« 【お知らせ】テクニカルショウ2010 | トップページ | 【出展】テクニカルショウヨコハマ2010 »

●「スーパーカブ」のハナシ?

ライター:ダース=トリオムーン@ミナロ

言わずと知れた

「HONDA」の礎を築いた原付である。

その「カブ」に関しての話から。

1958年、庶民の足として「スーパーカブ」が誕生
爆発的に売れた。

ホンダの研究員は更なる販売増を狙い
「カブ」の荷台に載せる積載装置を次々と考案。
「そば屋用」「魚屋用」と目的に応じた積載装置の
試作品を何種類も作り
社長の本田宗一郎氏に見せたところ…。

「オートバイ屋なんだからオートバイだけ作っていれば良いんだ。」と
「こんなモノは全部ぶっ壊してしまえ!」と
烈火のごとく怒ったそうな。

その真意は?(いつものごとくかなり憶測、脚色が入りますが。)

ホンダはオートバイの完成車を作る事が出来る会社
いわば大企業、そしてさらに上を目指している会社である。
「後付パーツ」などを作っている会社は基本的には
ホンダに比べてずっ~とずっ~と規模の小さい
「小さな商い」で成り立っている会社であろう。
それをホンダが積載装置などの「後付パーツ」まで自社で作って売ったら
今までそれを作ってた会社はどうなってしまう?

ホンダが「オートバイ本体」を作る。
そして周辺機器を作る会社が「後付パーツ」を作る。
すると「オートバイ本体」の利便性が上がり
「オートバイ本体」が、さらに売れる。
こうやってお互いの会社が共に成長していく。

それを大企業が「小さな会社」の仕事を奪ってまでして
「小さな商い」に手を出して
利益を独占してしまってどうする。

ってな事らしい。
だから「オートバイ屋はオートバイだけ作っていれば良い。」
ってハナシなんだとか。

「大きな会社」は「大きな会社」なりの役割があり
「小さな会社」には「小さな会社」なりの立場がある。
お互いがそれぞれの役どころの中で仕事をして
相手を尊重しつつ、「共に成長」していくのが
本田氏の考える「仕事」「社会」のあり方って事だ。

さすが、「志」(こころざし)が違うね。


それが今の「大企業」はどうだ?
「下請け」や「小さな取引先」を虐めるだけ虐めて
「小銭」すら独り占めしようとする。

ナリだけは「大」企業だが
「志」は卑しく、あさましい「極小」企業ではないのか?

「コスト意識」は勿論大切だが
新車の開発費用をケチってばかりいる様な
「志」の低い会社に
良いクルマなんか作れるわけがない!



blogランキング

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: ●「スーパーカブ」のハナシ?:

コメント

こんにちは。

とても良いお話ですね。

本田宗一郎さんに関するお話の中で私が好きなのは、設計者が持ってきたアイデアに対して「こんな、俺でも解るものじゃなくて、俺がわからないものを持ってこい!」というものです。
こういう上司を持つと大変なんだろうけど、充実するだろうなぁと思います。羨ましいです。

ホンダはさておき、本田宗一郎さんは目指すべき人物だと思っています!

▲コメント投稿者: 電柱小僧@ニッパク (Feb 9, 2010, 4:47:16 PM)

>ホンダはさておき、本田宗一郎さんは目指すべき人物だと思っています!

私もそう思います。(ホンダはさておき、(^_^;))

▲コメント投稿者: ダース=トリオムーン@ミナロ (Feb 10, 2010, 9:08:05 AM)

コメントを書く




*スパム、無責任、言い逃げ、騙りコメントを防止するためメールアドレスは必須としています。
架空アドレスの場合削除する事があります。
お手数ですがご協力下さい。
なお、URLがある場合、そちらが優先で表示されます、サイトをお持ちの方は是非入力してください、お礼に伺います。