« November 2009 | トップページ | January 2010 »

この年末に思うこと

今年ミナロの年末年始の休暇は12月30日より1月3日まで。

本日は半分仕事で、半分掃除です。

今年は町工場の我々にとってとても大変な一年だった。

仲間の工場も、閉鎖、移転、転業と相次いでいる。


ミナロは7年前に会社を起こして以来、初めて体験する不況だ。

当時も不況だったが、これほどのダメージはなかった。
(僕らはリストラはされましたが・・・)


ただミナロは、不況の時に生まれた会社だから、不況に強いという性質を持っている。

今年7月の決算では黒字を維持。
人も増えたが捌ききれない程の受注状況である。


7年間ミナロがなにをしたかは、このブログに書いてきたので割愛するが、これから起業する人たちには是非知っていて欲しい。

不況の時に生まれた会社は不況に強い、と。


世界的に見て・・・
専門家の景気予想では2010年後半に回復基調に入る、ということだ。

ミナロは年明け早々、中国市場の調査に行く。

中国はすでに世界の量産工場として地位は揺るぎようがない、いまさら日本が量産でコスト競争できるはずもなく、同じ土俵では競えない。

そこで、土俵を作る側になるための一歩を踏み出すのである。


大手メーカーから仕事をもらうだけの下請けでは、この先成長するどころか維持も無理だろう。

大手メーカーは自分たちの利益を出す為なりふり構わず牙をむく。
毎年のコストダウン要請に、パイの減少。


経団連の言いなりでは、日本から町工場はなくなる。


中小零細企業に従事する人が約7割も居るこの日本で、中小零細企業が無くなると言うことは、国が無くなると同義だと言ったら大げさだろうか。


中小零細企業の我々も、口を開けて待っているだけでは駄目だ。

いつまでも弱い立場を良いことに、援助や政策を待っていては、生かさず殺さずでいずれつぶれるだけだ。

経団連や政府に対等に物申せる地位を築いていかなければ、日本で産業する魅力は無くなって行く。


だって、いつまでも日本人で居たいじゃないか。


みなさん良いお年を
blogランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

●「肌で感じる違い~その2」

ライター:ダース=トリオムーン@ミナロ

チョイと前にカリフォルニア話が出たので

その続きをば。


日本からツアーでぞろぞろとアメリカへ渡ったワケですが
ツアー仲間の知人に
カリフォルニア在住の日本人家族がおりまして
そのご家族の誘いでとあるビーチに遊びに行きました。
何でも有名なビーチらしく
映画『ビッグウェンズデー』のロケ地になった所だそうで
カリフォルニアガールがそこかしこに。
と~っても目の保養になりました。
「デヴィッド=リー=ロス」のプロモーションビデオに出てくる様な
「ボン、キュッ、ボン」
ビーチはあふれかえっている。

な~んて、事はなく。
「ボン、ボン、ボン」ってな人もいっぱい。
これが現実のカリフォルニアなのね。

で、そのビーチでバーベキューをしたんですが
今までの(日本での)経験で
「なかなか薪に火が付かない」からって
「買い出し組」がスーパーに食材を買い出しに行っているウチに

「火を起こして待ってよう」

と気を利かせて

直径5センチくらいの太さの薪をやぐらに組んで

火だねの紙に火を付けて

薪の下に置いてみたら…。

あら、びっくり。

「なかなか火がつかない」なんて事はまるでなく
あ~っという間に薪が燃える燃える!

やぐらに組んだ薪が
買い出しに行った人達が帰って来る前に
全部燃え尽きてしまうんじゃないか、ってな勢いで。

カリフォルニアの山火事が凄い理由が判りました。

薪がカラッカラに乾いているのですぐに火が付くのでした。
さすが「砂漠気候」

環境が変わると
「今までの経験が役に立たない事がある。」

ってのを実感した瞬間でありました、とさ。

ちなみにカリフォルニアでは
「ビーチでの飲酒は御法度」だそうです。

ビーチ専門の警察官なのか
チャリンコに乗った水着の様な制服の婦警さんとか
ATV(ちっこいバギー)に乗った金髪イケメン警察官とかが
目を光らせています。


「自由の国」と言われているけど
結構厳しいんですな。と感心しました。

でも、なんでだ?
酔って泳ぐと危険だからかな?
酔っぱらいが他人に迷惑かけるからか?
ビーチ以外でも公共の場はだめなのか?
誰の為の法律なんでしょ?
飲む人」?「周りの人」?



blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感想文

Kawasaki_h06
先日伺った川崎総合高校の生徒さん達が書いた感想文を、担任の先生が郵送してくれた。

40枚以上ある中の数枚を紹介。

Kawasaki_h01

Kawasaki_h02

Kawasaki_h03

Kawasaki_h04

Kawasaki_h05


なかなか良いこと書いてある。


時には、「オイオイ」ってのもあったが、気持ちは伝わってるからOK。


全部読んで大事に保管します。 

書いてくれた生徒諸君ありがとう。
送って頂いた先生、ありがとうございます。


日本の製造業の将来は、まだまだいけそうだ。


でも、ミナロでは雇えないかもな・・・
blogランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

●「それどころではない。」

ライター:ダース=トリオムーン@ミナロ

あなたが上司の所に業務の報告に行くと

報告をひと言聞いた上司は…。


「ああ、でも今それどころじゃ無いんだよね。」

そう言われたら「あなた」はどう思うだろうか?

なにやら、忙しそうである。
なんだか判らないが本当に「それどころではなさそうだ。」
タイミングを誤ったか?
素直に引き下がって機会を改めたが方が良さそうである。
冷静に判断するべきである。

だが、もしもその時にあなたが上司に報告したかった内容が
自分が苦心してやっとまとめ上げたり、完成させたりした
仕事の報告で「やっと良い知らせを報告できる。」と
意気揚々と報告に行った場合だとしたら…。
または逆に、とことん考えても行き詰まってしまい
二進も三進もいかなくなったあげく相談に行った場合だとしたら…。

「どうせ、自分の仕事は「それ」程度のモノでしかないさ。」とか
「どうせ、あんたほど重要な仕事はしていないさ。」とか
感情的にならないでいられるだろうか?
性格の問題も有るだろうが
誰にとっても「気分の良いひと言」ではないだろう。

ありがちな風景といえばありがちだが
これは過去の職場での私の体験でもある。

あとになって
「あの時は凄く頭に来た。」と当時の部下に言われて
気付かされた。(そう、私が上司でした。)
キレやすい性格なのは知っていたが
自分の何気ないひと言でキレそうだったなんて
迂闊にも気付いていなかった。
ちゃんと言ってくれる奴だったのはとてもありがたい事で
私もちゃんと自分の迂闊さを省みる事が出来た。

自分はなるべく感情をコントロール出来る(キレない)様に
常日頃から気を付けているので
上記の用に「タイミングが悪い」と判断して
それ以上は立ち入らないようするだろうが、もしも
疲れて苛立ってたりした時だったら、と思うと自信がない。

人間は「感情の生き物」である。
理屈では判っていても
感情はそう易々とコントロール出来るものではない。
感情的な対応には感情的に反応してしまいがちだろう。
「売り言葉に買い言葉」ってやつだ。
まあ、最悪「ケンカ」になるだろう。

発展的な「ケンカ」なら仕事の上でも良い事だと思うけど
「感情的なもつれ」なんてのは「百害あって一利無し」
何の役にも立たない。
「意見のぶつかり合い」「感情のぶつかり合い」では
全くの別物だ。「ケンカ」の意味が違う。

もし「ケンカ」になったとしても
「雨降って地固まる」のことわざもあるので
フォロー次第で、意味のある「ケンカ」に出来るかも知れないが
あえて「雨を降らせ」たり「雨が降るのを待つ」のも、どうかと思う。
雨が降らなくたって地を固める方法はいくらでもあるはず。

「言葉」だけがコミュニケーションの「道具」ではないけれど
自分の意志を伝えるにはやっぱり「言葉」が一番便利だし
最も重要な「道具」ではあるはずだ。
その「言葉」の使い方を疎かにする事は
職人が「道具」の扱いをいい加減にするのと同じではないだろか?
そんな理由で私は「言葉」を大切に思い
丁寧に、正確に使う事を心がけている。
だから「敬語」とかが非常に気になるのである。

ただ、反面「たかが道具」との思いも同時にある。
「道具」はそれだけでは何もしない。
使う「人」がいて初めて「道具」は役に立つ
「道具」そのものだけでは何のチカラも発揮しない。
「道具」は所詮「道具」でしかない
「人」「道具」に使われている様では駄目でしょう?

「道具」の扱いが丁寧な職人さん
「道具」の扱いがいい加減な職人さん
「仕上がり」にそれほど違いがないとしたら
あなたはふたりのどちらに仕事を頼みたい?
そんな事よりも値段が安い方が良い?


「あらゆる技術を生かすのは最終的には精神だけだ。」 
    =ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ=
              ~『色彩論』教示編より

そう言う事。



blogランキング

| | コメント (6) | トラックバック (0)

山上初蔵氏講演会

Dscn3709_025

前月28日に山上初蔵氏による講演会を開いた。

山上さんのプロフィールはこちら

通常の講演会とはだいぶ違う。

詳しくは公表しないようにとのことなので、さわりだけも。

Dscn3717_033
講演前半は忍者の姿勢とか呼吸法とか、一子相伝に近い密教だ。

それによりいつでも全力を出すことが出来、例えば喰うか喰われるかのビジネスの世界でも、ライバルに頭一つの差で勝つことが出来る。

聞くだけでは抽象的な話ではあるが、全員体を使って体感した。


Dscn3727_043
さらには奇跡的なことも。

腰痛でほとんど前屈が出来なかったY氏が、山上さんの治療を受けたところ、なんと腰痛が無くなった。

曰く「魔法でも何でもない、正しい位置に戻しただけ」だと。


後半は、大手自動車会社創業時の先見の明。
60年前はそれで良かった、しかしこの先は通用しないであろうと言う予測。

これからは自然から資源を取り出す産業が重要になるであろうと。

ミナロの植物栽培器に大きな期待を持つと語って頂いた。




その後二次会は忘年会。

Dscn3740_056

Dscn3743_059

Dscn3769_084

Dscn3772_087

山上さんを囲んで宴会。


今回はとても不思議で、とてもおもしろい講演会だった。


来年もまた講師をお願いしたいです。

山上さん、ありがとうございました。


山上さんがアインシュタインに見える・・・
blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【講師】川崎総合科学高等学校

P1010067

先月25日、川崎総合科学高等学校に臨時講師として招かれた。

今回もケミカルウッドの彫刻実習と、社会の厳しさを遊びながら語ってきた。

P1010092

Dscn3600_077

Dscn3612_089

Dscn3621_098

授業でいつも思うことは、実習中の生徒さんの目が真剣そのものだとと言うこと。


最近の子供はゲームばかりやりやがって・・・

という苦言が多く聞こえるが、そういう場を与えれば今の子供だってまだまだ発想豊かなモノ作りが出来る。

そういう一面が目立たなくなってきたのは、危ないからとか、面倒だからとかで、手軽なゲームしか与えない大人の責任だと思う。


このクラスの生徒さんは2名を除いて全員オタクらしい。

担任の先生が言っていたので間違いないだろう。

ミナロの説明をするときも、エヴァのマンホールにめっちゃ喰いつきがよかった。


例によって、将来社長になりたい人? と質問してみたところ、今回は6人も手を挙げた。

この子達が大人になって、日本はどうなっているのか。

日本の将来を本気で考える若者がひとりでも多く育ってくれれば、みどりかわの行いも報われるかな。


今回の優秀作品は、上記写真のパソコンとザクでした。


みんな立派な大人になれ
blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●「公私混同」ってコトバ

ライター:ダース=トリオムーン@ミナロ

むか~しむか~し勤めていたバイク屋での私とそこの社長との会話。

私= 「昼休みに今度のイベントで使うバイクを借りに行くので

    帰りが2時頃(休みは1時まで)になっちゃうけどいいですか?。」

社長=『そりゃ、公私混同甚だしいんじゃないか。』

私= 「じゃあ、なるべく早く帰ってきます。」

    てなわけで、飯を食わずにギリギリ吹っ飛んで帰ってきた。

その社長が言うには
昼休みを「一時間余計にとる事」が
甚だしく公私混同している、らしい。
そりゃ「正論」だ。「一時間分の仕事をしないで私用に使う」のだから。
それにわたしゃ当時は二十代の若者で、入社してそれほど時間も経っていない。
「ここは経営者としてキチンと若者を指導しとかにゃ。」って思ったんだろね。


で~も、で~もさっ。
そのイベントってのは、お客さんを集めての草レース
従業員も社長以外全員走る。
私は友達の居ないお客さんとチームを組まされた
勿論、手が空いている時には運営側のスタッフも兼ねる。
日曜日開催なので「出勤」の日(定休日は火曜)だから
「レース参加と言っても仕事じゃないの?」って、内心思っていた。
それに「休日の火曜日」を使ってコースの下見にも行っているし。

だから、そのレースで使う車両を借りに行くのも
仕事の内だから多少の遅刻は多めに見て貰えるだろう、ってな目論みだった。
「レースに出ない」なんて選択肢は無いんだし。
当然、私だって多少の負い目は感じていた
若者だったがバカ者ではなかったつもり。
だから遠慮がちに「1時には間に合わないかも…。」ってな
感じで話したのだが…。

「甚だしい」だって。「はなはだしい」…。

その時感じていたのは「反省」なんかでは無くって

<この人のなかで「公私混同」って言葉はどういう意味なんだろうか?>
<「甚だしい」って言葉の意味を理解しているんだろうか?>
って疑問。


「昼休みを余計にとる。」=「公」を「私」に使っている。とは、なるのだが
「残業をする」=「私」を「公」に使っている。とは、ならないらしい。
「公」が「私」に取り込まれるのは混同ではあるけれど
「私」が「公」に取り込まれるのは混同では無いって事か。
「公私混同」をいうのならどちらも「公私混同」ではないのでしょうか?
私、間違ってます?

さらに言わせて貰うなら
その会社は完全固定給。「残業代は一切出さない」いわゆるサービス残業は黙認。
「仕事が遅いから残業する羽目になる」ってなスタンスらしい。
やっぱり納期に間に合わせる為には残業も結構してました。ええ。


「公私のけじめ」を口にするのならば
始業や休憩の終わりを厳しく言うのなら
終業も厳しく言うべき、もしくは見合った残業代を支払うべき
なんじゃないですか?

誤解して欲しくないのは
私は別に組合の言うような「労働者の権利」みたいな事を
主張したいのでは無いって事。
そりゃ、働いていれば「公」と「私」が曖昧な所は
いくらでも出てきます。そんなことは百も承知
私は「原理主義者」ではありませんから。
必要とあらば、只働きだって喜んでします。
「お客様が大事」なのは経営者も従業員も同じはず。
「搾取を平然と行うブルジョア」さえいなければ
「組合」なんてものは無い方が良いと思っている。

だから「自分には非が全くない。」とは言いません。
仕事の進め方が悪いから残業する事になっている。
会社に損害を与えている。売り上げに貢献し切れていない。
きっとあったと思います。
一方的に相手を非難しているワケではないです。
「お互い様」って部分も多分に有るでしょう。
その社長だって別に「搾取」していたワケではない。

それでもやっぱり
高いところから偉そうに説教されると「カチン」とくる。
「そう言うあなた様は何様で御座いますか?」ってね。


ただ、経営者としての立場から「公私混同」を口にするのならば
「自分のコトバにそれなりの責任を持つべき」である。
と言いたいだけ。

自分(会社)に都合の良い時には見て見ぬふりをするくせに
都合が悪い時には「甚だしい」だなんて口にする。
自分の事は棚に上げてしまっておいて
そんな片手落ちな事はするな、と。
その前に「残業代出せなくて申し訳ない。」と毎日でも言うべきだろうって。
まあ、毎日言われたら、それはそれで気持ち悪いけど。

「遅刻をするな。」と言うのならば同じくらいに
「残業をするな。」と言うべきであると。

きっとこの人は「残業代を支払う」と決まったら
仕事の進捗に関係なく「残業をするな。」って言うんだろうなぁ。
ってか、言わざるを得ないんだろうなぁ。
「会社経営って大変だな。」って想像がつくので
言い返したりはしなかったけれど。(気配りの出来る奴だからね、オレ。)

そうそう、この時のエピソードが切っ掛けで「トットサッサ運動」
生まれたんだよね、思い出した。
その方が「言い返す」より性が悪くないかって?私の事?

でもって、いま以前の記事をみたら「バカ社長」とか書いてある。
ヤバッ。「誰だ、こんな記事かいたの?」
今回の記事は穏便にかいたつもりだったのに。台無し。

バックナンバーは見ないでください。
私の書いたモノでは有りません。たぶん。


最近の私の関心事、メインテーマは「コトバ」

この記事も「コトバ」をテーマにして書き始めたもの。
「コトバ」って大切、ってことが言いたいだけなんだけどねぇ。
「コミュニケーション」の問題なんだよねこれも。
同じ事を言っても立場や言い方、相手との関係で
全然違うからね。怖いよね「コトバ」って。

「コトバ」って…。「コミュニケーション」って…。
人間にとっては一番大切なもんじゃない?
最近つくづく思うのさ。



blogランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日めくりカレンダー

去年取材された、日めくり一言カレンダーがあったことを思い出した。

11月29日のカレンダーなのでタイムリーではなくなってしまったが、書いた言葉はこれ。


日本を元気にするプロフェッショナルの言葉 J-BRAIN


政治以外は日本製がイイ

世界に通用する日本製品を作り続ける事が大事。 人を作る政治も、世界に認められる品質となって欲しいものだ。



政権が代わってこの先どうなるかは誰にも判らないが、希望が持てる国造りを頼みます。


もう12月だもんね、早いね~
blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)