« ●温存 | トップページ | 電気通信大学へ行ってきた »

めっき、メッキ、鍍金

めっきと言う言葉には3つの書き方があるのだが、それぞれ使い分けがあるそうだ。

めっき
学術用語で日本古来の技術を表すためひらがな表記になった。


メッキ
特許用語で以前はひらがなより多く使われていた為そのまま残っている。


鍍金
主に屋号で使用される漢字表記。

本来漢字で書くと「滅金」だが、屋号にするには縁起悪い。
金が滅する会社ってとてもイヤだ。


というわけで日本語で正しく表記するには「めっき」とひらがなを使うのが良いらしい。

こんな面からも、技術を守るという事はやっぱり大変なことなんだとおもう。


会社は成金であってほしいね
人気ブログランキングへ
このブログは「製造業ブログランキング」に参加しています、
面白いと思ったらクリックお願いします。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40436/50162424

この記事へのトラックバック一覧です: めっき、メッキ、鍍金:

コメント

コメントを書く




*スパム、無責任、言い逃げ、騙りコメントを防止するためメールアドレスは必須としています。
架空アドレスの場合削除する事があります。
お手数ですがご協力下さい。
なお、URLがある場合、そちらが優先で表示されます、サイトをお持ちの方は是非入力してください、お礼に伺います。