« ●「偏見」?「思い込み」?~もしくはノンバーバルコミュニケーションその3 | トップページ | 仕事の波 »

木型

ミナロでは木型を作っているのだが、木型ってなに? という方も多いだろう。

そこで、ミナロがもっとも得意とする木型製作の説明をしようと思う。

木型の意味を辞書で引くと

木型

(1)鋳型(いがた)を作るときに用いる、木製の型。
(2)木製の型。特に、靴・足袋などを作るときに用いるもの。


鋳型とは鋳物(いもの)をつくる為に溶かした金属を流し込む型のこと。
その鋳型をつくる為に必要な木型ということは、物作りのもっとも初めの部分なのである。

足袋こそ最近は少ないだろうが、靴や帽子の木型は今でも必要とされている。

また、奈良や鎌倉の大仏、お寺の鐘も鋳物で出来ている。

大昔からある技術なのだが、今でもカタチを変えて様々な物作りに使われている。


Kigata1
この写真は、バイク用クラッチカバーの木型。

最終的にはアルミ鋳物となって実車に取り付く。


1212187_img
これもやはり鋳物用の型。

テレビカメラの足部分をカバーする部品として作られる。

詳細は過去の記事、アルミ鋳物とは を読んで欲しい。


金属鋳物以外でも木型が使われることがある。

1282872_img
この写真はバレンタインチョコ用の木型だ。

木型を元に、チョコを流し込む為の型をおこし量産する。


Img_3788
これはキャンドル用の木型。

紙に書かれたイメージ図より木型を作る。

Img_3742
そして出来上がったキャンドルはこちら。

(近々ネット販売の予定があるそうな)


Img_4108
これはFRP用の木型。

この木型に直にFRPを貼り付け成形する。

試作段階のモックアップに使われることが多いが、少量の量産で使われることもある。
ヨットやサーフィンボードなどにもFRPが使われている。


その他木型の特殊な使い方として、

1161695_img
木型に直に注形する方法。

実験用のフタをいくつか作るための型だ。

試作部品であれば十分実用に耐える。


Neta
これはマグロのカタチをした木型。

マグロの皮むき機の開発に本物の冷凍マグロを使うのは勿体ないと言うことで、マグロのダミーを木型で作った。


伝統のある木型、現在ではマスターモデルと名を変えて使われる場合もある。


また少し古い記事ではあるが、ネット紹介されていた、F1に生きる木型では、

 木型産業に従事している人の数は現在、全国で約一万人(経済産業省素形材産業室調べ)。十人程度と規模の小さい企業が多い。機械に頼れない部分も多く、技術の習得に十年以上かかるといわれ、後継者の育成も課題になっている。 

全国で約一万人という多いのか少ないのか微妙な数字ではあるが、国民の1万2千人にひとりだと考えれば、希少価値かもしれない。


木型、マスターモデルの製作にはデザイン、機能、仕上がりが要求される。
それと同時に、物作り立国の技能伝承といった経済的にも色々な期待がある。


ミナロでは全部ひっくるめて自分達にも世間にも、役に立つ会社となるべく進んでいく。


木型、マスターモデルの仕事はミナロまで

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40436/11970222

この記事へのトラックバック一覧です: 木型:

コメント

そういえば、生産性や抜き勾配などを考慮した鋳物の設計技術者も減ってきました。
各社とも育成をしようとしているみたいですけど、教わるほうにしてみれば、製造工程が見えないのでよけいにこんがらがるそうです。
そういうところが現代の技術伝承のかだいなのでしょうね。

▲コメント投稿者: デハボ1000 (Sep 20, 2006 7:04:15 PM)

こんにちは~!

おお!
今日の記事は、私のようなシロウトにも分かりやすかったです。

そうか、あの工場は、そうだったのかぁ~。
といった感じで、感動しております。

工場にあった機械や材料だけでは、何が出来るのかイマイチ想像が出来ないでおりましたので、今日になってやっと目からウロコです。

なるほどねぇ~。

しかも万に一人じゃ、希少価値ですわ。
そのうち人間国宝にもなったりして。(^O^)

>ミナロでは全部ひっくるめて自分達にも世間にも、役に立つ会社となるべく進んでいく。

応援しています!

▲コメント投稿者: 益田@聞こえないけど、それなりに・・・ (Sep 20, 2006 8:36:44 PM)

こんにちは。ちょうど今、授業で鋳造を講義しているところです。先週の課題は「大仏、梵鐘、貨幣」の作り方を答えなさいというものでした。

大仏は以前から知っていましたが、梵鐘の奥の深さを最近知りました。
http://www2.edu.ipa.go.jp/gz/y-kwm/y-gkg/y-gbn/IPA-tac510.htm

▲コメント投稿者: KADOTA (Sep 20, 2006 10:55:11 PM)

こんにちは。
木型屋さん減っているんですね。私が講師で行っている専門学校も3年前に木型コースがなくなりました。知り合いで木型屋さんいますが何年も前に木型だけでは・・・と言うことで金属加工も平行して行っています。うちは素材の半分位は鋳物を加工してます。加工する際は木型を思い浮かべてどこから流し入れてどういうむきで作ってるのかな?なんて考えながら加工してます。何も考えずに加工すると後で大変な事になる事がありますから(^_^;)

▲コメント投稿者: はがせんむ (Sep 20, 2006 11:19:57 PM)

 砂型を実習で作った時に感じた素朴な疑問
どうして木なのだろうか?
加工し易い 軽い?
どんな木を使うのだろうか?
狂わない? 割れない?
鉄で鉄を削るくらい 不思議でした。
だって 豆腐で豆腐は切れないでしょう。
 今では 何故かには目をつぶって 当たり前になりましたが・・・

▲コメント投稿者: acb (Sep 21, 2006 3:53:12 PM)

まいどです!
木型と聞いて黙っていられず、一言お付き合いください

今自分の周りには木型製作30年以上の職人さんたちがいます
みなさん高齢で後継者もいない一人社長ばかりです、確かにCAD/CAM/NCが発達して今では職人さんたちの腕を十分に発揮できる機会が減りました

ところが、物を作るには素材を作らなければなりませんし、NC加工後の仕上げ、検査などまだまだ職人さんの力が必要です

しかし残念な事にこの製造業の宝と言える職人さんが確実に減っています

CAD/CAM/NCだけでは木型も金型出来ない事を多くの方に知っていただきたいと思います。

▲コメント投稿者: cube (Sep 22, 2006 10:03:47 AM)

デハボ1000さん、折角の技術が伝承されずに消えていくのは業界にとって不利益ですね。


益田さん、わかりにくい業種ですみませんw
これからも少しずつ仕事の説明を書いていこうと思います。


KADOTAさん、それはタイムリーでした。
授業で鋳造までやられるんですか?


はがせんむさん、木型屋、本当に少なくなりました。
木型の需要が減ればカタチを変えて生き残っていくしかありませんね。


acbさん、元となる原型製作は木が一番良かったのでしょうね。
今じゃケミカルウッドでしょう。(営業モード w)


cubeさんの言うとおりで、CAD/CAM/NCで複雑なモノも簡単にできるようにはなりましたが、必ずどこかに人の手が入ります。
この「人の手」が技であり財産なんですが、受け継がれる事無く消えていく財産が多いことを残念に思います。

▲コメント投稿者: みどりかわ@ミナロ (Sep 23, 2006 1:43:28 PM)

拝承
ところでプレス検具という「影」のような、それでいてたいせつな存在もアピールしなければならないですよね。私も、長い間知らなかったので、いろんな人に聞いたり、現場で使ってみて覚えました。
そう言い出すと石膏型(中子取りには使うが)が決壊する・・・っう感覚がわかりにくいといわれたことがあって絵をかいて散々教えたこともあります。そんな人が多いということは現場に立ち入りが出来ない状況もあるのでしょうめ。

▲コメント投稿者: デハボ1000 (Sep 23, 2006 2:05:06 PM)

こんにちは。以前は鋳造をやっていたのですが、今はアルミの片面(表札など)程度です。鉛が含まれる低融点合金というのがあって、これはお湯でも溶けるくら手頃なのですが、身体によくないのでしょうね。いつも終わってから体調が悪くなるので止めました。

普通の工業高校では鋳造をしていると思います。私自身は学生の頃、2日間鋳造工場で実習をしました。社会人になってから岩手(水沢)の鋳造工場を見学したこともあります。

▲コメント投稿者: KADOTA (Sep 24, 2006 8:59:51 PM)

デハボ1000さん、検具は本当に「影」ですね。
世間一般に見られることは皆無です。


KADOTAさん、この前講師で伺った小田原城北工業高校では「今はもう鋳造はやらないんです」と先生が残念そうに言ってました。

独り言ですが、ちょっとやってみたいことがありましてね。
チーズフォンデュならぬ、アルミフォンデュって出来ないかな~ と。

▲コメント投稿者: みどりかわ@ミナロ (Sep 26, 2006 5:55:33 PM)

>独り言ですが、ちょっとやってみたいことがありましてね。
チーズフォンデュならぬ、アルミフォンデュって出来ないかな~ と。

アルミではあんまりありませんが。亜鉛溶解槽の中に構築物(橋梁など)突っ込んで引き上げる「どぶ漬けめっき」てのがあります。工数の割りに防錆効果が少ないので最近は流行りませんが。
こりゃ亜鉛フォンデュですな。

▲コメント投稿者: デハボ1000 (Sep 28, 2006 6:01:38 AM)

そそ、どぶ漬けめっきの要領でアルミも出来ないかなぁと。

水蒸気爆発の危険があるとは聞いていますが、どうなんでしょ。

ハンダフォンデュでも良いんですけども。

▲コメント投稿者: みどりかわ@ミナロ (Sep 28, 2006 1:53:22 PM)

コメントを書く




*スパム、無責任、言い逃げ、騙りコメントを防止するためメールアドレスは必須としています。
架空アドレスの場合削除する事があります。
お手数ですがご協力下さい。
なお、URLがある場合、そちらが優先で表示されます、サイトをお持ちの方は是非入力してください、お礼に伺います。