« 週間検索ワード | トップページ | 岡野社長講演 »

ブランドはいつ作られる?

Mo
最近になってブランドという言葉について再考している。

3年前の記事にブランディングとは?と書いたことがある。

昨今、企業にも商品にも人にもブランドと呼ばれるモノが付く時代だ。

ここで言われるブランドとは、性格、売り、長所(短所も)、見た目、的な要素が強い。

本来ブランドとは牛の焼印という意味。

解釈はいろいろあるだろうが、提供するモノやサービスに自信と責任を持つ証、ととらえればわかりやすいのではなかろうか。


そこで今回は中小零細企業のブランドについて考えてみた。

会社では色々な考えの人が集まり仕事をするため、社内と社外で見方が変わる。

そのギッャプはどこからくるのか、またそれをどう扱ったら良いのかを考えるため、ミナロの全員に「ミナロの売りはなんぞや?」と問いかけてみたところ、社内からは、

対応力、小回り、反応が早い
スピード、出来映え、コスト度外視でもクオリティーアップ
個人にも対応、予算が無くても対応、新しいことにもチャレンジ
責任感、ごまかさない
3軸加工機でも5軸加工に負けない
横の繋がり

というのが出てきた。

きっとこれらは仕事を頂いた方には伝わっているとは思うが、あくまでも社内から見たミナロだ。


そして社外からは、

任せて安心、なんとかしてくれる、来るモノを拒まない
社長自身、ミナログ、エピソード

がミナロの売りとして見えると意見を頂いた。


内外で意見の違いがあるのは自身の目と他人の目が違うので当然だ。
しかしどちらも事実であることに間違いはない。


ミナロが社内でやっていることは、製造業であればごく普通のこと、当たり前のことである。

だがその当たり前をわざわざ発信することで第三者からはブランドとして認知される。


まわりを見ても、売りをブランドに変化させられる企業が市場で勝ち残っている。
逆に言えば、今ある会社にはすでにブランドがある、と言うことだ。


ブランドは企業努力により産まれ、市場に育てられる。
しかし育て方によって、その効果は変わってくるだろう。


ブランディング(ブランドを構築する)をするならば、社内の性格を把握し、それをわかりやすいように披露する。
たったこれだけでブランドは形成される。

より良いモノ、唯一無二のブランドが欲しければ、社内の性格をその様にし、外に発信することだ。


中小零細でも個人でもブランドが注目される今の時代、いち早くその方法をみつけたモノが上に行く。
会社の規模や従業員数には関係なく、先にその場所に立てた者が恩恵を受ける。


ミナロは希望したわけでもなく、自然発生的にブランドが出来あがった。

当たり前に仕事をこなし、他より少しだけ情報を公開するすべを知っていただけなのだが。

そしてこの先、このノウハウを活かし、関係のある人達のブランディングを仕事としてやって行けないかとおもっている。


関係する人すべてが高みに行けるよう、その能力を使ってみたいと思い始めている。


町工場ブランディング請け負います(かも?)
blogランキング

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40436/15680141

この記事へのトラックバック一覧です: ブランドはいつ作られる?:

コメント

営業主体の会社、
例えばセールス上がりの社長率いる
会社は、一の財産を10に語って
結果をつくるのに対して、
ものづくり系の場合、
「いや~上には上ですから」
というムードで、
神業レベルの<技術>のみが、
<ブランド>という概念が
強いように、感じます。

10できて当たり前、
1ぐらいに語りなさい・・・
という感じです。
本気で<美徳>と思います。

ただマーケティングは別モノのようです。

過剰なまでの<技術>へのこだわり
はメイドインジャパンの誇り
(私もそのくち)ですが、

<間に合う>
→スケール感が合う、仕事がぴったりはまる
とそれを<伝える>
→やってることが、感動的に伝えられる

がいままでの技術的努力の上に、
オンされたとき、
<強い中小?ものづくり>
が実現されると思っとります。

だってみんな結構すごいこと
できてますもん!

まずは、私も王子を見習いおひげを養うとです。
ブランドにビジュアルは絶対大事ですよね!

▲コメント投稿者: 博多のたけちゃん (Jul 11, 2007 11:23:36 AM)

たけちゃんもヒゲになるとは。

よ~し、次はチョンマゲだ。


ビジュアル感を間違えると大変なことに・・・

▲コメント投稿者: みどりかわ@ミナロ (Jul 16, 2007 9:33:22 AM)

コメントを書く




*スパム、無責任、言い逃げ、騙りコメントを防止するためメールアドレスは必須としています。
架空アドレスの場合削除する事があります。
お手数ですがご協力下さい。
なお、URLがある場合、そちらが優先で表示されます、サイトをお持ちの方は是非入力してください、お礼に伺います。