« 【執筆】日刊工業新聞RT | トップページ | 週間検索ワード »

倒産した会社(10)

銀行との交渉。

今回の物件買い取りに際し、銀行2行へお伺いを立てた。

一行は倒産物件に根抵当をつけている信用金庫。
もう一行は政府系金融機関。

前もって信用金庫へ物件を買い取るだけの融資が受けられるかを聞いているので、ここからは金利と年数、その他の条件交渉だ。

信用金庫では、80%の融資で残りを運転資金で貸せるという。
一方政府系金融機関では、全額大丈夫と返事を頂いた。

両行とも金利はほぼ同じ0.1%程の違いだ。
物件についての融資の年数も15年以上と長期である。

現状では第一抵当、第二抵当といった複雑なやり方はしたくなかったので、どちらか一行で借りるつもりだった。
条件に差がない状態で今回の決めてとなったのは、物件の根抵当権。

すでにこの物件に根抵当をつけている信用金庫で借入を起こせば、契約まで面倒なくすすむ。

気持ち的には、よく足を運んでくれる政府系金融機関の若い行員にゴメンなさいと言うのは心苦しかったが、やむを得ない。
その変わりと言ってはナンだが、物件代金の20%にあたる運転資金を貸していただいた。



よって今回の融資総額は希望より20%も余計に借りられた。

条件的にもかなり良い、金利も年数も満足で保証協会も代表以外の保証人も無しのプロパーである。

起業3年半の弱小製造業でも本気でやれば世間に通じる。


さ~支払いが大変だっ

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40436/9356323

この記事へのトラックバック一覧です: 倒産した会社(10) :

コメント

ミナロ団長。さすがです。
>弱小製造業でも本気でやれば世間に通じる。
これには共感を覚えます。
確かに支払いはきついでしょうが、ミナロの皆さんであれば大丈夫です。

我が町工場も相(愛)も変わらず資金繰りはてんやわんや。
そんななか最近助けられているのがファクタリング。
大手企業が自社で金融子会社を作る。
我が社は大手企業の仕事をするのですが支払いはその金融子会社から。
先ず金融子会社が大手企業が発行した手形を受け取る。
金融子会社はその手形を割り引き現金で我が社へ払って頂く。
そしてその手形の割引の金利は銀行よりも安い。

通常銀行には手形割引の枠があるがその心配もない。
そして、その割引料も銀行よりも安い。
大変重宝している。

大手には2ケ月、3ケ月先へたすると半年先の現金払いのところもある。
その期間手形も一切発行しない。
零細企業は非常にきつい。
しかし、このファクタリング。
今後増えることを希望するとです。
関係のない内容も書いてしまったとです。

引越しはほぼ完了ですか。
何かお手伝いできることがあれば。
相(愛)も変わらず博多の町より応援しとります。

▲コメント投稿者: スーパー息子 (Apr 1, 2006 10:51:25 AM)

さすがはみどりかわさん。
そしてミナロの皆さん。
なかなか、そういう信用を得られるもんじゃないですものね。
益々のご活躍を!

▲コメント投稿者: 益田@聞こえないけど、それなりに・・・ (Apr 1, 2006 2:47:09 PM)

>起業3年半の弱小製造業でも本気でやれば世間に通じる。

今までの文章を通じて、仕事にも、仲間にも、お付き合いされる銀行さんも含めて、「本気でなさっている」感性が見えて、非常にうれしいです。当方開業3ヶ月、なんとか先が見えてきました。貴殿のストーリーを見て、和を以って尊しとうる感覚が大切と感じています。

▲コメント投稿者: デハボ1000 (Apr 1, 2006 7:41:13 PM)

スーパーな息子しゃん、その様な取引が在るんですか。
私もファクタリングの恩恵をこうむりたいですわ。
でも、お客様の規模が・・・・

▲コメント投稿者: NCCC (Apr 3, 2006 9:13:53 AM)

ファクタリングですか。

一見良いように思えても実は子会社を儲けさせているだけじゃないかと言うのはうがった見方ですかね。

先日、ファクタリング子会社で引かれる手数料分を上乗せして請求して良いですか?
と聞いたところ「それはダメです」と言われました。

こちらから提出した見積金額から引かれる分は、その子会社の利益になるのにもかかわらずです。
足元見られて仕方なく子会社に寄付しているようなものではないですかね。

全部を現金取引にしろと言うのもムリでしょうが、支払いが遅くなる企業体質を改善する事が経済にとっても中小零細企業にとっても、もっとも良い方法だと思っています。


ファクタリングの手数料、黙って上乗せすればわからない事ですけどね。

▲コメント投稿者: みどりかわ@ミナロ (Apr 3, 2006 9:49:54 AM)

確かに穿った見方でしょう。
しかし、ここでの穿ったとは本来の洞察力のあるという意味です。
それはファクタリングの会社が存在すること自体がその答えです。
それだけで食べていけるのですから。

理想の商取引は即時の現金払いです。
その理想に向かって我が社では手形一切発行しとりません。
あっ。再度コメント、つい書いたとです。

▲コメント投稿者: スーパー息子 (Apr 3, 2006 12:59:32 PM)

ファクタリング子会社でも家庭を持つ人が働いているわけで、シェアリング、利益を分配しなければ困るのはわかります。

しかしその存在自体に?マークを付けたくなるのは、やはり今まで外注下請けがいじめられてきた経験に基づく気持ちなのでしょうか。

自分達がどういう立場で、世間のためになにをすれば良いのかをよく考えれば・・・
みなが理想に向かって会計、経理をすれば・・・

中小零細製造業が腕を発揮できる現場が増えると思っています。

再々コメントも待ってます。ニタニタ

▲コメント投稿者: みどりかわ@ミナロ (Apr 3, 2006 8:02:57 PM)

なるほど。さすがです。
相変わらずミナロ団長は骨太の威風堂々たる文章を書かれます。

先ず「下請け」という言葉自体に私は常日頃疑問を感じてます。
この「下請け」の「下」。
そしてこの忌み嫌う言葉に人間の最低の行為の言葉。いじめ。
この最も最低なる言葉「下請けいじめ」が存在する事事体が私は決して許んとです。
しかし、私が許せんと主張したところで如何なものでしょうか。

そうなるとやはり行動しかなかとです。
常日頃人の役に立つ事を何であるかを潜在意識の奥深く埋め込みそして行動する。
その埋め込む内容に「自分さえ良ければ」という言葉はもういりません。
それは零細企業であっても大企業であっても変わりはなかとです。
私はやはり企業は人なりと思っとります。

この先「下」と「いじめ」という言葉がなくなる現実が現れるよう一歩一歩前に私は地道に進んでいくとです。

あっ。又又コメント書いたとです。

▲コメント投稿者: スーパー息子 (Apr 4, 2006 8:42:55 AM)

スーパー息子さん、うちも地道に進んでいきますとも。

地に足をつけて進んでいきます。

▲コメント投稿者: みどりかわ@ミナロ (Apr 7, 2006 8:04:35 AM)

コメントを書く




*スパム、無責任、言い逃げ、騙りコメントを防止するためメールアドレスは必須としています。
架空アドレスの場合削除する事があります。
お手数ですがご協力下さい。
なお、URLがある場合、そちらが優先で表示されます、サイトをお持ちの方は是非入力してください、お礼に伺います。