« July 2006 | トップページ | September 2006 »

【出演】NHKラジオ

Img_4104

8月27日に放送されたラジオの音声ファイル。

NHKの「ラジオあさいちばん」という番組では、国際、経済に関してテレビより深くて有益な情報を提供しているという。

これから毎日聞かなくてわ。


日曜の早朝ですから聞き逃した方が多いそうで・・・





社内で誰も聞いていなかったのには泣ける・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦略思案中

どうも様子がおかしい。

例年この時期はむちゃくちゃ忙しいのだが、今年はさっぱりなのだ。

人が増え、土地建物を手に入れたミナロの固定費は、以前に比べて倍増している。

もちろんそれを払えるだけの見込みがあっての人員増加に土地建物の購入だった。


しかし、今年の夏は例年と違い仕事が薄い。
今までがたまたま忙しかったという事だろうか。

一品加工屋の年間受注見込み程、アテにならないモノはない。


ミナロはすでに5年目へと突入した、大きな節目の時だ。
創業時どん底だった景気も回復し、世の中が潤い始めている。

ミクロ的にもマクロ的にも新しい体勢へと変わり始めているのだ。


たぶん今までと同じ事をやっているだけではミナロは無くなる。
精神論や勇気づけの言葉もそろそろ世の中から必要とされなくなるだろう。


そこでミナロもとうとう戦略を考え始めた。
これからは何をやるべきか、すでに動けるモノは行動に移している。

その報告はいずれ発表しようと思う。

今度の波間は低く長そうだ。


と言うわけで、仕事回して お・ね・が・い♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

週間検索ワード

解析対象期間: 2006年8月21日(月) ~ 2006年8月27日(日)

集計対象アクセス数:907

検索ワード 割合
1 ミナロ 55 6.1%
2 製造業 37 4.1%
3 ガンダム 29 3.2%
4 ダイソン 27 3.0%
5 スターウォーズ 24 2.6%
6 ミナログ 23 2.5%
7 約束手形 21 2.3%
8 ギラン君 19 2.1%
9 プチロボ 18 2.0%
10 掃除機 15 1.7%
11 スターウォーズな少年 14 1.5%
12 少年 13 1.4%
13 仙台 12 1.3%
14 社長の年収 11 1.2%
14 年収 11 1.2%
14 アルミ鋳物 11 1.2%
17 役員報酬 9 1.0%
17 零細企業 9 1.0%
17 サイト 9 1.0%
20 南部フーズ 8 0.9%
20 ガンダムバー 8 0.9%
20 ブログ 8 0.9%
20 minaro 8 0.9%
24 ミナロ 7 0.8%
24 横浜 7 0.8%
24 ブランディングとは 7 0.8%
24 創立記念 7 0.8%
24 作り方 7 0.8%
24 スケバン恐子 7 0.8%
30 ナッちゃん 6 0.7%
30 ランドウォーカー 6 0.7%
30 北村浩子 6 0.7%
30 啓愛社 6 0.7%
30 パイレーツオブカリビアン 6 0.7%
35 ベイシティーサービス 5 0.6%
35 一般交差 5 0.6%
35 熱発電 5 0.6%
35 五常 5 0.6%
35 図面 5 0.6%
35 賢司 5 0.6%
35 35万円 5 0.6%
35 累積公差 5 0.6%
35 役員 5 0.6%
35 パイレーツ・オブ・カリビアン 5 0.6%
35 検索ワード 5 0.6%
35 ロボット 5 0.6%
35 倒産 5 0.6%
35 平均 5 0.6%
35 横浜信用金庫 5 0.6%
35 アンドリュー・カールシン 5 0.6%
35 社長 5 0.6%
35 まいど1号 5 0.6%
35 なっちゃん 5 0.6%
54 関内 4 0.4%
54 株式会社コスモテック 4 0.4%
54 まいど1号 4 0.4%
54 アルミ 4 0.4%
54 北村 4 0.4%
54 歯車 4 0.4%
54 コロコロ 4 0.4%
54 風力発電 4 0.4%
54 又吉イエス 4 0.4%
54 ガンダムショットバー 4 0.4%
54 おけちゃう 4 0.4%
54 旋盤 4 0.4%
54 選挙 4 0.4%
54 甲田英司 4 0.4%
54 機械設計 4 0.4%
54 ショットバー 4 0.4%
54 minaro.co colog-nif ty.com/mo g/2004/08 /post_9.h tml 4 0.4%
54 2006 4 0.4%
54 鉄道模型 4 0.4%
54 試作 4 0.4%
54 アールエフ 4 0.4%
54 緑川 4 0.4%
54 おでんいちまさ 4 0.4%
54 IT 4 0.4%
54 ジオン 4 0.4%
54 戦略とは 4 0.4%
54 みなろ 4 0.4%
54 鋳物 4 0.4%
54 中止 4 0.4%
83 電気を通さない金属 3 0.3%
83 経営者 3 0.3%
83 上場企業 3 0.3%
83 パーティ 3 0.3%
83 耐震アミーゴ 3 0.3%
83 ものづくり 3 0.3%
83 FMヨコハマ 3 0.3%
83 山形 3 0.3%
83 CAD 3 0.3%
83 宇宙ビジネス 3 0.3%
83 プリンタ 3 0.3%
83 シンシア 3 0.3%
83 溶接工 3 0.3%
83 平均年収 3 0.3%
83 ゼーベック 3 0.3%
83 まいど1��キ 3 0.3%
83 横浜市 3 0.3%
83 フラッシュ 3 0.3%
83 ネットワーク 3 0.3%
83 技術 3 0.3%
83 2ch 3 0.3%
83 からくり 3 0.3%
83 たなかじゅん 3 0.3%
83 えすらん 3 0.3%
83 企業 3 0.3%
83 ナノテク 3 0.3%
83 ライトセイバー 3 0.3%
83 イナーシャ 3 0.3%
83 評判 3 0.3%
83 連邦軍 3 0.3%
83 仙北谷 3 0.3%


ラジオの影響か「ミナロ」の検索がトップでした。

日曜日にしては珍しく1000PVオーバーしましたから、ラジオの影響力はバカには出来ません。
メールも何通かいただいてます。

約12分という長さがよかったのでしょうかね。

次はFMヨコハマだな。


すたそるさんよろしく。w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラジオ出演

8月27日(日)の朝、NHKラジオに出演します。

テーマは「モノづくりニッポン」

(株)ミナロはちょうど4年前に3人で創業した若い会社。金属加工などの精度を上げたり、微調整したりするときに使う治具(じぐ)という道具や、自動車や工業製品の木型づくりで業務拡大を続ける「元気な町工場」だ。

○すべてはリストラから始まった

社長の緑川さんは4年前までは創業51年の木型製作所に勤める工員だった。しかしその製作所が廃業、緑川さんはリストラの憂き目に合う。腕には自信があったものの、先の不安に立ちすくんでいた緑川さんを後押ししたのは、ともに失業したもとの製作所の仲間、中村さんと樋口さんだった。創業資金を出すから一緒にやりましょうという2人に緑川さんの心は固まった。ミナロとは緑川のミ、中村のナ、樋口のロを取って命名した。

○武器はホームページ

設立時の取引先は前の製作所から引き継いだ3社だけ、どうやって販路を広げるかが死活問題である。そこで緑川さんが注目したのがインターネット。会社の住所を登録するより早くURLを獲得、ホームページで木型製作所時代に培った技術と信頼をもとに、コストダウンを徹底し、より効率化した新会社をPRした。すると全国から引き合いがきて1年後には30社を超え、現在は400社を超えるまでに業務が拡大している。

○「本質」が勝負を決める

「本質を理解し行動すれば自ずと結果がついてくる」というのが緑川社長の信念。
マネーゲームに明け暮れる今の日本を冷ややかに横目で見ながら、ガンダム型ロボットを実用化させ、技術立国日本の再興を目指す。

これは取材に前もって記者のかたが書いてくれた原稿だ。
これにそったカタチで対談がすすめられていると思う。
(まだ編集後は聞かされていません)

約12分間の放送とのこと。
早起き出来るかたは是非聞いてください。


放送は8月27日(日)朝7:40頃
東京からは AM594


チェケラッ!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

●心象風景

ライター:ダース=トリオムーン@ミナロ

何なんだこの「ざわつき」は?

天気のせいか?北の将軍様のせいか?高血圧のせいか?
中東の諍いのせいか?仕事のせいか?最近観た香港の映画のせいか?
我が子をあやめた女のせいか?電磁波のせいか?
日本政府のせいか?買い換えたばかりの靴のせいか?歳のせいか?

なんとも気が晴れない。鬱病になったのか?
いや「意欲」が無くなってしまった訳ではない。
気が晴れないと書いたが「楽しむ気持ち」が萎えてしまっている事もない。
何かが引っかかったままでもどかしい感じがしている。
何かのフィルターが掛かっているような見え方がする。
晴れないと言うより快晴にならないと言う表現のほうが近いかな。
少なくとも「曇り」や「雨」ではない。


「何か」が起こりそうで、でも今はどうすることも出来なくて。
具体性は全くないのだが「期待」と「不安」がないまぜに
なったようなこの気持ち。「焦り」とは違うような気はする。
「何か」を期待しているのか?「何か」の予兆を本能が感じ取っているのか?
ニュータイプにいまさら進化しようというのか?誰かとシンクロしてしまってるのか?
野生動物のように天変地異の予兆を感じてしまっているのか?
いずれにせよ「確信」がない。

感情のコントロールが出来ない事もないし、冷静に自己分析も出来ているつもりだ。
内的要因なのか?外的要因なのか?過去からくるのか?未来からくるのか?

こんな気持ちってきっと誰でも経験があると思うんだけど。
もちろん今までの自分にもあって、いまさらと思うのだが。
「また来た。」て言う部分もあるし…。
じゃあ、今までそれで「何か」起きたの?って訊かれると
「?」覚えて無いくらいだから大したこと無かったんだろうね。

一体何が起きているのか?起きようとしているのか?単なる気のせいか?

それに対して自分は何をするのか?どーする俺?


ちょっと楽しみ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

全商品リサイクル

ユニクロは9月1日から、不要になったすべての製品を無料で回収しリサイクルするという。

読売新聞より ユニクロが全商品リサイクル…「サングラス」まで回収 


 ユニクロは9月1日から、不要になったすべての製品を全国720店舗で無料回収し、リサイクルを行う事業を始める。同社によると、全商品のリサイクルは服飾業界で初の試み。今回は1か月間回収を行い、商品の集まり具合やリサイクルの効率などを確認した上で、今後、実施回数や回収方法などを検討する。

とてもすばらしい事だ。

家電も車もリサイクル料が取られ消費者への負担が増えるなか、ユニクロがとった行動はすばらしい。


捨てるのにさえお金がかかる時代。

しかし、もう一度資源として活用できれば、その材料が必要なところにとってはとてもありがたい。
お金を出してでも買ってくれる。

つい先日聞いた話では、車の廃車でリサイクル会社へ頼んだところ、処分代を払うどころか、逆にお金をもらえたとのこと。

もっていくところさえ間違わなければ、ゴミは資源へと変わる。
材料から別のモノへと生まれ変われる。


一般家庭で出る粗大ゴミ以外は、分別する手間は掛かるモノの、お金を払うと言うことはない。

しかし会社、特に工場となると、分別をしたところでお金を払ってゴミを捨てることになる。
段ボール、紙は再生業者へ持って行けばタダで引き取ってはくれるが、それ以外は有料だ。


自宅で使っている風呂の水くみにも書いてあった。
「これは大切な資源です、ご不要の場合は当社へ送ってください」と。

ただし、送料元払いと書いてあるところが痛い。
元々500円程度の製品に送料740円も出せないと思うのは仕方ない。


多くのメーカーが責任を持って不要となった製品を回収することはムリであろう。それも無料で。

全国720店舗を誇るユニクロだからこそ出来ることだ。


これからはユニクロしか着ないぞっ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

赤黒サイト

Minaro
ミナロのロゴには赤黒白の三色を使っている。

起業当時、デザイナーの方がお祝いにといってデザインしてくれたモノだ。

シンプルでインパクトがあり、覚えやすく格好いい。
そんな無茶な注文に応えてくれた。

ミナロの行動にふさわしく、白黒ハッキリ、情熱の赤。
この3色を使い、昔どこかで見たことあるような雰囲気を持ち、零細製造業とは感じさせない。

ホームページも赤黒白の3色で作り上げた。
その後のブログも同様に。

その頃はまだ、ブランディングと言う言葉を知らずにやっていたのだが、後日それこそがブランディングなんだと言われたときには、ちょっとうれしかったりもした。

この統一感やこだわりがミナロの良さだと思っている。


そこで他にはどんなところがあるのだろうかと、赤黒白のサイトを探してみた。


ACミラン
なにも言うことなし。かっこいい。


東京証券取引所
まだミナロ以前のサイト制作の時に参考にさせていただいた。


グリコポッキー
現在の商用サイト制作の最先端だろう。


パオラマニア
雑誌ニキータのイメージを取り入れ、馴染みやすく、ブティックの新しい情報発信のやり方を確立している。


『起業野郎』
なにも言うことなし。一発退場レッドカードだ。


それぞれのサイト(一部を除く汗)で感じることは、何かを強烈に主張したいときには赤黒白の組み合わせはピッタリだ。


デザイン、配色を統一するブランディングは会社の規模を越え、受け手の想像をかき立てる。

ホームページ、ブログから集客を目指すならば、見た人が楽しくなる、もっともっと見たくなるサイトにする必要がある。

そのための統一感やこだわりが必要だ。


よければご相談に乗りますぜ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

【出演】Made in KANAGAWA

Tvk_01
8月20日のTVK(TV神奈川)でミナロを取り上げていただいた。

『パペットマペットのサイエンスでしょ!?』という番組で、毎週神奈川県内の企業を紹介している。

こちらは先日の取材の模様


今回の放送では、約1分45秒も流していただけのだが、お盆休み最後の日曜日につき、いったいどれだけの人が見てくれたかはわからない。

今のトコ問い合わせはゼロだ。(悲

別の地域では再放送されるそうなので、その時を期待しよう。(って気休めか・・・)


しかし収録の時に思っていたより良い映像だった。
(今回告知は控えめにしておいた。)
きっと編集のかたの腕が良いのだろう。


折角うまくまとめてくれた動画だ、ケミカルウッドの販売に繋がることを願う。


動画はこちら。
ダウンロード tvk_01.wmv (12847.6K)


髪の毛フワフワしてます・・・汗

| | コメント (2) | トラックバック (0)

週間検索ワード

解析対象期間: 2006年8月14日(月) ~ 2006年8月20日(日)

集計対象アクセス数:674

検索ワード 割合
1 パイレーツオブカリビアン 32 4.7%
2 スターウォーズな少年 31 4.6%
3 ガンダム 26 3.9%
4 製造業 23 3.4%
5 パイレーツ・オブ・カリビアン 20 3.0%
6 ブログ 18 2.7%
7 スターウォーズ 15 2.2%
8 ミナロ 13 1.9%
8 ギラン君 13 1.9%
8 スケバン恐子 13 1.9%
11 プチロボ 11 1.6%
11 パイレーツ 11 1.6%
11 約束手形 11 1.6%
14 少年 10 1.5%
14 北村浩子 10 1.5%
16 動画 9 1.3%
17 工業高校 8 1.2%
17 年収 8 1.2%
17 社長 8 1.2%
17 オブ 8 1.2%
17 カリビアン 8 1.2%
17 仙台 8 1.2%
17 35万 8 1.2%
17 ナッちゃん 8 1.2%
25 からくり 7 1.0%
25 社長の年収 7 1.0%
25 空耳 7 1.0%
25 生ビール 7 1.0%
25 ミナログ 7 1.0%
30 熱発電 6 0.9%
30 ランドウォーカー 6 0.9%
30 呪われた海賊たち 6 0.9%
30 minaro 6 0.9%
34 フラッシュ 5 0.7%
34 零細企業 5 0.7%
34 ガンダムバー 5 0.7%
34 ものづくり 5 0.7%
34 ロボット 5 0.7%
39 バー 4 0.6%
39 講師 4 0.6%
39 ミナ 4 0.6%
39 堺市 4 0.6%
39 瞬間移動 4 0.6%
39 看板 4 0.6%
39 ろうそくラジオ 4 0.6%
39 35万 4 0.6%
39 景気 4 0.6%
39 溶接工 4 0.6%
39 ガンダムショットバー 4 0.6%
39 鋳物 4 0.6%
39 世界仰天ニュース 4 0.6%
39 ストーリー 4 0.6%
39 有富設計 4 0.6%
39 機械設計 4 0.6%
55 FMヨコハマ/北村 3 0.4%
55 若手経営者 3 0.4%
55 町工場 3 0.4%
55 ナノテクとは 3 0.4%
55 コロコロからくり 3 0.4%
55 ホテル経営者(飯島) 3 0.4%
55 社会保険 3 0.4%
55 溶接 3 0.4%
55 銀の豚 3 0.4%
55 ZION 3 0.4%
55 京都製造業 3 0.4%
55 戦略とは 3 0.4%
55 日本株の逆襲 3 0.4%
55 アビックス株式会社 3 0.4%
55 手形 3 0.4%
55 啓愛社 3 0.4%
55 信用金庫 3 0.4%
55 帆足由美 3 0.4%
55 からくり装置 3 0.4%


今回も一位はパイレーツオブカリビアン。

ところで、先日のTVK放送の告知をしなかったためか、な~んの反応も全然ありません。w
ま、ローカル局で1分少々の出演でしたからね、しかたないか。

その時の動画はそのうちアップします。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

●主観と客観

ライター:ダース=トリオムーン@ミナロ

自分の主観でしかない価値観をあたかも客観的評価が出来るかの様に
主張する人間は傲慢な人間か?恥知らずなのか?

「美味しい」はあくまで個人の主観。「好み」であって
『自分はこの味を「美味しい」と感じる。』というだけの話で
『この味が誰もが認める「美味しい」味である。』というわけではない。

珍味などというモノは滅多に味わえ無いという稀少性があるだけで、味そのものは関係ない。
珍味に限らず「天然」とか「ン年に一度」とか付くと高級品として店にならぶ。
でも数が少ないことと味そのものには関係がない。口にする人が少ないっていうだけだ。

それを「こんなに美味しいモノはない。」と声高に主張する奴ってなんなのだろう。
庶民の食卓に乗らない様なモノを口に出来る自分は凄いのだと言いたいのか?

~「これ食べてごらん。絶対美味しいから。ーどう美味しいだろ?」
~「う~んまずくはないね。嫌いじゃない。」
~「それだけ?味がわからない奴だな。こんなに美味しいのに。」

確かに世の中の大多数の人が「美味しい」と感じる味は存在するだろう。
しかもそれがなかなか手に入りにくいモノだったりもする事もあるだろう。
「これ、美味しい!」と口にすることはごく自然な事で他人に勧めたくなるのも判る。
そうは言っても人それぞれ。「まずい」と感じる人がいても何の不思議もない。
いわゆる「味オンチ」という人だっているだろう。あくまで主観なのだから。
単に多数派と少数派に分かれているだけだ。

それを

『自分が「美味しい」と感じるのだから他人も「美味しい」と感じるのが当たり前だ。』
『俺が「美味しい」と言うものはおまえも「美味しい」と言え!』
『この味が「美味しい」と思えないなんて。かわいそうな奴だ。』

みたいなスタンスでものを言われるとなんだかな。 「おまえ何様?」って。
自己主張が強いというか自己顕示欲が強いというか自己中心的というか。
「他人は自分と違うのが当たり前。」という視点が欠落してる。
あくまで『自分はこの味を「美味しい」と感じる。』といったスタンスでなら判るけどね。

私は控えめな性格の人間なので、自分の「好み」を口にする事に多少の抵抗がある。
「好み」ってもの凄く個人的なもので根元的であるから、自分自身を無防備に曝しているみたいで気恥ずかしい感じがする。ある意味自意識過剰な感じも否めないが仕方がない。
そう感じてしまうのだから。

もちろん気心が知れた相手には自己開示もするし自己主張もする。でも不特定多数に対してはねぇ。
まあ、ブログを書いている時点で不特定多数に対して自己主張しているのだから矛盾しているんだけれど。
でもこれは「考え」であって「好み」に比べればまだ社会的なものだから自分の中ではOKかな。
何が何でも聴いて欲しいから書いてるっつーもんでもないし。もともと人間は矛盾を内包した存在だし。

自分の中では「これが美味しい。」という主張と「こんなSEXが好き。」っていう主張がほぼ同じなんだよね。恥ずかしさのレベルで言うと。
「○○は××産の△△が一番美味しい。」ていうのと「○○の××嬢の△△が一番気持ちいい。」
が一緒。時と場所、相手を選ばなければ口に出来ない。両方とも恥ずかしくない人も居るだろうが。

グルメ本を出版してる人ってAVで自分のSEX曝している人と同じ様にみえる。
いや、AVはまだ演出があるし、見せているのは「行為」だけだし、見る人が限られている分グルメ本出版のほうがもっと恥ずかしいかな。


あくまで私の「主観」では。



| | コメント (5) | トラックバック (0)

ダイソンという掃除機

Dyson1
ダイソンの掃除機をご存じだろうか?

評判は聞いていたが、なかなか高価で手が出せなかったのだが、このたび一機購入してみた。

TVや雑誌でさんざん取り上げられ、大人気となったダイソン掃除機を掘り下げてみる。

ダイソンの掃除機といえば、
まず思いつくのが、ユニークなデザイン。
機能面では、フィルターが無いため吸引力が衰えない。 部屋の空気より150倍きれいな排気、だろう。

しかし掃除機としてはとても高価なため、「ふ~ん、そうなんだ~」で終わってしまう人が多い。
みどりかわもそのひとりだった。


最近、ある都合により掃除機を購入しなくてはならなくなったため、電気屋と探しに行ってみた。

するとダイソンの掃除機は、陳列ディスプレーからして別格扱い。
掃除機売り場の花となっている。

売れ筋ランキングベスト3も、ダイソン掃除機シリーズがしめている。
今の日本は、安い物か高い物しか売れない時代、ダイソンは後者の最たる例だろう。
Dyson7
価格には迷ったが、良い物を長く使うというアドバイスの元、購入を決意。

開封後まず驚いたのは、そのギミックの良さ。
使わないときのカタチが非常に美しい。

メインホースは2段階でたたまれ、蛇腹ホースは本体を2周し収まる。

標準のヘッド部は後方にぶら下げられる、まるでガンダムのハイパーバーズーカの様に。(まぁまぁw)

細ノズル、毛ノズル等のオプションパーツもホースに取り付けられ、本体とはうまい具合に干渉を避けている。

デザインには透明パーツを多く使い、内部のシステムを見せているあたりも、メカ好きな男達の心をくすぐる。
(きっと購入決定の判断はダンナさんが多いんじゃなかろうか)

これだけでも買って良かったと思ってしまったほど、今までの掃除機のイメージを覆してくれた。

Ph1151570859
掃除しないで、飾り物としても、完全変形版マクロスに負けないほど遊べる。(まぁまぁまぁw)

押し入れに入れておくのがもったいないと思う人も多いはず。


また、この掃除機を作り出した、ジェームズ・ダイソン氏の言うこともかっこいい。

ダイソンサイトの、ダイソンストーリーに、

ダイソンにとって、「デザイン」とは単に見た目だけではなく、機能性を意味している。「デザインは機能性を追求することからはじまる。」のポリシーを持つダイソンでは、製品デザイナーは「エンジニア」と呼ばれる。残念ながら、英国におけるほとんどの教育制度は未だ学問偏重の傾向にあり、「手を汚しながらモノを作る」喜びを子供たちに伝えていない(産業革命の国であるのに、不思議である)。時間はかかるかもしれないが、ダイソンはこの状況を変えたいと願っている。

と書かれている。

これは今の日本でも同じ事が言えるのでは無いだろうか。

日本語には機能美(実用品として作られた物が、その機能を十分発揮することで発現する美)という言葉がある。
日本人がもっとも得意とし、世界に誇れることだ。


その技術を習得するためには、普段から沢山のモノに触れて、使い方を覚えたり、構造を考えたりする機会を多く持つこと。

いつまでもキーボードひとつでお金を動かすマネーゲーマーをもてはやすのは止めて、手を汚しながらモノを作る喜びを感じられる環境を子供達に与えたい。

良いモノづくりはすべての人を豊かにする。


せ、性能について書いてなかった 汗

| | コメント (10) | トラックバック (0)

南部フーズ工場見学

1647_1_2
8月11日(金)に魁☆小出塾で南部フーズ株式会社様の工場を見学させていただいた。

小出塾にとっては初の食品関連会社訪問。
どのような気づきがあるか楽しみだった。


南部フーズは南部食品という屋号で37年前に船越社長が横浜市緑区で創業。

20年前に横浜市行政の要請で、金沢産業団地へと進出。

工場移転にあたっては、当時新工場を建てたばかりで、要請をさんざん断ったとも言っていた。


その頃から船越社長は先見の明があり、黒豆コーヒー、おいしい水の製造販売を試みるのだが、その時代にはまだ早すぎる商材のため頓挫してしまう。

「水が売れる」なんて事は、水道局以外ありえない事だったのだろう。


しかし無添加にこだわり続ける姿勢は評価され、生協との取引が始まった。
技術にも定評があり、大粒の空豆をカタチを崩さず柔らかくする等ユニークな技術もあるという。

その後時代は少量多品種を求めるようになるが、現在の工場は大量生産向きのため、大変苦労をされていると言うことだった。
少量多品種は工業製品に限ったことだと思っていたが、食品も同様だったのは目から鱗だ。


そこで南部フーズでは、横濱001に認定された小柴の海苔や、ヨコハマをイメージしたパッケージの新商品開発にも力を注いでいる。

また、工場直販で一般へと小売りしているのだが、その販売拡大が今後の課題だということだ。

インターネット通販をやられていないのはもったいない、と言う塾生が多かった。


見学の際、煮豆を食べさせてもらい、おみやげまで頂いた。

普段からカップラーメン派のみどりかわの味覚がおいしいと言ったところで、信用は皆無だが、舌には信頼を置けるmsp@itoさんが、後日友人を連れて再度訪れたというのだから、本当においしいのがわかっていただけるだろう。


最近、船越社長とは色々なところでよくお会いする。
喫茶店でバナナジュースをおごってもらったり、パーティーで同席したりと。

今後、ミナロがなにかの役に立てれば幸いだ。


Y2Eの出番じゃないの??

| | コメント (4) | トラックバック (2)

週間検索ワード

解析対象期間: 2006年8月7日(月) ~ 2006年8月13日(日)

集計対象アクセス数:785
検索ワード 割合
1 パイレーツオブカリビアン 37 4.7%
2 プチロボ 34 4.3%
3 製造業 27 3.4%
4 スターウォーズ 23 2.9%
4 スターウォーズな少年 23 2.9%
6 ナッちゃん 18 2.3%
7 ミナログ 16 2.0%
7 世界仰天ニュース 16 2.0%
9 約束手形 15 1.9%
9 ギラン君 15 1.9%
11 カリビアン 14 1.8%
12 パイレーツ・オブ・カリビアン 13 1.7%
13 啓愛社 12 1.5%
14 ガンダム 10 1.3%
14 社長 10 1.3%
14 スケバン恐子 10 1.3%
17 パイレーツ 9 1.1%
18 北村浩子 8 1.0%
19 熱発電 7 0.9%
19 年収 7 0.9%
21 ガンダムバー 6 0.8%
21 坪倉家 6 0.8%
21 コロコロからくり装置 6 0.8%
21 スケットワン 6 0.8%
21 銀行 6 0.8%
26 まいど1号 5 0.6%
26 零細企業 5 0.6%
26 社長の年収 5 0.6%
26 ブログ 5 0.6%
26 オオツカブラザース 5 0.6%
26 ゼーベック素子 5 0.6%
26 仰天ニュース 5 0.6%
26 倒産 5 0.6%
26 ランドウォーカー 5 0.6%
26 市場規模 5 0.6%
36 看板屋 4 0.5%
36 三上大和 4 0.5%
36 板金 4 0.5%
36 治具とは 4 0.5%
36 横浜 4 0.5%
36 溶接工 4 0.5%
36 平均年収 4 0.5%
36 仙台 4 0.5%
36 TVチャンピオン 4 0.5%
36 からくり装置 4 0.5%
36 作り方 4 0.5%
36 盆休み 4 0.5%
36 少年 4 0.5%
36 溶接 4 0.5%
36 ジオン 4 0.5%
36 倒産社長 4 0.5%
36 オブ 4 0.5%
36 ザ・世界仰天ニュース 4 0.5%
36 街灯製造業 4 0.5%
55 パズル 3 0.4%
55 言葉 3 0.4%
55 風力 3 0.4%
55 ミドリデンコー 3 0.4%
55 メルマガ 3 0.4%
55 読ませる 3 0.4%
55 転職 3 0.4%
55 金沢 3 0.4%
55 フォルテコ 3 0.4%
55 ケミカル関連メーカーセールスレップ募集 3 0.4%
55 又吉イエス 3 0.4%
55 呪われた海賊達 3 0.4%
55 ダウンロード 3 0.4%
55 ザ!世界仰天ニュース 3 0.4%
55 minaro 3 0.4%
55 ストームトルパー 3 0.4%
55 ストーリー 3 0.4%
55 登場人物 3 0.4%
55 ショットバー 3 0.4%
55 フラッシュ 3 0.4%
55 3作目 3 0.4%
55 サービスロボット 3 0.4%
55 からくり 3 0.4%
55 瞬間移動 3 0.4%
55 まいど1号 3 0.4%
55 役員年収 3 0.4%
55 連邦軍 3 0.4%
55 ギラン 3 0.4



この時期1位は、やはりパイレーツ・オブ・カリビアン。
スターウォーズ、ガンダムも相変わらずの上位ランクイン。

そしてとても残念なことに、ブライト艦長の声優鈴置洋孝さんが8月6日にお亡くなりになった。

みどりかわ的には社長業をやることになって以来、ブライト艦長を尊敬に近い存在として見ていた。

アニメと現実、戦争と経営、まったく違うことではあるのだが、最悪の状況下で人々を率いるリーダーとして、参考になることは多かった。

そんなブライト艦長の声が聞けなくなった事は残念である。



| | コメント (0) | トラックバック (1)

●会社の為、家族の為

ライター:ダース=トリオムーン@ミナロ

『過積載の指示をしたとして運送会社の支店長らが送検された。』
という記事を新聞でみた。

かの支店長曰く
「管理能力を上司から問われると思い、違法を承知で過積載を社員らに指示した。」と

「売り上げを上げろ、経費はさげろ。」会社員としては当然の指示でありその為に努力すべき事はあたりまえである。
しかしその頭に「法律を犯してでも」や「顧客をだましてでも」と付くと話は別である。

でもね、世の中言外に「法律をー」や「顧客をー」を指示する上司がたくさん居るんです。
いわゆる普通の会社のなかに。メーカーの「欠陥隠し」やカーディーラーの「車庫とばし」とか「不正車検」、ホテルチェーンの建築違反とか大小いろいろとね。
で、ひとたび世間に漏れると「法律違反をしてまでやれとはいっていない。」という。
たしかに<言外に>だから言っては居ないんだろうけど。ずるがしこいやつは言質をとらせない。

それどころかハッキリと「法律違反をしろ。」と言うやつもいる。バカなんだかやり手なんだか。
ホテルチェーンの社長はこっちか?
私の知人がとある証券会社(かなり大手)で支店長だか営業部長だかに「顧客をー」とハッキリと言われ嫌気がさしてやめたと言う。

己の信念に従って会社をやめられる、または会社を告発する事が出来る人がいったいどれくらいいるのだろう?捕まったら大変なことになるのが判っていても家族の事を考えると従うしかない。っていう人の方が多いだろうね。記事の支店長さんも。
<家族の為> 自分を納得させるには充分な言い訳だよね。


「ばれなきゃ、捕まらなきゃ何をやっても良い。」っていうのが人間の性なんだろうか?

「法律には違反しているかもしれないけど誰にも迷惑をかけていない(からたいして悪い事じゃない)。」
と考えていただろうホテルチェーンの社長とかは「障害者のことなどまるで考えていない金の亡者。」とマスコミに叩かれまくっていた。でもそのマスコミだってどれほどの聖人君子の集まりなのよ?って。
本当のところは「自分だけ豪邸に住んでいやがって。ゆるせねぇ。」って事でしょ。

結局、「ひとり勝ち」「独り占め」「単独プレー」を許さない。
日本人の<横並びのルール>を破っているから世間は怒って居るんじゃない?
法律違反なんて本当はどーでもよくって。豪邸が気に入らない。それだけ。
○エモンも○○ファンドもそう。金持ちだから気に入らない。「インサイダーって何?」って奴までいっちょまえに怒ってみせる。TVインタビューで悪を切りまくる。
だから「会社の不正を世間に公表した勇気ある行動」もそういった意味ではルール違反の単独プレー。
世間からは断罪されるべき行為。会社の為家族の為に目をつぶることが出来ない駄目なやつ。
それは罪人なのである。孔子の言う親孝行の息子のほうが正しいのである。「法」より「情」に重きを置く。
だから不正が不祥事がいつまで経ってもなくならない。

「赤信号みんなで渡れば怖くない。」(古っ)てー言う日本人独自のメンタリティなのか全世界共通なのか知らないけど。そういうこと。
「赤信号みんなが渡っているのに待っている。」それは正しいんだけれど正しくない行動。

スピード違反で捕まっても「悪い事をした。」とは反省しないでしょ?
「みんな違反してるのになんでオレだけが。運が悪かった。」としか思わないでしょ?
「捕まえたおまわりだって非番の時に制限速度でなんか走っていないだろ。」とか「どうせこいつらは身内や代議士の違反はもみ消すんだろ。」とか思っているでしょ。
あれっ?なになに?そんな事思った事もないって?おまえだけだろって?
いや俺は「なんて自分は悪いやつなんだ。お巡りさん捕まえてくれてありがとう。」
と深く反省してますよ。

ただすぐ忘れちゃうだけで。


本音と建前の社会なんだよね。本音だけでも建前だけでも生きられない。
上手く使い分けられるやつが出世していく。


言っておきますが我が社では不正は行われておりませんからね。(本音)



| | コメント (2) | トラックバック (0)

360万人の都市

Toshi
横浜市の人口が360万人を越えた。

神奈川県には政令指定都市が2つもある。
川崎市と横浜市だ。

相模原市も政令指定都市を目指して市町村合併を行った。
(政令指定都市では、住所に都道府県名を書かなくても良いと聞いたこともある)

大阪府にも、大阪市と堺市。 福岡県にも福岡市と北九州市と、同一都道府県内に2つある。

その中でも横浜市の人口は、二位の大阪市(263万人)を大きく引き離して、全国一位だ。

特に人口が増えているのは、ヨコハマ北部の都筑区、青葉区、港北区。
逆に減っているのは、旭区、磯子区、保土ヶ谷区、港南区といったヨコハマ中心から南部にかけての地域だった。

北部地域の人口増加の理由は、新興住宅地で都心に近く若い世代を中心に人気があるのだという。


全国的には人口減少に転じているにもかかわらず、ヨコハマ市では2020年(378万人)まで人口が増え続ける見込みだそうだ。


それだけ人気があるヨコハマ。

この地域で仕事、生活が出来ることはとても幸せなことだろう。
内部にいるとそれがわからなくなるのだが・・・


この魅力ある街で、モノを作り、モノを売る。

出来ることなら一生続けていきたい。


横須賀市民だろってツッコミはナシよ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【掲載】ビジネスサポート

Imagebusinesss
ザ・ビジネスサポート8月号にミナロの記事が掲載された。

(株)東京商工リサーチ発行
ミドルのための知激(しげき)マガジン
THE BUSINESS SUPPORT

物づくり列島、最新製造業ランキング という特集記事だ。

この記事のリード文にイイこと書いてある。

一部抜粋。

バブル崩壊以来、日本の製造業の危機が叫ばれてきた。

中略

-日本の物づくりは大丈夫なのか。

 答えは”大丈夫”。その理由を探ったのが以下の特集だが、1ついえることは物づくりの根源は「人」にある、ということだ。設備、技術は主役ではない。2,900もの工場を見て回ったという政策研究大学院大学の橋本久義教授は、「日本の物づくりの心、まごころは世界の宝」とまでいう。このDNAがある限り、日本の製造業は滅びない。

 実際、製造業の空洞化が叫ばれているが、国内の鉱工業生産は減っていない。日本の製造業”ご指名”のニーズが世界から押し寄せているからである。

 金が金を生むマネーゲームをほどほどに、製造業が産業界を牽引するときこそ、真に日本経済が”健全化”するときなのだ。


この特集で10社取り上げられているのだが、そのトリでミナロが掲載された。

最後の一文はまさにミナログで言っていることと同じだ。


ミナロ以外で、そう感じている人たちも居るんだなぁ、と思って読んでいたこの本が届いた翌日、まるっきり別のメディア、NHKラジオからも同様の取材依頼があった。

「ホリエモンのように世の中マネーゲームだらけになったら日本は崩壊してしまいます。
物づくり大国、技術立国ニッポンの再建が経済にとって必要だと思い、製造業の若手経営者の声を取材しています。
御社のブログを読んで、話を聞かせていただきたいと思い電話しました。」


ということ。 それならばという事で、来週取材を受けることにした。


お金にならないことは重々承知している。

だが、経済には製造業が必要不可欠だと言うことを伝えられるのであれば、それでイイ。

手を汚したこともないマネーゲーマー達が少しでも、金づくりの前に物づくりがあることを知ってくれればイイ。


いよいよ、世の中の間違った拝金主義に気がついた人たちが動き始めるのか。

だとしたら、ミナロはそこでなにが出来るのか。

これからが、製造業社長の逆襲だ。


がんばれ製造業!


(株)東京商工リサーチ発行
ザ・ビジネスサポート8月号は大手書店にて販売されているそうです。
定価\350-

| | コメント (5) | トラックバック (1)

週間検索ワード

解析対象期間: 2006年7月31日(月) ~ 2006年8月6日(日)

集計対象アクセス数:778

検索ワード 件数  割合
1 プチロボ 51 6.6%
2 パイレーツオブカリビアン 40 5.1%
3 スターウォーズな少年 29 3.7%
4 製造業 28 3.6%
5 パイレーツ・オブ・カリビアン 26 3.3%
6 スターウォーズ 20 2.6%
6 ミナログ 20 2.6%
8 ナッちゃん 17 2.2%
9 ガンダム 15 1.9%
10 カリビアン 12 1.5%
10 ランドウォーカー 12 1.5%
12 約束手形 11 1.4%
13 零細企業 10 1.3%
13 ITクラスター 10 1.3%
15 累積 9 1.2%
15 コロコロからくり装置 9 1.2%
15 パイレーツ 9 1.2%
15 スケバン恐子 9 1.2%
19 仙台 8 1.0%
19 たなかじゅん 8 1.0%
19 アルミ鋳物 8 1.0%
19 オブ 8 1.0%
23 年収 7 0.9%
23 ギラン君 7 0.9%
23 レンガ 7 0.9%
26 アストロリサーチ 6 0.8%
26 熱発電 6 0.8%
26 コロコロからくり動画 6 0.8%
26 ザ!世界仰天ニュース 6 0.8%
26 溶接工 6 0.8%
26 倒産 6 0.8%
26 少年 6 0.8%
26 2ch 6 0.8%
26 社長 6 0.8%
26 安売り 6 0.8%
36 視聴覚室 5 0.6%
36 アルミ 5 0.6%
36 ガンダムバー 5 0.6%
36 ロボット 5 0.6%
36 テレポーテーション 5 0.6%
36 からくり 5 0.6%
36 トランクなかにし 5 0.6%
36 販売 5 0.6%
36 世界仰天ニュース 5 0.6%
36 店舗 5 0.6%
46 JIS 4 0.5%
46 スーパージャンプ 4 0.5%
46 検索 4 0.5%
46 5S 4 0.5%
46 光造形 4 0.5%
46 個人向け 4 0.5%
46 ストーリー 4 0.5%
46 パン 4 0.5%
46 ザ世界仰天ニュース工作 4 0.5%
46 購入 4 0.5%
46 倉野麻里 4 0.5%
46 真空 4 0.5%
46 CADCAM 4 0.5%
46 (株)オオツカブラザースカンパニー 4 0.5%
46 手形 4 0.5%
46 発電 4 0.5%
46 鋳物 4 0.5%
46 啓愛社 4 0.5%
46 ベイシティサービス 4 0.5%
46 洋光台 4 0.5%
46 好景気 4 0.5%
46 ポンプ 4 0.5%
68 一般交差 3 0.4%
68 社長の年収 3 0.4%
68 ブログ 3 0.4%
68 切削加工 3 0.4%
68 CAD 3 0.4%
68 宇宙ビジネス 3 0.4%
68 ゼーベック素子 3 0.4%
68 鉄工所 3 0.4%
68 役員 3 0.4%
68 ヤマト 3 0.4%
68 装置 3 0.4%
68 公差 3 0.4%
68 TVチャンピオン 3 0.4%
68 作り方 3 0.4%
68 3作目 3 0.4%
68 キックスケーター 3 0.4%
68 三部作 3 0.4%
68 コロコロからくり 3 0.4%
68 ペルチェ 3 0.4%
68 灰皿製造業 3 0.4%
68 なっちゃん 3 0.4%
68 デットマンズチェスト 3 0.4%
68 東大阪市 3 0.4%


ココログ、アクセス解析画面が大きく変更されました。

滞在時間ランキングとか、ページ移動ランキングとか、こりゃ面白いってのもてんこ盛り。

週間検索にもグラフはでるは、割合がでるは、良いことなんでしょうけど・・・

このままじゃ、週間検索ワードのエントリーやり方変えないと見にくいな~




| | コメント (0) | トラックバック (0)

35万円ガンダム

L_sk_bandai

 バンダイは8月3日、ガンダムの大型組み立てキット「HYPER HYBRID MODEL 1/12 RX-78-2 GUNDAM」を12月16日に発売すると発表した。組み立てると高さ1.5メートルになる破格のキットで、価格も35万円(税込み)。20~40代の男性がターゲットだ。

デカイ~

実物?の12分の1なのだけど、それでも自立しているところはさすがです。


光ったり鳴ったりもするらしいです。

~40代の男性がターゲット、まさに大人のおもちゃだ。


これなら日本海側にしこたま配備できまっす


ITmediaの記事

| | コメント (5) | トラックバック (2)

●妄想テレビ局

ライター:ダース=トリオムーン@ミナロ

去年の八月に我が家のテレビが壊れてしまってから
もうすぐ一年が経とうとしている。

でも大丈夫。頭の中では妄想テレビ局が常にオンエアー中だからだ。

面白い番組がこれでもかと放送されている。放送コードなど一切の制約が存在しないのでめちゃくちゃな番組だらけだ。
しかもオンデマンドなのでいつでも見たい番組が観られる。
他局では絶対に観られない番組ばかりなので皆さんにもお勧めしたい。

そんなわけでここで紹介できない番組がほとんどなのだがその中でも比較的まともな番組もあるので少し紹介してみたいと思う。

最近のお薦めは『妄想プロジェクトX』

いろいろな商品やプロジェクトの開発秘話を現場で働く人々にスポットライトを当てて紹介する。某国営放送局の人気番組にとてもよく似た内容の番組だ。

しかし『妄想プロジェクトX』の凄いところは誰も知らない内容なのに現場の人々にインタビューが出来たり。取材が出来るところだ。
不可能は無い。いかに優秀なスタッフを揃えているかがうかがえる。
妄想テレビ局あなどりがたし。

この間観た回は「VTR戦争に勝利せよ!~βマックス抹殺計画~」
VHSとβのビデオテープ規格の主導権を争ったVHS陣営の男達の戦いを描いた作品。

番組案内を少しだけ紹介してみよう。

=======================================
「ソフトウェアを押さえた側が勝利を得る。」

その確信の下VHS陣営は企業の枠を越えて結束し
各映画会社に対しソフトの囲い込みを仕掛ける。
そう「リリースはVHSのみ」を約束させるために。
その為には手段を一切選ばない。
担当に対する賄賂は当たり前。あらゆる手を尽くす。
企業戦士たちは命を削り戦った。

その一方で別のチーム「A」がその活動を開始していた。
実はこちらが主力部隊。用意された資金のほとんどは「A」に費やされたのだ。
各陣営の特命社員がその身分を隠して集まりひとつの会社を立ち上げたのだ。
その会社とは「アダルトビデオ製作プロダクション」

アダルトビデオとビデオデッキの普及率には明らかな相関関係がある。
とある(世界的にも権威のある)経済研究機関のレポートもそれを証明している。
<アダルトコンテンツの普及=ハードの普及>は業界の常識なのだ。

アダルトビデオ業界をVHSで押さえられれば勝利は確実なのだ。
「VHSのアダルトビデオを売れ!」「売れるビデオをつくれ!」
男達は戦った。今のアダルトビデオ業界はその時の男達が創ったのだ。

そしてその戦争はVHS陣営の勝利で幕を閉じた。
男達に安息の日々が訪れた。それぞれが自分の会社に戻り
<普通の社員>の日常を取り戻した。

しかし戦士の休息はそう長くは続かない。

新たな戦争が勃発した。次世代DVD規格の主導権を巡り。

再び男達は集められた。新たな勝利を掴むために。
=======================================


結構面白かった。やるな妄想テレビ局。(紹介出来ないやつはもっと面白いのに。残念。)

また機会があれば他の番組も紹介してみようと思う。



| | コメント (1) | トラックバック (0)

【掲載】横浜ITクラスター

横浜市がすすめている横浜ITクラスターのサイトにミナロが紹介されている。

横浜ITクラスターと言えば、IT関連企業が集まる新横浜地区が中心となっているプロジェクト。

地域の連携やつながりを実践する横浜経済のキーパーソンへのインタビューを通して、横浜を舞台としたパートナーシップの現状を探ります。
拠点構成企業等紹介記事より


ITと名が付くだけで、ミナロとは関係なさそうだが、昨年新横浜ITクラスター交流会【番外編】でしゃべらしてもらったことがある。

先月より着任したガンダムのある信金の支店長がそれまで居たところも新横浜支店だ。


横浜ITクラスターと言うだけアリ、どちらかというとソフトウェア方面の企業が多いなか、実際のモノづくりとなると、我々のようなハードウェア企業も必要となる。

その繋がりで、以前に岡田智博氏とクリスピンジョーンズ氏から依頼があったりもした。

ロンドンからのお客さん
Y'イノベーション


横浜市がかなり力を入れている横浜ITクラスター、今後もますます民間の役に立つ活動を期待する。


ps.ミナロのサイトへリンクを貼ってほしかった・・・


たくさん税金払いますから~


横浜ITクラスター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

決算

いよいよ8月、関東も梅雨明けし夏本番だ。

毎年この時期が来ると、起業した時を思い出す。

ミナロは7月が決算。

第4期目の結果は、増収減益。


増収の理由は、期の前半に新規取引先から受けた大量の仕事と、従来の取引先からの仕事に厚みが出たことだ。

中でもケミカルウッドの売上が好調で、ミナロ全体の15%近くをしめる割合となった。

予期せぬ、コロコロからくり出場や、工場引越というイベントがあったにもかかわらず増収にできたことは、とてもうれしい誤算だ。


減益の理由は、人が増えたことと、土地建物購入に関した費用が出ていたったことである。

しかし、人も土地も建物も将来のためには必要なこと、投資としてみれば、いいお金の使い方だろう。


8月より第五期目となった今、今期の予測と展望を考えている。

ミナロも五年目となり、いつまでも新人面はできない。
しっかりとした基盤の上に立った、経営と技術力をみられる立場となっていく。

前期のうちに、有限会社から株式会社へと組織変更をし、社長以外にもミナロ株を持っていただいている。


ニュースによる景気は好調だが、中小零細企業にはイマイチ実感がない。
末端の我々も、これからじわじわ上がってくるかもしれないが、先行した設備投資や、雇用までには及ばないだろう。

ケミカルウッドの売上が順調に伸びている背景には、ライバルが居ない、ニーズに合わせた売り方が出来る、ネットで簡単に買える点だ。

今のところケミカルウッドは素材でしかないが、半加工までした材料としてもラインナップしてみたいのと同時に、知名度を上げる事で、前期の数割り増しの売上も達成できると感じている。


製造業が自ら売る方法と、自らアピールする方法。
これが景気や業界に左右されることなく経営をしていける。

今期もこの考えをベースに行動し、進化する。

ヌ、ヌマヅから刺客が来たとしてもだ w

| | コメント (2) | トラックバック (1)