« ●「わらう」 | トップページ | ●Dコトバ »

権限委譲

気がつけばミナロにはすでに十数名が出入りする会社となっていた。

現在も募集していないにもかかわらず面接希望の人々がやってくる。

この先も徐々に人が増えながら成長していくだろう。
約束は出来ないがそうなるようにやるしかなさそうだ。


創業以来、ほとんど仕事の中身は変わってない。

CADとNCを使いモノを作って納品する。
基本はいつも一緒だ。

だが、パイが縮小している業界でもある。

いつまでもそれに逆らって人を増やせるわけがない。

どこかでやり方を変え広がって行かないとベースとなる仕事だけでは回らなくなる。


そこで最近色々と考えた結果が、もっと権限委譲をすることだ。

今までは新規ユーザーの場合、ほとんど社長が打合せ、見積、手配をしていた。
それらすべての工程を見切ってから現場に流していた。

ここ数年少しずつ譲ってきたのだが、それでも一日中見積をしたり、同時にいくつもの案件を覚えていなければならない事は多い。


経営者同士の会合で「社長は、今日でも明日でもなく、あさっての事を考えていなければならない!」と、人にはよく言うのだが、自分が完璧かといったら・・・だ。


そんな事を思っていたら過去ログにこんな記事を見つけた。

誰の為の命だ

しかし、時間と共に年をとるのは避けられない、あと30年程は仕事をしなければならない、 と考えるとある程度は冒険も必要だろう。

3期目はスタッフを増員することを考えようと思う。

そんなとき目にとまったブログ購買担当者の独り言にこんな事が書いてあった。

相応に規模が拡大した場合は自分ひとりでは回らなくなり、優秀な番頭、右腕が必要になってくる・・・そして何より、強烈なイニシアチブとは裏腹な繊細な感受性・・・とでも言おうか、単純に周りへの聞く耳を持つことが、真っ当な状況判断のはなにより「必要になってくるのだが・・・


今になって改めて組織のありかたを考えた。

ひとりで回せる仕事なんてたかがしれているし、見積は社長じゃなくても出来る。
権限を与えた人からの報告を聞いて判断すればいい。
社長は、社長じゃなきゃダメな仕事をすればいい。
しかし、権限委譲をしたとしても部下の不始末は社長が責任を取る。

そうすることで、これから先のミナロも成長し続けるのではないかと。


過去には良いこと書いてあったんですよ、ミナログも
blogランキング

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40436/48136325

この記事へのトラックバック一覧です: 権限委譲:

コメント

また新たなステージ目指してますな~!兄貴、いつも応援してまっせ~!

最近、自分でも気付いたのは「正論だけじゃ儲からない」というコトですね。

たまに周りが「え~!!」ということをやらないと、現状を打破できないコトに気が付きました。

でも、それって権限のある人間しか出来ないことなので、トップは意識的に組織に刺激を与える行動が必要なのかもしれないッスね。

兄貴のアタマの中にある「規格外な経営脳」から生み出されるサプライズをいつも楽しみにしています♪

▲コメント投稿者: きかん坊 (Apr 22, 2010 11:56:46 AM)

ひさびさにツイッターでなく、ここにコメントしたくなりまして!

まさに、です。

私も小さなチームをひっぱってますが、
今期はまさに同じ考えで動きはじめてます。

航海は1人じゃできない。
船長も剣士も航海士も医者も料理人も必要。

(どんだけ漫画好き)

組織・チームだからこそ、
出せる強さ。

そこをもっと強くしていきたいですね。


▲コメント投稿者: 産業NaviスタッフT (Apr 23, 2010 12:10:08 PM)

コメントを書く




*スパム、無責任、言い逃げ、騙りコメントを防止するためメールアドレスは必須としています。
架空アドレスの場合削除する事があります。
お手数ですがご協力下さい。
なお、URLがある場合、そちらが優先で表示されます、サイトをお持ちの方は是非入力してください、お礼に伺います。