« 週間検索ワード | トップページ | 週間検索ワード »

●「ドレスコード」その1

ライター:ダース=トリオムーン@ミナロ

パーティーや式典などに出席する際に
その場所にふさわしい服装を指示される。
「フォーマルでお越し下さい。」とか
「カジュアルでどうぞ。」とか。
その他諸々、場面毎に事細かに決まっているらしい。
着たきり雀、ましてや「パーティー」なんかに招待
される事のない私にはあまり関係ないけれど。


周りの雰囲気を壊さないようにする為のエチケットであるのだが
私はヨーロッパの貴族社会即ち階級による
「差別」の臭いがプンプンとして嫌いではある。
「私たち支配階級のルールも知らない奴がのこのこと出てくるな。」ってね。
もっとも、ヨーロッパに限った話ではないけれども。
『忠臣蔵』の松の廊下の一件にも出てくるからね。

早い話が、<ある排他的社会>の「約束事」を知っているか否かを
確認する為のものなんだろな。
ある意味、非常に「差別的」。

で、本日の話は一般的な「ドレスコード」の話では無くって
私的「ドレスコード」です。
周りの事なんか知ったこっちゃ無い
自分の為の決め事、服装規定。

私は「ツナギ」であちこち出かけます。
セミナーとかチョットした集まりとか
「ツナギ」のまま参加することが良くあります。
「ツナギ」は私にとってフォーマルなんです。
まあ、油まみれのきったないのは着替えますけど。

軍人さんにとって「軍服」はフォーマルだし
学生さんにとっては「学生服」がフォーマルです。
<軍人にふさわしい服装>、<学生にふさわしい服装>。
式典や葬儀などに出席するのになんの問題も有りません。
細かくいうと「軍服」は式典によって色々決まり事があるそうだけど。

じゃあ、メカニックにとって「ツナギ」がフォーマルで
どこかいけないんでしょうか?
私にとっては「スーツ」の方が自分にふさわしくないんです。
<メカニックにふさわしい服装>は「ツナギ」です。
屁理屈でしょうか?…屁理屈だろうな。
「制服」ってよりは「作業着」だもんな。
と、言っても「ツナギ」で葬儀や結婚式に参列したことは有りませんけれど。
「礼服」もってますから。

基本的には
「周りに迷惑掛けてる訳じゃないんだから、何着ててもいいじゃん。」
ってスタンスです、私。
ビシッとスーツ着てても、やたら「オイニィ」がキツイ奴がいたら
その方が迷惑だよね。周りにとっては。女性の香水の付け過ぎとかね。

以前、アメリカ人の大学教授がなんかがどっかの大学(上智か?…忘れた。)で
「ジーンズは野良着なので、ジーンズで講義を受けるのは罷り成らん。」と
言ったとか言わなかったとかでニュースになっていたけれど
早い話が「自分(=権威?)に対する<敬意>が感じられないから、気に入らん。」って
事でしょ?「つまらん事に拘りやがって。」って感じ。
じゃあ、全身タイツに「ネクタイ」してりゃOKなのか?
学生は「学業」が本分でしょ。基本的に「学業」に服装は関係ない。
だいたい、「ネクタイ」っていう布きれも何の為のものなのか意味が判らないけど。

「ドレスコード」ってのは
以前書いた、「ノンバーバルコミュニケーション」ってやつで
「言葉にしなくても、見た目で判る様に出来るのが便利だな。」ってくらいですかね。
「ちゃんと、一通りのマナーやエチケットを身につけてますよ。」
「<あなたの所属する社会>のルールを心得ていますよ。」って。
まあ、カップラーメン喰ってブランドもん身に付けてる様な奴がいるから
あんまり当てにはならないけれどね。


あっ。私ったら、今は「メカニック」じゃないじゃん。そう言えば。



blogランキング

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: ●「ドレスコード」その1:

コメント

お世話になります。

アメリカの俳優が昔、デニムが好きでジャケットをあしらえて高級ホテルのレストランに入ろうとしたところ、入店を拒否されたそうです。
怒ったその俳優は、全米ホテル協会の会長にその事を伝えたら、その日から入店OKになったそうです。
・・・・

エガちゃんは、裸がユニホームと言ってました。

僕のユニホームは着たくもない真っ白いYシャツです

~哀しいけど、これが営業なのよね・・・

▲コメント投稿者: 鳩営業 (Sep 4, 2008, 10:31:17 AM)