« 屋形船忘年会 | トップページ | ●お気に入りの道 »

2つのシナリオ

下方修正が続き、いよいよ赤字の見通しとなった自動車業界最王手企業だが。

わずか数ヶ月の間に、1兆6千億円の黒字から1500億円の赤字へと約2兆円も読み違えるだろうか?

輸出戻し税で数千億円も戻ってくる企業なのに、この微妙な赤字幅はなんなんだろうか。

これには2つのシナリオがあるように思えるのだが・・・


1つは2009年問題

2009年問題(2009ねんもんだい)とは、製造業において、派遣労働者を企業が正規採用しなければならなくなる問題である。『ウィキペディア(Wikipedia)より』

製造業に派遣労働者が認められた年、真っ先に採用した電機・自動車の大手企業達が、今度も真っ先に経営悪化を打ち出した。

その後、儲かってないんだからという大義名分で、大量の派遣切り。

2009年問題は一挙に解決した。

これを3年ごとに繰り返せば正規採用せずにずっと使える。


2つめは米ビックスリー

米ビックスリーの労働者は時給7000円(日当ではなく)と、とてつもなく高価だ。
たとえ米政府が公的資金で介入したとしても、この時給で経営がやっていけるはずがない。

今や自動車メーカーのトップとなった企業でさえその約半分だ。


そこで今回の赤字報道。

世界のトップメーカーが赤字だという大義名分で、どう考えても時給7000円は貰いすぎではないか。
その時給を半分にしたら雇用しましょう。
ついでに関連部品工場も買い取ってあげましょう。
円高ですから安い買い物です。

そんな算段があるかもしれない。

というかシナリオとしては当然考えているだろう。


米大統領の交代を機にビックスリー問題は解消に向かい。
来年の決算報告では思ったより赤字は少なく、派遣の再雇用が始まる。

2つの問題を解消に向かわせるには最高の赤字見通しではないか。


来年はどんな年となるでしょう・・・
blogランキング

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40436/43541757

この記事へのトラックバック一覧です: 2つのシナリオ:

コメント

Dr.伊野です(笑)。私の勤める企業でもまさに2009年問題で多くの派遣が契約終了となります。そこにきて、優秀な派遣の人を残して、無能な高給取りの管理職を切ってほしいですが....。失礼!ちょっとスパイシーでした。円高による利益減も大変な状況になってきました。日本社会にとって2009年はいろんな意味でCHANGEの年になりそうです。
ダーウィンが言ったとか、言わないとか、
「この世に生き残る生き物は、最も力の強いものか。そうではない。最も頭のいいものか。そうでもない。それは、変化に対応できる生き物だ」
生き残りましょう!!!!

▲コメント投稿者: 伊野平太 (Dec 27, 2008 9:24:38 PM)

コメントを書く




*スパム、無責任、言い逃げ、騙りコメントを防止するためメールアドレスは必須としています。
架空アドレスの場合削除する事があります。
お手数ですがご協力下さい。
なお、URLがある場合、そちらが優先で表示されます、サイトをお持ちの方は是非入力してください、お礼に伺います。