« ひと山越えた | トップページ | テクニカルショウ終幕 »

●”THINK ALONE”

ライター:ダース=トリオムーン@ミナロ

生物は環境に合わせて、身体的特徴を変化させる。

高い所の葉を食べるために「キリン」の首は長くなった。

「環境に適応できたDNAが次世代に引き継がれる。」って所だろうか。
いくら何でもある日突然、一個体の首が伸びたりはしないものね。
ろくろっ首みたいにさ。

たまたま首が長い奴(突然変異)が高い所の葉を食べられたので生き残り
だんだん首が長い奴の度合いが増していった(適者生存)(自然淘汰)ってのが
通説っぽいけど…、な~んかしっくりしないよなぁ。

「中ぐらいの首の長さのキリンの祖先」ってやつは
その化石が見つかっていないらしい。
「ミッシングリンク」って言われているとか。
「失われた」のか「未発見」なのか?
今のところ「キリン」は初めから「キリン」として生まれてきたらしい、って事だそうだ。

だいたい、中途半端な長さの首じゃ
結局は高い所の葉は食べられないものなんだから。
いきなり「キリン」として生まれて来ないと首を伸ばした意味がない。
ちょっと、ダーウィンさんその辺はどうなの?

ダーウィンさんの考えは確かに一理あるとは思う。
でも、でもね~。なんだかまどろっこしいというか。

で、私は私なりに考えた。
「あそこの葉が食べたい」っていう<意志>が「キリン」を生んだんじゃ無いのかと
私は思ったのですよ。
「キリン」に生まれれば、あの葉が食べられる。
そうして、「キリン」として生まれ出たのが「キリン」。

~~~~若かりし頃、そんな事をぼんやりと、ひとりぼっちで考えていた。
理路整然と、って言うよりは、な~んとなくね。

そうしたら後になって見つけました、「ウイルス進化論」という考え。
なるほど、はいはい。そういう考えね。面白い。
ウイルスって本体は「遺伝情報」だもんね。

でもやっぱり<意志>の力がどっかで作用しているんじゃ無いかと…。
<意志>が無ければ<カタチ>が決まらないんじゃないかなぁ?
それがどんな力で、どう作用するのかは判らんが。

判ったらすごいけどね。
神のヒミツ、神秘ってやつだもん。凡人には無理だ。



blogランキング

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: ●”THINK ALONE”:

コメント

キリンの睡眠時間は草食動物の中で一番短い20分らしいですよ。その中でも熟睡している時間は1分だそうです。寝ている時間は幸せだと思う反面、時間の無駄だだと思う私にとっては羨ましいですわ~。

▲コメント投稿者: なが (Feb 11, 2009, 8:38:17 PM)

かのゲイジツカ
サルバドール=ダリの創作中の睡眠は

固い床に置いた椅子にスプーンを手にして座って寝て
スプーンが床に落ちた音で目覚める迄、だそうです。

ウトウトして手からスプーンが離れて床に落ちるまでの
一瞬ってことね。

▲コメント投稿者: ダース=トリオムーン@ミナロ (Feb 11, 2009, 11:05:46 PM)

コメントを書く




*スパム、無責任、言い逃げ、騙りコメントを防止するためメールアドレスは必須としています。
架空アドレスの場合削除する事があります。
お手数ですがご協力下さい。
なお、URLがある場合、そちらが優先で表示されます、サイトをお持ちの方は是非入力してください、お礼に伺います。