« March 2009 | トップページ | May 2009 »

●「父親を殺して母親を犯せ!」

ライター:ダース=トリオムーン@ミナロ

「何を過激な事をっ!」

と思った人もいるでしょう。

判る人には判ると思いますが

そうです。今日の記事は

かのフロイトの言う「エディプスコンプレックス」について(?)です。

「人間」を理解するには「人間を超えた存在」になって
外から人間を見ないことには完全に理解する事は出来ない、と
内側に居たままでは外側から見た姿を見られるわけがない、と
それが人間の限界だ、と
そう思っている私なので
私はフロイトの説が絶対だなんて事は思っていないのですが
それでもやはり彼の洞察力は鋭いなあ、と
やるじゃんフロイトくん、と感心するわけであります。(なに様?)

ギリシア悲劇の『オイディプス王』(おいおい、エディプスじゃね~じゃん。)
に因んで男子の自我の発達段階を例えた説だから
実際に父親に殺意を抱き、母親に欲情する、って訳じゃ無い。
精神的にその様な過程を経て自我を確立して大人になる、って話ですから。
言葉通りに受け止めて無茶したりしないように。(誰に言ってる?)

女子には「エレクトラコンプレックス」ってのが有るらしいが
私は男子なので良く判りません。

で、私はここから話を何処へ持って行こうとしているのか?

私の興味はですね
「性同一性障害」の人っているでしょ?
そういった人達と上記の「~コンプレックス」との関係です。
「エディプスコンプレックス」の時期を乗り越えて
男子(付いてる方)は成人男性になる。
「エレクトラコンプレックス」の時期を乗り越えて
女子(付いていない方)は成人女性になる。
んじゃ、
本人としては付いているはずのモノが付いていない
本人にとしては付いていないはずのモノが付いている人達って??
フロイトくんだったらその辺の事はどう考えるんだろう?
疑問???がいっぱいです。

「身体」と「心」の乖離どの段階で始まったのか?
それがいかなる理由に因るものなのか?
生後の発達段階で何処か間違えてしまったのか?
上記の「~コンプレックス」を克服出来なかったが故に
間違った(「セックス」とは逆の)「ジェンダー」を獲得してしまったからなのか?

それとも誕生以前、発生の段階で既に決定済みだったのか?
胎内での発育段階(受精も?)では母体の「ホルモン」が胎児に色々と影響するらしい
母親の体調や精神状態が「ホルモン」の分泌に影響し
それが「人間」を作る作業に反映されるんだとか。
「母親が妊娠中にこうだと、こんな子供になる。」みたいな話って
聞いたことない?そういう事ね。本当かどうかは知らないが。
で、「身体」と「心」(この場合脳の構造なのかな?)が
ちぐはぐに作られてしまったからなのか?

さらにその前の♂側のY染色体そのものに何か要因があるのか?

とまあ、答えが出ない(見つけられない)のが判っていながらも
(内側にいますからねぇ。)
??なんで????が次々と沸いてくるんですよ。
はるな○とか○姫○菜とかをテレビで見るたびに。
人間って??????????????

あ、断っておきますけれど
私「性同一性障害」の人達とかに対してなんの
「偏見」とか持っていませんよ。「個性」だと思っています。


blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そろそろ出口は見えた?

不況と言われるようになってどのくらい経ったかな?

そろそろ出口が見えてきたのでは?

ここ数日、引き合いの数が増えている。

見積もりだけで受注できない場合も当然あるが、案件としては去年の夏頃に戻った感がある。

意外と不況の出口はすぐそこかも。


しかしこれだけは忘れちゃいけない。

いずれまた不況はやってくる。


今、耐えに耐えて生き延びた企業が、これから訪れるであろう好景気にうかれ、固定費の上昇に気もとめなくなった場合、その企業は十数年のうちに消え去る。

さかのぼって言えば、今生き残っている企業は、バブルがはじけた頃に学習して独自の経営方法を実践していた企業だろう。


つまりは、不況の時にこそ何を学ぶかで、十年、数十年先も存続できるかどうかに関わってくる。


オイルショック、不動産バブル、ITバブル、サブプライム・・・ 時代は必ず繰り返す。

今度はなにが来るのだろうか?

軍需宇宙バブルか、エネルギーバブルか、食料バブルか、エコバブルか?

いずれにしろ好景気の後には必ず不況がやって来る。


不況に強い体質を作るには、今が良いチャンスだと思えるくらい、将来を見据えていきたい。


戦いとは常に2手3手先を読んで行うものだよ
blogランキング

| | コメント (7) | トラックバック (0)

●「美味しいですか?」

ライター:ダース=トリオムーン@ミナロ

特に親しいと言うわけでもない間柄の男女。

とある事情で、二人きりで部屋の中にいる。

女性の方はスパゲティを食べている。

それを見ている男は沈黙に耐えられないのか

「美味しいですか?」と女性に尋ねる。

訊かれた女性の返事は…。

「それを訊いてどうすんの?」
「『美味しくない』って言ったら、美味しくしてくれるわけ?」
「そういう能力有るわけ?」
「同じ場所にいるからってさー、常にコミュニケーション取ってなきゃ
 いけないって事も無いと思うんだけど…。」

まあ、この説明だけでは
シチュエーションがいまいち判りにくいかも知れないが
男性は気の弱そうな二十代後半
女性はちょい(?)エキセントリックな性格。歳は同じ位か。
互いに仕方なく同じ部屋にいる状況なのだが。
あなたはこの女性の対応をどう思うだろうか?
「イヤな女」と思うだろうか?
確かに常識的な人間なら思った事をあからさまに言ったりはしないだろうから
非常識と言えば非常識なのだが
言ってることは非常に真っ当な事だと私には思える。
彼女はキチンと自分の考えを相手に伝えている分だけ親切とも言える。
イラついてるから怒りをぶつけたとも言えるけどね。
それさえ面倒なら
「別に…。」の一言で切り捨てても良かろう。
(別に…、で切り捨てられない事情もあるんだけれど。それはおいといて)

その男性はなぜ
彼女をイラつかせるのであろうか?

仮に、彼女の返事が「別に…。」だったとしたら
その男性はこう思うだろう
「彼女は<理由は判らないけれども>今は機嫌が悪いんだ。」と。

彼女を不機嫌にさせているのが自分自身である事に気付かない。
「美味しいですか?」などと言った自分の「鈍さ」に思いが至らない。
その「鈍さ」こそが彼女の不機嫌の理由なのに、である。
自分の「鈍さ」に気がつかない「鈍さ」
ますます彼女をイラつかせる。

彼女の怒りの本当の理由は
「その男性が<自分以外の人間に関心がない人間>である」という事。

彼女に関心があるわけでもなく
ましてや、スパゲッティに関心があるわけでもない。
ただ、「何かしゃべらないと」「コミュニケーションを取らないと」
という自己の強迫観念だけで、何でも良いから声を掛ける
本当に「どうでも良い事」を口にする。
「ええ、まあ。」とでも返事が貰えればそれで満足。
彼女が美味しいと思っていようが美味しくないと思っていようが関係無い。
その事には関心が無い
自分が「コミュニケーションが取れた。」と納得できればそれで良い。
元々「会話を広げよう」なんてつもりもない。
だた自分が楽になりたいだけなんだから。
本当にスパゲッティに興味が有るのなら
「美味しいですか?」って訊くかも知れないけれどね。
この場合はそうじゃない。
そんなコミュニケーション能力の欠落した人間がそばにいる事に
(一緒にいなきゃいけない事に)彼女はイラついているのだ。

私はこの男性の様な人物をヲタク(-)と呼ぶ事にしている。
その人物の趣味嗜好は関係無い。
人格の問題である。
これが私の中のヲタク(-)の定義である。
オタク(+)ヲタク(-)
私の中では明確に分かれている。

私は
美少女フィギュアが大好きだろうと
電車にハマっていようと
ネットゲームに入れ込んでいようと
モー娘。の大ファンだろうと
イタ車の改造に全収入を掛けようと
人に言えない性癖を持っていようと
それだけで「気持ち悪い奴」とか「嫌な奴」とか思ったことは無い。
趣味は人それぞれ。とやかく言う気は無い。
いやむしろそれだけ入れ込んでいるのを見ると敬意さえ抱く。
自分自身がそれを好きか嫌いかはまた別だけどね。
基本的にオタク(+)万歳!である。

ヲタク(-)的傾向とオタク(+)には
相関関係が有りそうなので
オタク(+)の中にヲタク(-)が多いのも事実だろうと思う。
そもそも「おたく」って言葉自体がそのあたりから
生まれてるんだろうからね。

そんな私は、オタク(+)は好きだが、ヲタク(-)は大嫌いである。

上記の男女の下りを読み、私の説明を読んで
別に「全くその通り!」とか思ってくれなくても良いから
「何となく、言ってる事は判る。」って人はどれ位いるかな?
感性も人それぞれだからね。違ってても良いんだけれど。

もし、「全く理解できない。これっぽっちも判らない。」って言う人。
いたら私には決して近づかないで下さい。
あなたはヲタク(-)ですから。


blogランキング

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ケミカルウッド壱番店リニューアル

20090414

ケミカルウッド壱番店のサイトをリニューアルしました。

携帯対応、ポイント機能等で、利便性が向上しました。

新しいサイトはこちら
ケミカルウッド壱番店


今回はEC-CUBEというEコマース用ソフトを使用した。
EC-CUBEとは株式会社ロックオン殿か開発したオープンソースのEコマースパッケージだ。

ASPのレンタルカートのような制約が無くデザインの自由度が高い。
オフィシャルパートナーからレンタルサーバーを選べは、ソフトのインストールも苦労なくできる。

いつかは自社サイトで販売を!と考えている方にはうってつけである。


これでケミカルウッドの売り上げも倍増だ・・・

といいな。
blogランキング

| | コメント (1) | トラックバック (0)

花見

Dscn1402

もう一週間経ってしまった・・・

毎年この場所に地域のグループで、100人くらい集まる。

大企業の団体も来れば零細企業の社長も来る、銀行だって2行も来る。

ここでのみどりかわ的な楽しみは、若手金融マンに説教たれる事だったりする。(笑

今年はそんなに寒くもなく、楽しいひとときだった。


ここのところ忙しいんだか暇なんだかよくわからない状態が続いている。
暇で忙しいという表現が流行りらしいが、それだ。


花見の後の二次会三次会で行った呑み屋は混んでいたし、サラリーマンの財布はそんなに痛んでいない。

北のミサイルが無事飛んでくれたおかげで、有事は避けられたし。

危機と言いながらも、日本はまだまだ幸せな国だって。


呑み行くべ~
blogランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

●「ワイガヤ」

ライター:ダース=トリオムーン@ミナロ

企画の初期段階で

皆で集まり、「ワイワイ、ガヤガヤ」と意見交換を

する事を「ワイガヤ」と言うそうだ。

元々は誰が言い出したのかは知らないが
自分が初めて耳にしたのは学生の頃
HONDAの研究所のデザイナーからである。
クリエイティブな仕事をする上では
とても重要なプロセスだと言っていた。

言うなれば「ブレイン=ストーミング」なのであろうが
ニュアンスとしてはもっと砕けた感じだろう。
話があちらへ行き、こちらへ行き
時にはテーマからかなり外れた方へ行ってみたり。
文字通り「ワイワイ、ガヤガヤ」って感じでアイデアを語る。

そんな「ワイガヤ」の時に混ざっていると困るのが
「真面目なだけが取り柄」の様な堅物。
会話に参加してこないで「遠巻きに見ているだけ」の人間。
まあ、元々そんな人物はデザイナーとかの
クリエイティブ職には少ないのだろうが
何かの拍子に紛れ込むと場が白けてしまう事がある。

テーマから外れたところで会話が盛り上がっていると
「テーマから外れている。」と無理矢理に軌道修正を試みる。
突拍子もないアイデアには
「そんなの非現実的だ。」と理論的に反論を始めだす。
確かに真っ当な意見ではあるし、間違ってはいない
どこかで軌道修正が必要な時もあるでしょう。
でも、そんな人物に限ってKYなものだから
絶妙のタイミングで一気に場の「テンション」を下げてしまう。

「ワイガヤ」ではテーマも大切(当たり前だし、全員自覚しているのが前提)だが
同じくらいに「会話が盛り上がる」事が大切なのである。
場の「テンション」が上がり会話を弾ませる事により
会話の中からアイデアの種が生まれるのだ。
会話している当人達も
「テーマからちょっと外れているなぁ。」
「自分、無茶言ってるなぁ。」くらいの事は自覚している。
ただ、その事よりも場の「テンション」を保つ事の方が大切なのを知っているのである。
当然会話に参加しない人間も、居るだけで場のテンションを下げてしまう。

アイデアが生まれやすい脳の状態を作るのが「ワイガヤ」の本質なのである。

そこに「コミュニケーション能力不全」の人物
即ちKYが混ざると場の空気を台無しにしてしまうのである。
せっかく活性化してきた脳が一気に沈静化してしまう。

KYを「敢えて、空気を読まない」とか言って開き直っているKYをたまに見掛けるが
「敢えて」読まない人物は、前提として空気が「読めている」からこそ
読まない」振る舞いが出来るのであって
初めから「読めない」んじゃ、「敢えて」も何もないだろが。
それこそ正に「空気が読めない」奴の本領発揮である。

ただ、KYが良い刺激になって新しいヒントが生まれることも
あったりするから面白いんだよね。
「異物が混ざる」事が必ずしも悪い事ではないってのがね。
合金だって「異物」を混ぜたから出来たんだもんね。

やっぱ、一番大切なのは「自分の心構え」なのかな。
「他人の影響を受ける自分」が良い方へ転ぶか、悪い方へ転ぶか?って事が。



blogランキング

| | コメント (4) | トラックバック (1)

【掲載】人とシステム

20090402_b
株式会社NTTデータエンジニアリングシステムズ(以下NDES)の広報誌、「人とシステム」でミナロを取り上げてもらった。

NDES 代表取締役 渡辺雅治社長との対談形式で載っている。

見出しはこんな感じ。

ミナロ設立

営業方法はホームページ

協力会社、製造業を応援する仲間との横のつながり

楽しく仕事をすることが一番

子供たちにモノづくりの楽しさを
地域の小学校や工業高校で講師

QCD 納期が最も重要

製造業を元気にするメッセージ

2.5次産業

NDESに期待するところ

20090402_a
急遽ページを増やして、8ページにもわたって載せていただいた。

取材にこられた関西のおばちゃん山本さんがいい編集してらっしゃる。


その冊子が先日200部も!届いた。(これはイジメか?)


なので読んでもいいぞ~といっていただける人に送ります。 是非もらってください。

コメントかメールで送付希望と書いてください。


ジーズ山本さんの「製造業応援ブログ!」も載っているでよ。


暇ならとりあえず読んどけ
blogランキング

| | コメント (8) | トラックバック (0)