« パン職人 | トップページ | プチロボ »

株式会社ミナロ

新会社法にあわせて、有限会社より株式会社へと組織変更をした。

新会社法では、株式会社の有限会社化といっても差し支えないほどの、簡素化に向けての法改正があった。


ミナロでは従来より役員1名だけなので、株式会社には出来なかったのだが、新会社法により、役員ひとりでも株式会社へと変更することが可能となった。

株式会社にすることのメリットは、世間から見た信用の向上、この一点だろう。


今までミナロは世間の目をあまり気にしていなかった。

正確に言うと、カッコより中身を見てくれ! って感じで。


だが、今回株式会社化に踏み切った理由はもう一つある。
資本金の増資だ。

社長が会社へ貸しているお金、ざっとウン百万。
これはきっと一生返ってこない。

帳簿には延々と借入金として載っかっている。


もしこの借入金を現金で返してしまったら、会社の口座から現金がなくなる。

ただでさえ、少ない運転資金で回しているのに、キャッシュがなくなることは致命的だ。


そこで、借入金を資本金として増資すると、
現金の動きはないままに、社長への借入金が、会社の資本へと変わる。

チョー簡単に言えば、社長への借りを踏み倒して、会社のモノにする。と言うことだ。


え?それじゃ社長がかわいそう?

いいえ、そういう立場を選んだんですから仕方ありません。
貸した金より会社を大事に出来ない人は社長をやってはいけないんです。


また、今回はミナロへ出資したいという方が3名も申し出てくれた。

ひとりウン百万もの金額だ。

その方達は「ミナロへ出資するお金だけど、きっと一生預け続けるから。 配当もいらないし。」って言ってくれる人たちばかり。

そんな申し出を断ることは出来ないでしょう。

お金だけじゃない、何かを期待されている。
明確な約束されたリターンがないにもかかわらず。

きっとミナロに賭けてみたいという気持ちがそうさせるのだろう。

期待されると断れない、それがお金によるリターンじゃなければなおさらだ。


ということで、株式会社化にあわせて増資という道を選んだ。


将来のことはダレにも約束は出来ないが、期待されたからには全力で応える。

ミナロへ関わる人全員が高みへ行けるように。


新たな風をとらえよう

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40436/10824431

この記事へのトラックバック一覧です: 株式会社ミナロ:

コメント

「おめでとう」かな?それとも「お疲れさん」?
これで「看板に偽り無し」になったね。

▲コメント投稿者: かんばんや (Jul 7, 2006 5:36:01 PM)

すばらしい仕事をされてるからこその
投資や増資、そして会社の人が豊かになってくるということなのですね。
とても勉強になりました!

▲コメント投稿者: タロット占いラーヤ@女社長のハッピーを加速する (Jul 7, 2006 5:37:39 PM)

おめでとうございます~

先を越されたようでちとくやし~(勝手にライバル心めらめら~~)笑

と、ところで、会社に貸してるお金、もどってこないのっぉぉ??

emiemi、ウン百万どころぢゃないんですけど・・・汗

▲コメント投稿者: emiemi (Jul 7, 2006 8:52:15 PM)

みどりかわさん、こんにちは!
おめでとうございますヽ(^o^)丿

おっしゃることはよくわかります。
社長はつらい・・・でもおもしろいです。

3人もの方々が増資に参加されるとは
すばらしいですね。みどりかわさんの人徳です。
今後の益々のご発展を祈念します。

▲コメント投稿者: 伊藤@蒲郡製作所 (Jul 8, 2006 9:42:28 AM)

かんばんやさんおかげさまで。
次はエミリアだとか?


タロット占いラーヤ@女社長のハッピーを加速するさん
勉強になるほどの事は・・・
うれしいっす。


emiemiさん、あきらめてください。 なむ~


伊藤@蒲郡製作所さん、ありがとうございます。
面白いことばかりなら、みんな社長やりますかね。w

▲コメント投稿者: みどりかわ@ミナロ (Jul 10, 2006 7:14:07 PM)

コメントを書く




*スパム、無責任、言い逃げ、騙りコメントを防止するためメールアドレスは必須としています。
架空アドレスの場合削除する事があります。
お手数ですがご協力下さい。
なお、URLがある場合、そちらが優先で表示されます、サイトをお持ちの方は是非入力してください、お礼に伺います。