« ●「永遠」という幻想 | トップページ | 週間検索ワード »

職人不要論?

セキメイバンのグランパさんのブログで「職人が消える日、の記事を見て」の記事の中に(株)インクスの山田社長の話が書かれている。

 ものづくりの世界でも、大量の熟練技術者が退職する今年は「技能継承」が課題だ。完成まで45日かかっていた金型の工期を45時間に縮めたベンチャー「インクス」の山田真二郎社長が、ある職人との交流を自著「インクス流!」(ダイヤモンド社)に書いている。

山田社長が金型の一級仕上げ師、石井二郎さんに技を教わるシーンだ。金型の溝を紙スリで仕上げる隣で「なぜ磨くのか」「なぜここで止めたのか」と根掘り葉掘り聞く。「これでしっくりいった」と石井さんが言えば、幅を測って「しっくりと言うのは3ミクロンですね」と記録する。こうして「神業」はコンピュータに伝承され、工期短縮が実現した。

そのコンピュータを使って19歳の初心者が石井さん並みの金型を作り上げたと聞き、石井さんは「もうこれ以上、恥かかせないでよ」と言ったという。


インクス山田社長の逸話は色々とあるが、さすがそこまで改革してきた人はやることが違う。

アナログな仕事をデジタルを使って便利にする。
まさにIT革命の一端を担っていただろう。

しかし「職人不要論」ととる人も多く居るわけたが、これは工作機とCADの進化と共に大きくなってきたアンチテーゼであり、OA化が進めばペーパーレスになるといった幻想とにている。
パソコンの普及でペーパーは減るどころか大量に消費されている。

グランパさんの記事では、

 「職人不要論」と受け取る人もいるだろう。しかし技は伝承される必要がある。25日、東京で開いた「理系白書シンポジウム」でインクスに入社して4年目の江口幹さん(32)はこう語った。「職人技を機械がやることで、新しいことを考える余裕ができる。人はもっと独創的になれる」

つまり使える道具が増えただけであり、上手く利用することで創造という人がやるしかない分野に今まで以上の時間をかけられると。

反発があるのは、新しい情報について行けない人達の不安や、変化を嫌う人達のぬるま湯的思考からだろう。


「職人不要論」を唱える人には意外と設備を導入する側の人が多い。
現場ではどれだけ機械が進化しても職人が不要になるはずがないと感じている。

これもやはり創造というモノづくりに一番大切なところを忘れてしまっている経営者側の人件費削減という幻想だ。


モノづくりの仕事はアナログで、デジタル化がどれだけ進んだとしても、アナログな部分は無くならない。
現場ではデジタルはアナログをサポートするものでしかない。

職人達は創造的なモノづくりをやりたがっている。
また年齢が若ければ若いほど創造性にあこがれる。

この現状を汲み上げるられる企業こそが、世界の中でも必要とされる次世代のニッポン製造業を作っていく人達になるだろう。

最後にグランパさんは

21世紀の「職人」像が変わり始めているのかもしれない。期待しつつ見守りたい。

と書かれている。

ここ数年まさにそう感じる。
追加で言わせてもらえば「工場の経営者像」も変わり始めている。


日本が得意とするモノづくりで有能な経営者が増えることを期待します。


つべこべ言わずにここも見てっ

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40436/14099529

この記事へのトラックバック一覧です: 職人不要論?:

コメント

経営にはまず第一に数字がくるのでしょう。それがいけないとはいいませんが。今まで現場でモノづくりをしてきましたが、人は夢を追い求めることが大好きなのだと思います。どんなにデジタル化で機械が発達してきても、機械は夢をみません。いまのところは。人は夢をみて、それを実現させようとして技術を発展させます。若者も夢をみてそのために技能・技術を会得しようと努力します。夢はモノづくりの原動力です。夢を抱くのは人間のこころ、人生の希望です。理想は経営者が現場に立ちモノづくりの夢を現場の人間といっしょに求めていく。むずかしいですけどね。そう思いますけど現実は厳しいです。

▲コメント投稿者: GAGA (Mar 2, 2007 11:30:06 AM)

思い切って”初めてのコメント”入れさせて頂きます。

うちのような、アナログ部分が多い木工でも、技術の継承はとても重要な課題です。

でも、本当に大切なのはつくる”心”だと思っています。

つくる事自体に情熱を持てる段階までこないと、いくら押し込んでも何も本人の中に落ちて行きません。
「つくりたい。」「つくる事によって誰かを喜ばせたい。」っていうモチベーションを引っ張り出して来ないと、受け取れる情報は限られてしまいますよね。


・・・ん? わけ解らなくてすみません。

▲コメント投稿者: マッサー (Mar 2, 2007 3:58:22 PM)

デジタル化は確かに便利です。私がブルーカラーだった頃、丁度NC旋盤とかが導入され始めた時期で、それまでのオートメ化から、一応デジタル化に向かう過渡期でした。職人が不要という論は前からありました。『何でもマニュアル化』すれば、代々技術は伝播される、と思い込んだ経営者がいたせいでしょう。当時の上司の口癖は、『盗め!』でした。バイト、ドリル、タップ、ダイスなどを研ぐ時に、上司の後を金魚のフンのようにくっ付いて回ったものです。

▲コメント投稿者: らしく (Mar 3, 2007 2:07:22 PM)

余り言葉は言いません。
技能に対する、技術の冒涜です。
人間の感性に対する、数値主義の冒涜です!
これ吐き違えたために、破綻した金型屋は日本国内にかなりあります(怒)。

▲コメント投稿者: デハボ1000 (Mar 4, 2007 12:58:15 AM)

 見える部分は徹底的に見えるようにして 誰でも同じように出来るようにしたい
そう考えています。
数値化できる部分は徹底的に数値化してしまおうって・・・
こうすることで スタートラインを引き上げ より高いところで戦えるのではないかって考えています。
加工だって 図面どおりに工具を走らせたって スピードや硬さ それに変形や温度の影響でその通り加工できるとは限らない こういう部分へ
の力の集中 そして数値化・・・
こんな繰り返しにチャレンジしたいものです。
岡野工業の記事を書きました
http://plaza.rakuten.co.jp/sennjyou3033/diary/200610270000/

▲コメント投稿者: acb (Mar 4, 2007 8:04:29 AM)

みなさんコメントありがとうございます。

蒲郡製作所の伊藤さんからいただいた資料の中に、「国内製造業が担う役割としては、”かたちを作るモノづくり”から”技術や魅力を想像するモノづくり”に変わっていく」とあります。

まさにみなさんが求めて実践している部分ではないでしょうか。

この資料、ト○タ流・部下のやる気を引き出すコツ!というレポートなのですがとても良い資料です。

伊藤さんに拍手!

▲コメント投稿者: みどりかわ@ミナロ (Mar 6, 2007 2:24:35 PM)

ここのこだわりはきっと金型の素材にまであるとおもうので以下新製品の紹介書いてみます。
  次世代冷間金型用鋼SLD-MAGC。これがいまちまたの話題をさらっている次世代のSKD11。独創的な合金設計により加工コスト半減で耐久性は2倍以上。そんな材料で仕事したら仕事が1/4になる?ご心配なく。
 そこで、金型の組み付け調整にじっくり時間をかけて職人技を十分発揮いただくと、製品精度が格段に上がり、中国に負けないモノづくりができます。

 車もハイブリッドカーが増えている時代なるべく負荷を与えない金型作り、製品製造にも環境対応も重要になります。さらには金型材自体の自己潤滑性で潤滑油消費量も半減できたというデータもあり以下のような受賞歴もございます。

2006年度 日刊工業新聞社 十大新製品賞 日本ブランド賞

2007年度 素形材技術表彰 経済大臣賞

日立金属工具鋼では6Fプレート状態での注文もうけたまわっております。

▲コメント投稿者: 特殊鋼屋 (Feb 18, 2008 11:15:51 AM)

コメントを書く




*スパム、無責任、言い逃げ、騙りコメントを防止するためメールアドレスは必須としています。
架空アドレスの場合削除する事があります。
お手数ですがご協力下さい。
なお、URLがある場合、そちらが優先で表示されます、サイトをお持ちの方は是非入力してください、お礼に伺います。