メール 8
14 ライブドア 7
15 男たちの大和 7
16 スターウォーズな少年 6
17 恐子 6
18 青春アミーゴ 6
19 社長 6
20 ガンダム 6
21 ガンダムバー 5
22 武部 5
23 ハマレンガ 5
24 約束手形 5
25 コロコロからくり装置王 5
26 ギラン 4
27 ジンギスカン 4
28 ケミカルウッド 4
29 アストロリサーチ 4
30 SI 4
31 市場 4
32 社長の年収 4
33 コロコロからくり装置 4
34 一般交差 3
35 コサックダンス 3
36 制作会社 3
37 アンドリュー 3
38 北村浩子 3
39 年収 3
40 ナノテクとは 3
41 ブランディングとは 3
42 アルミ 3
43 ロボット市場 3
44 前金 3
45 まいど1号 3
46 コロコロ 3
47 君 3
48 日本株の逆襲 3
49 ニューヨーク 3
50 ライトセイバー 3
51 京都 3
52 ピタゴラスイッチ 3
53 TVチャンピオン 3
54 タイムトラベラー 3
55 ショットバー 3
56 量子テレポーテーション 3
57 逮捕 3
58 ミレニアムファルコン 3
59 仙台 3
60 モスクワ 3


いつも通りのランキングです。
ミナロとミナログが上位に入っていることは、ちったぁ知名度も上がったのかな。


うれしいことです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おびげさんTV出演

自民党懇談会ではいつもご一緒の、おひげさんコト、「社長の成功日記」吉田和彦 さんがTV出演だ。

番組はあのWBS。
ワールドビジネスサテライトのことだ。

テレビ東京の番組ではかなり視聴率が高いと聞いたことがある。

最新の話題を上手に取り上げて紹介している。
特に新製品情報を取り上げるトレたま(トレンドたまご)は人気が高い。

倉野麻里アナに萌え~の人も多いという。


吉田社長が出演するのは2月25日(土)23:00から。
恒信印刷さんの充実したホームページ関連が話題だとのこと。

ほぼぶっつけ本番でオラオラ状態だった吉田社長がどんなことを言ったのかが楽しみだ。
LEONオヤジを目指す吉田さんのコトだ、きっと格好良く写っているだろう。
おひげ仲間として自信をもってオススメする。


しかし大浜平太郎氏のWBSブログいい加減消した方がいいんじゃない?


おひげさんうらやまし~


「社長の成功日記」吉田和彦社長
WBSのホームページ

| | コメント (5) | トラックバック (2)

倒産した会社(3)

弁護士と倒産・自己破産の話を進めていた友人の会社には、とてもお世話になった人が居る。

この会社に勤めていた一人の社員さんにミナロ起業の際、お金を貰ったことがある。
「保険が満期になったからこのお金あげるよ」と。

え、そんな簡単に大金もらって良いのか?と内心思う。

とうぜん起業にあたってお金が必要な時、ものすごくありがたかった。
「ありがとうございます、しかし必ず利子を付けて返します」と言って借用書を受け取ってもらった。

すこし時間は掛かったが1年半後には約束通り利子を付けて返せた。

この事は今でも感謝している。


その社員さんが居た会社が倒産と聞いてすぐに電話をした。

すると、思ったよりすっきりした様子だった。
経営が行き詰まっていたことは肌で感じていたのだろう、いつかこうなると覚悟は出来ていた。

「これからはやりたいことをやってみたいんだ、けど飯が食えるかはわからないから、その時はどこか紹介して」と。

もちろんミナロで出来ることは全力でやる。
ミナロの設備の一部を貸しても良いと思っている。

早くやりたいことが仕事に繋がるように願うばかりだ。


つづく・・・



出世払いといい、お金もらったりと、あのころミナロは恵まれていました。

今はこちらから恩返しの番、出来る限りのコトはやってみるつもりです。


情けは人のためならず

| | コメント (6) | トラックバック (0)

【取材】日刊工業新聞社

134-3449_IMG
日刊工業新聞社より取材を受けた。

すでに写真の女性記者からは2回目の取材となる。
前回は「信金ガンダムで」やらかしてくれたので、今回はいかがなモノかと心配しているのだが・・・


ミナロがあるヨコハマ金沢産業団地の中央に連絡協議会という団体がある。
そこで「ミナロがまた面白いことをやっているよ」と言われて来たそうだ。


その面白いこととは技者(わざもの)王国のコトなのだが、最近頻繁に更新されている。
Y2Eの山田さんがやっと本気を出してくれたのか、よっぽど暇なのかはわからないが、非常にすばらしい情報発信サイトとなっている。

話をもどして、
その技者(わざもの)王国を取材に来たのである。

技者(わざもの)王国の説明はサイトに書いてあるので割愛するが、それを作ったきっかけや、目標などを話した。
他にも金沢シンシア(ゴミ処理施設)、地域の環境問題、行政に対する気持ちを話したのだが、いまいちネタとしてはつまらない様子。

一番興味を持ってもらったのは、ミナロ創業当時の電気工事代出世払い話。
話を聞き終わった彼女は「いい話が聞けました、感動しました」と記者として満足していたようだった。

今度はきっと良い記事を書いてくれるだろう。

出来た原稿は前もって見せてくれることを念を押しておいたし。
紙面に載るのが楽しみだ。

出世払い話はまた今度に。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

倒産した会社(2)

まわりになにも相談無く自己破産を決めてしまった彼ら選んだ道は正しいのか。

銀行への負債、買掛の残金、受注量の低下、給料の支払い・・・

そう考えると、もういっぱいいっぱいだったのだろう。

これ以上迷惑をかけたくないという一心から、まわりには一言もなく倒産、自己破産を選んでしまった。
弁護士に相談し、後処理の手続きを依頼する、費用も決して安くないのに。


だが、自己破産で本当に迷惑が広がらないだろうか?

弁護士が間に入ったことで、債権者はこれからの手続きをすべて弁護士を通してすることになる。

非常に時間が掛かる債務の整理をして、債権者に配分する。
それでもすべて回収できる可能性は無い、一部でも回収できれば御の字だ。

債権額が多ければ連鎖倒産が起きてもおかしくない。

迷惑を掛けたくないという考えた行為が、かえって被害を広めている。

つづく・・・


弁護士の費用は7桁に届くそうです。
財産からその費用を引き、残った分を債権者へ配分すると。

当然のやり方かも知れませんが、泣く人は増えますね。


社員だってどうするのさ?

| | コメント (7) | トラックバック (1)

週間検索ワード

先週:検索ワードランキング( 3件以上のみ)
対象日: 2006年02月13日(月)~ 2006年02月19日(日)
合計数:1082

順位 検索ワード 件数
1 スケバン恐子 60
2 製造業 27
3 男たちの大和 18
4 青春アミーゴ 17
5 スターウォーズ 16
6 ギラン君 13
7 ガンダム 13
8 メール 13
9 量子テレポーテーション 12
10 サービスロボット 11
11 武部 11
12 ミナログ 11
13 横浜金沢シンシア 10
14 ガンダムバー 10
15 少年 9
16 ナッちゃん 9
17 動画 8
18 ライブドア 8
19 仙台 8
20 意味 7
21 チョコレート 7
22 からくり 7
23 型 6
24 社長 6
25 シンシア 6
26 ブログ 5
27 年収 5
28 チャリラック 5
29 啓愛社 5
30 6大ロス 5
31 ピタゴラスイッチ 5
32 検査 5
33 樹脂技研 5
34 cad 4
35 ケミカルウッド 4
36 スターウォーズな少年 4
37 タイムマシン 4
38 ベイシティーサービス 4
39 LP-7000C 4
40 アストロリサーチ 4
41 ロボット 4
42 量子 4
43 今後 4
44 イナーシャ 4
45 テレポーテーション 4
46 販売 4
47 再放送 4
48 CAD 4
49 個別改善 4
50 ギラン 4
51 見落とし 3
52 上場 3
53 SIの意味 3
54 製品 3
55 恐子 3
56 見本 3
57 SI 3
58 機械設計 3
59 なっちゃん 3
60 日本 3
61 TPM 3
62 事件 3
63 ネームプレート 3
64 ライノセロス 3
65 約束手形 3
66 治具 3
67 ライブドア事件 3
68 修二と彰 3
69 替え歌 3
70 TVチャンピオン 3
71 紙詰まり 3
72 感想 3
73 スカイプ 3
74 検索ワード 3
75 株 3
76 鋳物 3
77 ジンギスカン 3

先週一週間の検索ワードはご覧の通り。

53位と57位にある青春アミーゴの歌詞「SIの意味」は、funfunfun409さんのブログによると、
スペイン語で「肯定」を意味するらしい。
唄の中では「だよな?」という感じ。

青春アミーゴの替え歌には「耐震アミーゴ」なんてモノもある。 

いやだね~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

シンポジウムのご案内

先日ミナロで事前打ち合わせをした、京浜地域新産業創造シンポジウムの案内があがってきた。

関東経済産業局ホームページより。

  平成17年度、関東経済産業局では、「京浜地域における「新産業創造戦略」の展開に向けた可能性調査」を実施し、京浜地域の集積メリット等についてヒアリング調査等を実施しました。
 本シンポジウムでは、当調査の結果をご報告するとともに、最前線でモノ作りに取り組まれている企業の皆様から企業集積を活かした先進的事例をご紹介頂きます。
 また、パネルディスカッションでは、「コラボレーションが織りなす新産業創造」と題して、様々な角度から、京浜地域の集積を活かした技術開発、製品開発などについてご議論頂きます。
是非、ご参加ください!

日時 平成18年3月9日(木) 16:00~19:30
場所 川崎市産業振興会館 4階 企画展示場


みどりかわが、事例発表・パネルディスカッションにてパネリストで出ますので、お近くの方はいらしてください。

ケミカルウッド販売技者(わざもの)王国についてしゃべる予定です。

なお、参加申込が必要です、詳しくはこちらよりお願いします。関東経済産業局


おっ、その日はゴーン社長の誕生日。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

倒産した会社(1)

先月、近くにある友人の会社が倒産してしまった。

木工屋だった彼の会社は、従来通りの下請け企業。

単価は安くなる一方で、仕事量も減っている。
赤字体質の見本のような会社だった。


一昨年前に親父さんが急死、その後を引き継いだのだが、経営や営業といったことに関してはカラキシ無防備だった。

それでも何とか一年間は持ったものの、先方の言いなりで仕事をしていたため、とうとう手形が落とせないところまで来てしまった。

これ以上迷惑をかけたくないと会社は倒産、役員達は自己破産を選んだのだった。


しかしこの決断にはまわりに何の相談もなく、家族内だけで決めた。
取引先も銀行も知人達も、「倒産しました」の張り紙をみて知ったのだった。


つづく・・・



この話は現在進行中の話です。

大手企業の好景気話の裏側では、中小零細製造業がもがき苦しんでいます。
骨身を削って大手にしがみつき、いずれ力尽きて自己破産。

こんな状況を喜ぶ人はいないだろうに・・・

資本経済では力のあるところが勝ち残る、大手にしろ金融機関しろ。
しかしその力は協力があるからこそ出せるのだろう。
なんでもかんでも単独でできるはずがない。

目をむけるところを間違っていませんか?


この話どういう結末を迎えるのか、要チェックです。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

29年ぶりの再会

先週末はものすごくなつかしい友人と会った。

小学校4年生の頃の同級生と、29年ぶりの再会だ。

コロコロからくり選手権の放送直後に、「TVチャンピオンを観たのですが、あのとき○○小学校にいた緑川さんですか?」というメールが来た。

たまたま観ていたら、「緑川賢司38歳」のゼッケンが目にとまり、思い出したそうだ。
同年代で「緑川」というあまりいない名字がメールを出すきっかけになったと。

パソコンに不慣れのため、奥さんに検索してもらい、技者王国からミナロのメールアドレスを探してくれた。


当時、横浜市南区の小学校に通っていたのだが、みどりかわのほうが4年生の11月に磯子区へと引っ越した。

3年、4年とクラスメイトだった彼とは、よく遊んだ記憶がある。

29年ぶりに再会を果たした会話では、当時の先生や同級生の話で盛り上がった。
また、彼には当時の面影があったのだが、みどりかわのほうはブログの写真からは面影が消えていたようだ。
「メールを送る前にブログを見ればよかったかも」と言っていた。

そんなに変わったかな?
子供の頃の写真を見ると自分でもまるで別人だと思うこともあるけけどね。(笑


彼はいま千葉で獣医として開業している。
クラスメイトのなかで一番出世かもしれない。

やりたい仕事をして生活できる事にとても満足している様だった。


まだ実家が当時の場所にあるというので、「何人か見つかったら同窓会でもやりたいな」というと、今度帰ったときに近所のクラスメイトを捜してくれるそうだ。

みんなどんなオジサン、オバサンになっているのか見たい。 けどちっょとこわい・・・

今のうちにLEONをよく読んでおこうっと。


しかし、たまたま観たTVに29年前の友人が出ていたとして、気がつく人はどれだけいるのだろうか。
29年前に途中で転校していった友達のことをどれだけ覚えているだろうか。

きっとお互い強いインパクトがあって覚えていたのだろう。
こちらもメールをいただいたとき、すぐに誰だかわかった。

ものすごく少ない確率でマグレに近い再会が出来たと思うと、非常にうれしい。


いただいたお土産はミナロの社員でおいしく食べました。
ありがとう。


女子じゃなかったのが残念。なんてね(笑

| | コメント (7) | トラックバック (0)

週間検索ワード

先週:検索ワードランキング( 3件以上のみ)
対象日: 2006年02月06日(月)~ 2006年02月12日(日)
合計数:896

順位 検索ワード 件数
1 スケバン恐子 50
2 製造業 38
3 青春アミーゴ 17
4 スターウォーズ 12
5 ブログ 11
6 動画 10
7 ギラン君 9
8 ナッちゃん 9
9 横浜金沢シンシア 8
10 男たちの大和 8
11 社長 8
12 ミナログ 7
13 アミーゴ 7
14 SI 6
15 テレビチャンピオン 6
16 イナーシャ 6
17 替え歌 6
18 少年 5
19 ベイシティーサービス 5
20 コロコロからくり装置 5
21 TVチャンピオン 5
22 ミドリデンコー 5
23 木型 5
24 歌詞 4
25 ケミカルウッド 4
26 アストロリサーチ 4
27 中小企業 4
28 工場 4
29 機械設計 4
30 ライブドア 4
31 なっちゃん 4
32 ガンダムバー 4
33 会社 4
34 約束手形 4
35 帆足由美 4
36 意味 4
37 ガンダム 4
38 からくり装置 4
39 再放送 4
40 設計 4
41 minaro 4
42 鋳物 3
43 一般交差 3
44 商品 3
45 鉄工所 3
46 2006 3
47 俺達は 3
48 スターウォーズな少年 3
49 アナウンサー 3
50 midi 3
51 si 3
52 ブログへ移行 3
53 年収 3
54 北村浩子さん 3
55 ゆうことやよい 3
56 ラダー 3
57 公差 3
58 京都 3
59 俺 3
60 好景気 3
61 電気屋 3
62 板金 3
63 LLP 3
64 仙台 3
65 CADデータ 3
66 まいど1号 3
67 TVチャンピオン 3
68 樹脂技研 3
69 発電 3


もうすっかり見慣れたランキング順です。
55位「ゆうことやよい」が目新しいところ。 ってだれだよそんなコメントつけたの・・・


にゃあ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

サービスロボット市場(まとめ)

多くのかたよりコメント、トラックバックでご意見を頂きました。

頂いたご意見のほんの一部になってしまいますがまとめてみました。


ロボットにしてほしいサービス。

聞こえないけど、それなりに・・・の益田さんのコメントでは、

例えば、足の動かない人の足にはめて、脳から出る命令を受けてきちんと二足歩行が出来るといったような。
言葉を発することの出来ない障害者や、重病人などの脳波を読み取って音声にしたり文字にしてくれるロボットなどがあると嬉しいです。(^○^)

障害者のアシストロボットは役に立つサービスロボットです。
ただ技術的にはかなりハイテクの領域。
価格とカスタマイズの問題が残りますが、出来ない話では無いでしょう。


有限会社エミリアのemiemiさんのコメントでは、

家事代行ロボット・・・創意工夫がいらないうようなルーティンワークを代行してくれる。
安全確認ロボット・・・犯罪者から子供を守る

主婦らしいご意見です。(emiemiさんは主婦ではないという話は置いておいて)
ポイントはプログラムに出来るかどうかでしょうね。
生活している場所では同じ事の繰り返しのようで、実は微妙に違うものばかりです。
毎日の天気も変わるし、冷蔵庫の中身も変わる。
それらをどうやってプログラムで処理できるかがキモだと思います。


ゆくぞ、ダイナマイザー・とみいさんのブログでは、

私が抱く理想のロボットはアトムではありません。
ロボットの分際で人に哲学的な意見をするなんて持っての他だと考えています。但し判断能力が低下している場合、例えばボケはいってきた場合などのアドバイスや護衛行動は必要ですね。

小型二足歩行ロボットの第一人者としてサービスロボットに厳しい見解だが、アドバイスや護衛行動は必要だと言われている。


ito@mspさんのTBでは、

また、普通の人は特別扱いされる方が「サービスを受けた」と感じるでしょう。
私が思う最高のサービスは、「こちらの痒い所に手が届く」しかも「こちらが要求する前に」です。

サービスロボットには特別なナニかを期待するということ。
特別なモノがなにかにもよりますが、機能を限定すれば可能かも知れません。

3DCADで設計を楽しむさんのTBでは、

究極のメイドロボットなのかもしれません。

と、サービスロボットの最終形態を予測しながら
みなさん言われているように機械的な安全面をクリアするのは、まだまだ時間を要するように思います。
そう考えると知能重視型ロボットの方が、先に普及するのではないでしょうか。
形態は、対話型ディスプレイとマイクのみ。
秘書の役目をする、家庭教師をしてくれるというようなロボットなら使ってみたいですね。
ナニ? インターネットを使えばできる?
これはロボットとは言わない・・・・

現状で出来うるサービスロボットとは知能重視型ロボットだろうということ。
しかしこれではインターネットと同じだという見方は面白いです。


NC旋盤加工業の2代目の視点さんのTBでは、

例えば警備ロボットなんていうのはどうなんでしょう?
以前テレビで開発されているというのを見たような気がしますが現在はどうなんでしょうか。
決められた時間とルートをきちっと守り巡回してくれる。人間がやるとどうしても手抜きや見落としが出てしまう可能性があります。
-中略-
案内ロボットというのはどうでしょう?
例えば駅で電車の乗り継ぎを教えたり駅構内案内をしたりするロボット。
これは果たして万人受けするのでしょうか?若者から年配の方まで、又は最速で目的地に行きたい人やゆっくりでも良いから座って行きたい人などいろんなパターンが考えられます。

警備ロボット、案内ロボットという具体的なサービスロボットを上げていただいた。
これらは非常にサービスロボットとしてマッチするような気がしている。
すでに警備会社でも研究開発されている警備ロボットが実務配備されるのも近いでしょう。


(有)吉川ハードクローム-ブログ・たくおさんのTBでは、

こんなロボットがあったら良いな~と思う機械は人間ロボット!
その人が持つ能力そして行動をコンピューターに打ち込み行動をしてもらう。代わりをしてもらう。ある程度は機械がしてくれるので、あとは人間ロボットが動かしてくれるからいいと思う。ホントこんな便利なロボットがあったら買う人がいると思う。

この機能ならメイドロボットと言ってもいいかも知れない。
現在は無理でも、サービスロボットの最終形態でしょう。


普及するためには。

ダース=トリオムーン@ミナロのコメントでは、(ろうそくおやじさんも同意見)

極論すればやはりニーズが無いために市場が広がらないのでしょう。いまあるニーズは介護やレスキューなどの人の助けになる大切な、だけども小規模なもの。大きな企業にとってはうま味がないからだと。

大きなニーズがあるとすれば、歓迎出来ないことだけれども軍需産業なんじゃ無いでしょうか?


小規模では大手が動かない、大規模にするのであれば軍需産業だという見方。
しかし、
そんなもの絶対に作りたくないけれど。

ということ。もちろん一般の人であれば誰もがそう思っている。
そこで軍需産業の中でも殺人のためではなく、地雷撤去や偵察に使うのであれば賛成するだろう。
しかし非常にあまい考えであるコトは否めない。


機械技術教育の実践と研究・KADOTAさんのコメントでは、

介護や災害救助などのロボットも期待されてはいますが、ロボット市場をにぎわすにはまだ相当時間がかかりそうです。また、優れたものが登場しても、一家に一台というような広がりはないでしょうから、市場としてはそれほど大きくはならないでしょう。

自動車産業がそれに関連するばねや軸受など、さまざまな機械要素や電気部品を取り込んでいて、それに関連する企業を数多く抱えているように、ロボットに不可欠な機械要素や電気部品などが出て、裾野が広がれば、ロボット市場というようなものも生まれてくるかもしれません。また、将来的には、人間と接するようなロボットは、より柔らかくソフトな材料になってくるでしょうから、機械や電気以外の分野からの新規参入により、市場が活性化する可能性もあります。私が注目しているのは人工筋肉の分野です。


現在の自動車には様々な部品や原理が使われています。
部品を作る材料も工法も研究しつくされているし、物理の法則に従った熱、流体、または電気等あらゆる法則が使われて動いている。
この関係企業がサービスロボットでも採算が取れると判断できたら、技術的な進歩は早い。


エレキ社長さん のTBでは、

視覚・触覚・聴覚の3つのセンサーは絶対欠かせないでしょう。
産業用で使っているセンサー類はわりとターゲットが絞れているので選択できますが、サービスロボットで使用するとなると、いろんな状況での判断が必要になってくるので、これらの開発が急がれるような気がします。

センサーの重要性が書かれています。
サービスロボットにしてみれば、入力にあたる部分だ、ある意味一番大事な機能。
入力が間違えば、行動も間違う。
人間と接点を持つことで成り立つサービスロボットの目や耳や肌の部分ですから。


スーパー息子さんのTBでは、
安全性と操作性。メンテナンスとコスト面。そして癒し効果があるかが普及するの要因だということ。
今の技術や背景では全部がすぐに改善されるとは思わないが、関係する人々が増えれば自動車の様に時速100km/h以上で町中を走れる乗り物は出来るでしょう。

蒲郡製作所の伊藤さんのTBでは、

本田技研の開発したアシモは、ロボット三原則で有名なSF作家アイザック・アジモフの名前から命名されたようです。ロボット3原則とは、以下のとおりです。

① ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。

② ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない。ただし、あたえられた命令が、第一条に反する場合は、この限りでない。

③ ロボットは、前掲第一条および第二条に反するおそれのないかぎり、自己をまもらなければならない。


ロボット三原則を上げていただきました。また、
一例をお話しますと、知り合いのあるベンチャー企業は、人間の目の代わりをする人工眼球を十数年前から開発しています。それも目の代わりとして埋め込むのではなく、漫画ゲゲゲの鬼太郎に出てくる目玉親父のようなマスコットを作り、肩の上に装着して使うことを考えてみえるようです。以前は漠然としたものがいろいろな問題をひとつひとつクリアし、あとほんの数年で実用化できるところまできているのだそうです。

と、非常に興味深い事例を書いていただきました。
視覚というセンサーの技術もサービスロボット普及には重要な要素です。


(有)アドバンス産業・yotchさんのTBでは、

もっと一般人にロボットが浸透しないと、技術向上はありえないと感じます。
少なくとも僕らのまわりでロボットの話題は殆ど出ません。
せいぜい可愛いとか、癒されるとか、その程度のようです。

ご自身が感じているように、ロボットに関わる人が増えないと技術向上はありえないと言うことです。


フラ風呂・空き地さんのTBでは、

家電製品を見ても、アダルト業界があったから伸びた商品も色々とある。

アダルトが普及の要因だと書かれている。
これは過去を見ても間違いない事実。
軍需産業かアダルト産業か、究極の選択に近いモノがあるが、普及には欠かせないモノであることは確かです。


技術者のための成長戦略ブログ・ふぇにぃさんのTBでは、

病気になったときにロボットより生身の人に介護してもらいたいですし、飲食店でもロボットにオーダーするならセルフサービスでもかまわないし、企業の受付だって、ロボットよりきれいなお姉さんのほうがうれしいですよ(^^;

普段の生活でうけるサービスはロボットより人の方がイイ。
特別サービスロボットで無くても困らない、必要では無いから普及しないのではないかと言うことです。


危険性、安全性、人に及ぼす影響。


NCCC工場通信さん のTBでは、

なぜ普及しないのか。。
結論から言えば それは直接接する相手が "人間" だからだと思う。
直接人間と接触するロボットはけしてその人を傷つけてはいけない。
とにかく安全第一なのだ。もし、人間型ロボットが未完成のまま
世に出たら・・・そんな映画があった様な。。。

僕はまだ、ホンダのアシモ君と手を組んで、スキップしたくないなぁ。 もし彼に寄りかかられたら、骨折で済まないかもしれないもの。。。(爆


安全性が約束されなければ普及しないのでは無いかと。
今作られている二足歩行ロボット達は、エンターテイメント的な使われ方がやっと。
将来サービスロボットとして人の役に立つなら、安全性は絶対必要です。


ラダーを組んだりする電気屋さんのTBでは、

家政婦さんと子供がぶつかった場合はお互いがしりもちをつくくらいで済むかも知れませんが、アシモと子供の場合はアシモの重みで子供が潰されるかもしれません。
人間は駆動系が筋肉のために柔らかいですが、機械の駆動系は硬く重いです。
また、人が柔らかい存在である理由のひとつとして体のいたる所がセンサーで埋めつくされていることが挙げられます。
人と同じような触覚や視覚をロボットに組み込むとコストが当然上がりますし、制御も難しくなります。
以上の事から、ロボットが硬い存在である限りは人と近い距離で動く人の動作代行をするロボットの普及は難しいと思います。

ロボットの硬さが普及の妨げだと言われています。人の皮膚の様なセンサーがあれば危険は回避は出来てもコストは跳ね上がるでしょうね。


3D料理人さんのTBでは、

しかし、機械が全く壊れなという保証はどこにもなく、人的な危害を加えないとは言えないと思います。

さらに、人工知能の開発が進んでいると思うのですが、動きの判断は難しいのではないでしょうか?
その場、その場での柔軟な判断がどこまで人工知能で作られるのか!という疑問があります。
そのあたりも市場拡大が難しい要因の一つにもなるのでは?


故障による誤作動や人工知能による動作判断が的確かどうか、安全性に疑問ありということです。


D.-LaboさんのTBでは、

隣国の人件費に対抗する為にA.I.が全てを一括管理する大きな無人工場でずらっと並んだセクション毎に改造された何千体ものヒューマノイドの上半身や頭部や下半身が作業する様子を、 引きこもり対策として開発された遠隔操作型ヒューマノイドが大ヒットして学校、会社、街中をそれらが闊歩する様子を、 先端技術が社会に引き起こすネガな部分を考慮しなければ、こんな未来も手に入るでしょう。商業利益を最優先にしたロボット産業の急速な市場拡大はどこかに歪を生むかもしれません。先端技術はどんどん先を走って行って良いと思うのですが、市場に浸透していく速度は人間の中身に合わせた速度で良いというのが私の考えです。

ロボットが普及した未来像を書かれています。
市場がサービスロボットを受け入れるかどうかは技術者には読めませんが、健全な株式市場は未来を少しづつ織り込んでいくように、サービスロボット市場も一気に発展することは出来ず、徐々に浸透していく事でしょう。


永井鉄工所・pafさんのブログでは、

私も人間の補助的なロボット、ヘルパー的な存在としてロボット産業が発展する事を願います。地震で壊れた家屋にロボットを派遣する前に万全の耐震構造で建てられるべきだし、医学、工学的にもっと存在して欲しいロボットは山のようにあるでしょう。
しかし、便利便利でロボット達が蔓延してしまうと人間の生態系まで狂ってしまうのでは?って考えるのは私だけでしょうか。。(笑)

少なからず人へ及ぼす悪影響はあるでしょうね。
しかし便利さの代償として必要なものなのかもしれません。


サービスロボットと2.5次産業。

~京都な旋盤日記~さんのTBでは、3つものエントリーを頂けました。

その1では、

技術系の発想では、サービスロボットのコンセプトは何時まで経っても創る事が出来ないと思います
あくまで「サービス」をする「ロボット」な訳ですから、 「サービス」が第一でなければならないかと。
如何様なサービスをするにしても、サービスと言う視点を欠いては作ったところで、「先端技術の塊」となってしまうと思われます。

シーズだけではダメで、受けたいサービスとなんなのさ?が重要ではないかと。

その2では、

 「蒸気機関」⇔「ロボット」 
としてみると、結構面白いですね。
「こんなロボットありますねん、どないしましょ?(関西弁)」
と、言う問いかけが今起こっている状態。

過去に発明された蒸気機関と現在のロボットを同じ視点で考えると面白い。
蒸気機関がもたらした「産業革命」「工業化社会」、ではロボットはどんな革命を起こせるのだろうか、また社会をどの様に変えるのだろうか。

その3では、

技術を保有し、ユーザーに近い職業の中小製造業
 「作って(創って)売る」と言う感性を持っていると言うことは市場意識、個客意識が有ると言う事
 市場意識、個客意識にダイレクトに反応できる。

大きな成果は望めないかもしれませんが、
多くの実績を積み上げていく事が出来るのではないでしょうか?

討論のお題として頂きました「サービスロボット市場は、なぜ一向に立ち上がらない?」
ですが、2.5次産業を目指す我々製造業としましては、実はこれからが一番面白くなっていく時期なのでは無いかと思うのです。

立上がっていないのでは無く、これから立上がっていくイメージです。

 「サービスロボットの市場」を活性化出来るのは、そして、「新しい革命」を起こす大きな力となるのは、 意外?にも2.5次産業なのかも知れませんね。


これから人間の生活を変えうるかもしれないサービスロボット開発に、我々製造業が積極的に関わって行くことが、ひょっとすると一番の近道だとすれば、それは作って(創って)売る現場を持つ者の特権と言っても良いでしょう。


ご意見ありがとうございました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

連日の取材

DSC_7830昨日、今日と取材が相次いだ。

ひと組は、ヨコハマ経済新聞の副編集長と横浜市立大学の方々。

ミナロ発足当時からの話を取材されていった。
特にITを利用する側のアイデアや意見を知りたかったようだ。

この写真を撮ったカメラマンは先日も取材していただいた、寺崎氏。
色々なところでミナロと接点がある方だ。
物書きとしてのセンスも抜群である。

DSC_7869現場を見ていただいてMLフラッシャーの実演に興味を持っていただけた。

今回の取材の内容は、ヨコハマ経済新聞をはじめ、色々なところで使われるという。
記事になるのが楽しみだ。


P1010569翌日は経済産業局の方々。

3月9日に行う京浜地域新産業創造シンポジウムに、みどりかわがパネリストとして招かれた。
その事前打合せのために来社されたのである。

シンポジウムでは京浜地区の製造業者で品川区、大田区、川崎市、横浜市から選ばれた4名とコーディネーターでパネルディスカッションを行う。

その中でミナロは横浜市の代表として選ばれた。

パネリストの方々は自社の活動以外にも異業種交流等の横の繋がりをかなり重要視している。
ミナロが横浜代表で選ばれたのは、技者(わざもの)王国があったからだ。


たまたまではあるが二日続けて取材を受けた。

ミナロも技者(わざもの)王国も世間から注目される立場になりつつある。
しかし中身が伴っていなければ非常に恥ずかしいし、格好悪い。

そうならないよう、より一層気を引き締めて取り組みたいと強く思っている。

関係者の方々には是非協力をお願いいたします。


ミナロでいいの?って思うところもあるのだけど・・・

| | コメント (9) | トラックバック (0)

新設備

P1010515
新しいマシニングがやって来た。

133-3396_IMG
クレーンで吊って。


P1010532
慎重に降ろす。


P1010535
えっこらえっこら引っ張ると。


P1010537
段々マシニングが建物に入ってくる。


P1010545
でも、面倒なので人力で押す。


P1010550
ほどなく設置完了。


DSC_7838
さぁ、これからどんどん稼いでもらわないと。


小さく見えても加工範囲1000x1750x300(mm)もあります。

ケミカルウッドの加工は是非ミナロへ。


こちらのランキングもよろしく

| | コメント (10) | トラックバック (0)

週間検索ワード

先週:検索ワードランキング( 3件以上のみ)
対象日: 2006年01月30日(月)~ 2006年02月05日(日)
合計数:1170

順位 検索ワード 件数
1 スケバン恐子 298
2 スターウォーズ 26
3 製造業 19
4 青春アミーゴ 16
5 ギラン君 12
6 動画 11
7 少年 11
8 ブログ 11
9 ガンダム 11
10 社長 10
11 ミナログ 10
12 アストロリサーチ 9
13 替え歌 8
14 北村浩子 7
15 桜塚やっくん 7
16 ケミカルウッド 6
17 素顔 6
18 機械設計 6
19 ロボット 6
20 男たちの大和 6
21 図面 6
22 ライブドア 5
23 なっちゃん 5
24 テレビチャンピオン 5
25 累積公差 5
26 今後 5
27 ナッちゃん 5
28 TVチャンピオン 5
29 からくり 5
30 ゼーベック素子 4
31 ミナロ 4
32 SI 4
33 コロコロからくり装置 4
34 TVチャンピオン 4
35 フラッシュ 4
36 ジンギスカン 3
37 レンガ製造 3
38 俺達は昔から 3
39 平均年収 3
40 比較 3
41 機械 3
42 クリスマスケーキ 3
43 恐子 3
44 金沢 3
45 給料 3
46 スーパージャンプ 3
47 年収 3
48 マイクロ流路 3
49 啓愛社 3
50 素材 3
51 ライブドア事件 3
52 日本株の逆襲 3
53 株式会社大和 3
54 京都 3
55 キャッシュカード 3
56 シンシア 3
57 新年会 3
58 横浜市 3
59 プロフィール 3
60 たなかじゅん 3
61 宣伝 3
62 ミドリデンコー 3
63 からくりTV 3
64 再放送 3
65 高橋俊明 3
66 設計 3
67 価格 3
68 木型 3
69 ハマレンガ 3
70 ライター 3
71 ものづくり 3


もう「スケバン恐子」を止められる検索ワード はミナログにはありません・・・orz

「ナッちゃん」も順調にランク入り。
原作者、たなかじゅん氏からコメントいただけたのはとてもうれしい。


こちらのランキングもよろしく

| | コメント (3) | トラックバック (0)

コロコロからくり動画配信

お待たせしました。
って別に誰も待っていないか。

コロコロからくり装置王3のストリーミングが用意できました。

とりあえず技者王国チーム

ラウンド1 (wazamono-round1.wmv 3分48秒 6.2MB)

ラウンド2 (wazamono-round2.wmv 6分51秒 11.2MB)


技者チームの装置にはケミカルウッドが沢山使われています。
小物ひとつひとつの出来映えも見てください。
画面が小さいので、手作りの良さが伝われば良いのですが。


いずれ、ハンズピコさんと埼玉板金チームさんのも用意します(きっと)。


こっちもご覧ください

| | コメント (6) | トラックバック (0)

本気でうらやましい

三菱重工業ではこの時期、来春卒業予定の大学生・大学院生を対象とした独自の就職イベントを開催している。

そのお題が、今年は「三菱重工業が、サンダーバードのスーパーメカや基地一式を受注したら……」

もうぶっ飛んでいる。


去年のお題は「三菱重工が、機動戦士ガンダムを作ったら……」

最高だ。はやく作れ。


しかし一般人は入れないため、イベントの内容がわからない。

新人研修でこんなことやってくれる会社が非常にうらやましい。


ただひとつ気になるのは、去年が「・・・作ったら」だったのに今年は「・・・受注したら」とすこし距離を置いたモノの言い方に「ん?なにかあったの?」とうがった見方をしてしまう。

こんな研修をうけた新人達がモノづくりの現場に出て行く将来が非常に楽しみである。


なるせさんのコネで受講できない?


「三菱重工が、機動戦士ガンダムを作ったら……」
「三菱重工業が、サンダーバードのスーパーメカや基地一式を受注したら……」

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ミナロとチョコレート型工場

128-2872_IMG
以前ミナロでこういう型を作った。

バレンタインデーも間近にせまり、その型を使ったチョコレートが売られていた。

すぎもと@ミナロの娘さん、パン職人Yちゃんが、わざわざ玉川高島屋まで行って買ってきてくれた。

133-3380_IMG
それがこれ。

デザイナーの書かれた図面を元に、CADデータを作りマシニングセンターで削り出す。

型の素材はケミカルウッド・ブラウン、元々おいしそうな色をしている。

出来がった型を使い真空成形で反転型をおこし、そこにチョコレートを流し込み、さまして外せばこの通り。


折角コロコロからくりでTVに出たところで大した反応が無く、ガッカリしている最近めっきり浮いた話が無いちょいロクおやじ達に、果たして起死回生のバレンタインデーチョコは届くだろうか・・・


一応、心の準備はしておこうっと。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

テクニカルショウヨコハマ

2月1日から始まったテクニカルショウヨコハマ2006。
初日、朝から見学に行って来た。

去年は出展者として参加したのだが、今回はコロコロからくりで出た赤字を取り戻すため、イベント参加は見送った。(笑

気になるブースが沢山あった。

まんてんプロジェクト 宇宙関連部品の調達をするための民間企業の集団。
以前、理事の方にケミカルウッドを買っていただいた事がある。
年会費が安いため、今後ミナロも参加させていただこうか思案中。


hamawaza ヨコハマ限定車 mutettoを展示している。
市内20社以上の企業と横浜市長も巻き込み、鳴り物入りで企画されたhamawazaは、去年、パネル展示だけしかなく残念な結果だった。
今年は mutettoの実車を展示し販売予約まで受け付けている。
mutettoのグリルに着いているカモメのエンブレムの測定、CADデータ化の問い合わせがミナロへ来たこともあった。


ゼオシステム ミナロの協力会社。
ミナロで展示会用にパンフレットを作らていただいた。
最先端技術、光IDタグの実用化が始まれば急成長間違いなし。


仙北谷 マシニングによる微細加工品の展示。
わずか数ミリのヘリコプターや、顕微鏡で見ないとわからないような加工がされている。
仙北谷さんのブースを毎年楽しみしている。

昨年展示のジャンボジェットのアルミ削りだし品は160万円で、金沢産業団地内の企業が買ったらしい。
今年の目玉はヨットのアルミ削りだし品。
帆も手すりも全て削りだし、加工屋さん達には必見のブースだ。


他にも色々あったが、それはまた二日目に行くミナロスタッフからコメントがあるだろう。

今年は残念ながら、コロコロ技者リーダー、ツボ様の異業種交流YTPブースは補助金の関係で出展を見送った。


テクニカルショウヨコハマや工業技術見本市に出向くと、出店側として参加したくなる。
いつの頃からかそう思うようになってきた。

毎年大変な思いをしてブースを出している人たちの話を聞いているのに、出展していないと落ち着けない状況がなんとなくわかるようになってきた。

テクニカルショウヨコハマ2007には、技者王国かケミカルウッド壱番店で出展しようと強く思っている。


今から準備だ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)