« 週間検索ワード | トップページ | ●「パートタイム・引きこもり」 »

【ブログ討論会】
アナタはロボットとどんな関係を期待しますか?

Ifbot_2
ブログ討論会 ロボット関連第2弾!
『アナタはロボットとどんな関係を期待しますか?』
-人とロボットとの望ましい関係を考える

と言うことで、前回に引き続き日刊工業新聞社からのブログ討論会の依頼です。


以下に依頼者である機械設計編集部 今堀氏のメールを紹介します。

『アナタはロボットとどんな関係を期待しますか?』
-人とロボットとの望ましい関係を考える


昨年、実施しました「サービスロボット市場は、なぜ一向に立ち上がらない?」に続く、第2弾の討論会です。


映画やアニメ、小説などなど、ロボットはあらゆるメディアの中で、さまざまな機能や形態を有して登場してきました。ときには友達として、家族の一員として、勇敢な戦士として。またあるときは純然たる道具として。

近年、RT(Robot Technology)が格段に進化し、高機能なロボットが相次いで発表されています。開発者の多くが、少なからず各メディアで描かれたロボットの影響を受け、ロボットをこよなく愛しているがゆえに実現した、と指摘されることがあります。
ところが、これらのロボットと一緒に過ごすことを考えると、「ちょと待て!」と戸惑ってしまったことはないでしょうか。「このロボットって、何をしてくれるの?」「生活にどう役立つの?」と。

その最大の原因は、ユーザーとロボットとの「関係性」があいまいなまま開発されていることにあると考えられます*。人とクルマ、人とテレビのように、メディアで描かれたロボットではない、生活者の視点に基づいた「関係性」を見出すことが求められています。

また、それを見出すことは、ロボットを開発するうえで非常に重要です。なぜなら、それによって、ロボットが担うべきタスク(仕事)および機能が異なります。担う仕事により、達成すべき安全のレベルも変わります。さらに、ロボットが備えるべきデザイン(容姿)やサイズ、モーションにも影響を与えるからです。

そこで、今回は人とロボットとの望ましい関係性を見出すべく、『アナタはロボットとどんな関係を期待しますか?』というテーマで討論したいです。生活者として、また、エンジニアとして思うところを述べて下さい。

ロボットには、身体を持つヒューマノイドやペット型ロボットを指す「ビジブル型」、ある空間内にセンサなどロボット要素を分散配置したシステムである「アンコンシャス型」、パソコンや携帯電話の中のキャラクターエージェントを指す「バーチャル型」があると言われています(ネットワークロボットフォーラムの分類による)。
ここでは、ビジブル型と呼ばれるロボットを取り上げ、これらとの望ましい関係性を議論したいです。
皆様からのご意見をお待ちしております。

なお今回、お寄せていただいたご意見は「機械設計」誌の臨時増刊号「ロボットビジネス勝利の方程式」への掲載の予定をしております(発行日は11月26日予定)。


*神奈川県主催の「ロボLDK」は、それを見出すべく開催されています。


と言うことですが、今回のお題は考えてみると意外と難しい質問でした。
そこで、今堀氏の思うところを例として書いていただきました。


と、申しましてもかなり難しい課題ですので、私の方から2つほど思うところを書いてみます。


音楽機能、財布機能、ナビゲーション機能などなど、毎年、携帯電話は進化を続けています。いまや外出時には不可欠の存在になっており、やがては、生活全般をサポートしてくれるくれるのではないと思ってしまうほどです。ときには、的確にアドバイスをしてくれたり、癒してくれたりとか....。

そんな究極の進化系に行き着いたとき、もはや携帯電話ではなく、いつでもどこでも側にいてくれる「個人秘書マシン」とか「執事マシン」という方が適切かもしれません。それを日本的に、わかりやすく表現すると、「ゲゲゲの鬼太郎」に登場する「目玉オヤジ」といったところでしょうか。

目玉オヤジは、普段は鬼太郎の毛の中に隠れていて、いつでもどこでも一緒にいてくれます。鬼太郎がピンチになると、勝つためのアドバイスを耳元でささやいてくれます。さらに、鬼太郎が落ち込んでるときには、昔話をしたり勇気づけたりしてくれます。モバイル機能、ナビゲーション機能、ヒーリング機能と、強引に言い換えることができます。しかも、「オヤジ」ですから自分のことをよく理解してくれているので、的確に対応してくれます。まさに言うことなしです。

そんな目玉オヤジ的な機能を持ち、目玉オヤジとのような関係性を維持できる「携帯マシン」のような、「携帯ロボット」のようなモノがいてくれると、日々の暮らしがおもしろくなるのでは、なんて思います。

また最近、NTT研究所が会議の進行役を務めるマシンを開発したことが話題になりました。
その名も「ミートボール」。肉団子ではなく、出会いという意味の「Meet」ボールです。球体の装置で、会議室の天井にぶら下げて使用します。最新鋭の音声認識技術を搭載し、出席者の会話をつぶさに聞き取ります。

ミートボールがしてくれる仕事は、ひと言で言えば「ツッコミ」です。
例えば、話好きの部長が延々と話をしていると、「部長、話過ぎです。時間の80%も独占しています!」と、呼びかけてくれます。仮に部下が、そんなことを言おうものなら逆ギレされてしまうところですが、機械がやってくれると部長は言うことを聞いてくれるかもしれません。また、話をあまりしない出席者には意見を促すこともしてくれるそうです。

人が言うと角が立つようなことですが、機械が肩代わりしてくれると、その場が丸く収まるのでは?という仮説の下に開発されたシステムだと聞いています。まさに、人と人とのコミュニケーションを円滑にする「かすがい」的な存在と言えます。こんな「かすがい」的な役割をするロボットがいてくれると助かるかもしれない、とも思います。

簡単な例として、「目玉オヤジ」「かすがい」という関係性を示してみました。
「目玉オヤジ」のように固有名詞によるコメントや概念的なコメントでも構いません。また、ちょっとした生活の1シーンやエピソードを示してもらっても構いません。自分が欲しいなあ~、こんな関係が築けたらいいなあ~とイメージされるロボット像をどんどん提示して下さい。よろしくお願いします。


いかがでしょうか?

今堀氏にはナビゲーションやコミュニケーションに役立つロボットを例題として紹介していただきました。


みどりかわ的には、パソコン普及のために忘れがちな漢字や、外国語の翻訳、気の利いたことわざやジョーク、含蓄のある名言を教えてくれるロボットなんてあれば、人前でしゃべったりする仕事も楽になるなぁ、と思っています。

機能で言えばスターウォーズのC-3POが近いかな、人型である必要はありませんがね。


そしてロボットとの関係に希望するのは、煩わしい入力操作をしなくても学習して行動してくれるロボットです。

仕事や家事を一週間共にすれば、後は自分で考えてこなしてくれ、日頃のルーティンワークを代わってやってくれるロボット。


でもこれらのロボットが居たら、人は思考も行動も止まってしまうのでは?という声もあるとは思いますが、実はその逆で、ベーシックな部分をロボットが補うことで、ますます人は考え、未開の地で行動すると思っています。

今回のお題はちょっと大変ですが、 こんなの欲しい~ こんな関係が築けたらいいなあ~ と言うのをコメント又はトラックバックしてください。
ご協力お願いいたします。


この場合ガンダムよりハロかな?
blogランキング


8月22日追加 皆さんから頂いたコメント&TBの まとめエントリー

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40436/15855586

この記事へのトラックバック一覧です: 【ブログ討論会】
アナタはロボットとどんな関係を期待しますか?
:

» 【ブログ討論会第2弾】あなたはロボットとどんな関係を期待しますか? [精密部品加工が大好きだ★10年後にはオンリーOne!から]
=================================== 皆さん、こんにちは! いつもお世話になっているミナログのみどりかわさんが、ブログ討論会の第2弾と して、「あなたは、ロボットとどんな関係を期待しますか?」と題して、皆さんの ご意....... 続きを読む

受信: Aug 1, 2007 12:30:49 AM

» 【ブログ討論会】 アナタはロボットとどんな関係を期待しますか? [健康食品OEMブログ 京都真創から]
「アナタはロボットとどんな関係を期待しますか?」 こんにちは。堀内です。 昨日【ミナログ】製造業社長の逆襲のみどりかわ社長からこのようなお題を頂きました。 【ブログ討論会】アナタはロボットとどんな関係を期待しますか? これは商品開発という点でも非常に面白..... 続きを読む

受信: Aug 1, 2007 2:28:01 PM

» 8月18日 【ブログ討論会】アナタはロボットとどんな関係を期待しますか?に寄せて。。。 [【もう悩みません。コンベア・産業機械】   ものづくりへ愛と魂の情熱を!!から]
あのミナロ団長より今夏の季節にもってこいの宿題を戴いていた。 何故もってこいかと言うと即座に答えを出せれば何ら苦労はない。 人生とは所詮、苦労そして苦悩の連続だ。悩みがない人間などどこにもいない。 世の中は曖昧で何が一体正しいかなどその時点での判断などあてになるはずもない。 例え世間が決定を下したとしても後日その決め事が間違いである場合が少なくはない。 即座に判断するのは結構だがその責任まで取るとなると長い年月を要することとなる。 その責任が大きければ大きいほど誰しもがその決断の... 続きを読む

受信: Aug 18, 2007 5:43:04 PM

» 『アナタはロボットとどんな関係を期待しますか?』・・・ [精密部品加工が大好きだ★10年後にはオンリーOne!から]
================================= 皆さん、こんにちは! ずいぶん前に、ミナログのみどりかわさんからご提案があったブログ討論会の テーマ『アナタはロボットとどんな関係を期待しますか?』について考えてみ ようと思います。....... 続きを読む

受信: Aug 20, 2007 8:24:03 PM

» さらば、ロボット [『起業野郎』から]
みどりかわくんには、困ったもんだ・・・ 色モノのこの私に、ブログ討論会に参加しろ 続きを読む

受信: Aug 20, 2007 10:25:07 PM

コメント

ハ□ほしい! 仕事の流れを逐一把握していて的確なアドバイスや、単純ミスの指摘、スケジュールの管理、もうたくさんありますね。そうそうブログやホームページの更新も自動で書いてくれると助かりますネ。でもやっぱり夢のロボットはフェラーリのようなカッコイイ外装の自分で操縦する次世代自家用車ロボットです。

▲コメント投稿者: GAGA (Jul 31, 2007 11:59:37 PM)

こんにちは。ロボットと人間のあり方は、共存・共生などということがよく言われます。が、よく考えてみると具体的にはなかなか難しいものがあります。関係というと、対等かどうか、どちらかが上か下かということになりそうですが、ロボットと人間の場合、そう簡単には答えられません。最近はやりのウエアラブルロボットなどは、人間がロボットを纏うということなので、一体ものとして考えていかなければなりません。私事ですが、そのあたりのことは、ちょうど日刊工業新聞社から先日出版された本にまとめましたので、ご参考にしていただけると嬉しいです。
↓絵ときロボット工学基礎のきそ
http://robonable.typepad.jp/news/2007/07/post_1b73.html

▲コメント投稿者: KADOTA (Aug 1, 2007 7:08:50 AM)

こんにちわ。
気軽にコメントさせていただきます。

ロボットはあくまで補助として
機械やCADCAMのように、指令は基本的に人間が与え、それに忠実に動く 程度がいいと思います。

洗濯機が「そのシャツ昨日も着てたでしょ作業着は毎日洗わないと汚れが染み付いて取れなくなるんですよ」とか言ったら・・・・


・・・声の質とタッチが選べたら結構いいかもww

▲コメント投稿者: オダ (Aug 1, 2007 12:58:21 PM)

こんにちは。
実に面白いテーマにお誘いいただきましてありがとうございました。
ガンダム世代としては、こういうお題にはわくわくしていろいろ想像したりします。

でも昨今の技術革新は目を見張りますので、案外近い将来実現していくことが多いのではないかと思います。楽しみですね。

▲コメント投稿者: 堀内@京都真創 (Aug 1, 2007 2:35:36 PM)

こんにちは。

専門的なことは判りませんが、ロボットというとやっぱりアトムやガンダム的な物を想像してしまいますね~。

災害や遭難で活躍している犬がいますが、そういった災害救助ロボットみたいな分野がもっと発展したら良いかな~と思います。


▲コメント投稿者: はがせんむ (Aug 2, 2007 5:53:46 PM)

お邪魔します。

僕だったら、話し相手ロボットが欲しいですね。
お年寄りのお茶飲み友達というよりも、ブレーンストーミング出来るような間柄のロボット。

ブレーンストーミングが出来るような、刺激的な人ってだいたい忙しい人がほとんどだから、なかなかお会い出来ない。(たとえば、みどりかわさんとか、、、)
そこに本やセミナーCDなどから情報を仕入れてくれるロボットがいて、意見を交換出来たりしたらいいなって思いました。

すみません、こんなコメントしか出来なくて、、、

▲コメント投稿者: マッサー (Aug 2, 2007 7:53:13 PM)

お久しぶりです。

私が今欲しいロボットは日産のデュアリスのようなロボットです。最近機械工具の展示会に行ったのですが、技術のいる溶接(アルミ溶接)をロボットがやっていました。それを見たときにロボットが身近なものになったことを感じました。

▲コメント投稿者: ばなりぱ (Aug 2, 2007 11:04:54 PM)

こんにちは。少し時間をかけて考えてみました。
なかなか難しい題ですね。可能性を議論するとかなり複雑なことになります。なにしろロボットと言うものは、なんでも「ロボット」とつけたら概念が出来る・・・ということで、かなり複雑になると思います。ここでは、「私が」という意見で書いてみます。
旧型の産業用ロボットでは、手作業によるティーチングを行っていますが、最近は最適化ということで、オフライン方のティーチングやジョイスティック方式のティーチングになってるようですね。私が今後必要とするかなと思うのは、このように人的知能を『補助』する形のもので、いわばかなり高い補完機能を持った秘書みたいなものでしょうか。
一例として、知的補完を意図するロボットなんかどうでしょう。毎日の作業(たとえば炊飯の米とぎ、洗濯物の取りいれ作業なんか)を手を取って教え込み、徐々にそのような「ノリッジ(知識)」を増やしていく。極端な場合、糠どこのかき混ぜなども。そして、極端な場合、口述筆記などまで。
つまるところ人間の加齢に伴う劣化に対応し、知識作業を徐々に委譲して行き、体・頭脳の加齢などによる劣化や、そうでなくても判断内容が人間に付加される現代、すこしずつそのスペースを頭の中に作っておくというプランです。
これでも分かると共に、書いてみると意識としては秘書というよりかなり頭のいいペットという概念ですよね。人間並みに判断能力を付与することは、「暴走」防止と言う意味でも、まだ難しいと思っています。形状は人型にこだわらなくていいと思いますが、使う人になじめて行けばそれでいいですし、無線LANを使えるならば、CPU本体を家屋内においておいて、端末メインで形成していくのも一つかもしれません。
勿論、いろんな機構の信頼性なども上げなければならない、OSの信頼性向上などやること一杯でしょうが・・・けど期待は尽きません。

▲コメント投稿者: デハボ1000 (Aug 4, 2007 10:22:06 AM)

私は映画をよく観にいきます
ロボットとの関係で思い出すのは
スピルバーグ監督作品「A.I.」
「愛」をインプットされた子供ロボットのお話。
心を癒すロボットや性を癒すロボットなど登場
その昔、VHSが普及したのは「エロ」の力だとか(脱線しましたが
まちがいなくロボットもその方向でいけば
普及するでしょう~!
私とロボットとの関係は「エロ」です
キャメロンディアスみたいなロボットと・・・
(こんなとこでカミングアウトしてどうる。。。身内にはみせないコメントだわorz)

▲コメント投稿者: masa (Aug 4, 2007 9:14:27 PM)

緑川さん今晩は。
今も新しいコンセプトの
ロボットを製作しています。

私にとっての究極のロボットは
執事です。
近い将来
タバコ一個でも買ってく来てくれたら、
相当可愛くなると思います。
そのような時代がくると確信し
今人型で、実験をしています。
人型の必要があるかないかは、
その利便性にもよりますので、
今のところなんとも言えませんですね。

今のところ実務で
一番役に立ってるロボットは
Googleです。

セカンドライフのようなバーチャルワールドが
現実の世界に暮らす方々にも通用するような今。移動機械が物理的に動くという事が必要なのかも判りません。

自律系はユビキタス社会の進展にも
依存します。安全性などの面で
これからは混沌としてくる可能性もありますね。

介護系は即我が国に必要なRTですので、
地道に実績を重ねて欲しいです。

時代は変わっていくかもしれませんが、
私は、自然に行く事で、何らかの影響を与えるのが、生る事のあかしだと思います。
リアルとバーチャルが混ざり合うような
姿になるのかもしれません。
私自身は、ロボットはまだ操縦しないと
気がすまないオールドタイプなので、
未来には期待しています。
注意しないとならないのは
国民性の違いはあるかもしれませんが、
米国の現状を見る限り、先進国は
ガンダムのような方面の
発展は避けられないでしょう。
一体機械に殺される人間はどう思うのでしょうかね。すでにはじまっているとも聞きますが・・・

▲コメント投稿者: とみい (Aug 5, 2007 12:38:52 AM)

こんにちは。
目玉オヤジの話が出てましたが、鬼太郎発祥の地
鳥取からコメントさせて頂きます♪


僕はロボットは人間の補助的なものであれば、十分なのかなと思ってます。

例えば、野球のピッチングマシン。150Kを
設定するすれば、常に投げ抜くみたいな。
(ホントのピッチャーみたいなフォームで投げ
ればもっと格好良いでしょうけど)

人間の感覚・記憶だけでは、難しいような事を
補助してくれるみたいな感じです。

人間とロボットが対等になると、何かの誤動作で
人間の言うことを全く聞かなくなってロボットが地球制覇されても困りますし(笑)

昔、何かのアニメでそんな話やってたような。。。

でも、人間が作ったロボットなので、精巧なものを造れば造るほど、それを上回る精巧なメンテが
必要な気がしますが。。。違いますかね???

すいません。
相変わらず若干アナログ的なコメントで。アハハ

▲コメント投稿者: yotch (Aug 5, 2007 11:02:18 AM)

人とロボットとの関わりを考える時、既に「ひな型」が小説や映画、アニメーションの中に幾通りも出来上がっている気がします。
利便さや危険性の検証も為されていて、ある意味現実はシナリオを「選択」するだけで事足りるのではないでしょうか。実際「アトムを作ろう。」の共通の認識から「アシモ」が生まれていると聞きます。
多分、これからどんなロボットが開発されても「ああ、あの映画(アニメ)の「○○」だね。」って言われるんじゃないでしょうか。そんな事から考えると今後の「ロボットの形」は工学的な分野とは違う分野の「意思」で決定されていくのではないかと思います。

個人的にあったらいいなと思うロボットは...
なんだろ?「ナイト2000」かな。

▲コメント投稿者: ダーストリオムーン@ミナロ (Aug 5, 2007 1:18:22 PM)

僕が考えるロボットは、あくまで人間の補助的な道具であって、そこに感情はなく、指令した内容のみ行動するもの。
人間の作り出すものは、100%確実なものはないと思うので、ロボットが判断し行動するようなことはあってはならないと思います。
ロボットは、データを集計し結果を出す。その結果を基に人間が判断し行動する。
その基本形態は、どこまで進化しても変えてはいけないものだと思います。

と思うのは、映画「ウエストワールド」始め、最近では「アイロボット」など、SFでは定番のロボット反乱系の映画を見過ぎなのかもしれません。
「アンドリューNDR114」のような心優しいロボットなら大歓迎ですが。。。

▲コメント投稿者: Gs-Field (Aug 6, 2007 9:51:35 AM)

今使っているパソコンを考えてみると、仕事で使うときは、ビジネスパートナーという関係、ゲームをやっているときは、遊び仲間という関係、何かを調べるときは、先生と生徒いう関係になっているように思えます。
ロボットの目的によっていろいろな関係ができると思いますが、機械と人間という関係より、人間と人間の関係に近いヒューマンチックな関係を築けるロボットがあったら面白いと思います。
あまり進化し過ぎるとコワイですが。
いずれにしても良い関係を築きたいです。

▲コメント投稿者: tmzks (Aug 7, 2007 11:05:52 AM)

久しぶりの書き込みです。
増収増益おめでとうございます。わたしも頑張るぞー。

主題ですが、ロボットに求めるものは汎用性です。
各個の機能は専用システムで個別に殆んど提供されているのが現在だと思うので、その機能を一台で殆んどまかなえることが便利でいいと思います。
多機能になると人間とのコミュニケーション能力もその機能を補完するために複雑なものが必要になってくるのではないでしょうか。
結果的に人間に近い機能を達成する存在がわたしの求めるロボット。
人以上の作業ができる存在より人と同じ作業ができるほうが生活レベルではきっと便利。力も重さも人間と同じ位がいい。
パワーがありすぎると万一システム暴走したときに大変だし、重量は人間と同じ程度でないとぶつかったときや倒れた時の危険度が増す。
安全第一!

▲コメント投稿者: あお (Aug 8, 2007 12:06:17 AM)

脱‼!…一人暮らしの為のロボット求めております♪

▲コメント投稿者: 山下蒼天 (Mar 25, 2008 6:44:38 AM)

コメントを書く




*スパム、無責任、言い逃げ、騙りコメントを防止するためメールアドレスは必須としています。
架空アドレスの場合削除する事があります。
お手数ですがご協力下さい。
なお、URLがある場合、そちらが優先で表示されます、サイトをお持ちの方は是非入力してください、お礼に伺います。