« ●「アート」なプロダクト | トップページ | ●パソコン »

iPadの筐体

立て続けに行列を作っているアップル社。
その商品iPadの筐体が削りだしで作られているという伝説めいた話を聞いた。

「iPadの初期ロットは削りだしで作られているんだって」

という書き込みをどこかで読んだことがあった。


まぁ初期ロットだし、アリかな

その時は思ったが、それにしたって全世界で月に100万台以上売れる商品だ。
削りだしで間に合うのか?とも思っていた。


そんな伝説話をMacユーザーと話していたら。

MacBook Proの筐体は削りだしですよ! と、同時に動画を見せてもらった。

それがこれ Macbook Pro ユニボディ

高精度アルミニウム ユニボティ

ひとつひとつのMacBook Proは、一枚のアルミ板から生まれます。アルミ板を一枚ずつ精密に削り出し、ユニボディの原型をつくります。つぎの工程でユニボディの形状ができ、続いて一体型のキーボードが現れます。CNC(コンピュータ数値制御)装置による削り出し工程を重ねることで、 MacBook Proのユニボディを完成させます。

正直言っておどろいた。

確かめるため、その場でMacBookを分解して見た。
やっぱり削り出しだ・・・

家電量産品、しかもパソコンが削り出しで作られていたとは。


すると、iPadの筐体が削り出しだって言うのもうなずける。
もしかして初期ロットだけではなく、全数削り出しなのか?
ひょっとするとiPhoneも削りだしなのか? とも思えてきた。

だとすると、これはもう試作品、量産品の区別がつかない。

今までの常識では、量産品は型で作る物。
削り出しはあくまで試作品、だった。

知らないうちに、モノの作り方がどんどん変わっていく。
うかうかしていたら置いて行かれる。
メインの筐体に型不要となったら金型屋がヒマなのも当たり前だ・・・




そこで提案。

金型屋、木型屋問わず、削り出しで商品化する道を探してはどうだろ?

たぶんこの先、型不要なモノ作りが増えてくる。
でも、使う機械と材料は一緒だ。

試作品、量産品の区別をしないモノ作りって古いようでどこか新鮮。

単品、数モノ、数にとらわれず柔軟に対応出来れば、仕事はまだまだあると思う。


だれかiPhone4分解して!
blogランキング

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40436/48818819

この記事へのトラックバック一覧です: iPadの筐体:

コメント

>だれかiPhone4分解して!

そのうち以蔵がやるぜよ。
 

▲コメント投稿者: 沼津勤王党 (Jul 7, 2010 9:18:47 PM)

おっしゃる通り!!

昔、高級機(放送局向のカメラ筐体)なんかは、削り出しだったもんな。
今は、一般製品ですか。
コストが厳しいそうですね。

ウカウカしてられません。

▲コメント投稿者: 大熊 (Jul 8, 2010 5:15:14 AM)

この話の裏付けとして、ロボドリル7000台って言う話が
絡んでくる訳ですね。。。

▲コメント投稿者: msp@ito (Jul 8, 2010 9:56:06 AM)

人斬り以蔵がiPhone斬りしてくれると?

>ウカウカしてられません。
意識を変えるぜよ!

>ロボドリル7000台
敗北感・・・

▲コメント投稿者: みどりかわ@ミナロ (Jul 9, 2010 8:50:00 AM)

わしは、武市せんせのためなら何だってできるがぜよ。
…けんど、大事な恋文だけはどうしても斬れんがじゃ。

▲コメント投稿者: 人斬り以蔵 (Jul 9, 2010 9:07:02 AM)

以蔵、よう言うてくれた。おまんだけが友達ぜよ。 
恋文はおまんの胸の中に、
深く深く、刻んでおくがええぜよ…
 
日本の明日が為じゃ、斬ってくれ、以蔵!

▲コメント投稿者: 沼津勤王党 (Jul 9, 2010 10:58:58 AM)

初めまして。Twitterでは、@kieton7さんより紹介いただいてフォローさせていただいてます。

削りは試作、量産は型という段階を超えて、数量や条件によって量産でも削りでいく、という業界や製品アイテムは拡がっていくのではないでしょうか。


ワタシの仕事関連でも、永らく型鍛造に拘り続けてきたクルマ用のホイールメーカーさんが、5軸機を導入して削り(汎用の基本形状は鍛造)で商品製作を始めたりしていますし。

という面ではRPも同様で、試作に留まることもない筈だとワタシは思っています。その分、企業規模に関係なく面白いビジネスができる可能性が拡がるので楽しみでもあります。


アップルの場合は、型を持たないことで、最小規模の生産設備の中で商品ごとの生産数量をコントロールしやすいとか、いざとなったら生産拠点を何処へでも移しやすい環境を持っておく、などの意図もあるように感じますねぇ。バックデータはありませんが(笑)

長々と失礼しました!

▲コメント投稿者: K_hayashida (Jul 9, 2010 11:19:06 PM)

K_hayashida さん、確かにRPでエンドユーザーが手に取る商品が出てきたとしても、なんら不思議はありませんね。

金型設備を無くして、世界中にある加工機、造型機で最終製品を作り、生産拠点をどんどん変えていく戦略は、モノ作りの革命といっても良いのでは?

日本的にはつらい立場ですが・・・

▲コメント投稿者: みどりかわ@ミナロ (Jul 12, 2010 10:33:44 AM)

コメントを書く




*スパム、無責任、言い逃げ、騙りコメントを防止するためメールアドレスは必須としています。
架空アドレスの場合削除する事があります。
お手数ですがご協力下さい。
なお、URLがある場合、そちらが優先で表示されます、サイトをお持ちの方は是非入力してください、お礼に伺います。