« October 2008 | トップページ | December 2008 »

●「エコ替え」

ライター:ダース=トリオムーン@ミナロ

エコエコエコエコ、五月蠅いんだよ!
お前は「黒井ミサ」かっ!
ってな突っ込みを入れたくなる昨今
皆様いかが「エコライフ」をお過ごしですか?
私は景気にかかわらず、自分の為に
相変わらず「二酸化炭素排出量」の少ない
慎ましい毎日を送っております。

「まだまだ使える車」を手放して

「燃費の良い車」に乗り替えるのを「エコ替え」と言う。

その方が「環境に良い」のです。


こんな大嘘で車を買わせようとしているが
現実には「大減産」、「大幅下方修正」。

あれ??でも、こっちの方が「エコ」なのでは?

消費が冷え込めばその分の生産活動が減少する。
工場の稼働率が下がれば、電気の使用量も
輸送その他で消費する石油の量も少なくなります。
車の数が減れば排ガスも減ります。
お陰様で「二酸化炭素排出量」が少なくなる見通しです。
環境には大変よろしい事です。喜ばしいことです。
「マイナス6パーセント」達成ももうすぐでしょう。

不景気大歓迎ですよね?
と~っても「エコ」なんだから。
「エコ、エコ」言ってる皆さん?

「仕事が無い、ヒマだ。」とお嘆きの製造業の皆様
それは「環境にとっては良い事」なんですよ~。
喜ばしい事なんですよ~、環境の為には我慢しましょ~。
自己犠牲の精神ですよ~。


「エコ替え」で下取りに出された車は
その場で解体されて原材料になる。
なんて事は当然あるわけもなく
だいたいがそのままに中古車市場に流れたり
海外に輸出されたりして「排ガス」を出し続けるのです。
そこに新たな「燃費の良い車」が上乗せして「排ガス」を出す。
「排ガス」の総量としては増えているでしょうが。
これが「エコ」?
「エコ」ってどういう意味?「エコノミー」(経済)の略?


誰かが「環境問題」を口実にして
日本の産業を、さらには日本そのものを潰そうとしていないか?

「環境先進国」などとおだてられて音頭取りを押しつけられ
調子こいて「京都議定書」なんてモノを出しちゃって。
日本だけが馬鹿正直に遵守していたら大変な事になったりしないの?
「お前が言い出しっぺなんだから、お前だけは絶対守れよな。」とか言われて。

「エコエコアザラク、エコエコザメラク…」


blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本を元気にする言葉

とあるコンサル会社から、「日本を元気にする言葉」をもらいたいと依頼があった。

日本の著名人365人から一言ずつで、日めくりカレンダーを作るそうだ。

その中には、現役閣僚や知事も居るらしい。


ミナロがその一人で良いかい?と尋ねたが、良いそうだ。
(よほど人が足りなかったのかな・・・)

来年のカレンダーで7冊目らしい、毎年それだけ集めるのは大変だ。
しかもすべて持ち出して2万部作るというのだから頭が下がる。


取材に来たイケメンな彼は、電話だけではなく実際ミナロに来て話をしたいと言うので、わざわざ来社して頂いた。
ミナログも読んでくれているらしい、ケミカルウッドも高校の授業の事も知っていた。


そこで、「日本を元気にする言葉」を考えてみた。
製造業らしくしてみたのだが。


なんだかんだ言ったって日本製

最後まで残るのは日本製

政治以外は日本製がイイ

日本製に敵う物は日本製以外に無い

世界には日本製があふれている

世界は日本製で動いている

重要な部品は日本製

肝心なところは日本製

乗り物乗るなら日本製


さて、ミナロはこの中から1つだけ提出したのですが、それはどの言葉でしょう?


みなさんが思う、「日本を元気にする言葉」も教えてください。


全員市ね、とかは無しで
blogランキング

| | コメント (1) | トラックバック (0)

アングルヘッド

ミナロは新しい武器を手に入れた。

その名はアングルヘッド。

ワークを横から削る工具だ。


これを使うことにより、3軸では削れないアンダーカットの加工も出来るようになる。

ワークは等身大「●ッちゃん」、耳の後ろ辺りを削っているところだ。
         (↑一応まだ伏せ文字)

5軸加工機が普及している世の中ではあるが、3軸+アングルヘッドでも守備範囲は格段に広がる。

今まで段取り替えで時間の掛かっていたワークも、より早く加工が完成するだろう。

便利だぞ~
blogランキング

| | コメント (3) | トラックバック (0)

●<順番>が来た。

ライター:ダース=トリオムーン@ミナロ

オートバイ乗りは

そんな事はあり得ない、間違っていると判っていても

「自分だけは死なない。事故らない。」

と思っている。

オートバイ乗りに限らなくても
殆どの人は「自分だけは―。」と多かれ少なかれ
心のどこかで思っているだろう。
そうでなくては、怖くて外に出られない。
いや、家の中にいても安心していられないだろう。

オートバイに乗らない人から見たら
「なんで、わざわざあんなに危険な乗り物に乗るんだ?」
ってなものだろうが
乗っている当人にしてみればそれ程危険な乗り物だとは思っていない。
自転車だってジェットコースターだって危険と言えば危険である。
それに何しろ「自分だけは死なない。」って思っているんだから。
何に乗っていても同じである。歩いてたって危険はある。

「<運の無い奴><技術の未熟な奴>から事故るだけで
 自分の<順番>はまだまだ先。きっと寿命が尽きるまでは回って来ない。」

どこかで、そう思っている。
それは決して「奢り」とかでは無いと思う。
そんな考えが少しも無かったらば人生何も出来なくなってしまう。
況してや、オートバイなど乗っていられない。

その反面
人間は誰しも何時どうやって死ぬか判らないし、死は必然なのだから
「何時死んでもおかしくない。」とも思っている。
矛盾しているかもしれないが死をいつも意識している。
ただの「無謀な人間」では無いし、「自殺志願者」でも無い。


そんなオートバイ乗りの一人に<順番>が回って来てしまった。

私が懇意にしてもらっているショップの常連さん。A氏としよう。
数人で某所にツーリングに行き、左コーナーで曲がりきれずに
対向車線に飛び出した所、対向してきたオートバイと正面衝突。
A氏は即死、相手も意識不明の重体となった。
日曜の午前中の出来事だった。

A氏が乗っていたのは1000ccの大型スポーツ車。
100キロを超えるスピードでコーナーに入っていったそうだ。
相手の人が乗っていたのもメーカーは違うが同じく1000ccのスポーツ車。
こちらも100キロ以上出ていたらしい。
相手の人のその後を知らないが
命は取り留めたものの、身体的ダメージはかなり酷かったとか。
一人で走りに来ていて事故にあったらしい。

事故の原因は完全にA氏の<オーバースピード>。
こう言っては何だが「自業自得」。言い訳のしようがない。
相手にしてみれば「貰い事故」。本当に運が悪いとしか言い様がない。
ほんの数秒でも時間が前後していれば当たらなかっただろうに。
えてして、事故というのはこの様に偶然が重なって起きるものだ。

と、ここまで聞くと
「若者の無謀運転が引き起こした悲劇」
と思われがちなのだが。
さにあらず、である。

A氏は働き盛りの45歳。分別あるいい大人である。
自分も一、二度面識があるのだが、確か小学生の子供がいた。
そして、相手の人もニュースによると44歳。
残された両家族のことを思うと何ともやり切れない。

亡くなった人の事をとやかく言うのはなんだが
「いい大人が、どうして…?」と。
オートバイに乗る様な人はどこかガキっぽい所があるものだけれど
「ガキじゃないんだから…。馬鹿野郎だね。」と思う。

ショップの社長さんもかなりのショックを受けていた。
そりゃそうだろう、つい先日まで馬鹿話をして笑っていた人が
突然逝ってしまったのだから。

自分も長いことオートバイに乗っているので
十代の頃からかなりの数の仲間、知人を見送っている。
逝ってしまった奴の事はもう、仕方がない。それが寿命だったのだろう。
二度と会えなくなっってしまった、と言う「寂しさ」に耐えればいい。
だた、「残された人達」を見るのが忍びない。

年齢が行くほどに、「世の中との関わり」が増えるほどに
「残された人達」の数が増えるものだ。
十代の頃に「仲間を見送る事実」と向き合った事と
今とでは受ける印象がずいぶん違う。
自分にも「世の中との関わり」が多くなっているからだろう。


こんな事書いていると気分が沈んできちゃうな。
読んでてもそうだろうと思うが。
「なら、書かなきゃいいだろ。」とも思うけど…。
書くことで気持ちを整理しているんだよね。
「より良く生きる為に」さ。

お付き合いありがとうございます。

自分や自分の仲間に<順番>が回ってくるのは
ず~~~~~~~~~~~っと先でありますように。

"Godspeed you!"


blogランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

忘年会のお誘い

【締め切りまでトップに表示しておきます】
現在、大人子供含め約30名ほどの参加申し込みをいただいております。


Hakkei_veiw01
早いモノでもう11月半ば。

そろそろ忘年会の準備をしなくちゃね。

ということで・・・

わがままな営業の進言により、今年は屋形船での忘年会を企画しました。

掘りごたつ完備の新型屋形船で、八景島から横浜の港へ向けて出港。
おいしい料理と酒で、日本と製造業の未来を語らいましょう。

日時 12月21日(日) am11:30集合 正午船出
場所 シーサイドライン八景島駅 (八景島桟橋)
会費 大人一人 \10,500-
    子供一人 \5,250-

平日の夕方だと、仕事で遅れて「船、出ちゃったよ~ orz」なんて事にならないように日曜日にしてみました。
そう言うわけで日曜の昼につき家族連れOKです。

たまには家族の顔も見せてみ~


屋形船のサイトはこちら
屋形船濱進


参加の方は12月15日(月)の午前中までに連絡頂けるとうれしいです。<幹事>


鳩くんは海パン用意すること
blogランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

週間検索ワード

解析対象期間: 2008年11月3日(月) ~ 2008年11月9日(日)

集計対象アクセス数:727

検索ワード 割合
1 ナッちゃん 59 8.1%
2 jimtof 33 4.5%
3 JIMTOF 31 4.3%
4 製造業 28 3.9%
5 なっちゃん 25 3.4%
6 東芝日野工場 20 2.8%
6 ブログ 20 2.8%
8 東芝 18 2.5%
8 社長 18 2.5%
10 約束手形 16 2.2%
11 鉄工所 15 2.1%
12 DVDラベル 13 1.8%
12 日野工場 13 1.8%
14 漫画 12 1.7%
14 年収 12 1.7%
14 たなかじゅん 12 1.7%
17 ガンダム 11 1.5%
17 ギラン君 11 1.5%
19 スーパージャンプ 10 1.4%
19 ミナロ 10 1.4%
21 自作ラベル 9 1.2%
21 ダイソン 9 1.2%
21 ラベル 9 1.2%
21 印刷 9 1.2%
25 2008 8 1.1%
25 銀行 8 1.1%
27 掃除機 7 1.0%
27 DVD 7 1.0%
27 社長の年収 7 1.0%
27 啓愛社 7 1.0%
27 スターウォーズな少年 7 1.0%
27 評判 7 1.0%
33 Zガンダム 6 0.8%
33 ゴルフボール 6 0.8%
33 ランドウォーカー 6 0.8%
33 発電 6 0.8%
37 自作dvdラベル 5 0.7%
37 領収書 5 0.7%
37 中小企業 5 0.7%
37 検索ワード 5 0.7%
37 熱 5 0.7%
37 パチカ 5 0.7%
37 下町鉄工所奮闘記 5 0.7%
37 価格 5 0.7%
37 機械設計 5 0.7%
37 Zガンダム 5 0.7%
37 DVDラベル 5 0.7%
37 アルミ鋳物 5 0.7%

ランキングはご覧の通り。

ナッちゃんがダントツの1位。
JIMTOF効果ですな~

今回のナッちゃんのフィギア、たなかじゅんさんのブログでも取り上げていただきました。


テレビドラマ化も近いかも!
blogランキング

| | コメント (1) | トラックバック (0)

●「モノづくり」と言う言葉

ライター:ダース=トリオムーン@ミナロ

「モノづくり」という言葉に「違和感」を覚えると

作家の村上龍氏が言っていた。

自分も「モノづくり」の会社に居て
     「モノづくり」を仕事にして
     「モノづくり」をよく口にしているし
自分のやっている事を一言で言うと
確かに「モノづくり」なのだが
何となく「しっくりしない」、軽い「違和感」を覚えていた。

皆がみな、「モノづくり、モノづくり」と、口のするのを聞くにつれ
「天の邪鬼」の私だから、自分が口にするのを嫌がっていたのではないか
と、自己分析をしても見たのだが、それもどうも違うようだ。

何となくだが、言葉そのものに対して何かが引っかかる。
そんな気がしていた。
新聞や雑誌の見出しの「ものづくり」とか、「ものづくり大学」とかに。
「ものづくり大学」???。なんだかな~、って。

それが何なのか、いま一つ判らなかったのだが
村上氏が自分と同じように「違和感」を感じていると言うのを聞き
そして彼の説明を聞いた時に、自分が感じていた「違和感」が
何なのか少し判ったような気がした。


「モノづくり」と言う言葉が盛んに使われる様になったのは
九十年代あたりからで
それまでは「モノづくり」などと言う言葉は無かった。

言葉は、その言葉が表すモノが<危うく>なり
人々の意識がその事象に向けられる様になる事で
定義づけられ、言葉としての意味を強く持つ様になる。
そして普遍的な言葉になる。

即ち、九十年代頃に日本の「モノづくり」が危うくなったので
「モノづくり」という言葉が盛んに使われる様になった。

今盛んに「モノづくり」と言われていると言った事実は
裏返すと「モノづくり」そのものが<危うい>状況にある。

「モノづくり」と言う言葉が使われるようになって
既に十年以上経過していることから考えるに
実際の所は、「モノづくり」は既に壊滅的状況にあるのではないか?

「モノづくり」と言えば言う程に、言葉が虚しいモノに感じられる。

まあ、ざっと以上のような事であると、村上氏は言っていた。
なんか判る気がする。

誰が「モノづくり」と言う言葉を使っているか?って事も
ポイントだと思う。
「モノづくり」の人が使うのは当たり前と言えば当たり前なのだが
「モノづくり」で無い人が普通の単語のように使う様な状況が
危うさのバロメーターなんだと。

では、それまでは日本に「モノづくり」は無かったのか?
当然、そんなことは無い。身の回りに溢れていた。
当たり前のことなのでわざわざ「モノづくり」などと表現するまでも無かった
ので言葉が必要無かったと言うのだ。
そして、バブルの崩壊後「嘗ての日本」に戻ろうとした時に
バブルの熱狂の中で「モノづくり」が危うくなっていた事に気付く。
それが九十年代以降の事だった。そしてその状況は今も。

「地球環境」と言う言葉も同じ様な事だと思う。
嘗ては、当たり前すぎて誰も「地球環境」などと声高に言ったりしなかった。
ところが人々の関心が「地球環境」に向けられる様になると
やたらと「地球環境」と言う言葉が使われる事となる。
その事は、最早「地球環境」が危機的状況である事を表している。

まあ、病気になって初めて健康の意味が判る。みたいなモノですかね?

「みんなが『モノづくり』と言っている限りは日本の『モノづくり』は駄目なまま。」
だそうだ。

「みんな、『モノづくり』って言うなあああああああああっ!」



blogランキング

| | コメント (5) | トラックバック (0)

週間検索ワード

解析対象期間: 2008年10月27日(月) ~ 2008年11月2日(日)

集計対象アクセス数:640

検索ワード 割合
1 製造業 28 4.4%
2 ナッちゃん 21 3.3%
3 ETC普及率 18 2.8%
4 社長 14 2.2%
5 からくり装置 13 2.0%
6 普及率 11 1.7%
6 バナー 11 1.7%
8 JIMTOF 10 1.6%
8 東芝日野工場 10 1.6%
8 DVDラベル 10 1.6%
8 倒産 10 1.6%
8 年収 10 1.6%
8 ETC 10 1.6%
14 東芝 9 1.4%
14 パチカ 9 1.4%
14 赤黒シンプルデザイン 9 1.4%
14 ランドウォーカー 9 1.4%
18 約束手形 8 1.2%
18 DVDラベル 8 1.2%
18 販売 8 1.2%
21 名刺 7 1.1%
21 鉄工所 7 1.1%
21 レイアウトマシン 7 1.1%
21 ケミカルウッド 7 1.1%
21 なっちゃん 7 1.1%
26 ブログ 6 0.9%
26 ガンダム 6 0.9%
26 日野工場 6 0.9%
26 自作DVDラベル 6 0.9%
26 2008 6 0.9%
26 製造 6 0.9%
32 社長ブログ 5 0.8%
32 倒産した会社の社長 5 0.8%
32 豆腐用木型 5 0.8%
32 木型 5 0.8%
32 通販 5 0.8%
32 加工 5 0.8%
32 etc普及率 5 0.8%
32 ドレスコード 5 0.8%
32 検索ワード 5 0.8%
32 ヒラト 5 0.8%
32 jimtof 5 0.8%
32 加工しにくい設計 5 0.8%
32 ダイソン 5 0.8%
32 ラベル 5 0.8%
32 ギラン君 5 0.8%

ランキングはご覧の通り。


そして今週のオンリーワンキーワードは、

171位 「景気に左右されない」

企業にとって景気に左右されないで経営できたらどれだけ良いことか。

景気による上ブレでも下ブレでもそのたびに苦労する。
派遣社員で人員調整するのは企業にとって好都合だ。
しかしそのたびに問題をおこす。

しかも報道による伝聞で、実際の景気より大げさに伝わる。


みんな景気のせいにしすぎてはいないか?


景気が悪いときこそ、財布のヒモをゆるめる必要があると思うのだが。


貯金はいずれ無くなるが、借金は人を育てる・・・ かな

blogランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

●「金が無い」

ライター:ダース=トリオムーン@ミナロ

金さえあれば幸せなのか?

無いよりは良いんだろうね、たぶん。

持ったこと無いから判らないけど。


十年以上前、私がメカニックをしていた頃のお客さんの話である。

その人は「ランボルギーニ ディアブロ」に乗っていた。
車の事を知っている人なら判ると思うけど
「ランボルギーニ」に乗っている人は間違いなく「お金持ち」だよね。
新車価格が私の住んでいる部屋と同じ位の値段なんだから。
そりゃあ、高い車さ。
「お金持ち」しか買うことが出来ない。

で、そのオーナー曰く
「ブレーキキャリパーをもっと良い奴に換えたいんだけどさ
 金が無いから、ポルシェ用の奴をアメリカから取り寄せて換えようと思うんだ。」
だって

この人、日本語の使い方判っているのか?
普通は「金が無いから、…買わない。」ってなるんだよ。
あんたが「金が無い」っていうなら、わたしゃどんな状態なのよ?
そのキャリパーって私の月給よりも高いのよ。
車は家とおんなじ値段だし。その家だって残りの人生のすべてを掛けて
支払をするってのに。

なんで、「お金が無い」なんだ?

ここで私は悟りました。
お金ってのはどれだけ持っていても「足りないモノ」なんだ、と。
「ランボルギーニ」に乗っていても「金が無い」んだ、と。
ホリエモンも「金が無かった」んだ。

な~んだ「足りない」のは私が貧乏だって訳じゃないんだ。
お金って言うのはそう言うモノだからなんだ。
わたしゃ、てっきり自分が貧乏だからお金が無いんだと思い込んでいたよ
誰でも「足りない」のね。お金って。

きっと、ビル=ゲイツも。



blogランキング

| | コメント (6) | トラックバック (0)