« 【掲載】人とシステム | トップページ | 花見 »

●「ワイガヤ」

ライター:ダース=トリオムーン@ミナロ

企画の初期段階で

皆で集まり、「ワイワイ、ガヤガヤ」と意見交換を

する事を「ワイガヤ」と言うそうだ。

元々は誰が言い出したのかは知らないが
自分が初めて耳にしたのは学生の頃
HONDAの研究所のデザイナーからである。
クリエイティブな仕事をする上では
とても重要なプロセスだと言っていた。

言うなれば「ブレイン=ストーミング」なのであろうが
ニュアンスとしてはもっと砕けた感じだろう。
話があちらへ行き、こちらへ行き
時にはテーマからかなり外れた方へ行ってみたり。
文字通り「ワイワイ、ガヤガヤ」って感じでアイデアを語る。

そんな「ワイガヤ」の時に混ざっていると困るのが
「真面目なだけが取り柄」の様な堅物。
会話に参加してこないで「遠巻きに見ているだけ」の人間。
まあ、元々そんな人物はデザイナーとかの
クリエイティブ職には少ないのだろうが
何かの拍子に紛れ込むと場が白けてしまう事がある。

テーマから外れたところで会話が盛り上がっていると
「テーマから外れている。」と無理矢理に軌道修正を試みる。
突拍子もないアイデアには
「そんなの非現実的だ。」と理論的に反論を始めだす。
確かに真っ当な意見ではあるし、間違ってはいない
どこかで軌道修正が必要な時もあるでしょう。
でも、そんな人物に限ってKYなものだから
絶妙のタイミングで一気に場の「テンション」を下げてしまう。

「ワイガヤ」ではテーマも大切(当たり前だし、全員自覚しているのが前提)だが
同じくらいに「会話が盛り上がる」事が大切なのである。
場の「テンション」が上がり会話を弾ませる事により
会話の中からアイデアの種が生まれるのだ。
会話している当人達も
「テーマからちょっと外れているなぁ。」
「自分、無茶言ってるなぁ。」くらいの事は自覚している。
ただ、その事よりも場の「テンション」を保つ事の方が大切なのを知っているのである。
当然会話に参加しない人間も、居るだけで場のテンションを下げてしまう。

アイデアが生まれやすい脳の状態を作るのが「ワイガヤ」の本質なのである。

そこに「コミュニケーション能力不全」の人物
即ちKYが混ざると場の空気を台無しにしてしまうのである。
せっかく活性化してきた脳が一気に沈静化してしまう。

KYを「敢えて、空気を読まない」とか言って開き直っているKYをたまに見掛けるが
「敢えて」読まない人物は、前提として空気が「読めている」からこそ
読まない」振る舞いが出来るのであって
初めから「読めない」んじゃ、「敢えて」も何もないだろが。
それこそ正に「空気が読めない」奴の本領発揮である。

ただ、KYが良い刺激になって新しいヒントが生まれることも
あったりするから面白いんだよね。
「異物が混ざる」事が必ずしも悪い事ではないってのがね。
合金だって「異物」を混ぜたから出来たんだもんね。

やっぱ、一番大切なのは「自分の心構え」なのかな。
「他人の影響を受ける自分」が良い方へ転ぶか、悪い方へ転ぶか?って事が。



blogランキング

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: ●「ワイガヤ」:

» 〓お仕事 今昔物語・・・リニューアル編 [武井 泄月袴の【本音タ】から]
ニューフェイスなこの季節 新人社員の貴方に こんなお話はいかがだろう 時は27年前 場所は東京 主人公は わたくし武井泄月袴 19でエステ業界に入り その後 10年弱 働いた 最初は 下働き 当然 先輩の 使いっ走りから 言われることは何でも勉強だと思ってやっ....... 続きを読む

受信: Apr 8, 2009, 9:35:23 PM

コメント

「ブレーンストーミング」は知ってましたが、それを「ワイガヤ」っていうんですね。初めて知りました。

ボクも、とくに新企画などの打ち合わせのときは、この「ワイガヤ」をします。注意点は「否定しないこと」でしょうか。ボクは脱線ばかりして、そっちのほうで盛り上がってしまうクチですが、脱線がキッカケで新しいアイデアが出てくることも多いですからね。

一言で場の空気を冷ましてしまうのが得意な「人間シベリア寒気団」みたいな人、たしかにいますよね。


▲コメント投稿者: たなかじゅん (Apr 5, 2009, 4:23:56 PM)

脱線の結果
最初のもくろみとは
おもいっきりかけ離れた
誰もが想像し得なかった終着点。

「そこ」に行く為のプロセスではないかと。

「ここはドコ?」

▲コメント投稿者: ダース=トリオムーン@ミナロ (Apr 7, 2009, 1:22:52 PM)

>ただ、KYが良い刺激になって新しいヒントが生まれることも
あったりするから面白い

たしかに・・

だから、

>正に「空気が読めない」

ヤツも

>空気が「読めている」からこそ
「読まない」振る舞いが出来る

ヤツも

”ワイガヤ”(初耳・・)
にはいてほしいなあ。

他人の影響になるのかわかんないけど、

「異物」
の存在やもたらす何かは業務の場合特に大切
だな~。

自分も「異物」な部分やタイミングあると思うし。

▲コメント投稿者: さちお@始末屋 (Apr 7, 2009, 9:21:39 PM)

>言うなれば「ブレイン=ストーミング」なのであろうがニュアンスとしてはもっと砕けた感じだろう。
ご承知のとおり、ブレイン=ストーミングをHONDA流にしたものですが、実は運営手法に一般的なブレインストーミングとは異なったところがあります。
ホンダ系の企業に転職した際気になったのですが、一般のブレストに比べ、結論がどこに行くかわからないほど発散することを容認する傾向があります。だから、終わるまで結論がわからない上に、とにかく時間が長い(半日どころか宿泊して2日さえありました)
しかもこれを会社役員会でもするんです。

▲コメント投稿者: デハボ1000 (Apr 7, 2009, 11:05:03 PM)

コメントを書く




*スパム、無責任、言い逃げ、騙りコメントを防止するためメールアドレスは必須としています。
架空アドレスの場合削除する事があります。
お手数ですがご協力下さい。
なお、URLがある場合、そちらが優先で表示されます、サイトをお持ちの方は是非入力してください、お礼に伺います。