« すごいぞ日本の製造業パーティー | トップページ | まもなく景気回復 »

●「瓜田に靴を入れず李下に冠を正さず」

ライター:ダース=トリオムーン@ミナロ

中国故事に由来する言葉で

要するに「他人に疑われる様な行動は取るな。」

という戒めである。

スイカの実っている畑で
屈んで靴ひもを直していれば
他人の目にはスイカを盗っている様に見える。
スモモなどの実がなっている木の下で
手を上げて冠を直していれば
他人の目にはスモモを盗っている様にみえる。

いくら本人にその気が無かろうとも
他人に疑いを持たれる様な行いはするべきではない。
ってな話ですな。

公明正大で有ることは当たり前だが
それだけではまだ配慮が足りない、と言う事である。
特に他人の耳目が集まる立場や色々な責任を負っている立場
にいる人間は殊の外、注意が必要である。
他人の目は常に厳しいのである。

ではなぜ疑われるな行動を取る人間は
そんな行動を取ってしまうのか?
なにゆえに配慮が足りない人間なのか?

「自分の行動が人の目にどう見えているか」と言う事に
気が回っていない人間は
早い話「自分の事しか考えられない人間」なわけだ。
「靴ひもを直さないと」という考えだけで
頭が一杯になってしまってそれで即、行動する。
自分の行動が他人からはどう見えて、見た人はどう思うのか
と言う事が考えられない。
「自分を客観的に見る」ことが出来ていない。
そう「メタ認知」っていうやつですな。

脳の機能で言うと
前頭前野の発達、活動が足りない状態。
動物や幼い子供と一緒なわけだな。
「頭隠して尻隠さず」のレベル。

「人を人たらしめているのが前頭前野」と言われている事
から考えると
「人として不完全」と言え無くもなかろう。
ま、「完全な人」は「補完計画」でも実行しない限りは
存在しないだろうから、程度の問題だけれども。

少なくとも人の上に立とうと言う志のある人間ならば
より「完全体」に近い人であって欲しいものである。



blogランキング

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: ●「瓜田に靴を入れず李下に冠を正さず」:

コメント

>より「完全体」に近い人であって欲しいものである。

出来るだけ心掛けます。。。(^_^;)

▲コメント投稿者: 熊吾朗 (Jul 12, 2009, 10:13:56 PM)

あっ、タイプミス発見!

>ではなぜ疑われるな行動を取る人間は

「疑われるな行動」→「疑われる様な行動」

▲コメント投稿者: ダース=トリオムーン@ミナロ (Jul 13, 2009, 6:28:07 PM)

しまった!
タイプミスのアゲアシ取り返しをするのを忘れていました。

▲コメント投稿者: たなかじゅん (Jul 13, 2009, 11:27:26 PM)

ふっふっふっ。
私も大人になったので「アゲアシ取り」は
差し控えていたのだが…。

では、これはどうだ!!!

>さそがヨコハマって感じです。

ある記事で発見したタイプミスである。
「さそが」って…。近畿地方の方言?

はっ、はっ、はっ、はっ!

▲コメント投稿者: ダース=トリオムーン@ミナロ (Jul 14, 2009, 9:23:20 AM)

返り討ちにあいました…無念!

▲コメント投稿者: たなかじゅん (Jul 14, 2009, 8:42:01 PM)

コメントを書く




*スパム、無責任、言い逃げ、騙りコメントを防止するためメールアドレスは必須としています。
架空アドレスの場合削除する事があります。
お手数ですがご協力下さい。
なお、URLがある場合、そちらが優先で表示されます、サイトをお持ちの方は是非入力してください、お礼に伺います。