« July 2007 | トップページ | September 2007 »

【掲載】メカトロニュース

20070829b

三菱電機メカトロニクス情報誌にミナロと技者王国を取り上げていただいた。

三菱電機株式会社の関連取引先に配られる情報誌だ。


きかんし印刷さんの口利きで取材される運びとなった。


20070829a

たまたま今月の初めに三菱電機大阪ショールームに出かける機会があった。

そこでは最新のワイヤー放電やレーザー加工機、産業用ロボットの進歩を見ることが出来た。


製造業で工場を構えている限り、設備投資は必要不可欠だ。

次世代を見据えた設備を持っているところは強い。


ミナロは何を求めるのか、真剣に考えなければならない。


また借金か・・・
blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週間検索ワード

解析対象期間: 2007年8月20日(月) ~ 2007年8月26日(日)

集計対象アクセス数:1,005

検索ワード 割合
1 ガンダム 31 3.1%
2 約束手形 30 3.0%
3 アンドロイド 25 2.5%
4 東芝日野工場 23 2.3%
4 DVDラベル 23 2.3%
4 ケミカルウッド 23 2.3%
7 ミナログ 22 2.2%
8 社長 17 1.7%
9 熱発電 16 1.6%
9 東芝 16 1.6%
9 年収 16 1.6%
9 製造業 16 1.6%
13 ワーキングプア 15 1.5%
14 DVDラベル 13 1.3%
14 スターウォーズな少年 13 1.3%
16 スターウォーズ少年 12 1.2%
16 エコカー 12 1.2%
18 零細企業 11 1.1%
18 社長の年収 11 1.1%
18 プチロボ 11 1.1%
18 製造 11 1.1%
22 マンガ 10 1.0%
22 旋盤 10 1.0%
22 自作 10 1.0%
22 ラベル 10 1.0%
22 ギラン君 10 1.0%
27 ガンダムバー 9 0.9%
27 木型 9 0.9%
27 スターウォーズ 9 0.9%
27 ナッちゃん 9 0.9%
31 江戸しぐさ 8 0.8%
31 日野工場 8 0.8%
31 からくり装置 8 0.8%
31 自作DVDラベル 8 0.8%
31 発電 8 0.8%
36 ホワイトカラーエグゼンプション 7 0.7%
36 工場 7 0.7%
36 溶接工 7 0.7%
36 販売 7 0.7%
36 鋳物 7 0.7%
36 北村浩子 7 0.7%
42 消費税 6 0.6%
42 ロボット 6 0.6%
42 仙台 6 0.6%
42 作り方 6 0.6%
42 給料 6 0.6%
42 輸出 6 0.6%
48 セカンドライフ 5 0.5%
48 南部フーズ 5 0.5%
48 DVD 5 0.5%
48 アルミ 5 0.5%
48 宇宙 5 0.5%
48 ブログ 5 0.5%
48 日野 5 0.5%
48 加工 5 0.5%
48 オオツカブラザース 5 0.5%
48 バブルへGO 5 0.5%
48 バブルへGO 5 0.5%
48 平均 5 0.5%
48 社長の給料 5 0.5%
48 ゼーベック 5 0.5%
48 町工場 5 0.5%
48 サイト 5 0.5%
48 アルミ鋳物 5 0.5%
48 ダイソン 5 0.5%
66 アストロリサーチ 4 0.4%
66 ライノ 4 0.4%
66 金沢 4 0.4%
66 ゼーベック素子 4 0.4%
66 動画 4 0.4%
66 ものづくり自慢大会 4 0.4%
66 役員 4 0.4%
66 DVD 4 0.4%
66 ジュエリー原型 4 0.4%
66 有限会社スケットワン 4 0.4%
66 アールエフ 4 0.4%
66 サービスロボット 4 0.4%
66 ランドウォーカー 4 0.4%
66 少年 4 0.4%
66 2ch 4 0.4%
66 スケットワン 4 0.4%
66 スターウォーズⅢ 4 0.4%
66 啓愛社 4 0.4%
66 ビジネス 4 0.4%
66 評判 4 0.4%
66 NCネットワーク 4 0.4%


1位は「ガンダム」、相変わらずですね。

そして、先週はどさくさに紛れて無かった「今週のオンリーワンキーワード」ファンの方お待たせしました。
(そんなの絶対居ないと思うけど・・・)

246位 「 NTTデータエンジニアリングシステムズ 」

通称は NDES (エヌデス)。

ミナロで使っている Space-E の開発、販売をしている会社だ。

NDESではCADCAM以外にも、モノづくりに関連したシステムを提供している。


今日はそのNDESからのお誘いで、非接触3次元デジタイザ「VIVID 9i」のデモを見てきた。


この VIVID 9iを簡単に言えば、今あるものをCADデータにするためのシステムだ。
格好良く言えばリバースエンジニアリングという。

従来は現物ありきのモノをCADデータ化するのには、とても時間とコストがかかった。
よほどの理由がない限りあきらめた方が良い、と思えるほど現実離れした見積が届いた。


しかしこの VIVID 9i は高精度を保ちながら低価格で発売された。
ちなみに別売の編集用ソフトも、今買えばなんと45%になるそうだ。


だがそれでも1000万円弱の投資となる、導入を二つ返事では決められない。

偶然のことであるが、この VIVID 9i をすでに導入されているケイズデザインラボさんも見学させてもらうことが出来た。

ケイズデザインラボさんはCADというイメージをぶち壊す発想でモノづくりをしておられる。
(詳しくはホームページをご覧下さい)

VIVID 9i を使った測定の依頼も引き受けてくれるそうなので、しばらくはその線で仕事をこなした方が賢いかな?


またこんな情報も・・・
「ザックリしたスキャンなら$250の非接触3次元デジタイザもありますよ」って。


また借金魂に火がついた。
blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●「センス」は磨けるのか?

ライター:ダース=トリオムーン@ミナロ

「お前、服のセンス悪いなぁー。」

こんな事言われてしまって

「センスを磨いて見返してやる!」

と、思っているアナタ。

残念ながら「センス」は磨けません。(キッパリ)

「センス」とは文字通り「感覚」。心が感じる力。
身体能力なら訓練で向上するかも知れませんが
「感覚」は基本的に元々当人に備わっているもの。
本人の内部で「何か」が目覚めちゃえば変わるかも知れませんが
その人独特のものと言って良いでしょう。
「その人物」のパーソナリティの構成要素のひとつです。
「その人物」が「その人物」である所以です。
「意思の力」や「訓練」とかで変えられるものではありません。

「センス」とは究極的には「好き」か「嫌い」の判断に行き着くんです。
「快」か「不快」と言っても良いでしょう。「本能的」なモノです。

例えば「嫌いなモノ」を「努力」や「訓練」で好きになる事が出来ますか?
「慣れ」や「我慢」で「克服」は出来ても、本音を言えば
「嫌いなモノ」はやっぱり「嫌い」でしょ?
「理屈」じゃ無いんです。「感覚」は。

では、「センスが磨けない」のなら
「見返す」チャンスは全く無いのでしょうか?
そんなことは有りません。
「センスが良いね。」と言わせることは出来ます。

その為に磨くのは「センス」ではなくて「観察力」と「表現力」。

他人が(この場合「センス悪いなぁー。」と言った人)が
何を「快」と感じるかを「観察」してそれに沿った形で「表現」をすれば良いんです。
この場合、自分に取っては「快」でも「不快」でも関係有りません。

<A>と<B>の二つの内どちらの方が「ウケ」るのか?
どちらの方を「快」と感じるのか。を良ーく「観察」する力。
簡単な例を挙げると
「直線」と「曲線」どちらが好きなのか?
「明るい」と「暗い」のどちらか?
「複雑」と「簡素」では?
「鮮やか」と「淡い」は?などです。
「要素」に分解して、それぞれを「快」か「不快」に分類する。

そしてその「快」の「要素」を取り入れたモノを今度は再構成する。
これが「表現力」。「デザインする力」です。
「要素」をすべて取り入れるのか、幾つかに絞るのか
どの「要素」を選ぶのか。それを判断して再構成して「表現」する。

「観察」するのにも「表現」するのにも「センス」が必要なのでは?と思われますが
「観察力」や「表現力」はある程度は「訓練」で身に付けられます。
何処の何に着目すれば良いのか、どう言った基準で判断すれば良いのか
どの様に取り入れれば良いのか、どの様に見せるのかは
「訓練」と「経験」である程度の「方法論」が見えてきます。
結果、誰かの「マネ」になってしまってもそれはそれでひとつの「方法論」です。

全てが全て「理詰め」で事が運ぶ、とは言いません。
やはり最終的には本人が元々持っている「センス」に左右される部分はあります。
それは確かです。
「方法論」だけで、誰もが優れた「デザイナー」になれるはずも有りません。
オリジナリティも必要でしょう。

それでも。例え全てが「理詰め」で、誰かの「マネ」になってしまっても
かなり「センス良く見せられる」様なります。「見返す」事は誰でも可能な事です。
「センス良くなったね。」って言わせる事が出来ます。
ただ「その人にだけ」ってことも有りえますが…。

「センス良く見せる事。」が「快」か「不快」かはまた別問題で、本人次第なので
「センス良く見せる事。」が「不快」な人や「どっちでも良い」人には
「余計なお世話」でしょうけど…。


「センス」も「表現力」も十人並みの私が偉そうに言ってしまいましたが
「ものづくり」の何かの「ヒント」になるのではないかと思っています。

(またしても長~い記事になってしまいました。反省。)
(終わらせ方が難しいのよね。「オチ」が見えていないと。)


blogランキング


| | コメント (2) | トラックバック (0)

ロボットに期待する関係は?(まとめ)

日刊工業新聞社依頼 【ブログ討論会】 「アナタはロボットとどんな関係を期待しますか? 」に沢山のコメント&TBをいただきました。

こんなロボットがほしい、こんな関係を希望するといったご意見をまとめてみました。

一番多かった意見は、

●補助してくれる存在、秘書や執事

デハボ1000さんのコメントでは、

いわばかなり高い補完機能を持った秘書みたいなものでしょうか。
一例として、知的補完を意図するロボットなんかどうでしょう。毎日の作業(たとえば炊飯の米とぎ、洗濯物の取りいれ作業なんか)を手を取って教え込み、徐々にそのような「ノリッジ(知識)」を増やしていく。極端な場合、糠どこのかき混ぜなども。そして、極端な場合、口述筆記などまで。
中略
これでも分かると共に、書いてみると意識としては秘書というよりかなり頭のいいペットという概念ですよね。

ロボットとともに生活し、その行動やノウハウを記憶させられないかと。


堀内@京都真創さんからのTBでは、

私は今後、健康に特化した『目玉オヤジ』のようなツールが出てくるのだろうと予測しています。 現在の健康ブームの中で、食育や管理栄養士によるカウンセリングなど、日々の健康管理に食生活の見直しやカスタマイズが注目を浴びています。 またお母さん方にとって、日々の献立を考える作業はなかなか頭を悩ませるものでもあります。 そんなところへカロリー計算等を含めたバランスのとれた食事の提案をしてくれるツールやサービスがあると便利なことこの上ないのではないでしょうか? 更新も兼ねて栄養士さんのチェックがあるとより信頼性が高まりますね。

と、健康と食に関するアドバイスをするロボットの出現を予測されています。

現在では しゃべる!DSお料理ナビなんていうソフトもあるぐらいですから、家庭内ロボットが普及しだせば堀内さんの予測はかなり正確な見通しではないでしょうか。


そして、ダイナマイザーの産みの親でもあり、ロボット研究に力を注いでおられるとみいさんは、

私にとっての究極のロボットは執事です。 近い将来タバコ一個でも買ってく来てくれたら、相当可愛くなると思います。 そのような時代がくると確信し人型で、実験をしています。 人型の必要があるかないかは、その利便性にもよりますので、今のところなんとも言えませんですね。

と、すでに執事ロボの実験まで取り組まれています。

ですが、危険性に対しても、

私自身は、ロボットはまだ操縦しないと気がすまないオールドタイプなので、未来には期待しています。 注意しないとならないのは国民性の違いはあるかもしれませんが、米国の現状を見る限り、先進国はガンダムのような方面の発展は避けられないでしょう。 一体機械に殺される人間はどう思うのでしょうかね。すでにはじまっているとも聞きますが・・・

のようにロボットの軍事利用に対して危惧されています。


補助が目的ではあるがもっと具体的な意見では、

●災害救助
はがせんむさん

災害や遭難で活躍している犬がいますが、そういった災害救助ロボットみたいな分野がもっと発展したら良いかな~と思います。

●話し相手
マッサーさん

僕だったら、話し相手ロボットが欲しいですね。
お年寄りのお茶飲み友達というよりも、ブレーンストーミング出来るような間柄のロボット。
ブレーンストーミングが出来るような、刺激的な人ってだいたい忙しい人がほとんどだから、なかなかお会い出来ない。そこに本やセミナーCDなどから情報を仕入れてくれるロボットがいて、意見を交換出来たりしたらいいなって思いました。

●ヒューマンチックな関係
tmzksさん

ロボットの目的によっていろいろな関係ができると思いますが、機械と人間という関係より、人間と人間の関係に近いヒューマンチックな関係を築けるロボットがあったら面白いと思います。
あまり進化し過ぎるとコワイですが。

●人間と同じくらいの力と重さで
あおさん

人以上の作業ができる存在より人と同じ作業ができるほうが生活レベルではきっと便利。力も重さも人間と同じ位がいい。
パワーがありすぎると万一システム暴走したときに大変だし、重量は人間と同じ程度でないとぶつかったときや倒れた時の危険度が増す。

また、ロボットに補助は求めるが、知識や感情はいらないといった意見もありました。

●ロボットに感情はいらない

伊藤@蒲郡製作所さんのTBでは、

私はロボットとはあくまで道具としてのつきあいを希望します。人生のパートナーとして、ロボットとつきあうことは、現状ではイメージできません。SF映画で、心を持ったロボットが登場しますが、私はロボットに感情は必要ないと思います。

オダさんのコメントでは、

ロボットはあくまで補助として機械やCADCAMのように、指令は基本的に人間が与え、それに忠実に動く 程度がいいと思います。 洗濯機が「そのシャツ昨日も着てたでしょ作業着は毎日洗わないと汚れが染み付いて取れなくなるんですよ」とか言ったら・・・・ ・・・声の質とタッチが選べたら結構いいかもww


yotchさんは、

人間の感覚・記憶だけでは、難しいような事を補助してくれるみたいな感じです。
人間とロボットが対等になると、何かの誤動作で人間の言うことを全く聞かなくなってロボットが地球制覇されても困りますし(笑)


Gs-FieldさんのTBからは、

僕が考えるロボットは、あくまで人間の補助的な道具であって、そこに感情はなく、指令したことのみ行動するもの。
人間の作り出すものは、100%確実なものはないと思うので、ロボットが判断し行動するようなことはあってはならないと思います。
ロボットは、データを集計し結果を出す。その結果を基に人間が判断し行動する。
その基本形態は、どこまで進化しても変えてはいけないものだと思います。

口うるさいロボットくらいで済めばいいのですが、人に危害を加える存在となったらやっかいですね。
あくまでも人間のコントロール下に置くのが安心してロボットとつきあえるというご意見です。


●とにかくカッコイイやつ希望

小型ロボットの筐体作りを仕事にされている GAGAさんは、

でもやっぱり夢のロボットはフェラーリのようなカッコイイ外装の自分で操縦する次世代自家用車ロボットです。

ばなりぱ さんは、

私が今欲しいロボットは日産のデュアリスのようなロボットです。

カッコイイとは多少違いますが、

ダーストリオムーン@ミナロは、

多分、これからどんなロボットが開発されても「ああ、あの映画(アニメ)の「○○」だね。」って言われるんじゃないでしょうか。そんな事から考えると今後の「ロボットの形」は工学的な分野とは違う分野の「意思」で決定されていくのではないかと思います。

という前置きで、
個人的にあったらいいなと思うロボットは...
なんだろ?「ナイト2000」かな。

男子にとってカッコイイ、女子にとってかわいいは、欲しいと思う重要な要素ですね。


●すばり「エロ」
masaさんのコメントでは、

その昔、VHSが普及したのは「エロ」の力だとか(脱線しましたが
まちがいなくロボットもその方向でいけば普及するでしょう~!
私とロボットとの関係は「エロ」です
キャメロンディアスみたいなロボットと・・・

もうこれは避けて通れない事実です。
エロのためなら時間もお金も惜しまないというのは人間の性(さが)でしょう。

あとはそれをどうやってカタチにするかですね。

ちなみにですが、映画「A.I.」に出てくるセクサロイドが最後に言う台詞「俺は存在した!」という言葉がとても印象的でした。


●エロも戦争も人のため
博多の森と山ちゃん からはとても深い内容のTBを頂きました。

日常生活に役に立つであろうロボットを4つに分類、

1.防災、災害対応
  人間が立ち入れない、活動できない場所で対応できる。
  爆発、放射能等の危険を伴う。有毒ガスが充満している。
  煙で進入ができない場所。
2.警備対応
  会社、ビル、公共施設の巡回警備、パトロール。
  火災、不審者への対応。
3.癒し対応
  ペットとして。
  あるいはある程度の話し相手として。
4.介護対応
  今後も高齢化が進むに連れ、重労働である介護支援のロボット化は
  至上命題であろう。
  実用化はまだ先のことではあるが既に社会的問題となっている介護については
  ことさらロボット化の支援の要請は大きくなる一方だろう。

そして、ロボットとの関係に期待するモノは、

先ず1点目。
性関係をロボットに求める。
人間が生活する際に必要不可欠な性に関する行為。

中略

そして2点目。
兵隊ロボット。
太古の時代からこの世から決してなくなることのない争い、戦争。

この記事の最後にこう締めくくってある。

目の前に立つロボットを眺めながら自分自身人間とは如何に野蛮な動物、畜生なのかを思い知らされることが最大の目的でありそしてロボットに最大限期待する関係と書き留める。
その思いへの感知、気づくことによりその行為を取りやめることになれば最大の我が目的に達したことになるのだが。果たして未来は如何なることに。。。

人の心を持たないロボットを見て、人は何を思うのだろうか・・・
とても深いテーマです。


そして最後に物語りをひとつ。
Mr.t.の作品です、

人型ロボットの中で唯一、「プロフィールモジュールα」の装着ができる。
プロフィールモジュールα・・・   人間で言えば、性格や経歴のようなもの。

この辺りの設定に非常に興味を引きました。
本気で数兆円借金して開発しようかな。w
さらば、ロボット


沢山のご意見ありがとうございました。

やはりロボットに対する人の期待は様々で、信頼出来るか出来ないかによって人との関わり合いに線引きをするのでしょう。

今回のテーマは思ったより難しく、皆さんには負担をお掛けしたことをお詫びいたします。


神が人間を作ったとするならば、ロボットを作った人間はロボットから見れば神になるのか。

神が人間に求めたモノはなんだったのでしょうか。

それは人間がロボットに期待するモノと同じなのではないでしょうか。

天上界の会議を聞いてみたいですね
blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週間検索ワード

解析対象期間: 2007年8月13日(月) ~ 2007年8月19日(日)

集計対象アクセス数:847

検索ワード 割合
1 ガンダム 56 6.6%
2 アンドロイド 25 3.0%
2 ラベル 25 3.0%
4 DVDラベル 24 2.8%
5 東芝 22 2.6%
6 東芝日野工場 21 2.5%
6 製造業 21 2.5%
8 スターウォーズ 18 2.1%
8 DVDラベル 18 2.1%
10 自作 17 2.0%
11 ナッちゃん 15 1.8%
12 日野工場 14 1.7%
13 DVD 13 1.5%
13 少年 13 1.5%
13 スターウォーズな少年 13 1.5%
16 ワーキングプア 12 1.4%
17 熱発電 11 1.3%
17 約束手形 11 1.3%
17 ミナログ 11 1.3%
17 自作DVDラベル 11 1.3%
17 北村浩子 11 1.3%
22 スターウォーズ少年 10 1.2%
22 社長 10 1.2%
24 横浜 9 1.1%
24 作り方 9 1.1%
24 年収 9 1.1%
24 ギラン君 9 1.1%
28 ガンダムバー 8 0.9%
28 ロボット 8 0.9%
30 社長の年収 7 0.8%
30 dvd 7 0.8%
30 工場見学 7 0.8%
30 給料 7 0.8%
34 機動戦士ガンダム 6 0.7%
34 上場企業 6 0.7%
34 ホワイトカラーエグゼンプション 6 0.7%
34 図面 6 0.7%
34 CAD 6 0.7%
34 たなかじゅん 6 0.7%
40 看板屋 5 0.6%
40 Zガンダム 5 0.6%
40 ブログ 5 0.6%
40 日野 5 0.6%
40 工場 5 0.6%
40 dvdラベル 5 0.6%
40 会社 5 0.6%
40 バブルへGO 5 0.6%
40 仙台 5 0.6%
40 からくり装置 5 0.6%
40 プチロボ 5 0.6%
40 ゼーベック発電 5 0.6%
40 ライトセーバー 5 0.6%
40 治具 5 0.6%
40 発電 5 0.6%
40 製造 5 0.6%
56 seed 4 0.5%
56 バー 4 0.5%
56 消費税 4 0.5%
56 井上さくら 4 0.5%
56 アルミ 4 0.5%
56 ものづくり 4 0.5%
56 宇宙ビジネス 4 0.5%
56 連載 4 0.5%
56 平均年収 4 0.5%
56 倒産 4 0.5%
56 パイレーツオブカリビアン 4 0.5%
56 メタリック 4 0.5%
56 戻し税 4 0.5%
56 ケミカルウッド 4 0.5%
56 なっちゃん 4 0.5%
56 ホワイトカラー・エグゼンプション 4 0.5%

1位は2位と倍以上の点差で「ガンダム」。

さすがです。


そして今日8月20日はミナロの創立記念日です。

もう6年目になりました。
早いですね~


たくさんの方にお世話になり、たくさんの方にモノづくりを提供できたと感じています。

ですがまだまだこれからが大変でしょう。


会社を生かすも殺すも人。

これからも人と人との繋がりを大事にして行きます。


で、6周年パーティーは?
blogランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

●「エコカー」

ライター:ダース=トリオムーン@ミナロ

先日の事。

通勤途中に「ブロブロ」言ってる「プリウス」を見かけた。

「マフラーに穴でも開いてるのかな?」と思ったのだが…。
確かめる間もなく曲がって行ってしまった。

気になって調べてみたら
「プリウス」用の「スポーツマフラー」って売ってるのね。
今さら知りました。「エアロ」とかの「ドレスアップパーツ」は
有るだろうとは思っていたけど…。
殆どの車種に対して「スポーツマフラー」って売ってるのは
知っていたけど。まさか「プリウス」用のが有るとは思ってもみなかった。
それどころか「ローダウンサス」とか色々と普通にあるじゃない。

「エコカー」に乗る人は「チューニング」には興味がない。ってな思い込み。
「エコカーオーナー」って所謂「車好き」の対局に居る人だ。って思い込み。

考えてみれば「マフラーを交換する。」=「高出力を目指す為。」って言う
思い込みが間違っていたんだって事でも有るんだけど。

「エコカー」の存在そのものに間違った「思い込み」が有ったみたい。
(いかんなぁ。アタマが堅くなっている。歳のせいか?)

理屈を付ければ「軽量化で燃費が良くなる。」とか言えるんだろうけどさ。
それでもやっぱり「マフラー交換」って「エコ」じゃない、って思う。
「車をいじる事」(チューニング)は「エコ」と反対の行為だろうって。
だって、「修理」ではなくて「まだ使える部品を交換」をするって「ムダ」じゃないの?
「ムダ」って「エコ」の最大の敵ではないの?
「走りの気分」が盛り上がれば自然とスロットル開けちゃうんじゃないの?
そしたらガソリン余計に使うでしょ?そんな事無いの?私だけ?
何だか矛盾している様な印象があるんだけど。どうなの?

結局「エコカー」って
「自分は環境問題に関心があります。だから私は<良い人>です。」って
アピールする為だけに存在しているのかな?って
意地悪く見てしまうのですよ。ひねくれた私は。
一部を見て全体を判断する行為は間違っているのは判ってますが。

なんで「プリウス」に乗ってるの?って全員に「本音」を聞いてみたい。

「プリウス」用「超伝導コイル」とか「超伝導ケーブル」。
「超軽量バッテリー」。
「エンジン←→モーターコントロール用チューニングコンピュータ」。
(これはありそうだな。)とかは売っていないの?。



blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (1)

セカンドライフ

20070817a
自称ゲーマーから見たセカンドライフの世界。

セカンドライフはオンラインゲームでは無いというが、オンラインでアバターを操作することになんら変わりはない。

オンラインゲームもやり尽くすと、ゲームの部分(謎解きや敵を倒し経験値やコインを貯める行為)はどうでもよくなり、その場に集まる仲間との会話をするため為にログインするようになる。

バーチャルな世界のコミニュケーションは、
アバター+チャット、これが基本であり最後に残るモノだ。


従来オンラインゲームではリアルマネートレード (RMT) は禁止されていた。
その世界での通貨や資産は、現実世界のお金では売買してはならなかった。

しかしその世界にも有限の土地があり、レアなアイテムも存在する。

そうなれば当然物価は高騰するわけで、どうしても手に入れたいモノがあっても、その世界でのお金が足りなければリアルマネーで買いたい需要は産まれる。

そこで最近はリアルマネートレードを容認したオンラインゲームも登場している、リアルマネーを稼ぎ出すビジネスとして参加可能になった。

しかしオンラインゲーム創生期のディアブロやUOをやり尽くした自称ゲーマーのみどりかわとしては、「その世界のモノはその世界の中だけで完結すべき」という想いが強い。
趣味、遊びの世界で仕事をする人が出てくることに違和感があった。


リアルマネートレードの賛否についてはこちらウィキペディア(Wikipedia)



Second_life
セカンドライフはハナからリアルマネートレードを前提とした世界をネット上に作った。

ビジネスとしてセカンドライフに期待を持つ人も多い。
すでに数億ドルものリアルマネーを稼ぎ出したドイツ華僑の人も居る。

それに習ってセカンドライフで稼ぐノウハウを書いた本が沢山売られている。

企業がセカンドライフに店舗を構えることはすでにニュースではなくなりつつあるほど、フツーの事だ。


が、稼げる人はごく一部だろう。

ビジネスの場としてバーチャルな世界はリアルの世界よりも難しいかもしれない。

衣食住のうち、食と住は無くても困らないからだ。

衣服も、汚れることはなく縮むこともない。
基本的には一度作ったモノは無くならない世界だ。

消費がない世界で売れ続ける物は情報ぐらいだろう。

たとえ原価がタダでTシャツ一枚を売って9円儲かったとしても会社としての存続は無理だ。


現在は新規加入者が毎日増えているため興味を引けば売れるが、新規が居なくなればモノは売れなくなる。


そこで売れ続ける商品は、リアルマネーの儲け方ノウハウや、この世界に生きる価値をみつけた人向けの商品だけだ。

仮にどこかのブランドがセカンドライフでのみで買うことのできる現実世界の特別品を提供すればセカンドライフ人口も一時は増えるかもしれないが、そのブランドが現実世界では売らないという冒険はしない。


今はまだ成長期であるセカンドライフにあれば便利なのは検索システムだ。
広い世界のどこで何を売っている、何をやっているかが検索できれば利用する人は多いと思う。

Googleのオプションに「セカンドライフを含める」というタグが付く前にメジャーになれば、存続可能なビジネスとなるだろう。



Ma
セカンドライフはあくまでもセカンドであって、ファーストにはなれない。
ファーストの現実世界を捨ててまで、バーチャルな世界に生きる人も居ることはいるが、ごく少数だ。

日頃忙しく働いている人々が第二の人生に掛けられる時間は、そうはない。

儲け話には騙されず、コミニュケーションの場として参加するのが健全だろう。


現実世界と同じく、食べないと死ぬ世界に放り込まれれば必至にやるだろうけど・・・


で、だれかUOの土地買わない?汗
blogランキング

| | コメント (4) | トラックバック (1)

週間検索ワード

解析対象期間: 2007年8月6日(月) ~ 2007年8月12日(日)

計対象アクセス数:856

検索ワード 割合
1 ガンダム 38 4.4%
2 東芝 22 2.6%
3 東芝日野工場 21 2.5%
4 約束手形 18 2.1%
5 製造業 17 2.0%
5 ワーキングプア 17 2.0%
7 ラベル 15 1.8%
8 ブログ 14 1.6%
8 2ch 14 1.6%
8 ミナログ 14 1.6%
8 旋盤 14 1.6%
12 ギラン君 13 1.5%
12 スターウォーズな少年 13 1.5%
12 銀行 13 1.5%
15 盆休み 12 1.4%
15 DVDラベル 12 1.4%
15 製造 12 1.4%
18 スターウォーズ 11 1.3%
18 アンドロイド 11 1.3%
18 年収 11 1.3%
18 北村浩子 11 1.3%
22 絞 10 1.2%
22 DVD 10 1.2%
22 ケミカルウッド 10 1.2%
22 社長 10 1.2%
26 諏訪ものづくり軍団 9 1.1%
27 日野 8 0.9%
27 DVDラベル 8 0.9%
29 熱発電 7 0.8%
29 日野工場 7 0.8%
29 少年 7 0.8%
29 不都合な真実 7 0.8%
29 工場見学 7 0.8%
29 子供が乗っています 7 0.8%
35 ホワイトカラーエグゼンプション 6 0.7%
35 ゼーベック素子 6 0.7%
35 自作 6 0.7%
35 コロコロからくり 6 0.7%
35 ダイソン 6 0.7%
40 江戸しぐさ 5 0.6%
40 アルミ 5 0.6%
40 スターウォーズ少年 5 0.6%
40 ロボット 5 0.6%
40 プチロボ 5 0.6%
40 千客万来 5 0.6%
40 手形 5 0.6%
40 東芝日野 5 0.6%
40 意味 5 0.6%
49 零細企業 4 0.5%
49 岡野工業 4 0.5%
49 ETC普及率 4 0.5%
49 上場企業 4 0.5%
49 社長の年収 4 0.5%
49 鋳造 4 0.5%
49 ものづくり 4 0.5%
49 IGES 4 0.5%
49 ガンダムショットバー 4 0.5%
49 溶接工 4 0.5%
49 熱 4 0.5%
49 携帯 4 0.5%
49 NTTデータエンジニアリングシステムズ 4 0.5%
49 からくり装置 4 0.5%
49 都筑区株式会社ミドリデンコー 4 0.5%
49 パスボード 4 0.5%
49 スターウォーズⅢ自作ラベル 4 0.5%
49 給料 4 0.5%
49 販売 4 0.5%
49 箔押し 4 0.5%
49 発電 4 0.5%
49 啓愛社 4 0.5%
49 サイトにサブリミナル 4 0.5%

1位は「ガンダム」。

ガンダム人気は衰えるどころか増す一方です。


そして今週のオンリーワンキーワードは、

225位 「ランドウォーカー株式会社 」。

いよいよあのランドウォーカーが独立法人化か??

と思ったら、自転車屋さんでした。
しかも前輪が2つの変わった自転車。

曲がる時や段差の姿勢を観ると、左右別々に動いている。
おもしろそうな仕組みだ。

乗ってみたいけど自転車に10万円以上は使えないなぁ


だれか乗ってる人いるかな?
blogランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

●「ポジティブ・シンキング」をネガティブに考えてみる。

ライター:ダース=トリオムーン@ミナロ

「出来事」を全て良い様にとらえる考え方って
余りに楽天的過ぎないか?
「能天気なお気楽人生」を送りましょう。ってか。

グラスに半分の水を見て
「もう、半分になってしまった。」と考えるのがネガティブ。
「まだ、半分もある。」と考えるのがポジティブ。
日本人はどちらかというとネガティブに物事をとらえがちだと言われるが。

あと50年もすると石油が枯渇してしまう。と言う。

「まだ50年も有るじゃん。そのころまでには何かの<新しいエネルギー>が
開発されているから大丈夫。平気、平気。」
「今までにもエネルギー危機が有ったけどそれを人類は乗り越えてきたんだから
石油が無くなっても大丈夫。人類の英知は素晴らしい。」
「ポジティブに行かなくちゃ。」

そりゃあ「人類」はエネルギー危機を乗り越えられるかも知れませんよ。
でも「日本人」はどうかな?
日本人には知恵がある。と言うけど日本人全員に知恵がある訳じゃ無いし。
石油が減産になれば資源の無い日本は直ぐにお手上げになってしまうでしょ。
本当の意味での「オイルショック」が来るんだよ。
お金が無くなれば食料も輸入出来ないし。自給は出来ないしね。
「ネガティブな考えだなぁ。」

そんな時こそ「ポジティブ・シンキング」が出来りゃいいんだろうけど…。
電気が止まった。工場が止まった。店に商品がない。ガソリンが無い。食べ物も無い。

けれど…。

「明かりが消えて、空気がきれいになって星がよく見える!」
「仕事が無いから子供と遊ぶ時間が出来る!」
「無駄遣いする事が無い!」
「粗食になって、歩くからメタボリックシンドロームから解放される!」
「なんて健康に良い暮らしなんだ!素晴らしい!」

…出来るかな?出来ねぇだろうな~。

極端だけど、「開き直り」とどう違うの?
「ポジティブに考えよう。」と「開き直ってしまえばどーって事ないさ。」との違い。

「この試練を乗り越えれば明るい未来がやって来る。」が
「アクティブ・ポジティブ・シンキング」(能動的積極思考)で

「二進も三進もいかないから、せめて良い方に考えよう。」が
「パッシブ・ポジティブ・シンキング」(受動的積極思考)。

こんな分類が出来るのかな?
<「パッシブ」で「ポジティブ」>っておかしいけど。論理的に。

いずれにせよ「ポジティブ」にばかり物事を考えるってチョット危険だよな。
「危機意識が足りない。」と同義に感じるけど。

こんな事考えてる私って「ネガティブ」な人?



blogランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

つばめ返し

Img_5803
(有)コスモテックの青木さんが、つばめ返しなる技で作ったしおりを送ってくれた。

このつばめ返しという技は、ツヤ箔に特殊なハン?を使うことで部分的にツヤ消しにし、模様を付ける。

その出来映えはすばらしい。

特に金箔に描かれた富士山が気に入っている。

Img_5798

Img_5800

Img_5797


ツヤ箔の光の部分とツヤ消しの影があるだけの単色でありながら深みを感じるのはなぜだろうか。


匠の技という言葉がしっくりくる作品だ。


この絵柄を観ていて思ったのだが、つばめ返し花札なんてあればカッコイイ。


年賀状や暑見舞いの葉書一面が金箔つばめ返しだったらインパクトあるだろう。
来年の年賀状に検討しようかな。


そして(有)コスモテックさんでは、このつばめ返しサンプルを応募者全員にプレゼントだそうだ。

詳しくはこちら “つばめ返し"サンプル配布キャンペーン!

我々も製造業の技を活かさないと
blogランキング

| | コメント (2) | トラックバック (1)

アンドロイド

ロボットがより人に近づいて行く。

現在はここまで人間らしく振る舞う。

声がアレだが、しゃべらなかったら人間だと勘違いする人も多いだろう。


もっと技術が進歩すれば、↓の彼女のようなアンドロイドが出来るのだろうか。

家事が得意で、怒らなくて、綺麗で、ちょっとバカっぽい・・・

男性のあこがれだ。

↓こちらは見た目より、機能(頭脳)がすごいアンドロイドだ。

ルービックキューブを2分と掛からず解いている。

すごいな。

どうやって色を認識しているのだろう。


産業用ロボットではすでにカタチを認識して、モノをつかめる技術がある。


これだけ見た目も識別能力も人に近づいてる。

アンドロイドは割と近いうちに人間の生活に自然と馴染んで行くのかも。


ひょっとしたらあの人はアンドロイド???
blogランキング

| | コメント (3) | トラックバック (0)

週間検索ワード

解析対象期間: 2007年7月30日(月) ~ 2007年8月5日(日)

集計対象アクセス数:779

検索ワード 割合
1 ガンダム 33 4.2%
2 製造業 31 4.0%
3 東芝 29 3.7%
4 東芝日野工場 23 3.0%
5 スターウォーズな少年 20 2.6%
6 ミナログ 19 2.4%
7 ワーキングプア 16 2.1%
8 約束手形 15 1.9%
9 輸出戻し税 13 1.7%
10 熱発電 12 1.5%
10 日野工場 12 1.5%
12 江戸しぐさ 11 1.4%
12 工場見学 11 1.4%
14 日野 10 1.3%
14 社長 10 1.3%
14 製造 10 1.3%
14 ギラン君 10 1.3%
18 年収 9 1.2%
19 ブログ 8 1.0%
19 スターウォーズ少年 8 1.0%
19 プチロボ 8 1.0%
19 DVDラベル 8 1.0%
19 ケミカルウッド 8 1.0%
24 工場 7 0.9%
24 からくり装置 7 0.9%
24 レイアウトマシン 7 0.9%
24 給料 7 0.9%
24 販売 7 0.9%
24 ラベル 7 0.9%
24 北村浩子 7 0.9%
31 零細企業 6 0.8%
31 社長の年収 6 0.8%
31 木型 6 0.8%
31 スターウォーズ 6 0.8%
31 DVDラベル 6 0.8%
31 自作 6 0.8%
31 東芝日野 6 0.8%
38 日刊工業 5 0.6%
38 ガンダムバー 5 0.6%
38 ダウンロード 5 0.6%
38 DXF 5 0.6%
38 野毛電気 5 0.6%
38 ブランディングとは 5 0.6%
38 価格 5 0.6%
38 ハマレンガ 5 0.6%
38 溶接 5 0.6%
38 ホワイトカラー・エグゼンプション 5 0.6%
48 消費税 4 0.5%
48 アルミ 4 0.5%
48 上場企業 4 0.5%
48 領収書 4 0.5%
48 図面 4 0.5%
48 fmヨコハマ 4 0.5%
48 帽子 4 0.5%
48 記者 4 0.5%
48 倒産 4 0.5%
48 社長の給料 4 0.5%
48 ナッちゃん 4 0.5%
48 架台 4 0.5%
48 dvd 4 0.5%
48 アルミ鋳物 4 0.5%
48 不都合な真実 4 0.5%
48 設計 4 0.5%
48 NCネットワーク 4 0.5%
48 研修 4 0.5%


1位は「ガンダム」

この夏、ガンプラ作りにはまってます。


そして今週のオンリーワンキーワードは

192位 「 彼女が水着に着替えたら 」

なつかしい映画~

海とヨットと宝探し、ビデオで何回も観ました。


主役はまだそんなに有名ではなかった頃の織田裕二、あのころはよく似ていると言われたおかしらです。

今では信じられないでしょうけど・・・

海に行きたいね~
blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●「パートタイム・引きこもり」

ライター:ダース=トリオムーン@ミナロ

外界の刺激を一度遮断して
自分自身とじっくり向き合ってみる。

敢えて自分の殻に閉じ籠もってみる。

何が見えてくるのか?

常に世間との関わりが絶えず
情報に、仕事に、人間関係に振り回されている。
自分から進んで関わって行ってるのかも知れない。
「振り回される」ことで、「関係を感じる」事で
何か「安心」を得ようとしているのか。
世の中との関わりの中から相対的に
自分自身の「立ち位置」を確認している。

「忙しい」が口癖の人間は本当は大して忙しくない。
忙しさをアピールする事で「自分自身の価値」を
周囲に認めさせようとしているだけだと。
自分は社会に必要とされているから忙しいのだ、と。
だから自分は「価値」のある人間なのだ、と。

世間との関係を絶った時に見えてくるのは
「己は何者か?」と言う事。
「自分自身の存在価値」は何なのか?
きっと答えは出ないだろう。答えがあるのかすら判らない。

でも時々「パートタイム」でそんな事を考えてみるのも一興かも。
真剣に取り組んだらもしかして「悟り」が得られるかも知れない。
でも「解脱」するまで取り組んだら社会生活がまともに営めないだろうな。
世間から見たら「危ない人」みたいだもんな。

だから自分には「パートタイム」位が丁度良い。

でも、最近やたらと忙しくってチョットした時間も取れやしない。

「あー、忙しい。忙しい。」
「なんでこんなに忙しいの?」


blogランキング

| | コメント (1) | トラックバック (0)