« ●ディレクター | トップページ | 【掲載】朝日新聞 »

産業革命とコンバートEV

このところ、大手自動車メーカーが電気自動車(以下 EV)を続々投入し始めた。

EVが売れることはとても良いことだが、どういうわけか下請けである我々はいっそうコストダウンを迫られる・・・

このコストカットの流れは既存の大メーカーが上流である限り、バブルの再来でもなければ、我々中小零細企業が潤うことは無いだろう。


そんな中、すでにある自動車を改造してEVにしてしまおうという計画があちこちの市町村で起きている。

中小企業やベンチャー企業が主体となってプラモデル感覚で、エンジンからモーターへ、タンクからバッテリーへと交換したコンバートEVが、まだ数は少ないが着実に増えている。


そこで今回は「コンバートEV、カスタムEVを実施すれば中小と大手の立場が逆転する!」と、日頃から力説されている、東京大学総長アドバイザー 村沢義久先生の講演会を行います。


【記念講演会】

“21世紀の産業革命とコンバートEVの役割”
“スモールハンドレズ 小企業群が市場を拓く 新たな時代の幕開け”

東京大学総長アドバイザー 村沢義久先生

平成23年1月24日(月) 13:30~15:30 無料

横浜市工業支援センター6F(ハイテクセンター内)
(シーサイドライン産業振興センター下車徒歩1分)

お問合せ先
よこはま金沢カスタムEV開発企業連合準備会 事務局
FAX:045-780-1471

申込用紙はこちら(20110124customev.pdf)


今日はその打合せで村沢義久先生と初対面したのだが、経歴がすごい方だけあって話も堅いかとおもいきや、みどりかわと同じ想いを持っておられた。

これからは中小企業が経済を引っ張っていかないと立ち行かなくなる、
そのためには横の連携で、作業の分散が必要だ、等々。


みどりかわの想いはこうだ。

今回のコンバートEV、カスタムEVはそのきっかけに過ぎない。

これが成功すればもちろん良し。
しかしうまく軌道に乗らなかったとしても中小企業群が立ち上げるきっかけになってくれれば・・・
それが一番の目的だ。


改造EVの話も面白いが、村沢先生の考えるこれからの中小企業論ってのはもっと興味深い。

空席わずからしいので先生の話を聞きたい方は是非早速申込みしてください。


村沢義久先生の経歴 ウィキペディアより

1979年7月ベイン・アンド・カンパニー入社の後、ブーズ・アレン・アンド・ハミルトン日本代表、ゴールドマン・サックス証券M&A担当バイス・プレジデント、及び モニター・カンパニー日本代表を歴任。さらに、 サイクロン・コマース・インク日本代表やコラボ・テクノロジー取締役を務めた後、 2003年4月より東京大学非常勤講師。2005年9月より東京大学サスティナビリティ連携研究機構特任教授。2010年4月より現職。

コンサルタント時代の専門分野は企業戦略、コーポレート・ガバナンス、企業提携、財務戦略、流通改革、IT戦略、人事制度構築など。また、株主価値最大化を軸とした経営改革を推進した。

東京大学ではサステイナビリティ学連携研究機構に所属し、「燃やさない文明」を提唱。電気自動車の普及と太陽光発電を中心とした低炭素社会の実現に注力している。

電気自動車時代には、産業構造が大きく変化し、これまでの「ビッグスリー」に象徴される大企業によるピラミッド型の産業構造が崩れ、「スモール・ハンドレッド」とも言うべき多くの完成車メーカーと、汎用部品を作るメーカーによる水平分業型の産業構造になると指摘している。


それでまぁ、なんとこの講演会で、みどりかわが司会を務めます。汗

人気ブログランキングへ
このブログは「製造業ブログランキング」に参加しています、
面白いと思ったらクリックお願いします。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40436/50613431

この記事へのトラックバック一覧です: 産業革命とコンバートEV:

コメント

賛成です。 > 中小企業が経済を引っ張っていかないと立ち行かなくなる、
そのためには横の連携で、作業の分散が必要だ

▲コメント投稿者: 宇都宮茂 (Jan 18, 2011 8:21:02 AM)

はじめましてこんにちは♪

朝日新聞の夕刊の記事をみて訪問させていただきました。

私は、作業服屋で働いてます。

ここ数年、値上げ値上げでつらい思いをしていますw
(嫌なら辞めても良いのかもだけど、そういう問題じゃないw)
メーカー側はFAX1枚で商品の値上げを簡単に言ってきますが、
販売店側はお客さんとメーカーの板ばさみデスw
『下請けへのコストダウンを押し付けられる・・・』
畑が違いますが、お気持ちがわかります。

でも、緑川さんの記事を読んで頑張ろうと思いましたw
有難うございましたッ!!

お互いまだまだ、頑張りましょうネ♪

▲コメント投稿者: とらこ (Jan 22, 2011 6:52:47 AM)

はじめまして。

わたしは東大阪出身で親父も製造業のサラリーマンでした。

ものつくりで経済の成長遂げた日本が今あえいでいるのを憂慮しています。

ないものは作るが源泉。

日本人もまだまだいけるというところを是非見せていただきたく思います。

▲コメント投稿者: うっき- (Jan 22, 2011 10:09:05 AM)

はじめまして&こんにちは。
朝日新聞の夕刊の記事を拝読し、
訪問させていただきました。
業界は全く違いますが、
私も長年、いわゆる「下請け」と呼ばれる立場で
仕事をしてきました。

自分としては、良い仕事をするのがポリシーなので
常に頑張って仕事に取り組んでいました。
しかし、発注先の企業のコストダウンの名目のもと
支払われるギャランティーは下降の一途。
結局、自分の勤め先の経営自体が
危うい状況に追いやられるという状況を
これまで何度となく体験してきました。
その不条理を心の中で嘆いていたところに
朝日新聞の記事が目に飛び込んできたのです。

…まず第一に「スゴイ!!!」と感激しました。
会社の方々がものづくりに真摯に取り組み
かつ楽しく仕事をされている様子が
伝わってきたからです。

これからの自分の仕事に対する姿勢や
本当にやるべき仕事、やりたい仕事を
改めて考え直す、きっかけになりました。
どうもありがとうございます! と心から感謝しています。
私も頑張らねば、と自然に思わせていただけたのですから。

今後もブログを読ませていただきたいと思いますので
リアルな言葉を楽しみにしています!!

▲コメント投稿者: ♪mako★ (Jan 22, 2011 12:24:45 PM)

コメントありがとうございました。

皆さんの役に立てれば幸いです。

これからもお互いにがんばっていきましょう!

▲コメント投稿者: みどりかわ@ミナロ (Jan 22, 2011 2:36:43 PM)

はじめまして。
私も朝日新聞の記事から訪問させていただきました。
職業は通信工事業でサラリーマンです。作る側ではなく、製品を買い・使う立場の人間ですが、共感できる部分もあり、楽しく読ませて頂きました。
ここ数年で資材の単価が上がり、仕事の取り合いで工事単価を下げられ、残業代も削られています。この業界では人件費が一番のコストダウン対象なのだと実感しています。
メディアでは日本経済の不安をあおり立てる話題が多いですが、今回の町工場の記事やこちらのブログを読んで、何か今後のヒントになるのでは?と考えるきっかけになりそうです。
最近落ち込むことが多かったので、元気を分けて頂きました。
これからも読みます。ありがとうございました。

▲コメント投稿者: knmymsn (Jan 22, 2011 7:43:45 PM)

コメントを書く




*スパム、無責任、言い逃げ、騙りコメントを防止するためメールアドレスは必須としています。
架空アドレスの場合削除する事があります。
お手数ですがご協力下さい。
なお、URLがある場合、そちらが優先で表示されます、サイトをお持ちの方は是非入力してください、お礼に伺います。