« 感想文 | トップページ | この年末に思うこと »

●「肌で感じる違い~その2」

ライター:ダース=トリオムーン@ミナロ

チョイと前にカリフォルニア話が出たので

その続きをば。


日本からツアーでぞろぞろとアメリカへ渡ったワケですが
ツアー仲間の知人に
カリフォルニア在住の日本人家族がおりまして
そのご家族の誘いでとあるビーチに遊びに行きました。
何でも有名なビーチらしく
映画『ビッグウェンズデー』のロケ地になった所だそうで
カリフォルニアガールがそこかしこに。
と~っても目の保養になりました。
「デヴィッド=リー=ロス」のプロモーションビデオに出てくる様な
「ボン、キュッ、ボン」
ビーチはあふれかえっている。

な~んて、事はなく。
「ボン、ボン、ボン」ってな人もいっぱい。
これが現実のカリフォルニアなのね。

で、そのビーチでバーベキューをしたんですが
今までの(日本での)経験で
「なかなか薪に火が付かない」からって
「買い出し組」がスーパーに食材を買い出しに行っているウチに

「火を起こして待ってよう」

と気を利かせて

直径5センチくらいの太さの薪をやぐらに組んで

火だねの紙に火を付けて

薪の下に置いてみたら…。

あら、びっくり。

「なかなか火がつかない」なんて事はまるでなく
あ~っという間に薪が燃える燃える!

やぐらに組んだ薪が
買い出しに行った人達が帰って来る前に
全部燃え尽きてしまうんじゃないか、ってな勢いで。

カリフォルニアの山火事が凄い理由が判りました。

薪がカラッカラに乾いているのですぐに火が付くのでした。
さすが「砂漠気候」

環境が変わると
「今までの経験が役に立たない事がある。」

ってのを実感した瞬間でありました、とさ。

ちなみにカリフォルニアでは
「ビーチでの飲酒は御法度」だそうです。

ビーチ専門の警察官なのか
チャリンコに乗った水着の様な制服の婦警さんとか
ATV(ちっこいバギー)に乗った金髪イケメン警察官とかが
目を光らせています。


「自由の国」と言われているけど
結構厳しいんですな。と感心しました。

でも、なんでだ?
酔って泳ぐと危険だからかな?
酔っぱらいが他人に迷惑かけるからか?
ビーチ以外でも公共の場はだめなのか?
誰の為の法律なんでしょ?
飲む人」?「周りの人」?



blogランキング

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: ●「肌で感じる違い~その2」:

コメント

コメントを書く




*スパム、無責任、言い逃げ、騙りコメントを防止するためメールアドレスは必須としています。
架空アドレスの場合削除する事があります。
お手数ですがご協力下さい。
なお、URLがある場合、そちらが優先で表示されます、サイトをお持ちの方は是非入力してください、お礼に伺います。