« 週間検索ワード | トップページ | ●「勉強家」 »

頭がよい人は親指が太い


木村剛氏の「頭がよい人は親指が太い」を読んだ。

タイトルの本当の意味は、「頭が良い」と言うのは「親指が太い」と同義で経営に関しなんの役にも立たない、と言うことだ。

ネタバレから書いてしまったが(ごめんなさい)、この本に書かれてることは今まで誰も教えてくれなかった経営の本質が書かれている。

経営に必要なのは頭の良さではなく、頭の強さが重要ということ。


経営者になることは簡単であっても、続けることはとても難しい。

どれだけ理想のビジネスモデルを考えられたとしても、うまくいくことはまず無い。

現在なんとか踏ん張っている中小零細企業の経営者達は誰に教えられることもなく、経験から学んでいるのだろう。


以下は本書に書かれた中の町工場の現状と今後のあり方を考える上で、特に参考になるタイトルだ。


幅1.5メートルの千尋の谷を跳ぶ。
「製品」と「商品」はとても違うのです。
ビジネスというのは必ず失敗するものである。
お客様が変化するから未来は変わる。
市場調査の予測が的中することはない。
失敗を乗り越えるための3つの資質。
お金儲けのために経営なんて出来ない!
経営者には不満はないが不安がある。
経営者はワーキングプアである。
努力しても報われないのは当たり前。
部下はお金だけでは動きません。
学校がわたしたちに教えなかったこと。
成功するビジネスリーダーをめざすために。

ミナロを立ち上げて約5年。
誰に経営を教わることもなくやってきたが、この本に書かれていることすべてに納得できる。

もしも起業以前にこの本を読んでいたら、起業を躊躇したかもしれない。
それほど経営は辛く苦しいものだと書かれている。

しかし経営者としてハラを括れる覚悟がある人にはサブタイトルの通り「経営学の教科書」となるだろう。

そして現在経営者としてがんばっている人や、経営に感心がある人にとっては、もやもやとしていた部分が活字となり明確となることだろう。


会社というモノは興した10年後に95%が死んでしまう。

残りの5%になるため、イヤ、5%の確立を10%や50%にするために、老若男女が経営の本質を勉強する機会が増えることを期待する。


バカでよかった~ え?
blogランキング

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40436/15079854

この記事へのトラックバック一覧です: 頭がよい人は親指が太い:

» 社長になっていい人、ダメな人 丸山 学 (著) [本のある生活から]
社長になっていい人、ダメな人 丸山 学 (著)下の目次を読んで、ひとつでもドキッとしたら読んでおいたほうがよさそうですよ。起業するのは簡単だけど、潰すのも簡単ですからねー。【内容情報】年間100以上の会社を設立し、「新社長」を続々と誕生させる行政書士が発見した、「成功できる人」と「できない人」の法則。【目次】第1章 社長になる前から選別は始まっている!? 起業前の言動に注意を払わない人 妙にポジティブシンキングな人 ほか第2章 こんな社長では利益は出ない! ...... 続きを読む

受信: May 15, 2007 2:22:44 PM

» [ゴーログ]新聞社:ビジネスモデルは破綻しているのか? [週刊!木村剛 powered by ココログから]
 皆さん、こんにちは。木村剛です。「むとうすブログ」さんが、新潮新書の『新聞社- 続きを読む

受信: May 23, 2007 9:00:49 AM

コメント

コメントを書く




*スパム、無責任、言い逃げ、騙りコメントを防止するためメールアドレスは必須としています。
架空アドレスの場合削除する事があります。
お手数ですがご協力下さい。
なお、URLがある場合、そちらが優先で表示されます、サイトをお持ちの方は是非入力してください、お礼に伺います。