« February 2009 | トップページ | April 2009 »

定額給付金でなにを買う?

なんだかんだと定額給付金の支給が始まったようだが。

あなたは定額給付金でなにをしますか?

「なにを買いますか」どはなく「なにをしますか?」と聞いてみた。


定額給付金の本来の目的がなんだったのか?
弱者救済だったのか景気刺激だったのか、やっぱり票稼ぎだったのかは今となってはどうでもイイ。
数ヶ月もすればそれなりの答えが出るだろう。

肝心なのは、この制度で使う約2兆円ものお金が、日本に住む国民の役に立っているかどうかだ。

一人当たりにすると1万2千円也と微妙な額だが、それでも総額は2兆円。


これだけまとまった埋蔵金が出せるなら、一時の支給ではなく、将来への投資をしたほうが絶対良いと思う。

例えばメタンハイドレート資源開発への投資。

メタンハイドレートとは日本近海に大量に存在する天然資源で、開発に成功すれば資源を他国に頼っている日本にとって、エネルギーの枯渇、高騰と言った問題が無くなる。
詳しくはメタンハイドレート - Wikipedia

将来は資源国として、法人税も住民税も所得税も無し!の無税国家が出来るかも知れない。

日本の技術者が本気で取り組んだら、やって出来ないことでは無いだろう。


そう言うわけで、今回もらえる1万2千円で将来の夢を買おうと思います。
ある団体に寄付しようと決めました。

それはこちら
製造業応援ブログ 『すごいぞ!日本の製造業! 』元気な日本を作ろう!

スポンサーも無く、手弁当で全国の町工場を取材し、まさに製造業のために命を掛けているジーズ山本氏へ、感謝の念と共に差し出したいと思います。


翼を持ってもらおうじゃないの
blogランキング

| | コメント (9) | トラックバック (0)

●「狡兎死して良狗烹らる」

ライター:ダース=トリオムーン@ミナロ

以前の『三国志』につづき

『劉邦と項羽』(なぜか『項羽と劉邦』ではない)

をGyaoで見終わった。(こちらは全三十五話)


項羽を討ち、天下を取った劉邦だが
漢王朝を永らえる為には今までと違った方向での
才能が必要になる。
出来上がった組織を維持する能力っての?
劉邦亡き後までを視野に入れての戦略立案をしなければならない。
皇帝になったらそれで「あがり」と言うわけにはいかないのだ。

共に戦った将軍達ではあるが
戦争のない世の中では必要のない存在、と言うよりむしろ邪魔。
お互いに疑心暗鬼になり
主立った将軍達は次々と粛清される。

ここで活躍したのが呂皇后。
漢王朝を脅かしそうな奴は情け容赦なく粛清。
いくさでは負け知らずの韓信もあえなく殺されてしまう。
邪魔者は片っ端から殺しまくる。煮物にまでしてます。

劉邦は皇帝に即位したら腑抜けてしまい
側室に入れあげちまう始末。
側室の子を跡継ぎにしようとさえする。
「秦の二の舞」と周りは諫めるのだが。
目先の事しか見えなくなっちゃっているんだな、女で。
ま、結局は劉邦が死んでしまうので
その後暫くは呂皇后の天下が続くのだが。

「中国の三大悪女」の一人に数えられる呂皇后だが
彼女が居なければ漢王朝はそう長くは続かなかったんじゃないかな。
中身は色々とあるけれど(殺したり殺されたり、取ったり取られたり)
歴史的に見れば漢王朝は安定していたわけだし
平民からしてみれば大きな戦争がない世の中だった。

項羽を倒すまでは武器を持って戦う男達が主役だったが
その後はどちらかというといろんな意味で女が主役。
壊したり造り上げたりするのが「男性的論理」で
出来上がったモノを維持するのが「女性的論理」ってところかね。
なんだか「両界曼荼羅」の「金剛界」「胎蔵界」に通じるところが
あると思います。

呂皇后は女性だったからこそ
良くも悪くも歴史に名を残したんだろうな。
もしも男だったら、項羽とキャラがかぶりそうだもんね。
女性だからこそ生きたキャラだったんでしょうな。
呂皇后のエピソードを聞くと「おんなってこわっ!」って
思っちゃうよね。
ある意味「メスの強さ」なんだろうけど。
オスは敵いませんな、メスには。

そんな中でも上手く立ち回ったのは張良。
とっとと隠居を決め込んでしまい
余計なことにはなるべく関わらない。
流石です。
劉邦が天下を取る前から見えていたんでしょうな、その後が。
そして、おんなの怖さも。


blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国のチェ

韓国のチェ氏からメールをもらった。

(ゲバラとは違い、ものごし柔らかいチェではあるが)



いつもお世話になります。

ご無沙汰しております。

サクセスのチェです。

昨日のWBCの2連覇おめでとうございます。

アジアの野球がここまで成長してきて、

WBCの決勝で日本と韓国と対戦ができたということで、

こちらも騒いでおります。

今回のWBCで見せ付けたアジアの実力で

世間からアジアの野球を見直してもらえるきっかけになったと思われます。

(日本はWBCの優勝、韓国はオリンピックの優勝。)

これからもお仕事の面でもスポーツの面でも日本と韓国と

お互いに助け合いながら成長して行く事を心から願っております。

苦しい時期ですが、野球で一度笑えることができました。

また、よろしくお願いいたします。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
*************************************************
(株) サクセス チェ

(411-380)韓國京畿道高陽市一山區?項洞864-2
METROPOLIS 901號

http://www.2success.co.kr/
*************************************************


韓国は日本よりも貿易だよりの経済だ、ウォン安で原材料が高騰し、輸出先には金融危機の不況で買ってもらえない・・・

(株)サクセスも埼玉出張所を閉めたと聞いた。

がんばっている人々を応援したくなるのに国境は関係ないだろう、ましてや同じアジア圏、隣国だ。
WBCで見せてくれた感動を、モノづくりの世界でも起こしたい。


がんばれ韓国! がんばれ日本!
blogランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

●記憶は遺伝するのか?

ライター:ダース=トリオムーン@ミナロ

DNAに刻み込まれた、遙かな記憶」なんてフレーズを

耳にする事があるのだが

果たして後天的な学習の結果である「記憶」が

DNAを通して親から子へ伝わるなんて事があるのだろうか?

DNAに「記憶」を書き込む部分が存在するのか否か?と言う事なんだが。

もしDNAに個体の記憶を書き込む部分があるとしたら
そしてそれが子供に遺伝するとしたら
色々な経験を積んだ親の子ほど
ポテンシャルが高いと言うことになりはしないだろうか?
親が若いときの子供より
年を重ねた後の子供の方が優秀なのだろうか?
若くても経験が豊かな親の子供の方が
経験の少ない親の子供より優秀なのだろうか?
何を以て優秀と言うかは難しいのだが
まあ、「生物として優秀」とでも言えばいいのか。

以前「扁桃体」の壊れたサルの事を書いたが
サルの脳(扁桃体)には生まれながらに
ヘビ(のようなモノ)を怖がる部分があって
誰に教えられなくても
ヘビを恐れる様に出来ているらしい。
自己防衛本能の一部に組み込まれているらしいのだ。

じゃあ、「ヘビを天敵と認識する事」は
持って生まれた資質=本能であると言う事になるとすると。
何時、どうやって本能に組み込まれたのか?
偶然「ヘビを恐れる資質」を持ったサルが生まれ
自然淘汰の中で生き残ったからなのか?
それとも
仲間がヘビに噛まれ死んだのを目撃した記憶がDNAに書き込まれたからなのか?

「アホウドリ」の脳には
「人間を天敵として認識する」項目が入って無かったので
無警戒のまま人間に捕獲されまくり、危うく絶滅するところだった。
簡単に捕まるから「アホウドリ」と名付けられたくらいだもの。
絶滅しかかったくせに「アホウドリ」は未だに「アホウ」である。
先日TVで見たが未だに人間に対する警戒心は無いらしい。
人間が近寄っても全く逃げるそぶりも見せない。
愛すべき「アホウ」である。
野生動物の中でも人間に対しての
警戒心を持つ種と持たない種があるようだが
その違いは何なのだろう?

そんなこんなで気付いたことがある。

「日本のスズメは人に対する警戒心が強い」

何処の国へ行っても公園などにはハトやスズメがいて
人からエサをもらっている。(自分の知る限り)
奴らの主食はパンやポップコーン、ビスケットなどである。
ベンチに座ってランチなんぞをしているといつの間にか
「人だかり」ならぬ「トリだかり」出来ている。
ローマでもパリでもスズメ(日本のとどう違うのか判らないがスズメに違い無いだろう)
がやって来るのだが
奴らは手から直接パンを食べる。
手の上に乗ってくる奴まで居いる。あまり警戒していないみたいだ。
ニュージーランドのスズメも手から直接パンを食べていた。

日本ではハトは結構図々しい奴が居ても
スズメはいないんじゃないか?
結構近くまでは来ても
手から直接食べる様な奴は見たことがない。

そう、日本は稲作の国なのでスズメは人間の敵なのである。
って事はスズメにとっても人間は敵なのだ。長い因縁がある。
だから日本のスズメは人間に対する警戒心が強い、と考えることが出来る。
もしかしたら日本のスズメのDNAには
「人間は敵」という項目が書き込まれているのだろうか?
都会のスズメは最早、稲作とはあまり関係が無くなっている。
それでもなお、人間に対する警戒心が残っているとすれば
それは「人間は恐い」という何代にもわたる記憶が
遺伝している事の証明になるのでは?

イタリアやフランス、ニュージーランドは農業国であっても
稲作は殆ど行われていない。
だから、人間とスズメの関係は良好なのである。
敵対関係が初めから存在していないかった。
よってスズメに警戒心が無いのではなかろうか?

ここでひとつの仮説が立てられる。

「稲作の国のスズメは人間に対する警戒心が強い。」

と同時にこの仮説が立証されると
「記憶は遺伝する」という仮説が立証出来る可能性が見えてくる。

ちょっと誰か
世界中の「稲作の国」を回って
スズメの警戒心を見てきてくれ!


blogランキング

| | コメント (3) | トラックバック (0)

不景気は14ヶ月で終わる

先日、三宅久之氏の講演を聴いてきた。

政局の話から経済の話までを二時間。
さすがしゃべるのが職業の方だ、話がとても面白い。

その中で、過去の不景気は、短くて14ヶ月、長くても30ヶ月で終わったと言っていた。

今回の不景気がいつ始まったのかは、多少のずれがあるとしても、もうすでに半年以上は経っている。
中にはもう1年は経つというみかたもある。

それに、これだけ急激に落ちた市場は回復するのも早い。

きっと数ヶ月後には、夏休みが取れなくなるほど回復しているだろう。


この予想がハズレだとしても、もうすぐ景気は回復するという認識さえ皆にあれば、それこそあっと言う間に好景気だ。

日本の産業には底力があると思う、どれだけ厳しい条件でもそれに従い利益を出す工夫は世界的に見ても日本だけでは無いだろうか?

いま世界でなにが必要か?
それを提供できるのどこか?

おのずと答えは出ていると思うのだが。


みんなでカネ使うべ~
blogランキング

| | コメント (14) | トラックバック (0)

全高18メートルの等身大ガンダム

20090312

バンダイナムコグループは3月11日、「機動戦士ガンダム」のテレビシリーズ放送開始から30周年を記念して、全高18メートルの等身大ガンダム立像を建造すると発表した。7月上旬から約2カ月間、東京・お台場の「潮風公園」で一般公開する。

とうとう来たアルネ。

Aパーツだけだったり、寝そべっている等身大はすでに有ったけど、こんどは立ちで18メートルだ。

製作は乃村工藝社、制作費は非公開。
(なんでミナロに来ないアルカ?)


頭部の可動と、発光、ミストを噴射するギミックがあるらしいがそれだけじゃもったいない。
十分人が乗れる大きさななんだから、コクピット再現して欲しい。
(なんならミナロでつくるアルヨ)


今年はガンダム放映開始30周年。
(横浜開港150周年より人気ありそうアルネ)

色々なイベントが用意されているみたい。

30周年記念 等身大ガンダム製作へ 高さ18m、7月上旬にお披露目

全高18メートルの等身大ガンダム、お台場に立つ


18mナッちゃんつくっちゃうぞコノヤロ-
blogランキング

| | コメント (5) | トラックバック (1)

●「自分」にいいきかす

ライター:ダース=トリオムーン@ミナロ

「ブログの記事って、(ミナロの)社長に向けて書いているんですか?
みたいな事を幾人かの人から続けて訊かれた。


もう、ずいぶんといろいろな事を書いてきたので
記憶力の乏しい私にはどの記事の事を言っているのか
さっぱり判らないのですが…。????。

基本的に
私の記事は自分自身に向けて書いております。

世間や誰かさんに向けて書いている体をとっているけれどそれは、多少は読んでいる人のことを意識しているからであって(だってブログですからね。でなければ自分の日記帳に書きますわな。)
あくまで基本は自分に向けてです。
正直、それほど読んでいる人の事を意識していません。
誰かに何かを伝えたいなんて気持ちはあんまりありません。
「なんか、ほざいてるよ。」みたいに思ってサラッと読み飛ばしてもらっていいと思っています。
その方が、私としても気が楽です。
元々自分が開設したブログじゃ無いしね。(植木等的)無責任なんです。
文句を言うだけなら誰でも出来るんです。
記事を書いているのは確かに私ですがアップするかしないかは社長次第だし。

記事のきっかけになる様な出来事や人物はあるにはあるけれど「誰か特定の人物に向けて」って事は無いつもりです。
あくまで、一般論。
「こういう人って世の中にいるよね。」
「自分も気をつけないとね。」
「人のふり見て、我がふり直せだよね。」
「みんなはどう思っているのかな。」
み・た・い・な・事を書いているだけです。

以前にも書いたけど
記事は時間が有る時に一気に7~8回分を書き溜めしています。
PCに向かって好き勝手書いているときには
もう、読んでいる人の事なんかは考えていません。
その時の自分の思うことを整理して文章化するだけ、みたいになってます。
文語調、口語調などの文体の統一感があるかとか、誤字脱字は無いかとか。
小論文の習作みたいにしか意識していませんのよ。


大体が書かれている内容が正しいなんて保証はありません。
私は大嘘つきかも知れないんですよ。
そんなに簡単に他人に影響されてもいいんですか?

読んだ人の側に何か心当たりがあったりしたとしてもそれは、気のせいです。偶然です。
あなたの感性の問題です。深読みし過ぎです。
あなたの無意識がそう思いたいだけです。
私の意図するところではありません。

「耳にいたい記事」と評して下さった方がいらっしゃいましたが
そう感じていただけるのは、その方が自分を省みる事の出来る方だって事です。
あくまで主体は読んでいる人の方です。
何かを感じて頂けたのなら
それはその人に感じる用意が出来ていたって事なんです。
読む人が読めばたとえどんなにくだらない記事でも自分の糧に出来るんです。
「くだらない」ってことが判るだけでもプラスなんです。きっと。
私の記事はその程度のものでいいんです。


ん~~~~~~~~。
はてさて?いったいどの記事の事を言っていたんだろう?
なんか、やばいこと書いてました?私ったら。



blogランキング

| | コメント (1) | トラックバック (0)

町工場よ立ち上がれ

なんとも暗い雰囲気の経済状況だが・・・

仕事の山谷、株価の騰落、経済の上下、こんな事は何十年も前からあることだ。

だがその度に大騒ぎする。

バブルだ~ IT革命だ~ デジタル家電だ~ 不動産投資だ~ はじけた~ orz

そして今回は100年に一度の大恐慌だといっている。

ホントなのか?


100年前と今では経済の仕組みも違うだろうし、100年間商売する人は居ないとおもう。

ホントに100年に一度の大恐慌だとしたら、その間、人はなにも学ばなかったのか?
なぜ回避できないのだ?


それはきっと、キャッチーな事を言う評論家がマスコミによりもてはやされてるだけ、だからだろう。
評論家はいかにも核心を突いたコメントで世間を洗脳する。
すると政治もマスコミには勝てない。

大衆をコントロールしているのは政治ではなくマスコミだ。

不況の声を聞けば、一気に財布のヒモは締まる。
だれもトクしないのに、キャッチーなコメントのためだけに、世間を洗脳する。

評論家やマスコミが経済を構築できるはずがない。


もううんざりじゃない?


我々製造業は、モノの価値を知っている。

モノの本質を見抜く力がある。

健全な経済を構築するには、モノの流通が欠かせない。
決してマネーゲームだけでは健全な経済は出来ない。

そろそろモノが判る人々が経済をコントロールする側になっても良いんじないか。

人の痛みや苦しみが理解できる中小零細企業の有志たちのほうが、評論家やマスコミや、まったくアテにならない政治家より、よっぽど健全な仕組みが出来上がると思うのだが。


本気で討論してみたいこの頃だ。


町工場よ立ち上がれ!
blogランキング

| | コメント (9) | トラックバック (0)

●「ドラマー」

ライター:ダース=トリオムーン@ミナロ

「ギター」を演奏する人=「ギタリスト」

「ドラム」を演奏する人=「ドラマー」

「ベース」を演奏する人   =「ベーシスト」

「ドラム」を演奏する人   =「ドラマー」

「ピアノ」を演奏する人   =「ピアニスト」

「ドラム」を演奏する人   =「ドラマー」

「チェロ」を演奏する人   =「チェリスト」

「ドラム」を演奏する人   =「ドラマー」

「バイオリン」を演奏する人 =「バイオリニスト」

「ドラム」を演奏する人   =「ドラマー」

「オルガン」を演奏する人  =「オルガニスト」

「ドラム」を演奏する人   =「ドラマー」


なぜ? 「ドラミスト」 と言わない??



blogランキング

| | コメント (8) | トラックバック (0)