« ボックスカートレース動画 | トップページ | 【出演】ひとものがたり »

●「渋滞情報」

ライター:ダース=トリオムーン@ミナロ

高速道路の電光掲示板で

○○から××まで渋滞△△km」などと出ているけれど

「○○」「××」の位置関係はどうなっている?

どういう事かと言うと
渋滞の「先頭」をどちらにするのか?
と言う問題。

何年か前に「首都高」と「その他の高速」の
掲示板の情報の表示方法が統一された。
どっちがどっちだったのかはよく覚えていないが。
今では渋滞の列の「先頭」(車の進行方向)を
「○○」にしている。
ラジオの「渋滞情報」では「○○を先頭に~」って
判りやすく言っているけどね。
どっちかの掲示板はそうでは無かった、らしい。
(あまり渋滞情報なんて気にして無かったので)
地理に明るければどっちが先頭でも
「区間」で捉えられるから大して問題はないけれど。


「○○」と言う場所が渋滞の「先頭」なのかそれとも「最後尾」なのか。

「クルマを運転している人」から見るとこうなる。

「××」で渋滞にハマり、「○○」まで行くと
渋滞からぬけるのか

「○○」で渋滞にハマり、「××」まで行くと
渋滞からぬけるのか
、の違い。

「○○」を「先頭」と見るか「最後尾」と見るかの差。
ちょっとした違いなのだが
これって
その人が「状況をどう捉えるか」っていう
「認識の仕方」の差なわけで
ひょっとすると
「心理テスト」の様にその人の人格を
推し量るヒントになるんではないかい?

普段の会話で
「○○」から「××」まで渋滞してた
なんて言う話が出たらその人がどっちを
「○○」にして話しているか、に着目すると…。

「○○」を「先頭」と捉える人は
物事を「客観」で捉える傾向が強いタイプの人。
渋滞を「俯瞰」でみて捉えて地図の上での
「先頭」と「最後尾」を決めている。
「渋滞」は単なる車列として捉えているので
「運転をしている自分の位置」は余り重要ではない。
「周囲」を把握してその中の「自分の位置」を
認識している人。

「○○」を「最後尾」と捉える人は
物事を「主観」で捉える傾向が強いタイプの人。
渋滞を「自分のいる位置」を中心にして捉えて
「先頭」と「最後尾」を決めている。
自分の目の前にある車列が「渋滞」であって
あくまで「運転をしている自分の位置」が基準になっている。
「自分の位置」を中心にして「周囲」の様子を
認識している人。

ってな具合にね。

運転中はたぶん自分達が乗っている車の位置が
中心になるだろうから
あくまで運転をしていない時
もしくは渋滞と関係ないところにいる時に限っての話だけど。
あと、年中運転していて
どっちかの「掲示板の表示」に慣れている場合なんかも
あるから正確ではないけれど。


そして、このあと色々と講釈が続いて
「あなたはこんな人だ。」みたいに結論づける。
「えっ、ええ~っ、そうなの?」

まさか、「渋滞情報」ひとつで「人格」まで暴かれるとは。


blogランキング

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: ●「渋滞情報」:

コメント

コメントを書く




*スパム、無責任、言い逃げ、騙りコメントを防止するためメールアドレスは必須としています。
架空アドレスの場合削除する事があります。
お手数ですがご協力下さい。
なお、URLがある場合、そちらが優先で表示されます、サイトをお持ちの方は是非入力してください、お礼に伺います。