« 新社屋お披露目式第2部 | トップページ | ブログランキング »

●誰のため?

ライターはダース=トリオムーン@ミナロです。

 私が心の師と仰ぐ人のひとり、本田技研工業株式会社の創業者
本田宗一郎氏の話の中にこんなエピソードがある。


 昭和二十七年頃 資本金がわずか数百万円の頃にホンダは三億円とも四億円とも言われるほど大量に
アメリカ、スイス、ドイツなどから当時の最新鋭加工機を購入したそうだ。(ドイツは敗戦国なのに最新鋭!)
当時の日本の加工技術を世界レベルにまで一気に引き上げるにはそれほどの投資が必要だったのである。
「本田は気がおかしくなった。」(本当は違う表現で書いてあったけど…。)と言われるほどとんでもない事だった。

 その時の心境を本田氏はこのように語っていた様に記憶している。(って読んだ記憶だ。当時私は精子にもなっていない。)
<最悪の状況になり自分の会社が無くなってしまったとしても機械は日本に残る。機械さえ残っていれば
日本の技術力の向上に役立つ。それならそれで良いではないか。>と。

 もの凄い決心である。腹の括りかたが違うというか。
<戦後の何もないところからのスタートだからゼロになっても元に戻っただけ。>と考える(考えられる)事の凄さ。
もちろん本人にとっては確信があって最悪の状況にはならないと言う<読み>があっての事なんだろうけど。
凡人には出来ない。「先見の明」と「決断力」ともにずば抜けている。

 そして「自分が破産しても日本の為になるから良し。」と言えるスケールのでかさ。自分さえ良ければ。なんて
考えてるケツの穴の小さい輩(自分もこの中だな。)ばかりの世の中で。「愛国心」っていうのとはまた違う気もするし
「自己犠牲」ってーのも違うだろうし。ともかくケツの穴がでかい!(こんなほめ言葉はアリか?)

 当然借金だったのだが金を借りた方も凄いが、貸した方も凄い。(どこから借りたんだか忘れてしまったけど。)
いつの時代にも無茶な人々(凡人からは無茶に見える)はいるもんだ。しかし彼らの選択が正しかったのは今の状況
(ていうか高度経済成長当時か)を見れば自明である。ただその支払いの為にかなり苦労をしたらしいけれども。

「ケツの穴のでかい男」になりたい!ようななりたくないような。


|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40436/9589154

この記事へのトラックバック一覧です: ●誰のため?:

» なんのために、誰とやるか? [横浜、わざ・もの広報局。から]
「世界でも類まれなる、長たる者の関係と物語をつくった会社」。 本田宗一郎氏と藤沢武夫氏。 続きを読む

受信: Apr 27, 2006 12:01:33 PM

コメント

アニキならなれるって~~~~(^^)

▲コメント投稿者: emiemi (Apr 26, 2006 3:34:08 PM)

>昭和二十七年頃 資本金がわずか数百万円の頃にホンダは三億円とも四億円とも言われるほど大量にアメリカ、スイス、ドイツなどから当時の最新鋭加工機を購入したそうだ。当時の日本の加工技術を世界レベルにまで一気に引き上げるにはそれほどの投資が必要だったのである。(中略)その時の心境を本田氏はこのように語っていた様に記憶している。<最悪の状況になり自分の会社が無くなってしまったとしても機械は日本に残る。機械さえ残っていれば日本の技術力の向上に役立つ。それならそれで良いではないか。>と。
私もこの言葉には正直驚きました。(社史にあったような)けど考えてみれば自動車修理業・ピストンリング製造業・・・と渡った彼の経験が物を言ってる気がします。
事実、自動車業界ではホンダは「中小の会社を育て上げるのがうまい」ということで、オーナーとほんとに気楽な宴席をされたと聞いています。

▲コメント投稿者: デハボ1000 (Apr 26, 2006 7:37:56 PM)

ダース=トリオムーンさん、こんにちは~!
先日は、お世話になりました。

>ケツの穴のでかい男」になりたい!

(゜ー゜)(。_。)(゜-゜)(。_。)ウンウン

少なくとも「ゆるい」男にならないように、私も気をつけたいと思います。
このままでは、介護されちゃいますわ。(^^;

▲コメント投稿者: 益田@聞こえないけど、それなりに・・・ (Apr 26, 2006 8:07:21 PM)

コメント感謝です。

本田宗一郎がらみでは
まだ色々と良い話があるので
そのうちまた書きたいと思います。

「・→*→○になりたい!」
絵文字で表現してみました。

▲コメント投稿者: ダース=トリオムーン@ミナロ (Apr 26, 2006 8:56:57 PM)

やっぱり事をなす人は、普通じゃできないことをやっているんですね~本田宗一郎をもっと知りたくなりました。

▲コメント投稿者: りょうま (Apr 26, 2006 11:52:34 PM)

>当然借金だったのだが金を借りた方も凄いが、貸した方も凄い。(どこから借りたんだか忘れてしまったけど。)

三菱銀行京橋支店だと思います。
このとき、本田氏と藤沢氏と面談した銀行担当者の「ちなみに、将来的に血縁者に跡を継がせるつもりはありますか?」問いに、二人揃って「そんな気はさらさらない」とガハハと笑って答えたのだとか。これも資金援助に影響したとか。うる覚えですが。

ホンダはいまでもこのときの関係から三菱銀行を大切にしていると読んだことがあります。(うる覚えですが…)

▲コメント投稿者: 横浜、わざ・ものニュース (Apr 27, 2006 12:11:33 PM)

コメントを書く




*スパム、無責任、言い逃げ、騙りコメントを防止するためメールアドレスは必須としています。
架空アドレスの場合削除する事があります。
お手数ですがご協力下さい。
なお、URLがある場合、そちらが優先で表示されます、サイトをお持ちの方は是非入力してください、お礼に伺います。