« テクニカルショウ2007 | トップページ | ナッちゃん20巻 »

ホワイトカラーエグゼンプション

ひっよとすると隣国の危機より、身近な危機かも知れない「日本版ホワイトカラーエグゼンプション」。

経団連が推奨している、残業代のあり方を見直す制度だ。


経済成長時代に作られた労働基準法は、主に工業の発展にあわせて作られている。
いわゆるブルーカラーと呼ばれる人たちにあわせた制度だ。

しかし、国内の産業は工業が主たるモノでは無くなっている。
大量生産大量消費の時代はとうに終わり、モノを作る事よりモノを流通させることに関わる人が増えている。

第三次産業に従事するホワイトカラー用の制度が必要と言うことだ。


本来残業代は定時間を過ぎてもやらなければならない仕事に対して払われる。

だが現状では、残業代ほしさに居残る労働者が居ることも事実。
バブルの頃は、給料が少ないのなら残業しなさいと言っていた時代もある。

例え定時間中にのんびりしていながら、定時後にも引き続き仕事をすれば残業代が払われる。
能力の高い人が定時間に終わる仕事でも、能力の低い人が定時間では終わらず残業すれば、給与は能力の低い人のほうが高くなる。

この理不尽さを解消するための制度が「日本版ホワイトカラーエグゼンプション」だ。


しかしながら反対派も多く、問題も残る。

単にサービス残業を公認するための制度だという見方もある。


そもそも残業代となにか?
もっと言えば給与とはなにか?

会社で稼いだ利益の分配だろう。

会社は労働者の時間を買っているのではない。

個人では出来ない設備、施設、備品を揃え、仕入れたものに付加価値を付けて売る。
売上から経費を引き、残った利益を分配するのが会社の役割だ。

あくまでも、労働者達と市場を繋げる為のモノなのだ。


利益がなければ残業代どころか、給与もない。
もちろん賞与もだ。


なにか世の中勘違いしている。
じっと時間が過ぎるのを待てば決まった給与がもらえると思っている人が多すぎる。
公務員の不祥事や破綻はその最たる例だろう。

我々製造業はブルーカラーと呼ばれるため関係ないはずだが、労働基準法が改正されればまったく影響がないわけではない。

この「日本版ホワイトカラーエグゼンプション」の法案を上げるのも、現場からは遠くにいる人たちだ。

国の政策をアテにして、その通りやって生き残れる会社は皆無だ。

なにを今更と言いたくなる。


参考:[ゴーログ] ベンチャーエグゼンプションを議論してほしい


ここの社長はなにを思う

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40436/13437758

この記事へのトラックバック一覧です: ホワイトカラーエグゼンプション:

» 現代の奴隷――労働者は時間を売っている [ナガブロから]
過労死の誕生というエントリに対して、ホワイトカラーエグゼンプション(【ミナログ】製造業社長の逆襲)からトラックバックをいただいた。【ミナログ】製造業社長の逆襲はこう主張する。 本来残業代は定時間を過ぎてもやらなければならない仕事に対して払われる。 さら..... 続きを読む

受信: Jan 12, 2007 12:51:53 AM

» ホワイトカラーエグゼンプションの罠…弱さにつけ込み制度拡大間違いなし [情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士から]
ここで予言しておきます。ホワイトカラーエグゼンプションは、当初、年収1000万円規模で始まるが、すぐに300万円台までに引き下げられ、ほとんどの方が残業代ゼロで働かされるようになることを…。 理由は簡単。 まずは、高い年収(仮に1000万円)を取っている者に対するねたみなどの悪感情を利用して、高い年収の者を対象にしたホワイトカラーエグゼンプションを導入する。 次に、年収の基準を下げていく(例えば、800万円)。この際�... 続きを読む

受信: Jan 12, 2007 6:15:30 AM

» [社会][literacy]問題を語る上での視点〜労働関連の話題から [おちゃめクールの周回遅れブログから]
物事を見るときは視点というものが大事だと思う。日常生活はディベートとは違い、「折り合い」や「落としどころ」を探す行為(いわゆる利害調整)が現実問題として不可欠である。私はそうした行為を戦略的妥協*1と呼んでいる。 昨今のホワイトカラー・エグゼンプションに代... 続きを読む

受信: Jan 14, 2007 12:50:02 AM

» 雇用破壊 東洋経済1/13 [買わなくてもいい? ビジネス書のエッセンスから]
■雇用経済 東洋経済1/13 今回の東洋経済はかなりコワーイ内容です。 これから始まる労働ビックバンは 僕らの生活をどう変えるのか。 それは、いち労働者として とても明るいとは言うことの出来ない 暗澹たるものでした。 エッセンス1:景気拡大と労働環境の...... 続きを読む

受信: Jan 14, 2007 1:32:52 AM

» ホワイトカラーエグゼンプション [綾小路麗禍のブログから]
既にさんざん報道されているから既にご存じかもしれないが、簡単に説明しておく。 ホワイトカラー(普通に社員として会社で働いている人達のことらしい)の皆さんを全員「裁量労働制」にしちゃいましょう♪っていう仕組みです。 じゃあ「裁量労働制」って何? 今は社員の人達って基本的には給料の支給額は「何時間働いたか」で決まるでしょ? それを「どれだけ成果を上げたか」っていう基準で決めましょう♪って話。 私は正社員として働いた経験が無... 続きを読む

受信: Jan 14, 2007 1:17:47 PM

» ホワイトカラーエグゼンプション [ハイゲインソフトウェア開発日誌?から]
 最近、「ホワイトカラーエグゼンプション」があちこちで話題になってる気がします。  裁量労働制とでもいいますか、、、一定の年収がある人を対象に残業がなくなる制度のようです(労働時間を自分でコントロールするというもの)。  しかし経団連の提言する内容が非常に..... 続きを読む

受信: Jan 14, 2007 1:59:44 PM

» ホワイトカラーエグゼンプション【タウンワークネット@アルバイトタウンワーク】 [タウンワークネット@アルバイトタウンワークから]
ホワイトカラーエグゼンプションで残業代が出なくなります。 アルバイト、派遣の仕事は勿論、正社員は厳しいと思いますね。 でも、時間とか気ににしないでお店をやってるオーナーさんとかは、 自分が好きなことを仕事にしているわけですから、ウダウダ文句は 言いませんし、もっと高いビジョンを持って仕事をして いるんだと思いますね。 ですから、自分で選んだホワイトカラーなら...... 続きを読む

受信: Jan 30, 2007 9:04:24 PM

» ホワイトカラーエグゼンプション@中年おやじ情報屋台 [中年おやじ情報屋台@中年おやじのネタ処から]
続きを読む

受信: Feb 4, 2007 9:04:28 AM

コメント

 トラックバックを見ると ああこういう人もいるのかと言う気持ちになります。
仕事をどう捉えるかだけれど 単に時間を売っていると言うのはあまりに寂しい。
仕事を通じて成長すると言う側面がもっと強調されても良いと感じるのです。
本来指示であるべき残業だが 自己判断でやられているのが実態ではないでしょうか これはきっと参画意識の表れではないか・・・そう思いたいのですがね。
単純労働に拡大しないようにしてさえあれば この制度年俸制に近い制度になるのかもしれないって感じています。

▲コメント投稿者: acb (Jan 12, 2007 5:41:31 PM)

acbさん、最上のTBの彼が言うことは経済学者が言う資本主義に基づいているのでしょうが・・・

もし経営者なら、従業員に向かって「おまえらは設備だ、俺の奴隷だ」と言うのか。

もし労働者なら「この会社の奴隷になれて良かった」と言うのか。


まぁ、リアルで面と向かってそんなこと言うわけ無いでしょうけど。

現実の中小零細の経営者は従業員の代表といった側面が多いわけで、そこんとこ加味して机上論をしていただければ幸いかと。


acbさんの言うとおり、定時後にも会社にいるのは「参画意識の表れ」だと感じています。

▲コメント投稿者: みどりかわ@ミナロ (Jan 13, 2007 9:22:11 AM)

学生・法律専門系の見解は
上からの見下ろしでしか語らない。

法改正は国民のためなのにね
一部階級の擁護することが利益だからしょうがないのかな…

▲コメント投稿者: ちゃま (Jan 13, 2007 2:44:23 PM)

>もし経営者なら、従業員に向かって「おまえらは設備だ、俺の奴隷だ」と言うのか。
>もし労働者なら「この会社の奴隷になれて良かった」と言うのか。

多言は弄しませんが、いろんな会社と付き合っていると、まさに「この会社の縁の下の力になれて良かった」と社員に有無もなく言わせる如き会社がありまして、唖然とした覚えがあります。そのときは、「少なくとも」その会社に入らなくて良かったと正直思いました。(若いころですが)

▲コメント投稿者: デハボ1000 (Jan 13, 2007 7:54:53 PM)

ちゃまさん、事の一面を見て正しい見解を出すには、経験と洞察力が必要で、ミナロを欺瞞という彼らはそれ相当の能力があるのでしょう。

きっと経営者になれば我々より遙かにすばらしい業績と沢山の雇用を達成してくれるかと。


デハボ1000さん、この日本で仕事をしている誰でも奴隷とは呼ばれたくはないでしょうね。


木村剛氏のブログにちょうど「ホワイトカラー・エグゼンプション導入は何をもたらすのか?」というポットキャストがあります。

特に、ホワイトカラー・エグゼンプションうんぬんの前に、現状の労働法制がいかに現場とかけ離れているかを解説しているところに着目してください。


理想を語るのは楽しいことですが、誰かの引用文や理論だけの机上論で会社が回るなら、倒産も失業も無くなるでしょう。

ミナロはリストラされた労働者達が興したベンチャー企業です。
たかが知れている資本力で、経営者の欺瞞があったとすればとっくに無くなっている。

起業当時「給料まだいりません」と言ってくる仲間達を奴隷と呼べる程、腐ってはいない。

2年目で決算賞与100万円を払う経営者が愚か者だとしたら、一体どんな経営者であれば賞賛されるというのか。

ミナロの従業員は一日のほとんどの時間を共有できる、目的地は同じ方向を向いている仲間です。

どう考えても設備や奴隷じゃない。

▲コメント投稿者: みどりかわ@ミナロ (Jan 15, 2007 2:09:59 PM)