« 南部フーズ工場見学 | トップページ | ●主観と客観 »

ダイソンという掃除機

Dyson1
ダイソンの掃除機をご存じだろうか?

評判は聞いていたが、なかなか高価で手が出せなかったのだが、このたび一機購入してみた。

TVや雑誌でさんざん取り上げられ、大人気となったダイソン掃除機を掘り下げてみる。

ダイソンの掃除機といえば、
まず思いつくのが、ユニークなデザイン。
機能面では、フィルターが無いため吸引力が衰えない。 部屋の空気より150倍きれいな排気、だろう。

しかし掃除機としてはとても高価なため、「ふ~ん、そうなんだ~」で終わってしまう人が多い。
みどりかわもそのひとりだった。


最近、ある都合により掃除機を購入しなくてはならなくなったため、電気屋と探しに行ってみた。

するとダイソンの掃除機は、陳列ディスプレーからして別格扱い。
掃除機売り場の花となっている。

売れ筋ランキングベスト3も、ダイソン掃除機シリーズがしめている。
今の日本は、安い物か高い物しか売れない時代、ダイソンは後者の最たる例だろう。
Dyson7
価格には迷ったが、良い物を長く使うというアドバイスの元、購入を決意。

開封後まず驚いたのは、そのギミックの良さ。
使わないときのカタチが非常に美しい。

メインホースは2段階でたたまれ、蛇腹ホースは本体を2周し収まる。

標準のヘッド部は後方にぶら下げられる、まるでガンダムのハイパーバーズーカの様に。(まぁまぁw)

細ノズル、毛ノズル等のオプションパーツもホースに取り付けられ、本体とはうまい具合に干渉を避けている。

デザインには透明パーツを多く使い、内部のシステムを見せているあたりも、メカ好きな男達の心をくすぐる。
(きっと購入決定の判断はダンナさんが多いんじゃなかろうか)

これだけでも買って良かったと思ってしまったほど、今までの掃除機のイメージを覆してくれた。

Ph1151570859
掃除しないで、飾り物としても、完全変形版マクロスに負けないほど遊べる。(まぁまぁまぁw)

押し入れに入れておくのがもったいないと思う人も多いはず。


また、この掃除機を作り出した、ジェームズ・ダイソン氏の言うこともかっこいい。

ダイソンサイトの、ダイソンストーリーに、

ダイソンにとって、「デザイン」とは単に見た目だけではなく、機能性を意味している。「デザインは機能性を追求することからはじまる。」のポリシーを持つダイソンでは、製品デザイナーは「エンジニア」と呼ばれる。残念ながら、英国におけるほとんどの教育制度は未だ学問偏重の傾向にあり、「手を汚しながらモノを作る」喜びを子供たちに伝えていない(産業革命の国であるのに、不思議である)。時間はかかるかもしれないが、ダイソンはこの状況を変えたいと願っている。

と書かれている。

これは今の日本でも同じ事が言えるのでは無いだろうか。

日本語には機能美(実用品として作られた物が、その機能を十分発揮することで発現する美)という言葉がある。
日本人がもっとも得意とし、世界に誇れることだ。


その技術を習得するためには、普段から沢山のモノに触れて、使い方を覚えたり、構造を考えたりする機会を多く持つこと。

いつまでもキーボードひとつでお金を動かすマネーゲーマーをもてはやすのは止めて、手を汚しながらモノを作る喜びを感じられる環境を子供達に与えたい。

良いモノづくりはすべての人を豊かにする。


せ、性能について書いてなかった 汗

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40436/11476530

この記事へのトラックバック一覧です: ダイソンという掃除機:

コメント

我が家もダイソン使ってます。
妻がどっかから買ってきて。
メカに目がいくところなどさすが、みどりかわ社長見るところが違いますね。
私は単にかっこいいなあと思ってました。

▲コメント投稿者: 「社長の成功日記」吉田和彦 (Aug 17, 2006 7:52:12 PM)

我が家は大蔵省の厳重な親身のご指導により買えませんでした。
メカに目がいくところなどさすが、みどりかわ社長は見るところが違いますね。
あの回転速度を維持するには軸受構造などを工夫しなければならないはず。一方騒音が大きいという話があるが、現行機も騒々しいからなあ。
私は「試作研究費」で買って全バラシをするという「積極的な研究姿勢に転じようかとか・・・」

▲コメント投稿者: デハボ1000 (Aug 17, 2006 9:17:35 PM)

うちも最近買おうかどうかかなり迷いました。
やっぱりかっこ良いですよね~ダイソン。
かなり昔に東急ハンズで実演やってたのを見てから欲しくなりました。
価格は高くてもそれ相応の価値があると考えていますが、結局妻に任せたら紙パック式の物を購入していました。

▲コメント投稿者: はがせんむ (Aug 17, 2006 11:30:30 PM)

やはりサイクロンであればポイントは遠心力Gでしょうか。
ダイソンHPを拝見すると円錐状の部屋をいくつも作っている。
そしてより遠心力を引き起こすために高さもある程度あるようですが。
上記2点の構造からより遠心力を起そうとするとどうしてもそれなりの馬力が必要になるのでは。

そうなると気になるのが騒音。
消音器もついているのだろうか。
如何ですか。騒音はやはりかなりのものですか。

▲コメント投稿者: 森と山ちゃん (Aug 18, 2006 5:52:06 PM)

吉田さん、メカバカなんです。
稼働する部分が多いほど萌えてしまう・・・ 汗


デハボ1000さん是非ばらしてください。w
ただ、ダイソンさんは特許でものすごく苦労したようです。


はがせんむさん、きっと次はダイソン買っちゃいますね?w


森と山ちゃん、さすがとです。
設計を見ただけで騒音が凄いと分析できるのはさすがとです。
たしかに「うるさい」とです。
しかし、使って楽しい家電でもあります。
まわりの人には迷惑かもしれませんが。w

▲コメント投稿者: みどりかわ@ミナロ (Aug 22, 2006 8:42:40 AM)

昨日、藤沢の電気店にてダイソンと同じ形の掃除機5台を並べ、比較してくださいというコーナーが作られていました。
別に、汚れたカーペットを持っていったわけではないので浄化の効果比較は出来なかったですが、確かに他社品少し音が大きいですね(NPOの調査だと10dB(A)違うとか)
気にかかる音ですが、聞いた範囲だと高い周波数のものなので音を低くすることはできそうですが、そのために大きなサイレンサーを設置しなければならず、実際の製品化で苦労しそうです。

また、色々な評価問題があるかもしれませんが外観のセンスは欧州的だねという感じはしますね。

▲コメント投稿者: デハボ1000 (Aug 24, 2006 7:50:50 PM)

デハボ1000さん、市場調査(?)ありがとうございます。

あそこまで吸引力があるならば、真空も作れそうですね。
真空では音は通りませんから、サイレンサーになり得るかも?

▲コメント投稿者: みどりかわ@ミナロ (Aug 25, 2006 3:43:15 PM)

ダイソンの掃除機って何ワット消費電力なんでしょうか?

音が気になりますね。高音にして人には聞こえない音にするとか、対策してくれるとメチャメチャ売れる気がする

▲コメント投稿者: nanasi (Aug 26, 2006 11:51:40 AM)

個人的にバラしてみたい掃除機です。
やめなさい・・・
また
破壊王降臨!!します。
よいこはまねをしないでね(⌒^⌒)b うん

いや僕
へんなオジサンですので ヾ(-д-;)ぉぃぉぃ

▲コメント投稿者: 休日旅行人 (Aug 29, 2006 11:24:33 AM)

nanasi さん、消費電力は取説読んでみますね。

音は2段階ある吸引切り替えの低い方で、通常の掃除機並といった感じですかね。


休日旅行人さん、コメント&メールありがとうございます。
この掃除機、バラすには勇気のいる価格です。

壊れたら送りましょうか? って何年先だ。w

▲コメント投稿者: みどりかわ@ミナロ (Aug 29, 2006 6:59:34 PM)

コメントを書く




*スパム、無責任、言い逃げ、騙りコメントを防止するためメールアドレスは必須としています。
架空アドレスの場合削除する事があります。
お手数ですがご協力下さい。
なお、URLがある場合、そちらが優先で表示されます、サイトをお持ちの方は是非入力してください、お礼に伺います。