« 倒産した会社(5) | トップページ | 週間検索ワード »

倒産した会社(6)

すでに倒産を決めてしまった会社ではあるが、自己破産だけは止めたかった。

「倒産しました」の連絡を受け、社長本人と話をしてみた。
すると、こちらが予想していたより負債は少ない。

借入金と買掛売掛の差し引きをたして、自社の土地建物代を引くと、負債額としては一人頭200万円程しか残らない。
車を買ったと思えば返せない額ではない。

そこで、自己破産することは無いだろう! もう一度弁護士と話せ!と伝えた。


だが、肝心なのは土地建物が適正価格で売れるというコトだ。

もしも自己破産による競売になってしまったら、適正価格の6割ほどになってしまう。
しかもそのお金は税金、基金、給料の未払い、保証協会、売掛という順番で取られていく。

幸い給料の未払いは無かったのだが、売掛の部分である長年取引していた民間企業が一番損をする。
一般的には数パーセントしか戻ってこないと聞いたこともある。

民間企業が連鎖倒産をおこしてもおかしくない状態だ。


そこでミナロが出来ることを考えた。
この土地建物を買い取ることができないものか、と。

つづく・・・



彼らは自社の土地建物の価格が現在の相場より4割以上も低い見方をしていました。
つまり、土地建物を売ったとしても、数千万円の借金が残ると考えていたようです。

それで自己破産しか道はないという判断をしてしまいました。

判断をするための情報収集を怠ると、自分だけでは手に負えない事態を招きます。


零細企業だって世間に対する責任はある

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40436/8905374

この記事へのトラックバック一覧です: 倒産した会社(6) :

コメント

>そこでミナロが出来ることを考えた。
>この土地建物を買い取ることができないものか、と。
>つづく・・・

おっ、ついに来ましたね。。
早くつづきが聞きたいって。。

▲コメント投稿者: NCCC (Mar 3, 2006 1:28:02 PM)

うーん。
みどりかわさん。
「男」ですね。
また惚れ直しました。

私も前の会社では債権回収の仕事などもしておりましたので、破産や倒産といった場面にはよく関わったものでした。
支援者がいるのでしたら、民事再生や和議、任意整理といった方策もありそうですね。
目が離せなくなってきました。

▲コメント投稿者: 益田@聞こえないけど、それなりに・・・ (Mar 3, 2006 2:16:23 PM)

私の知人にも約2億円の年商で粗利が30%もありながら、約3000万円の負債で自己破産したものがいました。
銀行で手形を切ってるわけでもなく、現金商売なので返せない額でもないはずなのに、その奥さんは破産後後悔していました。
苦しくなると、頭が回らなくなるらしいのです。
是非、みどりかわさんが「智慧」を教えて救ってあげてください。

▲コメント投稿者: 逆境から這い上がった社長の起業遍歴日記 (Mar 3, 2006 4:46:22 PM)

>そこでミナロが出来ることを考えた。この土地建物を買い取ることができないものか、と。彼らは自社の土地建物の価格が現在の相場より4割以上も低い見方をしていました。

いざとなると、人間てのは冷静さを失うのでしょう。それにしても弁護士はそういうアドバイスをしないのでしょうか。そういう意味でも仲間って大事だなあと思います。

▲コメント投稿者: デハボ1000 (Mar 3, 2006 5:10:13 PM)

>負債額としては一人頭200万円程しか残らない。
こりゃあ。
どこかのいつも首が回らない、そしてふところにはいつも台風が吹いているどこかの町工場よりよかとです。
働きまっしょう。
働いて働いて働きまっしょう。
力の限り、働いて働いて働きまっしょう。
休み無くひたすら長時間労働。
働きまっしょう。
一歩一歩前に進みまっしょう。
しかし、肩の力は抜いて。
そしてニタニタ笑顔で。
決してあの世にはどんなお金でも持っていけんとです。
あの世にに持って行けるのはなんですか。
さあっ。働いて働いて働きまっしょう。

▲コメント投稿者: スーパー息子 (Mar 3, 2006 5:29:03 PM)

知り合いの社長、“どうせ倒れるなら、億の単位じゃなけりゃ、恥ずかしい!”なんて言ってる人もいます。
まあ、そんなに負債を抱えたら、泣く人も多くなりますから、冗談としても、200万円で自己破産はないですね。
ウチなら、○○回以上破産しないといけないです。

▲コメント投稿者: なるせ@コスモテック (Mar 3, 2006 6:30:36 PM)

こんにちは。今日はお忙しいところ、ご案内いただき、どうもありがとうございました。ケミカルウッドのことや工業団地のことがよくわかりました。9日のシンポジウムには伺えなくて残念ですが、おもしろそうですね。パネリストになっているセルビックには工場見学に伺ったことがあります。2年ほど前ですが、卓上の射出成形機などを見せていただきました。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

▲コメント投稿者: KADOTA (Mar 6, 2006 7:11:03 PM)

こんにちは
お祝いの言葉ありがとうございました(*^.^*)

倒産というのは、人ごとではないですね。。。
先日実家に帰っているとき、母から父は5~6回会社を潰していると聞き、2回と思っていたのに~と、びっくりしてました^^;
自己破産は踏ん張ったようですが、世間では、よく簡単に思っている会話を耳にしますね。

管財人さんは、早く話をまとめる事を優先させるんじゃないかな~と思うので、、、
”判断をするための情報収集”
集約された最上の言葉ですね。

▲コメント投稿者: nanfです (Mar 12, 2006 8:43:53 PM)

コメントを書く




*スパム、無責任、言い逃げ、騙りコメントを防止するためメールアドレスは必須としています。
架空アドレスの場合削除する事があります。
お手数ですがご協力下さい。
なお、URLがある場合、そちらが優先で表示されます、サイトをお持ちの方は是非入力してください、お礼に伺います。