« 生命保険で債権回収 | トップページ | ●「モノ」の言葉~ノンバーバルコミュニケーションその2 »

社員と社長

社員が希望する社長とはどういう存在なのだろうか。

みどりかわは5年前まで社員として勤めていた。

「給料をもらっている以上忠誠を尽くす」という考えで、数ある引き抜きにも応じず15年間勤めてきた。
しかし最後に経営者から、全員いらないと言われてしまったのだが・・・


その頃社員として社長に期待していたのは、先見の明だった。

RP(ラピッドプロト)という機械が7000万円で発売された。
(粉末ナイロンをレーザー焼結で積層する装置)
モノづくり、特に試作の分野では画期的な造形方法でモノがつくれる。

どうしても欲しかった、「俺が保証人になっても良いんで導入してください!」
「月200万円の支払いも夢ではないです」という試算は、当時の景気の中では信じられなかったのだろう、その話は無くなってしまった。


当時(約8年前)RPを導入したところが今では、高価な設備にもかかわらず増設増設で何台も持っている。
あのときRPを導入していたら、ひょっとしてミナロは無かったかも、と考えるとそれはそれで面白い。


それぞれ社員の立場によって考え方は様々だろうが、会社の保証人になってもイイという社員には今まで出逢ったことがない。
社長と心中するようなものだ、ムリもない。

ただ当然勝算があっての判断だ、ハナから無駄死を覚悟するわけではない。

そんな名もない木型屋ではあったが、その歴史にみどりかわが残ればそれでイイとも思っていた。


人の良いところを引き出すのが社長(上司)の役目とかいう社員がいるが、それはものすごく独りよがりな甘えでは無いだろうか。

木型屋時代の後輩に「僕のやる気を引き出してください」というヤツがいた。
確かに型の仕上がりを競い合ってやると良い物をつくる。

しかし数ある仕事を常に同じ状況にできるはずもなく、もろもろの不満を当時の社長のせいにして辞めていった。


今は社員と社長を経験し、それぞれの立場の考えも理解できる。

しかし考え方にも行動にもそんなに違いは無い。

自分が活躍できる状況は人から用意されるのではない。
自分で考え行動し、結果を出して行くことで、活躍の場が作られていくのだ。


人のせいにする前に、自分が何を残せたかを考えなさい。


ま、社長はやり玉に上がってナンボか w

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40436/11805442

この記事へのトラックバック一覧です: 社員と社長:

コメント

理由を自分以外に求めるほうが簡単だし
何より自分が傷つかないからねぇ。


「今の自分が報われないのは先祖が何か悪い事をしたからだ。自分に責任は無い。何とかしてくれ。」


「判った。私が供養してしんぜよう。」

▲コメント投稿者: ダース=トリオムーン@ミナロ (Sep 8, 2006 10:45:51 PM)

いろいろな考えのひとがいる。
それぞれ、自分の人生なので、自由だ。

いたらなく生まれてくるけれど、いろんな経験をして、少しづついろんなことが判るようになれる。

つねに、甘え、責任転嫁し、現実から逃げている人に成長も明るい未来もないと思う。

てか、心の平静がないでしょう?片時も・・・

▲コメント投稿者: emiemi (Sep 9, 2006 10:12:18 AM)

>もろもろの不満を当時の社長のせいにして辞めていった。

「他力本願」な人だからこそ文句ばかり言っているんでしょうけど、上司の文句をいってばかりいて「辞める・辞める」と常に言う割には10年以上ぶら下り続ける人もいるんですよ。
どっちにしても、前に進む勇気が無い人だから仕方ないでしょうけど・・・

▲コメント投稿者: msp@ito (Sep 10, 2006 11:02:40 PM)

あにき。 おかしらを供養して~


emiemiさん、人は弱いモノ。
被害妄想だったり、現実逃避のまま生活できれば一番楽でイイのかも。
でもそんなことないよな。

ちなみにおかしらの超建設的想像は公私混同の妄想と言われます。 大汗


msp@itoさん、ぶら下がられるほうは、たまったもんじゃ無いっすね。きっと。
ま、矢面に立ってさまざまな波風に耐えられる人はそんなには居ないでしょうし。
誰かがぶら下がる事を受け入れてあげないとね。

▲コメント投稿者: みどりかわ@ミナロ (Sep 11, 2006 11:19:18 AM)

確かに社長と社員
または、上司と部下の関係は難しいものです。

まあリーダーシップというヤツかもしれませんが。

最近は
「自らビジョンを示し、行動し、成果をあげるのがリーダーシップ」という考えもありますが。

僕はリーダーシップって「影響力」だと思うんです。
まあ、いつのまにか「ついてきている」「ついていく」だと思います。

僕は親会社の都合で会社が身売りされた身ですけど、
最後の社長は印象的でした。

まあ、ふらっと現場に現れて
「コレなんだぁ」
とイロイロ細かく指摘していただきました<(_ _)>(苦笑)

それも、どーゆーわけか?
スーツでなくそこいらのオッサンのような私服です(失笑)
なんか「伝統」でした。歴代の社長もそうでした。

で身売り前にフラッと来たとき私になにげなく
「会社もたいへんなんだよ・・・」
とボソっと僕に言った一言、ズンときました。

▲コメント投稿者: 休日旅行人 (Sep 13, 2006 7:46:02 AM)

休日旅行人さん、どこもそうでしょうけど会社(経営)は大変です。

出来ることならやらない方がイイ。 なんてね。w

▲コメント投稿者: みどりかわ@ミナロ (Sep 13, 2006 4:39:25 PM)

元ものほんブログの若旦那改めSnailです。

そのたっか~い機械入れなくて良かったですね。
たぶん私なら入れないと判断します。

技術のいらない機械の導入は、会社を駄目にしますよ。
うちらは技術を売っているんですから。
モデルが有ればボタン一つで製品って機械は、上がりもたかが知れてるってもんです。

▲コメント投稿者: 若旦那改めsnailです (Sep 19, 2006 4:09:37 PM)

若旦那改めsnailさん、ご無沙汰でした。

その機械これから導入するか本気で交渉中です。汗

万が一導入しても単純な成形だけで済ませる気は毛頭ありませんがね。w

▲コメント投稿者: みどりかわ@ミナロ (Sep 20, 2006 5:04:54 PM)

コメントを書く




*スパム、無責任、言い逃げ、騙りコメントを防止するためメールアドレスは必須としています。
架空アドレスの場合削除する事があります。
お手数ですがご協力下さい。
なお、URLがある場合、そちらが優先で表示されます、サイトをお持ちの方は是非入力してください、お礼に伺います。