« ●「ご苦労様」 | トップページ | ●「ドギーバッグ」 »

●プラスチックの憂鬱~AGAIN

ライター:ダース=トリオムーン@ミナロ

以前「プラスチック素材はヤヤコシい。」

と云う記事を書いた。

2006年の11月だから三年以上の時間が過ぎている。
私自身少しは進歩があったのか?

多少の読書と専門家の話などで
少しずつ理解が進んではいるけれどまだまだ。

例えば
「ウレタンとは?」との問いに
「中学生でも理解できるレベルで説明が可能」な程度
の知識を身に付けたいってのが目標なのだが…。
でもって「これがそれだよ。」って身の回りのモノを
見せられる。
その程度でいいんだけどね。

「難しいことを易しく説明出来る」って事が
大切だと常々思っている。

私が話を聞いた人は
難しいことは何でも知っているが
それを「易しく説明する」能力を持ち合わせて無いみたい。
記号や専門用語がポンポン出てきて
すぐに脳ミソがオーバーヒートしてしまう。
勿論こちらの知識の不足がいけないんで
一方的に責める事は出来ないが
「こっちとらぁバリバリの文系でぃ。そんなこたぁ知るわきゃあねぇ。」
と開き直ってしまいそうになる。

「中学生にも理解できるレベル」ってのが
ひとつの基準と思っている。
それに様々な知識を肉付けしていけば
レベルが中学生→高校生→大学生→となって行く。
何より「先ずは中学生」、ここが大事。そう思う。

自分がやるべき事は大体目処が付いて居るんだけどね。

<「コトバ」の定義をしっかりと覚える。>

これに尽きると思っている。
「コトバ」が自分の中でしっかりと「定義付け」
されていれば惑わされないハズである。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「このオートバイのカウリングは
  F.R.P.ではなく、樹脂で出来ている。」

この一文を聞いても「判らない人」には何も判らないでしょう。

翻訳すると
「このオートバイのカウリング(部品名)は
 基本的に手作業の、少量生産に向いている
 <(ガラス)繊維強化プラスチック>で作られているのではなくて
 金型を使って作る、大量生産向きの
 成型方法を使って(ABS)樹脂で作られている。」って事で。

それは
「このオートバイは少量生産品ではなくて
 生産数が多いと云う前提で作られているんですよ。」
って事を暗に示している。
「このオートバイは試作品ではなく量産品の可能性が高い。」って意味だ。
これを伝える為の一文なら
「判る人」には意味が伝わるので問題は無いのだが…。

ココで「プラスチック」に関係している「コトバ」は
<F.R.P.>と<樹脂>なんだけども
実はこの一文は
「判らない人」にとっては大変大きな誤解を生む文章なのである。

「<F.R.P.>ではなく<樹脂>である。」と云うことは
「<F.R.P.>は<樹脂>ではない。」と云う意味にとれてしまう
が、
決してそんな事は無い。
<F.R.P.>は「木」でもなければ「金属」でもない。
<F.R.P.>は紛れもなく<樹脂>なのである。

Fiber=繊維、Reinforced=強化された、Plastics=プラスチック、の略
なのだから<プラスチック>に他ならない。
<プラスチック>なんだから当然<樹脂>であって良いハズ。

余談だがF.R.P.も
「繊維」が木綿だったりガラスだったり<カーボンファイバー>だったり
<プラスチック>が<ポリエステル>だったり<エポキシ>だったり
してさらにヤヤコシくなっている。

んで、先の一文だけど
文章自体に「樹脂じゃないけど樹脂である。」と矛盾があるにも関わらず
(<F.R.P.>と<樹脂>の使い分けが)「判る人」の間では
普通に使われてたりする。

でも「判らない人」には
「<F.R.P.>と<樹脂>は別のモノ」という文章でしかない。

これは一例だが
聞き手、話し手で「共通ではない定義」の「コトバ」を使う為に
様々な誤解が生じて、それが積み重なった結果
「なんだか良く判らない。」ってな事になっている。
これが今の私の状態なのである。
「定義」があやふやな「コトバ」が多すぎる。

「これって<樹脂>じゃなくって<ビニール>だね。」とか
「<プラスチック>って云うより<ポリマー>だな。」とか
「<ファイバー>じゃなくて<カーボン>だよ。」とか
「<樹脂>ではなく<ナイロン>で作って。」とか
「<ポリ>は接着出来ないよ。」とか

「意味わかんね~よ!」

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: ●プラスチックの憂鬱~AGAIN:

コメント

激しく同意します。

でも思うんです。
「これはFRPじゃなくて樹脂だよね」と言っている人の何割かは
FRPも樹脂だとわかっていないのではないかと。

業界用語・専門用語を駆使する人たちの中に、「意味を理解しないで使っている人」がかなり多くいるのではと、ボクはふんでいます。

もっと正確に言うと「樹脂」ってのも本来は「樹木のヤニ」ですから
ニカワとか松ヤニとか琥珀とかなんですよね。
だからプラスチックは正しくは「合成樹脂」ですよね。

ちなみにある一定以上の年齢の関西人は
プラスチック(プラスティック)のことを
「プラッチック」と言います。

▲コメント投稿者: たなかじゅん (May 23, 2010, 11:36:01 PM)

>業界用語・専門用語を駆使する人たちの中に、「意味を理解しないで使っている人」がかなり多くいるのではと、ボクはふんでいます。

業界によっては
「意味を理解して使っている人」が殆どいない。
と、私はふんでいます。

「ニュアンスだけで会話が成り立っている」ケースが
世の中には沢山あります。きっと。

▲コメント投稿者: ダース=トリオムーン@ミナロ (May 24, 2010, 9:19:30 AM)

金型業界では
A:この入れ子(部品)の素材何使うの?
B:鉄。
A:辞めてしまえ!
と言われるんだって 

▲コメント投稿者: れおん@ミナロ (May 24, 2010, 9:28:11 AM)

関西圏では
A:これなんで作るの?
B:プラッチック。
A:死んでまえ!
と云われるとか云われないとか。

▲コメント投稿者: ダース=トリオムーン@ミナロ (May 24, 2010, 2:06:54 PM)

そして、樹脂系の型を設計していても、
いまいち理解できてないとか。。。(汗)

▲コメント投稿者: ochi @ 樹脂系型設計 (May 24, 2010, 5:42:34 PM)

金型の材質も「次の山」としてそびえたっています。

「ZAS」とか「快削」とか??????

何だか私って「何も知らない」んじゃないか。

▲コメント投稿者: ダース=トリオムーン@ミナロ (May 24, 2010, 9:44:36 PM)

コメントを書く




*スパム、無責任、言い逃げ、騙りコメントを防止するためメールアドレスは必須としています。
架空アドレスの場合削除する事があります。
お手数ですがご協力下さい。
なお、URLがある場合、そちらが優先で表示されます、サイトをお持ちの方は是非入力してください、お礼に伺います。