« 週間検索ワード | トップページ | 【講演】金沢経営研究会 »

メルマガNo10

ミナロメルマガ保存版
起業して1年の間に起こったエピソードを綴ってあります。
いよいよ一期目の決算、なんと初年度より黒字に・・・

2003年11月27日 発行分

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

      ■ がんばれ、物づくり!1年で10倍、顧客獲得成功記 ■

       □□「一期目黒字」「取引先10倍」「新聞に載る」□□

        製造業、設立一年、社員3人…でも、ここまで出来た。
           まだまだいけるさMADE IN JAPAN!
    金なし・仕事なしからの物づくり一年の過程をありのままにお届けします。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

今回のメルマガで11通目になりました。

本編の内容も早いモノで起業してからもう一年経ちます。

製造業でしかも一般にはあまり馴染みのない分野にもかかわらず200人超の方に
読んで頂けているのはとても励みになります。

最初の決算を迎えたミナロはこうなりました以下より本文です。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

『第十部 初めての決算』

7月が終わって決算である。

この時点でミナロの客先数は31社。
なんと一年で10倍になった計算だ、
素材販売のお客さんを含めると実に47社(一部は個人)までに増えていた。

お客さんが増えた要因はなんと言っても「口コミ」だが、
それと同じく、ホームページを利用した集客も効果を揚げた。

お客さんが増えた結果、売り上げも予想を上回った、一期目で黒字だ。

まぐれであろう、ご祝儀的なものもあるだろう、ただ、設立時の目標は達成である。

達成したからには維持し、次なる目標へ突き進む、
来期の目標はすでに決めている。
「新技術、新開発を行い、販売までを手がける」である。


●ホームページの効果

素材販売の部門は、インターネットでしか売っていない。
ホームページを見て、実物を見たいと言って来社される方も中には居る。

この素材販売だが「ケミカルウッド」と言うモノを扱っている。
「ケミカルウッド」とは簡単に言えば人工木材のことで、
ミナロでは治具の製作に必要なモノだ。

ただ、元の大きさが1500mmと大きい。
当然使わない部分も出てくる、その残りをネットで売ろうという考えで
始めた部門である。

買って頂けるお客さんは様々で、個人の物作りを対象にしようと考えていたが
大手企業や学校からも注文が来る。

インターネットで「ケミカルウッド」を検索するとミナロがトップに
出てくるおかげだろう、また、販売している会社が多くないのも要因だ。

さらに、ほんの少しだけ使いたいのに、1500mmもある材料を
買わなければいけないのは非常にもったいない、あとの加工も大変だ。

そこでインターネットで検索したお客さんがミナロから買ってくれるのである。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

次回予告 『第十一部 新聞に載る』

朝日新聞の政治記者から「もうすぐ総選挙があるので、その特集を組みたい、
今の政治について、中小零細が何を考えているかを取材したい」と申し出があった。

こちらは「ものづくりが本業、政治の話は詳しくないですよ」と言うと
「それでも良いから」と記者の方が言う、
それなら断る理由はない、お盆の時期に取材を受けた。

次回につづく

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

『あとがき』

前回案内をした「中小企業よこはま」という冊子にミナロの記事が載る件ですが、
発行は12月24日の1月号です。

記者の方から原稿が届きました、とても読みやすく、
ミナロがわかりやすく紹介されています。

興味のある方は読んで頂ければ幸いです。

横浜市内の役所で無料で手に入りますが、郵送希望の方は送り先をメールでください、
部数によりますが、出来る限りお届け致します。


【現在は終了しております】


感想、励まし、苦情などのメールはお気軽に。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

【発 行】物づくり応援企業 ミナロ
【発行人】みどりかわ

『日本の物づくり、がんばろう!』

まぐまぐ!の過去ログはこちら

ホームページでの営業上手はだれ?
blogランキング

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40436/14312056

この記事へのトラックバック一覧です: メルマガNo10:

» 長期的支払能カの分析 [経理の現場とIPOとから]
貸借対照表上の流動資産および流動負債から 短期的支払能力をみてきましたが、 次に... 続きを読む

受信: Mar 21, 2007 2:49:29 PM

コメント

コメントを書く




*スパム、無責任、言い逃げ、騙りコメントを防止するためメールアドレスは必須としています。
架空アドレスの場合削除する事があります。
お手数ですがご協力下さい。
なお、URLがある場合、そちらが優先で表示されます、サイトをお持ちの方は是非入力してください、お礼に伺います。