« 週間検索ワード | トップページ | ●知識とアイデア »

二宮清純氏セミナー

(財)神奈川県経営者福祉振興財団の主催で、スポーツジャーナリストとして著名な二宮清純氏のセミナー「勝つリーダー、負けるリーダー」を聞いてきた。

日本サッカー協会会長川淵三郎さん、現在、「キャプテン」と名乗っていらっしゃいますが、私はこの方の手腕が大きかった、この人の手腕がなかったら、サッカーがこれだけの繁栄を築くことはなかったと考えています。(中略)  この川淵三郎さんは本当にすばらしいキャプテンシーの持ち主でした。  1980年代に入って、サッカーをプロ化しようという機運がみなぎってきました。そして、その後、プロリーグ準備検討委員会というものが設立されました。私も、何度かその会議に参加させていただきました。このサッカーのプロ化というのは、単にプロのスポーツリーグを1つつくろうということではなく、言ってみれば国策であり、Jリーグをつくるに当たり、「Jリーグ 100年構想」※という、目的規定宣言のようなものが策定されていました。(中略) そうして始まったわけでありますが、物事はうまくいきません。何かありますと、必ず、反対勢力、抵抗勢力が出現します。川淵三郎執行部に対しても、山のように反対勢力、そして抵抗勢力が出現いたしました。  1990年代に入ってのある会議でのことです。サッカー協会のある幹部が言いました。  「サッカーのプロ化? ちょっと待て。景気も悪くなってきた。どこの企業がサッカーなんかにカネを出すんだ。時期尚早じゃないか」 すると、もう1人の幹部が立ち上がって、こう言いました。「そうだよ。日本にはプロ野球がある。サッカーのプロ化で成功した例なんてない。前例がないことをやって失敗したらどうするんだ。誰が責任を取るんだ」  「時期尚早」、「前例がない」。私はこの2つの言葉を耳にして、「これでもうサッカーのプロ化は難しくなった。今まであれほど議論してきたことは一体何だったんだろう」、非常にむなしい気持ちにとらわれました。  と、そのときです。いきなり立ち上がったのが川淵三郎さんでした。川淵三郎さんがきっぱりと、こう言ったんです。 「時期尚早と言う人間は、 100年経っても時期尚早と言う。前例がないと言う人間は、 200年経っても前例がないと言う」  私は隣で聞いていて、心の中で拍手をしました。よくぞ言ってくれた。しかし同時に、こんなことを言って、大丈夫かなと、少々不安に思ったのも事実です。  しかし、川淵三郎さんは委細構わず続けました。  「そもそも時期尚早と言う人間は、やる気がないということなんだ。でも、私にはやる気がありませんとは情けなくて言えないから、時期尚早という言葉でごまかそうとする。前例がないと言う人間は、私にはアイデアがないということなんだ。でも、私にはアイデアがありませんとは恥ずかしくて言えないから、前例がないという言葉で逃げようとする。大体仕事のできない者を見てみろ。自らの仕事に誇りと責任を持てない人間を見てみろ。次から次へと、できない理由ばっかり探し出してくるだろう。仕事というものは、できないことにチャレンジをして、できるようにしてみせることを言うんだ」と、こうおっしゃったんです。  その一言がきっかけになって、「よし、じゃあもう1回、サッカーのプロ化に向かって頑張ってみようじゃないか」という機運が再びみなぎってきました。そして1992年の秋にJリーグの公式戦、カップ戦がスタートし、93年の春にはレギュラーシーズンがスタートしたわけです。  歴史にif、もしという言葉は禁句です。時計の針を元に戻すことはできません。でも、もし川淵三郎さんがあの会議で、あの名演説で抵抗勢力を喝破しなかったら、間違いなくサッカーはプロ化できていません。  サッカーがプロ化できていないということは当然、Jリーグは誕生していないということです。Jリーグが誕生していないということは、日本代表はこんなに強くなることはなかったということです。日本代表がこんなに強くならなかったら当然、2002年のワールドカップの誘致に成功することもありませんでした。

*二宮清純氏のサイトより引用しました。

特にリーダーには、パッション(情熱)、ミッション(使命)、アクション(行動)が必要であり、勝負の時には、勇気、決断、アイデアを持つ者が勝つ。

国内から海外へ行って活躍するアスリート達は、Skill(技術)を持っているのは当然だが、何よりもWill(志)がすごいのだと。


「人事を尽くして 天命を待つ」と言う言葉は綺麗だが、結局は運任せである。

運というのは回転寿司のように誰にも巡ってくる、しかしそれをキャッチできるか出来ないかが問題なのだ。

運をつかめる者は、準備を怠らない。

「人事を尽くして 天命をもぎ取る!」かのように、準備が出来ている者だけが運をつかみ勝利するのだと。


この他の話も含め90分間、スポーツにまつわる成功、勝利の秘策を聞けました。

とてもいい話でした。

二宮清純氏の話術にも感服しました。

書きとめたメモを見ながら、今後の経営に活を入れたいと思っています。


ヤツにも聞かせたかったのう~
blogランキング

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40436/41796155

この記事へのトラックバック一覧です: 二宮清純氏セミナー:

コメント

>Jリーグが誕生していないということは、日本代表はこんなに強くなることはなかったということです。

で、<サッカーの日本代表が強くなる>とどうなるの?

▲コメント投稿者: ダース=トリオムーン@ミナロ (Jul 10, 2008 7:48:41 PM)

世の中には自分の無能さを隠すために、人のアイデアにケチを付けることで「本当は俺はわかってんだアピール」する人、多いですからね(-)

「時期尚早」や「前例がない」という言葉を口する人は考えることを止めた人ということですね(+)

▲コメント投稿者: きかん坊 (Jul 10, 2008 9:30:20 PM)

反対派、抵抗派に対し「時期尚早と言う人間は、 100年~前例がないと言う人間は、 200年~」と何の根拠もない数字で一喝してしまった川淵さんの「本気」が廻りの迷いを吹き飛ばし、プロ化へ向けて怒涛の勢いをつけたんでしょうね。

緑川さんがミナロを決意した時も、その「本気」があったからこそ、わき目も振らず走り続け、みんなでここまで来たんじゃないでしょうか?

・・・などと生意気いってスミマセンm( _ _ )m

▲コメント投稿者: きかん坊 (Jul 10, 2008 9:48:16 PM)

>で、<サッカーの日本代表が強くなる>とどうなるの?

ワールドカップ誘致に成功したと、言って(書いて)いた。


>緑川さんがミナロを決意した時も、

イヤイヤ、民主主義のルールに則り多数決で決めました・・・

なんてね。

いろんな人に相談したが、起業に賛成したのはわずかひとりだけでした。

それはだれって?

言わずとも判るあの人です。

賛成と言うより、やるに決まっているんだ、という感じでしたがね。


決断する人は時として独裁者と呼ばれますが、独裁者(+)であれば大歓迎です。

▲コメント投稿者: みどりかわ@ミナロ (Jul 11, 2008 8:19:21 AM)

はじめまして

私の夫は金型設計をやっています。私自身もほんの少しだけ設計の仕事に携わっていました。

ガンダムを木型モデルに加工していたり社員募集を「ニュータイプ募集」なんてユーモアに笑っちゃいました。
みどりかわさんは夫と同世代かも?

夫はめっちゃガンダム世代なんです。
私もそれに影響されてPSのガンダムゲームとか一緒にやってます。
私の方が上手いですが(笑)

一度倒産した会社から起業するなんてすごいですね!そのエネルギーといろんな分野での情報収集力に感銘を受け、コメントさせていただきました。

お仕事、お忙しいと思いますが頑張ってくださいね。

また、コメントさせていただきます。

▲コメント投稿者: マーサ (Jul 11, 2008 5:36:07 PM)

>ヤツにも聞かせたかったのう~
 
あの憎いヤツのことじゃのう~ 憎いのう~

▲コメント投稿者: マスター (Jul 12, 2008 8:24:35 AM)

マーサさん、ようこそ。

いいっすね、夫婦でPSとは。
しかもガンダム。

情報は、発信するところに集まるという法則があるんです。

このブログのおかげで沢山の人達の話が聞けるようになりました。

またコメント下さい。


マスターくん
あの憎々しいヤツのことじゃのう~
赤字会社の。

▲コメント投稿者: みどりかわ@ミナロ (Jul 12, 2008 3:04:09 PM)

コメントを書く




*スパム、無責任、言い逃げ、騙りコメントを防止するためメールアドレスは必須としています。
架空アドレスの場合削除する事があります。
お手数ですがご協力下さい。
なお、URLがある場合、そちらが優先で表示されます、サイトをお持ちの方は是非入力してください、お礼に伺います。